鼻 づまり 改善。 毛穴の詰まりを改善してスベスベ肌を手に入れよう!おすすめの毛穴ケア商品6選をご紹介

猫の鼻づまりの原因ごとの特徴。4つのおうちでできる鼻づまり改善法

鼻 づまり 改善

鼻づまりとは? 鼻がつまる症状で考えられるのは、鼻炎や鼻腔炎です。 原因はウイルスによるもの、アレルギーによるものが考えられます。 病気以外にも外傷で鼻が曲がる、先天的に鼻の構造が異常であることが考えられます。 治療は薬を用いて鼻水を抑え、通りを良くします。 つらい鼻の悩みである鼻づまりやくしゃみなどの症状は、「一年中こんなもの」と見過ごされがちです。 鼻づまりをおこす病気には「鼻炎」や「副鼻腔炎(蓄膿症)」があります。 また、アレルギー性鼻炎だけでも日本人の約4割とされています。 鼻づまり自体はだれもが体験する症状と考えられます。 原因を特定することで症状の改善ができる可能性もあるので、医療機関に行って適切な処置をうけることをおすすめします。 いわゆる「鼻炎」には、大きく分けて下記の3つがある。 急性鼻炎 「鼻かぜ」と言われているのがこの急性鼻炎です。 原因は主にウイルスによる感染です。 初期は水のような鼻水とくしゃみの症状が現れ、それが数日続くと鼻水に粘り気が出始め、それが鼻の中にたまります。 鼻の中に鼻水がたまってくると炎症が起き、鼻の粘膜が腫れて鼻が詰まることがあります。 慢性鼻炎 鼻水と鼻づまりが長期間にわたって続きます。 原因は急性鼻炎の慢性化や、鼻中隔(びちゅうかく)と呼ばれる左右の鼻腔(びくう:鼻の穴)を隔てている壁が曲がり、左右の鼻腔の広さに差ができることで広い方の鼻甲介粘膜(びこうかいねんまく)が腫れて発症するケースもあります。 アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、花粉など体にとって異物である抗原(アレルゲン)を鼻の粘膜から吸入することにより体の中に抗体ができ、何度か抗原を吸入しているうちに抗体が増え、やがてアレルギー症状が起こる病気です。 アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎とがあります。 通年性アレルギー性鼻炎のアレルゲンは、ハウスダストやダニ、ペットの毛、カビなどで一年中症状があらわれます。 もう1つの季節性アレルギー性のアレルゲンは、スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉で、花粉症とも呼ばれます。 花粉症の場合、目のかゆみや涙目など目の症状をともなう場合が少なくないです。 副鼻腔炎(蓄膿症) 副鼻腔炎には、急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があります。 症状は鼻づまり、黄色く粘り気のある鼻水、これらにともなう頭痛、発熱、悪寒、眼痛などの症状があらわれます。 これが慢性化したものが慢性副鼻腔炎で、「蓄膿症」としても知られています。 医療機関で受診し、適切な治療を行います。 1、過剰に鼻水が出る 2、鼻の構造 ・斜鼻(しゃび) 斜鼻(しゃび):外傷や発育段階で鼻が左右いずれかに曲がり変形すること。 ・鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう) 鼻中隔湾曲症:鼻中隔の軟骨の発達が頭蓋骨を構成する骨の成長よりも早いことが原因で湾曲すること。 成人の8割以上にみられる。 ・先天性後鼻孔閉鎖(せんてんせいびこうへいさ) ・鼻粘膜の炎症(アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、かさぶた、鼻くそ、湿疹や異物など) 3、副鼻腔炎の原因 副鼻腔炎(蓄膿症)の原因は、鼻腔や副鼻腔の粘膜へのウイルスや細菌の感染、花粉症などのアレルギー症状、鼻の形状など。 風邪をひいたときに起こった鼻腔の炎症の波及、扁桃炎や虫歯からの細菌感染が原因であることもある。 鼻づまりの主な治療法とは 急性鼻炎の治療法 治療には対処療法として消炎薬や解熱鎮痛薬、抗菌薬が用いられますが、安静を心がけて空気の乾燥を防ぐことが有効です。 慢性鼻炎の治療法 慢性鼻炎の治療には、抗ヒスタミン薬を内服することがあります。 また合わせてステロイドを点鼻薬で使用します。 血管収縮薬の点鼻薬は一時的には鼻炎を抑えますが、慢性鼻炎を治療するには有効とはいないです。 また使い過ぎによる薬剤性鼻炎を発症することがあります。 また、鼻腔の状態によっては手術による治療を行うこともあります。 アレルギー性鼻炎の治療法 治療には原因を特定した上で、原因物質をさける、薬物療法、減感作療法、手術療法などが用いられています。 副鼻腔炎(蓄膿症)の治療法 急性副鼻腔炎の治療は、炎症薬や膿の排出を促す薬を用います。 副鼻腔の換気と排泄を促すため、抗菌薬やステロイドを鼻から吸い込み副鼻腔に送り込む「ネブライザー療法」という治療方法なども有効です。 慢性副鼻腔炎となった場合は鼻水の吸引、副鼻腔の洗浄、薬物治療が行われます。 症状が重い場合や症状が長期にわたって続く場合は内視鏡下副鼻腔手術や、鼻中隔湾曲症など鼻の変形がある場合は矯正手術を行います。 中には根治が難しいものもあり、予後については原因疾患によります。 悪性腫瘍などでは進行度によってはよくないものもあります。

