ウィリアムズ 博士。 第3部 分子矯正医学とは?/ロジャーウイリアムス博士・生命の鎖・毛髪分析/Nutrition

SDGs世界レポート(18)プラ包装は実は環境に優しい?スウェーデンの食品ロス削減研究 論文で発表(井出留美)

ウィリアムズ 博士

スウェーデン・カールスタッド大学サービス研究センターのヘレン・ウィリアムズ博士の研究チームが、プラスチック包装を排除してゼロにするより、食品ロスを減らし、気候変動の影響を最小化するのによい方法があると、論文で発表した。 2020年4月、学会誌にアクセプト(受理)され、4月22日にインターネット上に掲載された。 ヘレン・ウィリアムズ博士とは、来日した際、食品ロス削減と包装技術の関係について2時間ほどお話ししたことがあった。 技術士で包装管理士の有田俊雄さん(有田技術士事務所代表)にご紹介頂き、TOKYO PACK(東京国際包装展)開催時にお会いした。 有田俊雄さん(左)ヘレン・ウィリアムズ博士(真ん中)と筆者(スウェーデン大使館関係者撮影) 適切な包装を使うことで食品ロス削減につながる ヘレンさんの今回の研究は、プラスチックを排除し、全く包装(パッケージング)を使わないより、小さく適切なサイズの包装(パッケージング)を使う方が、家庭内の食品ロスの削減に貢献できる、という概要である。 日本では食品ロスを含めた食品廃棄物は、焼却処分されることが多い。 海外では、食品廃棄物は埋立地に送られ、二酸化炭素の20~25倍の温室効果を持つメタンガスの発生源になっている。 そこで、食品包装を見直すことで食品ロスを減らすことができ、ひいてはメタンガスの発生を抑え、環境への負荷を減らすことができると期待される。 研究の対象としたのは、スウェーデンのストックホルムとカールスタッドの37世帯。 対象となった家庭でアンケートや食品ロスダイアリー(Food Waste Diary)を行った。 食品群ごとに、包装の有無が食品ロスに及ぼす影響が異なる。 下の棒グラフは、食品群ごとの食品ロスの量と、包装との関連性を示したものである。 青で示したものは、包装がないことにより発生する食品ロス量を示している。 これを見ると、果物と野菜(グラフの左から2番目)が、包装がないことによる食品ロス量が最も大きくなっている。 気候変動が深刻化し、SDGs(持続可能な開発目標)が注目されていますが、対応に悩む企業も多いです。 著者は企業広報に14年半、NPO広報に3年従事の後、執筆や講演を通して食品ロス問題を全国に広め、数々の賞を受賞しました。 SDGsが掲げる17目標のうち、貧困や飢餓、水・衛生、生産・消費など、多くの課題に関わる食品ロスの視点から、国内外の事例を紹介し、コスト削減や働き方改革も見据え、何から取り組むべきか考えます。 注意事項• 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。 「」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 国連持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)が毎年発表している、世界のSDGs達成度ランキング。 2019年6月に発表された結果では、 デンマークでは、企業や行政はどのような取り組みを行っているのだろうか。 筆者が2019年に取材した6つの事例のうち、1つをご紹介したい。 デンマークのジェンダー・ギャップは年々縮まってきている によれば、デンマークのジェンダー・ギャップは年々縮まってきている(2019年1月報告、「OECD Economic Surveys Denmark」p50-51より)。 デンマークでは、グラフの赤線で示すジェンダーギャップは年々縮まってきている(2019年1月報告「OECD Economic Surveys Denmark」p50-51より) 2019年以前のOECDの報告でも、家事などの無償労働への参加時間は、デンマークの男性が最多で、一週間に3時間6分という結果が出ている(最も少ないのが日本の男性で一週間に40分)。 実際、一週間のデンマーク滞在期間中、「成人男性と子ども」という組み合わせを、平日・休日に限らず、多く目にした。 下記の動画は、平日の公園で遊ぶ父親と子どもたちの姿だ。 ボールで遊んでいる父子の他にも、通りすがる人たちに「父と子」が複数見られる。 デンマークでも、出産により昇給や昇進への壁が生じるのは女性 とはいえ、デンマークの女性はすべて万々歳、というわけではない。 前述のOECDレポートによれば、より高いポジションへの昇進や、より高い給与を得る昇給などのチャンスは、男性では子どもの有無に左右されない一方、女性は子どもがいることで昇進・昇給に壁ができることが示されている(2019年1月報告、「OECD Economic Surveys Denmark」p52-53より)。 