敬老の日 メッセージ デイサービス。 敬老の日メッセージカードを手作りする方法 デイサービスや施設にも

敬老会のプレゼントを手作りで!施設や特養、デイサービスでおすすめ

敬老の日 メッセージ デイサービス

敬老の日のイベントは何をするの? 敬老の日とは、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている国民の祝日です。 9月の第3月曜日なので、土曜日を含めると毎年3連休になります。 デパートやショッピングモール、町の商店街では、敬老の日特集のプレゼントコーナーが設置されたり、レストランなどではおじいちゃんおばあちゃんに喜ばれるメニューが用意されたりします。 行政主催で、敬老の日に合わせて催し物を行う市町村もあります。 歌や踊りなど、お元気な方たちが舞台に上がって日ごろの成果を披露しあい、地域の子供たちやボランティアの方々、プロの演芸士さんが芸を披露することもあります。 デイサービスで行われるイベントの中では、敬老の日が一年を通して最も重要なイベントとして取り上げられています。 外出するのは体の状態が不安でも、デイサービスを利用している方々に楽しんでもらえるよう、敬老の日にはさまざまな催し物が行われるようです。 敬老の日にデイサービスで行われる企画 多くのデイサービスでは、敬老の日にお祝いのイベントが開かれます。 ホールは、ポスターやお祝いモードの手作りグッズで飾られ、利用者一人一人にプレゼントが用意されたり、スタッフから心温まる手書きのお手紙をもらえたりすることが多いようです。 休まずに通所したおじいちゃんおばあちゃんには皆勤賞や、各々の得意なことを称える賞状が贈られることもあります。 賞状には楽しく笑っている似顔絵や写真が貼られていて、参加者全員に贈られるのが通常です。 近くに幼稚園や保育所がある場合には、幼児たちが施設を訪問しておじいちゃんおばあちゃんたちに歌やダンスをお披露目することもあるようです。 また、クイズやカラオケ、ダンス、合唱も定番の催し物です。 昔、唱歌と呼ばれた童謡「ふるさと」、「赤とんぼ」、「母さんの歌」などは、みんなが覚えていて簡単に口ずさめる歌ですし、手遊びしながら歌える、「むすんでひらいて」や、「幸せなら手をたたこう」も簡単にできる遊び歌です。 手をたたき、足をならし、肩をたたく。 歌いながら体も動かすことができて、誰でも楽しめますね。 他には、写真当て大会も人気があります。 利用者たちの幼いころや若いころの写真を前もってご家族に用意してもらい、それが誰なのかを当ててもらうゲームです。 懐かしい風景や昔話に花が咲いて、楽しい出し物になります。 家族も招待され、利用者と一緒の時を過ごすという、学校でいえば授業参観のような形態をとることも少なくありません。 そこでは家族の来園に合わせて、バザーを行うこともあります。 お祝いの会に家族が参加すれば、デイサービスでおじいちゃんおばあちゃんがどのように過ごしているかを知ることができて、お互いに新しい発見があるかもしれません。 敬老の日に出される定番のお料理とは? デイサービスではどのような昼食やおやつが出されているのか、気になることのひとつですね。 敬老の日のイベントでは、普段の昼食よりかなり豪華な特別食がふるまわれることが多いようです。 献立例1 ・お赤飯 ・お味噌汁 ・お刺身 ・茶椀蒸し ・野菜の煮つけ ・お新香 献立例2 ・お寿司 ・お吸い物 ・野菜の煮物 ・天ぷら ・紅白お祝いまんじゅう ・お新香 献立例3 ・栗ご飯 ・お味噌汁 ・焼き魚 ・茶椀蒸し ・野菜のおひたし ・フルーツ デイサービスでふるまわれる献立は、安全な食事、おいしくて食べやすい食事、楽しみのある食事になるように、栄養士さんが頭をひねり、調理師さんたちが心を込めて調理したものです。 その地方の名産品を盛り込めば、懐かしい思いが込み上げてきて、食が進むでしょう。 最近では、それぞれ好きなものが選べるバイキング形式も人気があるようです。 普通食が食べられない方や、当日食の進まない方もいらっしゃいますから、飲み物や果物、お菓子類などが用意されていれば、その場でいただくこともお持ち帰りもできます。 家に帰ってからデイサービスのイベントを話題にして、家族でもう一度盛り上がること間違いなしですね。 まとめ おじいちゃんおばあちゃんに日ごろの感謝の気持ちを言葉にして伝えることは、とても大事なことですよね。 もちろん、言葉で伝えるだけでもきっと喜ばれると思いますが、一緒に過ごして、一緒にご飯を食べられる幸せも共有できたら、さらに喜ばれるでしょう。 デイサービスで食事を共にすることで、お年寄りの好む献立を知ることができますし、その献立を参考に自宅での食事をアレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