次の

【鼻づまり.com】原因・解消・治し方

鼻 づまり 改善

花粉症やアレルギー性鼻炎の鼻づまりや鼻水を改善する方法についてです。 <質問1> 鼻づまりや鼻水を改善する方法は? <質問2> 鼻炎で鼻水や鼻づまりに悩まされています。 何か楽になる良い方法はありませんか? 鼻づまりや鼻水を改善する方法の回答 鼻づまりや鼻水の原因は アレルギー性鼻炎や花粉症や 風邪のウィルスや細菌などで 鼻が炎症を起こしている状態です。 ですから鼻づまりや鼻水を完全に改善するには 原因の疾患を治すことが大事です。 風邪だったら安静にして体をあたためて ウィルスが排出されるようにすることが大事ですね。 ここでは、原因を治す方法ではなく 対処療法になりますが一時的に 鼻づまりや鼻水を改善する方法について 体験も交えて書きます。 鼻水は、涙腺、鼻腔、副鼻腔の分泌物が それぞれ混じりあって作られています。 健康なときは、主に涙が鼻水の元です。 鼻の中の潤いを保っているのが涙の水分です。 泣くと鼻水も出てくるのは素が涙だからですね。 鼻水をとめるには、原因が改善するまでは 鼻をかむのが一番よいです。 鼻をすすらないことが大事です。 鼻の中の炎症が悪化しやすく 再び出てきますから、すすらないことです。 鼻を正しくかむのがいいです。 しかし両方の鼻をいっしょにかむと 耳に負担がかかるのでダメです。 正しい鼻のかみ方をしましょう。 片方ずつ鼻を横からおさえて 片方の鼻が空いた状況にして 鼻の奥から優しく鼻水を出すイメージで かむといいです。 次に鼻水の段階で改善しないで 鼻づまりになってしまった場合の 対処方法を書きます。 どの場合も鼻詰まりが解消されたら 優しく鼻をかんで鼻水を外に出すようにします。 鼻づまりになったときに私がよくしていて 鼻が楽になっていた方法は 鼻を温めたり鼻のマッサージです。 お風呂の 湯気でも鼻が楽になります。 ふだんは、マグカップに熱湯を入れて ペパーミントの精油(エッセンシャルオイル)を 2滴垂らします。 ゆっくりその湯気をかぐと だんだん鼻づまりが解消されてきます。 精油がないときはペパーミントティーを 濃いめに入れて湯気をかぐのもいいです。 ペパーミントがないときは 普通の湯気をかぐだけでも少しは楽になります。 外出時でマグカップが準備できないときは マスクの内側にペパーミント精油をほんの少し (1滴以下)垂らします。 すると刺激で鼻の通りが改善しやすいです。 しかし多すぎるとヒリヒリするのでちょっぴりです。 なお、どの場合も 精油は品質が良い無添加なもの を選ぶようにしましょう。 あとは、 温めたおしぼりを 鼻にのせて温めても通りがよくなります。 