男性(グラフ右)の場合、子どもがいても(緑)いなくても(青)稼ぐ金額に差はないが、女性(グラフ左)の場合、子どもがいる(緑)ことで高収入を得る上で壁になっている(2019年1月報告、「OECD Economic Surveys Denmark」p52-53より) デンマークでは、管理職のうち女性が占める割合は4分の1強 デンマークでは、管理職のうち、女性の占める割合は、全体の4分の1強に過ぎず、決して高くはない(2019年1月報告、「OECD Economic Surveys Denmark」p52より)。 とはいえ、日本の場合、デンマークの数値の、さらに半分程度と、よりいっそう低いのだが…。 管理職に占める女性の割合。 赤がデンマーク。 日本は左から2番目(2019年1月報告、「OECD Economic Surveys Denmark」p52-53より) デンマーク政府や王室をも動かす女性も登場 日本と共通する格差も見られるようなデンマークだが、デンマーク政府や王室をも動かすパワフルな女性も登場している。 写真中央、受賞するセリーナ・ユール(Selina Juul)(本人提供) 政府や食品企業に掛け合い、賞味期限表示の改善に取り組んだNPOの女性たち そして、セリーナと共に、賞味期限表示による食品ロスを減らすため、動いたのが、という、余剰食品をスマートフォンのアプリを介して低価格で提供するサービスを提供する女性たちだ。 デンマーク・コペンハーゲンにあるToo Good To Goのオフィス兼店舗(写真左、筆者撮影) 「賞味期限」は、品質が切れる日付ではなく、美味しさの目安に過ぎない。 だが、日本と同様、デンマークでも、誤解する消費者が多いという。 そこでToo Good To Goのマーケティング責任者、ニコライン(Nicoline Koch Rasmussen)とターニャ(Tanja Andersen)は、2019年2月、「賞味期限と消費期限の書き方キャンペーン」を実施した。 賞味期限が過ぎて、すぐ捨ててしまう消費者が多いので、その状況を改善しようと試みたのだ。 ニコライン(Nicoline Koch Rasmussen)(右)とターニャ(Tanja Andersen)(左)(筆者撮影) 最初にデンマーク政府(食糧庁)に連絡し、賞味期限表示の横に「多くの場合、賞味期限が過ぎてもおいしく食べることができます」と併記してよいかの確認をとった。 政府に表現のお墨付きをとってから、ユニリーバやカールスバーグ、オーガニックブランドや酪農協会のアーラという団体など、15企業と議論した。 食品のパッケージが新しく切り替わるタイミングで、賞味期限の横に「賞味期限が過ぎても多くの場合おいしく食べられます」という表示を入れることに成功したのだ。 2019年6月、小規模農場のオーガニック牛乳「ティーセ」が、四面ある牛乳パックのうちの一面を使い、 「ティーセ」が始めた賞味期限表示の説明。 「目で見て、鼻でにおいを嗅いで、舌で確認して、つまり五感で確認して大丈夫だったらOK」といった旨が書かれている(Too Good To Go提供) デンマークの成功にみならい、スウェーデンも賞味期限表示を改善 デンマークは、このような賞味期限の意味を消費者が理解し、食品ロスが減るように、行政と企業、NPOが協力して消費者啓発に取り組み始めた。 日本と同様、賞味期限表示は、デンマークでも表記が決められている。 法律の内容を変える、あるいは新たに作るのには年数がかかる。 が、たとえ法律を変えなくても、今、ここからできることはある。 彼女らは、政府や企業に必要性を訴え、彼らの理解を得てそれを実行したのだ。 これは一つの事例に過ぎないが、このことからも、「できるところからできることをやる」姿勢や、デンマークで「ヒュッゲ」と呼ばれる、居心地の良さや満足感のある暮らし方が感じられる。 今回の「賞味期限と消費期限の書き方キャンペーン」をする以前にも、デンマークでは、賞味期限を、ピンポイント表示ではなく、アバウトな時期を示す表示に変えることで、食品ロス削減に貢献したとのことだった。 2016年秋にスウェーデンの大学から来日した女性研究者に話を聞いた。 デンマークの成功事例を受け、スウェーデンでもそのような表示を始めたとのこと。 実際に、2019年、スウェーデンへ取材に行き、話を聞いてきた。 日本企業がSDGs先進国から学べることはとても多い このような、SDGsの先進国の事例は、SDGsへの取り組みを始めたばかりの日本企業にとって、非常に関心が高いようだ。 「海外の先進事例を教えて欲しい」ということで、食品関連企業始め、食品企業と取引している商社や、食品関連の研究機関、食品ロス削減のためのIoTやIcT技術を持つ企業、あるいは行政から委託を受けているシンクタンクなどから、面会でのコンサルティングのご依頼を頂いてきた。 筆者のオフィスまでいらして頂いた企業もあれば、筆者が先方へ出向き、複数の社員の方にお話したケースもある。 