佐々木 うるか アゴ。 治療中は地獄…医師が語る「ここだけは絶対ケガしたくない」場所(佐々木 次郎)

治療中は地獄…医師が語る「ここだけは絶対ケガしたくない」場所(佐々木 次郎)

佐々木 うるか アゴ

朝倉海(25=トライフォース赤坂)が衝撃の一発でタイトル戦をつかみ取った。 61キロ契約の佐々木憂流迦(30=Serra Longo Fight Team)との一戦は相手に付け入る隙を与えず、1R58秒でTKO勝ちした。 1R、左フックを放った後の右フック。 これが佐々木の顎にクリーンヒットした。 「右は得意なパンチ。 当たれば倒れると思っていた。 手応えはあった」。 倒れた相手に右腕を取られると、左膝、パウンドを容赦なく浴びせた。 顎を粉砕された佐々木は口からの出血が止まらず、ドクターチェックの末に試合が止められた。 8月18日の「RIZIN. 18」では、RIZINバンタム級王者・堀口恭司(29=アメリカン・トップチーム)を打撃で圧倒して1R1分8秒でKO勝ちした。 本来ならそのまま大みそかの堀口とのタイトル戦に臨むはずだったが、RIZINからのオファーを受けて参戦を決意。 負ければタイトル戦が流れる可能性もあったが、朝倉はそんなことは考えていなかった。 「リスクのあった闘いだったが、それ以上に勝てると思っていた。 待っていても動かない。 面白くするには自分から動かないと」と余裕たっぷりに説明した。 試合後のリング上では、この日が29歳の誕生日だった堀口に向けて「もう1回勝負しましょう」とアピールした。 これに呼応した堀口がリングに上がり「1回負けているからベルトなんかいらないよ」といったん朝倉にベルトを手渡した。 榊原信行実行委員長もリングに上がり、正式にタイトルをかけた大みそかの試合が正式決定した。 朝倉はこれでRIZIN6連勝。 5連勝中の兄・未来(みくる)とともに、朝倉兄弟の快進撃は止まらない。 「ケガもないので、明日からでも準備していきたい。 向こうも対策してくると思うけど、僕も自信がある。 楽しみ」と早くも大みそかを視野に入れていた。