何もないときは、ゆっくりと 鼻のマッサージも良いです。 小鼻のくぼみの部分から上の 鼻筋をたどるようにして目頭の 鼻の根元まで優しくマッサージすると 少しずつ鼻の通りが改善されます。 鼻詰まりが解消したら、鼻を優しくかんで 鼻水を外に出しておきましょう。 鼻をすすらないようにします。 なお、お酒は鼻づまりが悪化するので 鼻づまりのときはお酒は飲まないようにします。 体を冷やす食べ物や飲み物は 鼻づまりを悪化しますので 摂取しないように注意しましょう。 体を温める食べ物を摂るといいです。 具体的な食べ物だとネギが鼻づまりに良いです。 ネギをたっぷり入れたみそ汁を ゆっくり飲むと鼻の通りが改善しやすいです。 生姜をお茶や熱湯に入れて ゆっくり飲むのも良いです。 体が温まって鼻の通りもよくなります。 鼻づまりが酷くて口呼吸になっていて 喉が荒れているときは、生姜湯に ハチミツを垂らすといいです。 ハチミツだけでできているのど飴を 舐めるのも鼻づまりと喉のイガイガ 改善に良かったです。 病院では、 抗ヒスタミン薬が出ることが 多いですが、 眠気がくるものが多いですし 薬が切れると、再び鼻水が酷くなるので どうしても鼻がかめない場所にいくときのみ 使うといいです。 今は、長時間作用して比較的眠気がこない 薬も増えています。 自分で対処しても改善しない鼻水の場合は 耳鼻咽喉科に行って診てもらいましょう。 鼻の通りが改善したら普段から 口呼吸ではなく鼻呼吸を意識することも大事です。 そして、耳鼻咽喉科に行っても 対処療法であることは変わりないので 通院しながら、食事や生活環境を 改善して普段から免疫力を高めて アレルギーや花粉症や風邪などひかない健康な体に することが大事です。 免疫力を高めるには、活性酸素が増えない 生活を心がけるといいです。 健康になって美肌にもなります。 活性酸素が減る生活方法はこちらの記事をどうぞ。 美肌にもアンチエイジングにも良いです。 ノンカフェインなので子供でも妊婦でも授乳中でも安心して 飲めるのがいいなと思いました。 気づかないうちに 鼻づまりでイビキをかいている ケースに効果があります。 お茶で鼻炎や花粉症の鼻水や鼻づまりが 本当に改善するのかな?と不思議でしたが、 原料を見て納得しましたよ。 食べ物では紫蘇・トマトやヨーグルトや納豆などの乳酸菌がアレルギー症状を緩和したり抑制する効果がある。 ヒスタミンの放出を抑えるタマネギやレンコンも有効。 (質問) 好物ばかりなのに花粉症なのはどうしたら… (回答) 食べ物だけではなかなか改善しないので体質改善で免疫力アップになるをするといいです。