企業トップである経営陣への面会や、部署を横断的にまたいでの社内研修を請けた場合もある。 だが、依頼してくださる企業にとって、面会や研修は、日程や参加者の調整などに手間を要するし、コストや時間もかかる。 海外出張するにしても、予算や日数の関係で、かなわない場合もあるし、しょっちゅう行くわけにもいかない。 海外の食品ロス削減事例はメディアから発信されており、インターネット上で入手することはできるが、Google翻訳などの機能を使ったとしても、それなりの労力が必要だ。 そこで今回、で、このような海外事例や国内の取材を通して得た情報や学び、日本企業が参考にできることを、記事としてお届けすることにした。 これであれば、いつでもどこでも情報にアクセスして頂くことが可能になる。 筆者は、農林水産省の日・ASEAN食産業人材育成官民共同プロジェクト寄付講座の講師として、東南アジア10か国の大学にも定期的に出向いている。 今回は北欧の事例だったが、機会があれば、アジアの事例についてもお伝えしたい。 SDGsにこれから取り組む企業・行政や、海外出張などは予算などの関係でできないが、世界各国の先進事例を入手したい企業や行政の方などに、少しでもお役立てできるよう、食品ロスの観点から、SDGsの取り組みについてお伝えしていきたい。 どうぞよろしくお願いいたします。

次の

[B! 科学] 【閲覧注意】ウィリアムズ博士のサナギの実験がマジキチと話題に (画像あり)

ウィリアムズ 博士

マインドフルネス認知療法は、うつ病の再発抑止を目的にウィリアムズ博士らによって開発されたプログラムで、その効果が既に実証されているものです。 その適応範囲も医療や心理療法にとどまらず、企業や学校におけるメンタルヘルス、少年院や刑務所における更正のための教育、看護・介護、企業やスポーツにおけるパフォーマンスの向上などに拡大され、その有効性が示されつつあります。 また、最近の高い注目の背景には、定評ある科学学術雑誌に、マインドフルネス瞑想が脳の構造と機能を改善すると報告されていることもあるといえます。 このような状況を踏まえて、MBCTの開発者のお一人であるウィリアムズ博士を招聘して、直接その謦咳に接し、MBCTの理論的枠ぐみや技法の実際についてのみならずマインドフルネス瞑想を心理療法や日常生活に適用する際のポイントなどを知る機会といたしたく存じます。 MBCTのプログラムは、ジョン・カバットジン博士が開発したマインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)と8割程度同じ内容を含みますので、ストレスの低減に興味のある方,またMBSRについて知りたい、体験したい人にも非常に役立つものと考えます。 またプログラムの中核にあるのはマインドフルネス瞑想の実践ですので、マインドフルネス瞑想に興味のある方にも有益な機会となると思います。 この機会が今後のわが国におけるマインドフルネスの研究や実践の展開に寄与することを期待しております。 日本マインドフルネス学会 理事長 越川 房子 マーク・ウィリアムズ博士招聘プロジェクトメンバー 春木豊・越川房子・山口伊久子 マインドフルネス瞑想にご興味をお持ちの皆様、この機会に是非ご参加下さい。 マインドフルネス認知療法Mindfulness-Based Cognitive Therapy)は、当初、うつ病の再発予防のためのプログラムとして、マーク・ウィリアムズ博士たちによって開発されました。 しかし、現在はうつ病の再発予防を超えて下記の領域に適用され始めています。 ~鬱の再発を超えてマインドフルネス認知療法の応用範囲を拡大する~ 鬱の再発予防においてMBCTの効果が確認されたことから、このプログラムを他の問題にも適用することが試みられている。 これらのアプローチの多くでは、MBCTの8セッションのプログラムを、対象となる特定の障害に関連する内容を扱うために部分的に変更している。 これまでの報告から有望なものの例を挙げる。 子どもを対象としたMBCT、薬物乱用の再発予防法、鬱のリスクがある妊婦のためのMBCT、 心気症、 慢性疲労症候群、耳鳴り、幻聴、不眠症、社会恐怖症、全般的不安障害、パニック障害、一次診療での鬱のためのMBCT。 癌患者のためのMBCT。 さらにはもっと一般的に、MBCTはポジティブな感情を増し、ネガティブな感情を減らし、人生のゴールの明確化を助け、実験的に誘導された恐怖や不安を適用レベルに調整する、という効果が示されている。 ご自分のストレス対処法としてマインフルネスに興味をもたれている方や、MBCTのプログラムをうつ病の再発予防だけではなく、他の対象者や症状に適用したいとお考えの方にも、非常に得るところの多いワークショップ、セミナー、講義になると思います。 マインドフルネス認知療法の中核を体験できるこの機会を、是非ご自身の実践、研究、臨床活動に活かしていただきたいと存じます。 日本マインドフルネス学会 事務局.

