青木 翔 ゴルフ コーチ。 渋野日向子と青木翔コーチが同時受賞。2020年ゴルフダイジェストアワード発表!

“いい”コーチってどんなコーチ?辻村氏も唸る渋野日向子と青木翔の役割分担とは【注目プロコーチ鼎談】(No.138200)

青木 翔 ゴルフ コーチ

日本のゴルフ界発展に貢献した人物やギアを表彰するゴルフダイジェストアワード。 2020年もたくさんの投票をいただき、受賞者が決定した。 2020年ゴルフダイジェストアワードでは多数の投票の結果、2名が受賞する運びとなった。 1人目は、女子プロ・渋野日向子。 1998年度生まれの黄金世代の1人で、2019年8月に開催された「全英女子オープン」で優勝し、日本人として実に42年ぶりとなる海外メジャー制覇の偉業を成し遂げた。 今回の受賞にあたって、渋野本人からコメントをもらった。 「この度は読者大賞という名高い賞に選んでいただき、大変光栄に思っています。 ゴルフを始めた時から読んでいた雑誌ですので、これからもたくさん取り上げていただけるよう、また読者の皆様のお目にかかれるよう、精一杯頑張っていきたいと思います。 これからも応援、よろしくお願いします!」(渋野) さらに、もう1名。 ZOZO前社長であり、初の日本開催となるPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」の立役者、前澤友作も読者大賞に輝いた。 記念すべき第1回大会は、タイガーと松山が優勝争いを繰り広げるという熱い展開の末、タイガーが史上最多に並ぶ通算82勝目を挙げて幕を閉じた。 渋野のコーチ、青木翔がレッスン・オブ・ザ・イヤー。 「那須の神様」が特別功労賞に 続いて、優れたレッスンに対して贈られる「レッスン・オブ・ザ・イヤー」に輝いたのは、選手の自立を促す独自の指導法で教え子である渋野の才能を開花させた、青木翔コーチ。 シーズン終盤のエリエールレディスで鈴木愛に競り勝ち逆転優勝。 ツアー4勝目を喜ぶ一コマだ 青木の受賞に「私と同時に、青木コーチもレッスン・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、うれしく思っています!」と、渋野からも祝福の声が届いた。 そして、青木からもコメントが届いているのでご紹介しよう。 「いやぁ、テンプレートのような言葉になりますが、このような名誉ある賞をもらえて本当に光栄です! というのも、ゴルフダイジェストは僕が選手のころから読んでいて、コーチになってからもいろいろな視点や情報を与えてくれる存在でした。 しぶこのメジャー優勝で僕にとっても激動の1年になりましたが、レッスン・オブ・ザ・イヤーへのノミネートもその一つ。 まさか僕のキャリアの中で受賞できるとは思ってもいませんでした」(青木) 渋野のほかにも将来有望なツアープロや、トップレベルのジュニアも指導するが、教え子が結果を残している要因を、自身ではどのように考えているのだろうか。 週刊ゴルフダイジェストにて「笑顔のレシピ」を連載中だ 「それは成長している選手の覚悟によるところが大きい。 僕は彼らに技術と、成長のきっかけやヒントを与えるだけです。 それを信じてやり続け、ついてきてくれた選手、サポートしてくれた人たちの力が合わさって、大きな結果が生まれているんだと思います。 あとは運もありますかね(笑)。 でも、運って日ごろから一生懸命取り組んでいないとつかめないもの。 機会を逃さない選手は、やっぱり真摯に取り組んでいます。 この受賞も少なからず運の要素もあると思いますが、選手の成長に真面目に向き合って指導してきたからこそ、いただけたものだと思っています」(青木) 今後、目指したいコーチ像はどういったものなのか。 「もちろん、プロで活躍する選手、大きな大会に勝つ選手を育てたいと思っています。 でもそれより、ジュニアを含め教えている子たちにとって『夢や成長のサポートをする存在』でありたい。 僕が教えた子が、全員メジャーチャンピオンになれるわけではありません。 だから、彼らが『いいスコアの出せる上手なゴルファー』である前に、自分の人生を有意義なものにできる人間になってほしいと思って、ゴルフの技術を教えつつ、人間性もみっちり指導していきます!」(青木) 続いて、長年にわたりゴルフ界、レッスン分野に貢献した人に贈られる、レッスン・オブ・ザ・イヤー特別功労賞を受賞したのは、故・小針春芳。 「那須の神様」の異名を持ち、戦績は日本オープンを2度制し、通算6勝。 戦後のプロゴルフ界を飾った名手の1人で、日本プロゴルフ殿堂入りも果たしている。 長年にわたるゴルフ界への貢献により受賞となった。 その暖かい人柄で、多くのゴルファーに敬愛された クラブ・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは? 「クラブ・オブ・ザ・イヤー」は多くのゴルファーに愛され、ゴルフの楽しみを提供してくれた話題のクラブに贈られる賞。 まずドライバー部門に輝いたのは、ピンのG410シリーズだ。 ヘッド上部に搭載されたタービュレーターにより空気抵抗を抑制し、速く振れて飛ぶと人気を集めた。 アイアン部門で選ばれたのは、テーラーメイドのPシリーズ。 タイガー・ウッズと開発した「P. 7TW」、飛距離、打感、やさしさを進化させた「P790」、「P760」はプロアマ問わず絶大な人気を誇る。 左から「P. 7TW」、「P790」、「P760」 さらに特別賞として、キャロウェイのパター、ストロークラボシリーズも受賞。 最新モデル「ストロークラボTEN」は、しっかりした打感を実現した「ホワイトホットインサート」に加え、高い慣性モーメントでミスヒットにも寛容と高い評価を得た。 今年は日本ジュニア選手権(12~14歳の部)2連覇を成し遂げた吉沢己咲と、昨年のジュニア選手権を制した梶谷翼が受賞。 若い世代の活躍にも注目していきたいところだ。