敬老の日のメッセージでデイサービス職員から送る場合は?参考例文集

敬老の日 メッセージ デイサービス

スポンサーリンク 毎年9月の第三月曜日に定められている 敬老記念日が今年も迫ってきました。 毎年日にちが変わりますが、 2017年は9月18日がになります。 元々、は 「豊富な経験と知恵のもつ高齢の方へ 敬意と感謝を表す日」 という意味でできたものです。 ご自分の祖父母に会いに行ったり、 プレゼントを贈ったり、 メッセージカードを用意したり すでに計画をしている人も 多いのではないでしょうか? 家族とは別に高齢者の方を相手に 仕事をしている人もいますよね。 例えば、 老人ホームやデイサービスの職員などです。 そこで今回は デイサービスの職員からに 送るメッセージの参考になるような例文を 紹介いたします。 に送るメッセージのポイントは? やはりどんな方でもメッセージをもらうのは 特別嬉しいものです。 デイサービスの職員さんと 利用者さんの親密度によって も違ってくるでしょうが ポイントを押さえて、 より喜んでもらえるメッセージを 送りましょう。 文章はなるべく短くまとめましょう 文章が長いと、書く側だけでなく 読む側にとっても負担になります。 お年寄りだと、目が見えにくい方も多いので、 大きな文字で端的な言葉をまとめましょう。 長くダラダラした文章を書くよりも 短い言葉の方が相手の心にも残ります。 文章は当り障りないものでも問題ありません 一人一人に対して心を込めて 文章にしたほうがいいのではないか? と考えるかもしれませんが、 考え込みすぎても言葉は出てきません。 その人のことを思い浮かべて 出てくる事柄からの言葉でいいのです。 変に奇をてらった言葉にしても 相手に伝わらないかもしれません。 何気ない素直な気持ちを伝えられるよう 簡単な言葉でも十分なのです。 のメッセージでの注意点は? 「長生きして」はNG!? メッセージによく使いがちなのが、 「これからも元気でいてね」 「いつまでも長生きしてね」 などの文章です。 ですが、これらの言葉で 気分を害してしまう人も正直います。 「元気であれば、デイサービスを利用しない!」 「こんなところにくるまで長生きしたくなかった」 など思ってしまう方もいます。 自分にとっては当り障りない言葉に感じても 受取る人によってはそう感じない人もいます。 このような文章には十分気を付けましょう。 実際に、私はデイサービスで 高齢者と関わる仕事もしていますが、 「これ以上長生きしなくていいから ぽっくり逝きたい」 このように思っている方はいらっしゃいます。 だから、 にメッセージをくれることは ありがたく、嬉しいと思うけど、 「長生きなんかしたくないよ…」と そんな気分になってしまうのです。 また お年寄り扱いされるのを嫌う方もいますので、 「」という言葉を使わずに メッセージを贈った方が良いです。 スポンサーリンク 敬老の 日に送るメッセージの文例は? シンプルで比較的どなたにも使える文 ・日頃の感謝を込めて、お礼申し上げます。 ・いつも色々な事を教えていただき、感謝しています。 ・いつもたくさんの事を学ばせていただき、 ありがとうございます。 ・いつも楽しいお話ありがとうございます。 ・これからも楽しいお話を聞かせてください。 ・これからも色々な事を教えてください。 ・これからもご指導よろしくお願いします。 ・これからもよろしくお願いします。 ・お孫さんがご結婚されて、さらに賑やかになりますね。 またみんなでやりましょう。 ・先日見せていただいた、ご家族の写真に とても癒されました。 また新しい写真が撮れたら見せてくださいね。 ・以前教えていただいた、お料理作ってみました! おいしかったのでまた教えてください。 など ご家族の方もメッセージをみるので 一人一人の利用者さんとのエピソードを 織り交ぜたメッセージだと非常に良いです。 ご家族も職員の方がきちんと向き合ってくれていると 安心しますしとても喜んでくれます。 短い文章の中にシンプルな文プラス 利用者さんにあった文章を入れると 気持ちが伝わりやすくなり、 喜んでいただけます。 人数が多くて一人一人の事を 考える時間がない場合もあるでしょう。 そのようなことにならないように 日頃接する際やレクレーションの時など 利用者さんとのエピソードを メモ書きにしておくと良いでしょう。 そういった記録があれば メッセージを書くときに とても役立ちますので ぜひ参考にしてみてください。 まとめ せっかくメッセージを贈るなら ぜひ喜んでいただきたいものです。 ただ、気を付けなければいけないのは 良かれと思って贈った言葉が 相手を嫌な思いにさせてしまわないように 配慮が必要です。 日頃の利用者さんの行動や言動を思い出し、 相手にとって嫌な文章ではないか 考えながらメッセージを書きましょう。 人生の大先輩にです。 その為、敬意を払った文章を 書くように心掛けましょう。 とは言え、普段改めてメッセージを 書く機会は少ないと思いますので あまり、硬く考えすぎず あなたの素直な気持ちを 表現してみることが大切です。