次の

Fast Plants (TM) : ファストプランツにようこそ!

ウィリアムズ 博士

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2016年10月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2016年10月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2016年10月) ウィリアム・バーキン William Birkin とは、『』に登場する架空の人物である。 登場作品 『』 (以降、『0』) 『』 (以降、『2』) 『』 (以降、『RE:2』) 『』 (以降、『UC』) 『』 (以降、『DC』) 『』 (以降、『OB』) 『』 (以降、『OR』) 『』 (以降、『DG』) 『』(実写映画) (以降、『I』) 目次• 公式プロフィール [ ]• 性別:男性• 身長:178cm• 体重:66. 7kg• 血液型:O型。 年齢:36歳• 没年月日:1998年9月30日• 配偶者:アネット・バーキン• 扶養者:• 声:Diego Matamoros(『2』)、TJ・ロトロ(『DC』『OR』『RE:2』)、(『0(HDリマスター版)』、『RE:2』日本語吹き替え)• 天才科学者であり、ラクーンシティの地下に位置する巨大研究施設の所長。 16歳の頃はと共にアークレイ研究所の主任研究員を勤めていた。 人物 [ ] 非常に残忍な性格で、自らの恩師のジェームス・マーカスを少しも躊躇せず殺害したり、研究施設で非人道的な人体実験を行っていた一方、才能がある故の屈折した性格も持ち合わせており、幹部養成所再利用計画が頓挫した際や遡ってアレクシア・アシュフォードが10歳で南極研究所の主任となった時もかなり苦悩していた。 しかし、それらの出来事がT-ウィルスやG-ウィルスを生み出すバネとなった。 人間関係 [ ] アークレイ研究所で出会ったアネットとは夫婦であり、彼女には助手も任せている。 また、アネットの間に一人娘のをもうけたが、「研究に夢中」だったらしく、娘に愛情を抱いていたかは不明。 アルバート・ウェスカーとは、幹部養成所の研修生時代からの親友であり、同時にライバルであった。 アルバートがアンブレラを裏切って別の組織に転身する事を知った際も「バカな裏切り」と称しながらも本社に報告しなかった事からそれなりの友人としての感情は持っていた模様。 養成所の副所長からは「ウィル」と呼ばれていた。 生涯 [ ] 『バイオハザード0』以前 [ ] 1962年に誕生。 後にアンブレラ社に入社し、1977年(当時15歳)に幹部養成所に配属され研修生として勤める。 この際、養成所の所長であり後にT-ウイルスを発見するジェームス・マーカスや、2歳年上の同期にして生涯の親友・ライバルとなるアルバートと出会う。 1978年、わずか16歳にしてアルバートと共にアークレイ研究所の主任研究員に抜擢され、「 始祖ウイルス(Genesis Virus)」の研究を始める。 1981年7月27日、アレクシアが僅か10歳にして「南極研究所」の主任研究員として配属されたことを知り、それ以降は彼女に猛烈なライバル心を抱き、無意味な実験を繰り返して研究を停滞させるが、二年後の1983年12月31日にアレクシアが事故死(実際には死亡していないが)したことを知り、落ち着きを取り戻す。 1986年までの間に部下の研究員アネットと結婚し、娘シェリーをもうける。 1988年、アンブレラ社会長のオズウェル・E・スペンサーの命令に従い、アルバートと共に傭兵部隊を率いて自らの恩師であるマーカスを暗殺する。 その同年、自らが中心となって「タイラント計画」を始動する。 同年7月、寄生生物「ネメシス・プロトタイプ」を吸収した不死身の被験体「リサ・トレヴァー」の細胞からG-ウイルスの原型を発見し、1991年、スペンサー卿から承認を得て「G-ウイルス計画」を始動、アルバートが情報部へ転勤するのとほぼ同時に、巨大地下研究施設に転属し、所長となる。 