鼻 うがい 副 鼻腔 炎。 【医師監修】副鼻腔炎(蓄膿症)の臭いは鼻うがいで改善できる?やり方と注意点とは

蓄膿症(副鼻腔炎)の膿を出す鼻うがいとその他の方法

鼻 うがい 副 鼻腔 炎

花粉症の方の鼻の掃除や、頑固な鼻づまりの解消の効果が望める鼻うがいですが、その他にも、様々な効果を得ることができます。 例えば、風邪の予防や、口臭予防。 聞いたことがあるかもしれませんが、副鼻腔炎の予防など。 しかし、間違ったやり方で行うと、中耳炎を引き起こしたり、結膜炎を起こしたりするかもしれません。 (詳しくは前回の記事で紹介しています) やり方を間違えると、鼻の奥がツーンとしたりします。 これは塩を使うことで、改善ができます。 また子供の鼻づまりが酷かったりすると、鼻うがいで改善できないのかな?でも子供に鼻うがいをさせて良いものなの?という疑問もあるでしょう。 さらに、鼻の入り口だけ洗浄しても鼻の奥の方に溜まっている鼻水をキレイにすることは出来ないので、しっかりと鼻の奥まで洗浄し、口から洗浄液を出す方法で行って下さい。 今回は、 鼻うがいの意外な効果と、そのやり方についてのご紹介と、子供もやっても大丈夫なの?という疑問にお答えしていきます!! 目次• 風邪・花粉症予防 鼻うがいをすると、鼻の中の花粉やほこり等、細かなゴミや菌を洗い流すことができます。 このことによって、花粉症の軽減や風邪の予防に役立ちます。 とくに、通常中々きれいにすることのできない、鼻の奥の方をスッキリと洗い流すことができるので、効果はなかなかに高いと言えるでしょう。 口臭予防 次の効果として鼻の奥のどろどろした鼻水を洗い流すことができます。 このどろどろとした鼻水は、溜まりすぎると、口の方へ流れてしまいます。 この状態を『 後鼻漏』と言います。 この状態が続くと、口の中の細菌が、鼻水の中の菌やたんぱく質を腐敗させて、臭いが発生してくるようになります。 口と鼻の間でそのような臭いが発生するため、 口臭の原因となってしまいます。 鼻うがいによって、このどろどろの鼻水を洗い流すことができ、口臭予防の効果が期待できます。 そのためには鼻の入り口だけでなく、しっかり鼻の奥まで洗浄液を通し、口の方まで洗浄液を出す必要があります。 副鼻腔炎への効果 鼻の奥から頬にかけての部分には、副鼻腔という空間があります。 この副鼻腔に鼻水が溜まると、菌が繁殖したりして炎症を起こし、臭いのする黄色い鼻水が出てくるようになります。 これは、先程の後鼻漏と同じように、口臭の原因となる鼻水です。 鼻うがいでは、副鼻腔の中を洗浄することは出来ませんが、鼻の中に出てきた、鼻水を洗い流し、口臭の予防になります。 また、副鼻腔炎で煩わされがちな、鼻の奥の不快感も解消することができます。 その他の効果 睡眠時の口呼吸でお悩みの方は、ぜひ鼻うがいを試してみてください。 鼻の奥の鼻水を洗い流すことで、鼻での呼吸がしやすくなります。 これによって、口呼吸が抑えられ、口腔内の乾燥を抑えることができます。 口腔内の乾燥は、口臭の原因にもなるので、いろんな面からの口臭ケアができるというのも、鼻うがいの効果です。 【スポンサーリンク】 塩水を使うのは何故? では、鼻うがいをする際に、塩水を使うように説明がされますが、これは何故かというと、 鼻うがいによる鼻の粘膜への刺激を減らすためです。 プールや、海で鼻に水が入って痛い思いをしたことがある人が多いと思いますが、真水で鼻うがいを行うと、鼻の粘膜に強い刺激が加わり、強い痛みが生じます。 これを防ぐために、少し薄めの塩水で鼻うがいをするように説明されるのです。 痛みがほとんどなければ、鼻の奥まで水を吸い込むのもそんなに苦じゃなくなるので、しっかりと奥まで洗い流すことができます。 そして、しっかり奥まで吸い込むことができれば、自然と口の中に洗浄液が入ってくるので、そのまま吐き出してしまいましょう。 塩水を使うことは、奥までしっかり洗浄することにも役立ちます。 子供の鼻づまりが気になるけど、鼻うがいをしても大丈夫? 子供の鼻づまりが酷い時、大人と同じように鼻うがいでスッキリさせてあげたいなと思うことがあるでしょう。 しかし、子供の場合は注意が必要です。 まず、「 鼻をかまない」「 唾を飲み込まない」という注意事項を、正しく守ることができるか否かという問題があります。 そして、子供の身体の構造上、大人に比べて鼻と耳をつなぐ管が短いため、洗浄液が鼻から耳に逆流しやすくなっています。 この管が大人と同じくらいの大きさに成長するのが、 10~12歳と言われています。 禁止事項を正しく守ることができるという条件と、身体の構造上の条件から、子供で鼻うがいができるのは、小学校高学年からと言えるでしょう。 もちろん、小児科や耳鼻科で医師が行うことに関してはこの限りではありませんが、ご家庭で行う場合は、辞めておいた方が良いです。 鼻うがいで口臭・風邪予防 鼻の奥の汚れをキレイに洗い流すだけの鼻うがいで、風邪の予防や口臭の予防効果が得られるなんて驚きですよね。 正しいやり方で行わないと、中耳炎などの可能性がありますが、やり方さえ覚えれば、お手軽にできる、健康管理方法です。 子供には注意して行う必要がありますが、鼻づまりを劇的に改善する効果もあるので、オススメさせていただきたいです。 実際に行う際は、必ず正しいやり方を抑えての実践をしましょう!! これで、今年の冬は風邪知らずです!! それでは最後までご覧いただきありがとうございました。 少しでもあなたのお役に立てたのなら嬉しいです。