次の

佐々木憂流迦とは何者か…嫁や内臓疾患など衝撃の過去の数々…. │ 暮らしにまつわるエトセトラ

佐々木 うるか アゴ

顎2箇所骨折で歯も吹っ飛びました。 試合前めちゃくちゃ動けたし、気合いも超入ってた。 試合後、血だらけの口が開きっぱなしだったので様子がおかしいとは思っていましたが、想像以上の大怪我でした。 歯も吹っ飛んだとのことで、治療にはかなり時間がかかるでしょう。 もしかしたら内臓疾患を患った影響で骨が脆くなっているのかなと推測したのですが、病気からの復帰後初戦、石渡伸太郎選手との試合では強いパンチを受けても今回のような 大怪我には至りませんでした。 つまり、佐々木憂流迦選手の骨の問題というより、朝倉海選手のパンチ力が尋常じゃなかったと捉える方が自然でしょう。 試合翌日の13日午後に顎の固定処置 俺は絶対に諦めないよ。 リベンジもしたいし、RIZINで絶対に1番を取る。 絶対に諦めない。 諦めたら終わりだから。 ただ、年末は最高のバンタム級の1戦があります。 朝倉海 VS堀口恭司 俺も絶対見に行くし、最高の2人が最高に楽しみ。 とんでもないメンタルです。 年末の堀口恭司VS朝倉海の一戦は佐々木憂流迦選手も楽しみだそうです。 私もめっちゃ楽しみです。 つい2か月前までは、リマッチは堀口恭司が勝つだろうと予想していましたが、今は分からなくなりました。 朝倉海選手が急激に進化しすぎて、実力が未知数、天井が見えない状態です。 退院して回復したら、RIZINショップでファンの皆んなに会いたいな。 自分たちだって色々な状況があるのに応援してくれて、とてつもないほどのパワーを送ってくれてる。 本当に励みになっています。 もちろんここでも感謝を伝えたいし、直接会って感謝を伝えたい。 感謝も忘れないナイスガイです。 一日も早くRIZINショップでファンと交流できる日が来るといいです。 榊原信行CEOがお見舞いに来てくれました お見舞いに来て頂きました。 めちゃくちゃ暖かくて熱い言葉沢山頂きしました。 有難う御座います。 焦らずにしっかりと完治させて、強くなってRIZINのリングに戻ります。 憂流迦選手、嬉しそうです。 体重もめちゃ減った。 だけど、入院中本当に沢山の人からパワー頂いて、めちゃくちゃ元気に退院出来ます。 本当に感謝。 有難う。 みんながいれば格闘技盛り上がるし、元気が出る。 10月12日の朝倉海戦から2週間、長かったです。 十分に栄養が摂取できない状態ですから致し方ありません。 完治までの道のりは長いですが、佐々木憂流迦選手なら必ずや復帰してくれるでしょう! 退院後の日々 佐々木憂流迦選手へ 今回の朝倉海選手との試合に覚悟を持って真っ向勝負を挑んでくれた事に主催者として心から感謝すると共に敬意を表します。 今回の試合で負った大きな怪我を必ず克服しRIZINのリングに必ず戻って来て下さい。 我々も憂流迦選手を全力でサポートします。 頑張って下さい。 試合前の練習での怪我にも保険は適用されるそうです。 手厚いですね、さすがUFCです。 RIZINファンから榊原CEOにクレーム RIZIN19で佐々木憂流迦選手は顎を2箇所骨折する大怪我を負いました。 当然、試合後すぐに治療が開始されると思っていたのですが、実際は医者が三連休で不在のため、翌日午後まで顎がずれた状態だったそうです。 選手が大事にされていない状況に、RIZINファンから榊原信行CEOに批判が起きています。 榊原CEOのツイートには、今回の対応に納得いかないファンからクレームのリプライがつきました。 同じく同意見です 病院と提携して万が一を備えないと負傷した選手の危険が計り知れません。 なんとかよろしくお願いします— Yuu Riziiiiiiiiin 試合後負傷した選手への対応がこれほどお粗末とは想像もしていませんでした。 日本の格闘技界はまだまだ未成熟ですね。 選手ファーストに考えれば、開催地近辺で重傷者を受け入れる病院の確保は必須でしょう。 大怪我を負った選手が翌日まで放置されてしまう状況では、とても格闘技を楽しむことなんてできません。 榊原CEOは優秀な方なので、年末のRIZINまでには病院との連携に関しても対策してくれると思います。 次のRIZINは12月29日と31日です。 年の瀬なので病院の確保は大変でしょうが、選手あってこその格闘技ですからね。 メイウェザーをリングに上げた剛腕で、選手の安全確保もきっちりやってくれることを期待しています。

次の

朝倉海 衝撃一発で佐々木憂流迦のアゴ粉砕 大みそか堀口とのタイトル戦決定― スポニチ Sponichi Annex 格闘技

佐々木 うるか アゴ

朝倉海(25=トライフォース赤坂)が衝撃の一発でタイトル戦をつかみ取った。 61キロ契約の佐々木憂流迦(30=Serra Longo Fight Team)との一戦は相手に付け入る隙を与えず、1R58秒でTKO勝ちした。 1R、左フックを放った後の右フック。 これが佐々木の顎にクリーンヒットした。 「右は得意なパンチ。 当たれば倒れると思っていた。 手応えはあった」。 倒れた相手に右腕を取られると、左膝、パウンドを容赦なく浴びせた。 顎を粉砕された佐々木は口からの出血が止まらず、ドクターチェックの末に試合が止められた。 8月18日の「RIZIN. 18」では、RIZINバンタム級王者・堀口恭司(29=アメリカン・トップチーム)を打撃で圧倒して1R1分8秒でKO勝ちした。 本来ならそのまま大みそかの堀口とのタイトル戦に臨むはずだったが、RIZINからのオファーを受けて参戦を決意。 負ければタイトル戦が流れる可能性もあったが、朝倉はそんなことは考えていなかった。 「リスクのあった闘いだったが、それ以上に勝てると思っていた。 待っていても動かない。 面白くするには自分から動かないと」と余裕たっぷりに説明した。 試合後のリング上では、この日が29歳の誕生日だった堀口に向けて「もう1回勝負しましょう」とアピールした。 これに呼応した堀口がリングに上がり「1回負けているからベルトなんかいらないよ」といったん朝倉にベルトを手渡した。 榊原信行実行委員長もリングに上がり、正式にタイトルをかけた大みそかの試合が正式決定した。 朝倉はこれでRIZIN6連勝。 5連勝中の兄・未来(みくる)とともに、朝倉兄弟の快進撃は止まらない。 「ケガもないので、明日からでも準備していきたい。 向こうも対策してくると思うけど、僕も自信がある。 楽しみ」と早くも大みそかを視野に入れていた。

次の