この際、研究施設への入り口となるラクーン警察署(R. )の署長ブライアン・アイアンズと密約を交わし、賄賂による癒着関係となる。 1995年7月31日、不死身の被験体リサを始末するために再びアークレイ研究所を訪れ、同じく同研究所にやって来たアルバートや、被験体のリサと再会し、更に自らの後任者であるジョンと出会う(結局リサは3日間かけても殺すことが出来ず、所長にどこかへ運ばれていった)。 『バイオハザード0』 [ ] 1998年7月、情報部工作員になっていたアルバートと共に幹部養成所の再利用計画を任されるが、派遣した第一次調査隊が復活したマーカスの操る実験体ヒルに襲われ全滅する。 同月23日、再びアルバートと共に第二次調査隊としてU. デルタチームを派遣するが、またしてもマーカスのヒルによって部隊は全滅し、再利用計画は失敗する。 この出来事からアンブレラを見限ったアルバートから離反を宣言されるが、友情があった為か見逃し、更に試作ウイルスを渡す。 その後、復活したマーカスや事件の真相を調査しているS. 隊員、T-ウイルスが流出した施設等、アンブレラにとって不利益になるものを全て消すために施設の爆破装置を起動させ、退散する。 ちなみに、本作をガンシューティングゲームにリメイクした『UC』では、アルバートの離反宣言に対して大きく狼狽えていた。 『バイオハザード2』 [ ] 遂にG-ウイルスを完成させたが、アルバートと同様にアンブレラから離反し、独自にアメリカ合衆国政府と兵器売買交渉を行おうとしたためにハンク(HUNK)率いるU. アルファチームの襲撃を受け、その際の銃撃で瀕死の重傷を負う。 そして死の間際、延命とG-ウイルス奪回のため自らに多量のG-ウイルスを注入してクリーチャー「G」へと変貌を遂げ、ハンク以外のアルファチーム隊員を全滅させる。 この際にT-ウイルスのカプセルを破壊し、ラクーンシティ全域でのバイオハザードを引き起こす。 その後、6日間に渡って警察署やその地下を徘徊し、生殖の為に宿主となる人間を探し続ける。 同月29日、遂に宿主として最適なシェリーを発見し、警察署長アイアンズやベン・ベルトリッチを殺害しながら彼女を追い、その過程で何度もレオン・S・ケネディやクレア・レッドフィールドと戦うこととなるが、その度に敗れて異常進化を繰り返した挙句、列車の爆発で完全に死亡した(しかし、G-ウイルスを含んだ細胞片は後にエイダ・ウォンによって採取され、アルバートの手へ渡ることになる)。 クリーチャー「G」として [ ] 致命傷を負ったウィリアムがG-ウィルスを自らに注入したことで「 G生物」と化した成れの果て。 『2』や『2』をガンシューティングゲームとしてリメイクした『DC』における正式名称は「 G」であり、作中ではウィルスの名前である「G」と呼ばれることは無く、一貫して、ウイルスの宿主である人物の名前そのままに「 ウィリアム」と呼ばれる。 『UC』ではエイダ・ウォンから「 バーキンG」と呼ばれ、『OR』では「 G-バーキン」という名称となっている。 『OR』『2』『DC』の他にも、『OB』のオープニングや『DG』のクレアの回想、『OR』の最初のステージ等にも登場する。 『2』及び『DC』では、以下の5形態に変化する。 右上半身を中心に肥大化し、右肩には瞼がある巨大な眼球が形成されている。 右手には鋭く太い爪が形成されており、それと怪力が合わさった爪撃は人間を一撃で殺害してしまう。 また、ウィルスの作用により、凄まじい怪力を獲得しており、これを利用して近くにあった鉄パイプを引きちぎって以降は怪力を生かした強烈な打撃攻撃として使う。 爪の隙間からはGの「胚」と呼ばれる管状の寄生体を射出でき、標的の口から胚を侵入させる。 一方で左半身や下半身はまだ殆ど変異しておらず、ウィリアムの面影を色濃く残し、衣服なども残ったままとなっている。 脇腹から腹部に掛けて微かに腕や手が現れ始めている。 当初は変異前と然程変わらない体格だが、主人公(レオン若しくはクレア)と遭遇した際に変異が始まり、上半身の右側が肥大化し、重心が安定しなくなったため動きは覚束無く、鈍い。 