次の

敬老会のプレゼント!デイサービスや施設でのアイデア紹介

敬老の日 メッセージ デイサービス

もうすぐ敬老の日!メッセージ例文とデイサービスのアイデア! 9月の第3月曜日といえば 敬老の日です。 元をたどれば兵庫県の 多可郡野間谷村(たかぐん のまたにむら)から 始まったとされる、この祝日。 お子様に、パパやママだけが 「いつもお世話になっている、おじいちゃんや おばあちゃんにお手紙を送りたい」と 思うわけではありません。 「施設でお世話をしているおじいさん、 おばあさんにメッセージを送りたい」 「デイサービスを利用される方々に感謝状を送りたい」!と 思われるスタッフさんもいらっしゃいますよね。 そんなスタッフさんの皆さま、敬老の日のメッセージや 感謝状作りに頭を悩ませていませんか? 何を書いて、何をさけて書くべきか。 いったいどのくらいの文字数を書けば良いのか? 悩みだすとキリがありませんよね。 でもポイントをおさえて書き進めると、 案外あっさり書き終えるものでもあります。 今年の敬老の日を良い思い出で締めくくれるように。 メッセージや感謝状を書くためのポイントや例文、 さらにお渡しするときにおススメのイベントを、 これから順にご紹介してまいります。 Sponsored Link 今年はどうする?敬老の日のメッセージ例文と施設のイベント!! ここではまず施設で働く皆様が敬老の日の メッセージカードを作成する場合についてお伝えいたします。 皆さんにおススメしたいメッセージ、 それは敬老の日の由来や趣旨をくんだもので、 かつ誰でもすぐに内容をのみこめるものです。 職員である以上、皆さんは可能な限り、 多くの人に受け入れられるメッセージを作る必要が あるのではないでしょうか。 大切な相手を怒らせる失敗は避けたいですよね。 また頭をひねって長い文章や韻を踏んだ傑作を 作成されたとしても、伝わりにくい場合がありますし、 奇をてらったもの、過激なもの、 敬老の日の趣旨から大きく外れたものは ご年配の方を困惑させてしまう可能性もあります。 さらに相手の方にも皆さんにも予定がありますよね。 このような事情、配慮しなければならない点を踏まえると、 メッセージはいわゆる正統派のもので、 かつ誰でもすぐに内容をのみこめるものがおススメなんです。 そこで以下に敬老の日の由来や趣旨、 作成時のポイントをまとめました。 お年寄りの知恵を借りて、村作りをしよう」との考えで 開かれた敬老会。 3年後の1950年には兵庫県全体で敬老会が 行われるようになると同時に、 「9月15日をとしよりの日にしよう」と 県民運動も始まりました。 この運動は全国に広まり、1963年「としよりの日」は 「敬老の日」とされ、2001年には9月15日から第三月曜日に移行、 さらに趣旨も「長く社会のためにがんばってこられた 年配者を敬(うやま)い、ご長寿をお祝いする」へと変わり、 現在にいたっています。 なお「具体的に何を書けば良いのか思いつかない」と お思いの方のために。 例文も以下にご紹介します。 さらに海外でも取り入れられている人気の イベントの例も合わせてお伝えしますので、ご参考になさってくださいね。 簡単なメッセージでも、温かい言葉や楽しい イベントの前後にお渡しすれば、より相手に喜んでいただけるはずですよ。 一緒にお話しできる時間をいつもとても楽しみにしています。 ほんの一部でも、ご恩をお返しできたならば幸いです。 【例文-2】 この日をお祝いする機会に恵まれ、嬉しく思います。 【イベントの例】 ・簡単なパズルやゲーム 脳の活性化は健康寿命をのばす重要な要素の一つです。 難しい問題や難解なパズルをする必要はありません。 