次の

鼻うがいのやり方とコツ・回数/鼻づまり・蓄膿・副鼻腔炎の洗浄効果

鼻 うがい 副 鼻腔 炎

鼻うがいとは 鼻うがいとは、鼻洗浄という治療法の1つです。 普通の水道水を鼻に入れて戦場をすると痛みがありますので、生理食塩水を使ったり、洗浄剤を使ったりして鼻の中の洗浄を行います。 鼻うがいの方法 まず生理食塩水を用意します。 この時真水特に水道水を使わないよう注意しましょう。 粘膜の浸透圧が違うために鼻の粘膜を傷める可能性があります。 片方の鼻の穴を押さえ、もう一方から生理食塩水を吸い上げます。 勢いよく行うと耳へ入ってしまい中耳炎を招く恐れがあります。 吸い上げた水を口から吐き出します。 これを左右繰り返して行います。 上手に行うポイントは前かがみになって休憩をとりながら続けることです。 最後には顔を傾けるなどして残っている液体を全て外へ出します。 もし水が残ったままで鼻をかんでしまうと耳管へ流れ中耳炎になるおそれがあります。 ちなみに鼻うがいは副鼻腔炎の改善のためだけでなく花粉症対策やインフルエンザ予防などにもオススメの方法ですが、正しい方法では行わなければ水が耳に流れてしまって、耳に支障が出ることもあります。 たとえば中耳炎になることがありますので、簡単そうに思えるかもしれませんが、鼻うがいをする際は十分に注意したほうがいいでしょう。 鼻うがいの効果 鼻うがいは、ウイルス、アレルギーの原因になる物質などが鼻の中にある場合は洗い流す効果がありますし、鼻水をかんでも出てこないような場合には鼻水までしっかりと洗い流すことができるという効果もあります。 鼻をかむ、吸引の効果もあるのですが粘着性の鼻水はなかなか自力では出すことができません。 また複雑な場所にあるような鼻水はなかなか吸引できないのが特徴ですので、それを鼻うがいでなら実現可能です。 鼻うがいを定期的にする習慣をつけていれば、鼻腔の中を清潔に保つことができますし、粘膜が腫れてしまっている人は、その粘膜の腫れを押さえて蓄膿症を改善させることにもつながります。 また副鼻腔の換気、そして膿がたまっている場合には膿を排出することにもつながるのが特徴です。 鼻うがいの注意点鼻うがいをする際の注意点ですが水道水、ミネラルウォーターなどで行うと痛みがあります。 これらは真水ですが真水を使えば鼻の置く、目の奥が痛いと思います。 なぜ痛いのかといえば、体液と水の浸透圧が違っているからです。 しかし生理食塩水などは、体液と同じ浸透圧になっていますので、痛みを感じないのです。 自分で作る場合は1リットル当たり9グラムの食塩を溶かして作ります。 鼻うがい中はのどにつばがたまっても飲み込みません。 それをしてしまうと食塩水が耳に流れて中耳炎になる原因になるからです。 鼻から水を吸うならのどを絞めて行う必要があります。 鼻づまりがひどい場合はその状態で鼻うがいをしても意味がありません。

次の

副鼻腔炎(蓄膿症)の対策③重曹入りの強化版[鼻うがい]で膿も花粉も洗い流そう|カラダネ

鼻 うがい 副 鼻腔 炎

花粉症やアレルギー性鼻炎に効果的な鼻うがい 花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水、鼻づまりは、患ってしまうと本当に厄介なものですよね。 ひどくなると料理の匂いも感じられなくなりますし、頭痛や倦怠感など二次症状を引き起こしかねません。 そんな鼻水や鼻づまりを治すためには、やはり薬を飲んだり鼻を何度もかんだりといった方法が一般的だと思いますが、最近は「 鼻うがい」という言葉をちらほら耳にしたりしませんか? 鼻うがいとは文字通り鼻でするうがいで、喉がイガイガした時にうがいをしてすっきりするように、鼻もうがいをする事で溜まっていた鼻水が流れてすっきりすると言われています。 あの鼻づまりの辛さを一度でも経験している人ならば、試してみたいと思うと思いますが、実際に鼻うがいとはどういったものなのでしょうか。 鼻うがいの最中に唾を飲んでしまうと、生理食塩水や洗浄液が耳の方へ流れてしまい、中耳炎になってしまう事があります。 口から吐き出すのが難しいと感じたら、最初離れるまで鼻に入れてそのまま出すだけでも効果はあるようです。 また、鼻づまりがひどい状態では行わない方がよいでしょう。 特に鼻水が喉の方に落ちてしまう後鼻漏の時は、生理食塩水や洗浄液が残ってしまう可能性があるためお勧めできません。 さらに、生理食塩水や洗浄液が残っている状態で鼻をかむと粘膜を傷付ける事があるのでやめましょう。 まとめ 鼻うがいは慣れるまでは少し難しそうですが、コツさえつかんでしまえばとても有効な方法のようですね。 とにかくあの鼻づまりの気怠さやイライラから開放されるのであれば、試すに値する方法だと言えます。

次の