主人公との戦闘では鉄柵を引きちぎった鉄パイプを武器として使用し、主人公がダウンしている状態の時は叫びながらパイプを高く掲げ、急所の頭を攻撃する即死攻撃を繰り出す。 変異直後、隊長ハンクとヘリコプターのパイロット「ナイトホーク」を除くアルファチーム隊員を皆殺しにし、奪われたG-ウィルスのカプセルを奪回してウイルスを飲み干す(この際、 意図的にt-ウィルスのカプセルを破壊している描写がある)。 その後は種の繁殖の為に新たなウイルスの宿主を探して地下道や警察署を徘徊する。 変異から6日後、遂に遺伝子情報が近く、宿主として最適なシェリーを発見し、追跡を開始。 その道中でベンやアイアンズ署長を殺害し、地下道への入り口で主人公と対峙する。 敗北すると、自ら地下に逃げていく。 『DC』では、変異した当初から上半身が肥大化しており、僅かに残る記憶から娘の名前を大声で叫ぶ。 主人公との戦闘では鉄パイプでの殴打だけでなく、鉄パイプを主人公めがけて投擲したり、主人公の首を締め上げたりする攻撃が追加された他、HPをゼロにしても条件を満たさないと倒せなくなった。 ただし、鉄パイプの攻撃の際、振りかぶった後、少しの間停止してから振り下ろすため、隙が大きい。 主人公に敗れるとよろめきながら地下へ落下する。 『OR』では最初のボス的存在として登場する。 『DC』と同様に変異直後から上半身が肥大化している上に、服が『2』や『DC』に登場した時よりもボロボロになっている。 また、『2』『DC』と異なり、当初から鉄パイプを所持している。 どれだけ攻撃しても倒すことは出来ないが、右肩の巨大な眼球を撃つと怯ませることができ、ゲートが開くまでの時間稼ぎができる。 『OB』や『DG』ではシルエットやかなりのアップでの登場のため全体が見えないが、『OB』では『2』よりもU. アルファチームとの戦いが詳細に描写されている。 『RE:2』では、レオン編クレア編ともに、警察署の地下施設で遭遇する。 鉄パイプはレオン編は最初から所持しており、クレア編では彼女を襲った際にそのままの勢いで足場から引き抜き使用している。 まだウィリアムの意識が残っているようで、行動の変化時に苦しみつつ「助けて」「やめろ、死にたくない」等と叫ぶことがある。 時間経過で行動が変化し、G生物としての本能が表層化し咆哮を上げながら速足で主人公を追い回す状態と、ウィリアムの意識が戻りたどたどしく言葉を発しながらゆっくりと主人公を追いかける状態を行き来する。 クレア編では彼女がタイラントに追い詰められるイベントにて再登場し、シェリーに襲い掛かろうとするタイラントに背後から強烈な攻撃を加えつつ第2形態に進化する。 右腕は第1形態よりも更に発達し、爪も長大に成長したため、これを鉄パイプの代わりに攻撃手段として使うようになった。 右肩の眼球も更に発達し、ウィリアム本来の頭部は左脇腹に移動、半ば埋没しかかった状態になり、機能も喪失した。 代わりに頚椎からはG生物独自の新たな頭部が形成されつつある。 また右肩の眼球の他、背中にも眼球が現れ、腹部には第1形態では露見する程度であった新たな腕が未発達ながらも明確に形成されつつある。 怪力も健在で、機関車の天井や壁を爪撃によって紙の如く貫いてしまう。 下半身や左上半身もやや肥大化しているものの、まだ人間の状態を残している。 ゴンドラに乗ったレオンとエイダを襲撃し、天井を爪で貫いて攻撃してくるが、二人に攻撃されてひとまず退散する。 その後、ターンテーブルに偽装された巨大なエレベーター上で主人公と対峙する。 一定のダメージを受けると脇腹に移動したウィリアムの頭部がせりあがり、大幅に弱体化する。 主人公に敗れると、片膝を着き大量出血しながら倒れる。 『DC』ではアネットを見て首をかしげる等、新しい頭部が形成されているにもかかわらず記憶を残している様な描写があり、直後にアネットにワクチンを撃たれるも返り討ちにして致命傷を与えた(ワクチンは効果がなかった模様)。 その後、研究施設のメインシャフトで主人公と対峙する。 ジャンプして急降下しながらの爪撃が追加された。 主人公に敗れるとその場に倒れ、そのまま目の前で第3形態へと変異し、続けて戦闘になる。 『RE:2』では、レオン編クレア編ともに、下水道中層の浄水施設建設予定地で戦闘となる。 