次の

アレルギー性鼻炎といわれたら

鼻 づまり 改善

アレルギー性鼻炎といわれたら 監修/北村 聖 東京大学医学教育国際協力研究センター 教授 風邪をひいたわけでもないのに「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」に悩まされ、集中力が落ちて日々の仕事にも差し支える、そんな人の多くが病院へ行くと「アレルギー性鼻炎」といわれます。 アレルギー性鼻炎は、年間を通して起こる 「通年性」と一定の季節に限って起こる 「季節性」の2種類に分けられます。 「通年性」の主な原因は ハウスダストですが、中でも多いのはダニです。 ダニ以外の原因には猫や犬などのペットが知られています。 「季節性」のほとんどはスギやヒノキ、ブタクサなどの 花粉が原因です。 ハウスダストやスギ花粉など、アレルギーを起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。 アレルゲンが鼻に入ると、アレルゲンの侵入を防ぐかのように鼻がつまります。 また、くしゃみや鼻水という症状でアレルゲンを体の外に追い出します。 このように、アレルギー性鼻炎は体にアレルゲンが入らないようにする一種の防御反応として起こっていると考えられます。 アレルギー性鼻炎の症状は、1日に何度も繰り返すくしゃみと、水のように流れる鼻水、鼻づまりが特徴です。 これらの症状は、鼻の粘膜に存在する肥満細胞と呼ばれる細胞から、ヒスタミンやロイコトリエン、トロンボキサンという化学伝達物質が放出されることで起こります。 ヒスタミンは鼻の神経を刺激してくしゃみ・鼻水に、またロイコトリエンやトロンボキサンなどは血管を刺激して鼻づまりに関係していると考えられています。 検査は、まず鼻炎の症状がアレルギー性かどうかを調べます。 検査には 問診、 鼻鏡検査、 血液・鼻汁好酸球(びじゅうこうさんきゅう)検査などがあります。 また、アレルギー性であれば何が原因になっているかを検査します。 検査には、皮膚テスト、血清特異的IgE抗体検査、鼻粘膜誘発検査などがあります。 血清特異的IgE抗体検査は、採血をしてアレルギーと関係するIgEという抗体がどんな種類のアレルゲンと結びつくかを調べるものです。 スギ花粉がアレルゲンであればスギ花粉に対し「陽性」というように結果が出ますが、陽性だからといって必ずそれがアレルゲンとは限らない場合があり、問診で得られた情報などと組み合わせて診断します。 問診では、症状が始まった時期、季節との関連性、症状の種類と程度、過去の病歴や他のアレルギー性の病気(喘息、アトピー性皮膚炎)の併発の有無、家族の病歴(特にアレルギー)などを明らかにしていきます。 耳鼻咽喉科を受診すると、専用のスコープを使って直接鼻の粘膜の状態を観察する鼻鏡検査を行います。 通年性のアレルギー性鼻炎では、鼻の粘膜が全体的に腫れあがって白っぽく見え、透明の鼻水がみられます。 また、副鼻腔炎、鼻ポリープなど他の病気があるかどうかも観察します。 アレルギー性鼻炎では、白血球の一種の 好酸球という細胞が血液中や鼻水の中に増加します。 したがって、鼻汁好酸球検査で鼻水の中の 好酸球増加がみられることがポイントになります。 また、症状の原因となるアレルゲンが証明されれば確定診断となります。 原因となるアレルゲンを明らかにすることは、治療や生活環境を整える上で重要です。 治療目標の第一は「症状はあってもごく軽く、日常生活に支障がない。 薬もあまり必要としない状態」に持っていくことです。 この目標を達成する治療には、薬物療法、特異的免疫療法(減感作療法)、手術療法、アレルゲンの除去と回避があります。 治療薬を選ぶためには、「くしゃみ・鼻水型」「鼻づまり型」といった鼻炎のタイプを区別し、重症度を判定することが必要です。 数年間という長期の治療になりますが、完治することもあります。 レーザー手術、電気凝固法、凍結手術などがあります。 高度なアレルギーでは、粘膜を切除する手術や鼻腔の通気を改善する手術、鼻水を止める神経切除術などがあります。 日常生活の中で、鼻に入るアレルゲンの量を減らすことができます。 アレルゲンの量を減らすことは、鼻炎の症状を軽くする効果があります。 ハウスダストが原因となる場合、その大部分は室内ダニです。 室内ダニが生息しにくい清潔な環境をつくることがアレルゲンの除去になります。 スギ花粉がアレルゲンの場合、花粉情報に注意し、飛散の多い時期はできるだけ外出を控えます。 また、表面が突起した毛織物のコートなどはなるべく着用せず、帰宅時は衣服や髪から花粉を払い落とします。 入室したら、手洗い、うがい、洗顔をして鼻もかむようにします。 ペットはできれば飼育をやめたほうがよいのですが、次善の方法として犬なら屋外で飼育することや、猫であれば寝室には入れないことが重要です。 編集:株式会社ライフメディコム 制作:.

次の