次の

渋野の青木翔コーチうれしい悲鳴 自身のアカデミーに問い合わせ殺到/ゴルフ/デイリースポーツ online

青木 翔 ゴルフ コーチ

経歴・人物 [ ] から卒業。 中学校1年の時に父の誘いを受けてゴルフを始める。 福岡大学時代はゴルフ部主将を務め 、第23回九州学生ゴルフ選手権競技(2004年)に出場して22オーバーの36位となった記録が存在する。 大学卒業後はプロ入りを志望し、ツアープロを目指して(PGA)のプロテストを5回受験するも全く通らず、27歳の時にティーチングプロの道を進むことに決め、本拠を出身地の福岡からに移した。 2011年よりジュニアゴルファーの育成に乗り出し、2012年にパインレークゴルフクラブ()を本拠地に『AOKI SHO GOLF ACADEMY』を開く。 自身が指導した選手には2016年覇者の(男子プロ) 、(女子プロ) などがいる。 2017年秋に当時アマチュアでプロテストに不合格だった出身のの指導を引き受ける。 指導当初の渋野は「ボロボロで才能だけでゴルフやってるような感じで、全く球が当たらない」状態であったが、青木はそこから根気強く基礎を叩き込む指導を続ける。 2019年シーズンになると渋野は急成長し、(JLPGAツアー)4勝、海外1勝の合計5勝を挙げる。 特に(LPGAツアー)公式戦ので渋野が日本人選手42年ぶりとなるメジャー大会優勝を飾った際には青木が渋野のキャディを務め、歴史的優勝の影の立役者となった。 2020年から、青木と故郷がほど近い(糟屋郡須恵町出身)が弟子入りした。 青木門下の選手 [ ]• 脚注 [ ]• 西日本スポーツ. 西日本新聞社. 2019-08-19. 1-2. 2020年3月23日閲覧。 PDF. 九州ゴルフ連盟. 2020-03-12. 2004年8月27日時点の PDF よりアーカイブ。 2020年3月23日閲覧。 ゴルフへ行こうWEB. ゴルフダイジェスト社. 2019-09-03. 2020年3月23日閲覧。 GDOニュース. 株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン. 2017-01-15. 2020年3月23日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2019-08-07. 2020年3月23日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2019-12-01. 2020年3月23日閲覧。 みんなのゴルフダイジェスト. ゴルフダイジェスト社. 2019-08-05. 2020年3月23日閲覧。 ALBA. Net. グローバルゴルフメディアグループ. 2019-12-23. 2020年3月12日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

青木翔

青木 翔 ゴルフ コーチ

スポンサーリンク 渋野日向子選手のコーチ青木翔さんの経歴まとめ 渋野日向子選手のコーチである 青木翔さんは、 福岡県出身の 1983年3月28日生まれです。 学生時代は ジュニアゴルファーとして活躍、大学卒業後も ツアープロを目指していました。 しかし、改めて自分を見つめ直したことをきっかけに、 27歳で ティーチングの道を志し、 USGTF公認ティーチングプロ(レベル3)であり、2012年に AOKI SHO GOLF ACADEMYを設立しました。 設立以降、有望なジュニアゴルファーを数多く 育成、2017年に PING契約ジュニアアンバサダーにも 就任、時には キャディーとして教え子の サポートもしています。 なお、プロ以外にも 一般向けのレッスンも行っており、下記の 場所でレッスンを受けることができます。 2019年 「LPGAサロンパスカップ」 優勝:渋野日向子プロ 「LPGA資生堂アネッサレディスオープン」 優勝:渋野日向子プロ 「AIG全英女子オープン」 優勝:渋野日向子プロ 「LPGAデサントレディース東海クラシック」 優勝:渋野日向子プロ 「LPGA大王製紙エリエールレディスオープン」 優勝:渋野日向子プロ 上記のように、コーチの 青木翔さんは、2016年以降、教え子たちに 実績を残しており、 渋野日向子選手の活躍により、さらにコーチとしての 指導力に注目が集まっています。 なお、コーチの 青木翔さんは、自身の 指導方法について、インタビューで下記のように語っています。 ボクも元々はプレーヤーだったんで、 選手たちの気持ちがわかるんですよ。 頭ではわかっていても、 できることとできないことがあるってことを。 ボクのレッスンのモットーは「 イチ言って10できる選手」を育てることです。 だから、あれこれ言わず、まずは ひとつのことを徹底的にやって自問自答させる。 これが、選手が成長するコーチングだと思ってるんです。 参考元: また、 渋野日向子選手は、 青木翔コーチの 指導を受け始めてから、上記のように、 ずっと頭に手を置かれてショット練習を続けていました。 そして、効率よくパワーが出せる体の使い方を自然に覚えたことで、 方向性も 飛距離も変化し、「 明らかに球筋が変わった。 」と 渋野日向子選手は語っています。 さらに、初優勝時の 神がかり的なパットもコーチから与えられた様々な位置からのロングパットを1メートルの円の中に3球入れるという 練習の 成果でした。 上記のように、 渋野日向子選手を始め、 指導を受けている契約プロたちの活躍は、コーチの 青木翔さんの 優れた指導力のおかげと言っても過言ではないと思います。 そんな 渋野日向子選手とコーチの 青木翔さんのさらなる活躍も楽しみに、引き続き応援していきます。

次の