第1形態のように言葉を発することはなく、咆哮を上げつつ右腕を振り回して攻撃する。 主人公の攻撃ではその場に跪いて動かくなるだけで倒しきることができず、ステージに配置されているオブジェクトを用いなければ撃退できない。 後に研究所の生体培養槽にて再登場し、主人公に迫ろうとした所でアネットの攻撃で一度は倒れるが、主人公とアネットが話をしている隙に第3形態に進化する。 第1形態と違い、新たな左腕が形成される様子を除き、第3形態への直接的な進化の描写は無い 主人公とアネットの会話の最中に進化の大部分を終えたと思われる。 全身の体色が黒く変化しており、第2形態で形成され始めた新たな頭部が完成し、元のウィリアムの頭部は左脇腹に僅かに残る程になっており、殆どが埋没している。 以前まではあまり発達していなかった左腕も、右腕とほぼ同等の大きさに発達、背中に場所を移動させており、宛ら翼のような付き方に変化した。 代わりに第1形態から第2形態に掛けて形成されていた新たな腕が完成し、元の肩の場所に収まったことで以前までは歪だった体格が漸く整った体格に収まった。 下半身も外見は体色以外に変化を見受けられないが、左大腿にも大きな眼球がある。 胸部には無数の刺の形状をしたものが中心に向かってすぼめたような形になっている。 体格が大きく発達した分、やや動作は遅いが跳躍力は向上しており、相手との距離が離れていると飛び上がって接近する。 ターンテーブルに偽装された巨大なエレベーター上で主人公と対峙する。 主人公と距離が開くと列車の上に飛び乗り、主人公の近くに飛び降りて奇襲を仕掛けてくる。 主人公に敗れると、エレベーターの鉄筋に掴まり退散する。 『DC』では第2形態から主人公の目の前で変異し、引き続きメインシャフトで主人公と交戦する。 『2』とは違い、速力は第2形態よりも高くなっており、高い跳躍力を見せたり、爪攻撃に加えて飛び蹴りや回し蹴りをするなど、激しい動きもみせる。 敗れると、バランスを崩して奈落へ落下したあと、第4形態へ進化して戻ってて来る。 『RE:2』では、レオン編とクレア編ともに、研究所の生体培養槽で遭遇する。 体の前側に3か所、背中に1か所目玉があり、全て破壊すると胸が開いて弱点である目玉が大量に集まったような核が露わになる。 また、『2』では、肥大化した両腕は元あった腕が発達したのに対し、こちらでは左腕は元の状態から若干の肥大化と爪が鋭くなっただけに留まり、新たに背中から巨大な追加の左腕が生えるようにいきなり形成される形となっている。 更に顔付きも『2』や『DC』と違い、眼が白になっている他、を思わせるような顔付きになっている。 動きはそれほど速くはないが、高い跳躍力や、自身よりも遥かに大きな物体を持ち上げて主人公に投げ付けるなど、持ち前の怪力を生かした攻撃を仕掛けてくる。 倒されると核が破裂し、胸から黄色い体液を流しながら倒れ込む。 当初は第3形態に近い姿だが、胸部の中心に向かい、すぼまっていた白い刺が、イソギンチャクの口のように絶えず開閉している。 攻撃手段は両腕での爪撃のみ。 主人公に敗れるとその場で倒れ、更なる進化を遂げ、G細胞の増大に伴う質量の増加により、自重を支えるために二足歩行から四足歩行の獣型に変異し、胸に生える無数の白い刺は、頭部の口腔と一体化しつつ、巨大な牙と顎に発達した。 機動性、跳躍力が格段に上昇し、高速での走行や高い足場に飛び乗ることができる。 攻撃手段は走行からの体当たりや爪撃の他、高所からの飛び掛かり等の攻撃手段が大幅に増える。 特にその巨大な顎での噛み砕き攻撃は攻撃力が非常に高く体力が半分以上残っていても死亡する可能性がある。 プラットホームの入り口にて主人公と対峙し、倒されると大量出血しながら肉の塊の様な姿になる。 『DC』では第3形態が倒されて落下した直後に進化を遂げ、いきなり獣型の形態でメインシャフトに這い上がり、メインシャフトを破壊しながら主人公に襲いかかる。 加えて『2』と同じく高い跳躍力と機動性に加え、リッカーのように壁にへばりつく事が出来るようになっており、第3形態以上の激しい動きを見せている。 主人公に敗れると、再び奈落へと落下していく。 