流行のナンプレや、王道のビンゴなど、簡単なものを、 みんなで競い合ったり、話し合ったりしながら行うと、 参加者の脳の活性化に十分につながります。 この時、できる限り誰もが楽しめるよう場を盛り上げると、 より良い効果につながります。 ・語りの時間を持つ ご年配の方々に自由に昔の体験や思い出を語ってもらう、 あるいはテーマを決めて話してもらう時間を設けてみましょう。 個人の打ち明け話は往々にして聞き手の方々との距離を縮めてくれます。 ・ウォーキング 心身を健全に保つと、アルツハイマー病や認知症だけでなく、 寝たきりや心臓病など、様々な病の予防になります。 施設の庭をみんなでお散歩したり、ちょっとだけ施設から 離れたところまで足を運んでみたりなどはいかがでしょうか。 短時間の運動は深刻な病の予防効果だけでなく、 大勢の方に満足されるイベントの一つでもあります。 すぐに使える!感謝状例文とデイサービスのイベントアイデア!! さて次は感謝状の作り方についてご紹介してまいります。 メッセージカードと同様、日頃の感謝の想いを つづったカードや手紙をもらって喜ばない方はいない、 とよく言われますが、それは 内容次第です。 感謝状もやはり由来やポイントをおさえて おいたものが無難です。 なおそのポイントは先にあげたものとほぼ同じです。 ただし『感謝状』ですから個人宛にしろ、 複数の方に宛てて書くにしろ、敬老の日の由来や趣旨を 強く意識したものではなく、感謝を強調した内容を 心がけたいところ。 では具体的にどのような内容であれば、 相手の気持をそこなわないのか。 今回も例文を以下にまとめました。 さらにデイサービスのイベントの例も挙げておきますので、 感謝状をお渡しする前後に行ってみてくださいね。 【例文-1】 いつも私たち職員に気を配ってくれて、ありがとうございます。 色々なお話しまで聞かせてくれて、 私達はこれまで何度も心がいやされ、また励まされてきました。 最近、体調はいかがでしょうか。 どこか辛いところがあれば、遠慮なくおっしゃってくださいね。 いつも本当にありがとうございます。 感謝の気持ちを込めて、感謝状をお送りします。 お辛い時、体調がよろしくない時は私達に 気軽におっしゃってくださいね。 遠慮はいりません。 いつも心より感謝しております。 相手の好みにそった物、例えば読書好きな方には、 しおりを送ったり、好奇心の強い方には相手の好む テーマについて書かれた雑誌や新聞記事の切り抜きを 送ったりしましょう。 古今東西、甘党の方は大勢おり、 海外の介護施設でも甘い物を渡すイベントは 人気があります。 海の向こうでは例えば暑い日にはチョコレートや バニラのアイスクリームをお渡しすると大好評のようです。 ・屋外の庭で立食パーティ こちらも海外で取り入れられているイベントです。 暖かく天気の良い日にテーブルを庭に出し、 おじいさんやおばあさんたち同じ物をスタッフも 食べながら談笑すると、参加者同士、距離がぐっと 縮まる傾向にあります。 お手軽により親密な関係を築けるイベントです。 まとめ 敬老の日とは若者に目がいきがちの世の中で、 お年寄りが主役になれる、お年寄りのための日です。 とはいえ肩に力を入れてメッセージカードを作ったり、 高価な出し物を用意したりする必要は必ずしもありません。 ここまで書き方のポイントや例文で長々と 説明してまいりましたが、母の日や父の日と同じく、 大切な人に何かを送る時に一番大切なコトとは結局、 『心を込める』ではないでしょうか。 誠実な気持ちで、おじいさんやおばあさんの 日頃の苦労を労い、敬う行いこそ敬老の日に 相応しくありませんか? 当日はどうぞ真心を込めたメッセージやイベントで 周囲のご高齢の方たちをお祝いしてあげてくださいね。 心より応援しております。

次の