『RE:2』ではクレア編のみ登場。 1stと2ndの両シナリオに登場し、1stシナリオではラスボス。 容姿が『2』や『DC』での姿から大幅に変更され、胸に生える無数の白い刺が頭部の口腔と一体化しつつ、巨大な牙と顎に発達している点は変わらないが、上半身や両腕が肥大化した形で下半身はやや小さくなっているなど、第3形態と比べアンバランスな容姿となっており、『2』や『DC』における獣型から人型に近い姿になっている。 また、第3形態で形成された小さい両腕は退化して無くなっており、両腕、両足は共に肉が剥がれ掛けているかのごとく隙間が多くなっていて両足は半ば骨が剥き出しになったかのような形に変化しており、両腕も一部が触手のような形状に変化しかかったような形に変化している。 普段は二足歩行で、攻撃時と弱ったときのみ四足歩行になる。 巨大な口腔内の鋭い牙の合間に第3形態のコアを巨大化させた無数の眼球が存在しており、弱点にもなっている。 また、壁にへばりついて登れるようになっているなど、『2』や『DC』で見られた要素が複数盛り込まれた形となっている。 倒されると、左腕がもげ、胸部の口腔を数回破裂させて倒れる。 第4形態の獣型から軟体生物のような姿に変化しており、非常に柔らかい体躯となったため、狭い場所にも易々と侵入することが出来るようになったが、体躯が非常に巨大になっているため、第4形態のような跳躍力は失われてしまい、触手に変化した手足を伸ばして壁や床に張り付かせ、それらで身体を引っ張るようにして移動を行う。 体格が巨大になったのとは対照的に頭部は成長しないまま、巨大な口腔の上に小さく存在する程度にとどまっている。 更に口腔は第4形態の形に近い形をしているが、より巨大に発達している上に牙の数も大幅に増えている。 主人公に敗れると出血しながらしぼみ、床に泥の様に広がる。 しかし、それでも死んでおらず、前よりも更に巨大な肉塊状の怪物となってシェリーを追い詰めるが、最後は列車の爆破装置によって列車もろとも爆破され、ようやく死亡する。 『DC』では4本の触手の内、2本の先端には3本の鈎爪があり、中央に眼球がある。 残りの2本は鎌状になっており、切りつけてくる。 触手での殴打の他、列車の残骸を主人公めがけて投げてきたり、主人公を触手で掴んだり、口腔を伸ばして噛み付いてきたりするなど、攻撃手段が増えている上に、HPをゼロにしても怯むだけで完全には倒せず、車両を切り離すことで勝利となる。 なお『2』とは異なり自力で移動することは無いため、触手で自分の体を引きずって移動する様子は見られない。 最後は車両を切り離され、施設の爆破に巻き込まれて死亡する。 イベントムービーでは、とても言葉を発音出来るような口の形状をしていないが、シェリーの名を叫び続けている。 Gはこの第5形態を最期に死亡したが、『biohazard archives』によると、この形態が最終形態であるとは断言できないと記されており、仮にそのまま生存していた場合、ウィルスの侵食がさらに進行し続け、第6、第7形態と更なる進化を遂げていた可能性は充分にあり、それがどのくらいまで進化を遂げ続けるかは予測が付かないとされている。 『RE:2』でも、レオン編クレア編ともに、2ndシナリオのラスボスとなる。 列車内に侵攻しながら、主人公に襲い掛かる形となるため、奥に追い詰められてしまう前に一定のダメージを与えて倒す必要がある。 ただし、主人公の攻撃だけでは倒すことができず、『DC』同様、車両を切り離させ、研究所の爆破に巻き込まれて、漸く死亡した。 以前の形態と違って奥に追い詰めた時に捕食しに掛かる以外は特に攻撃を加えてくることはなく、ある程度進行すると、巨大な口腔内に巨大な眼球が出現する。 なお、『2』と同様に列車内を移動するが、触手をひっかけている様子が見られず、どうやって移動しているのかは不明。 なお、倒した後の展開は違いが存在し、『2』では列車ごと自爆させ、レオン達は徒歩で脱出することになるが、『DC』『RE:2』ではG5がいる車両を切り離して研究所の自爆に巻き込み、レオン達は列車に乗ったまま脱出に成功する。 脚注 [ ] [].

次の