アフターピル 種類。 【医療監修】アフターピル(緊急避妊薬)とは?仕組みや効果、副作用 [ママリ]

スマルナのピルの種類と値段の詳細について

アフターピル 種類

アフターピルは未成年でももらえる? アフターピルは未成年でも購入可能! 性交渉の際、避妊に失敗し、妊娠を防ぐために服用するアフターピル。 クリニックで医師の診察を受け、処方してもらう流れになりますが、「未成年だけど、アフターピルは処方してもらえるのか?」といった点で、心配な方もいるでしょう。 未成年でもアフターピルは処方してもらえます。 保護者の方についてきてもらわなくても大丈夫。 一般的には使用に関して年齢の制限はなく、クリニックで薬の説明をしてもらい、その場で服用できることがほとんどです。 その際自分がアフターピルを使用したことを、周囲に漏れることを心配したり、通知などが親にいったりすることを心配する人がいるかもしれません。 ですが、個人情報は守秘義務で守られているため、クリニックが親や患者本人以外に何かを通知することはありません。 問い合わせに応じることもありません。 自費診療となるため、保険の記録も残りません。 色々思い悩むことと思いますが、とにかく早くクリニックへ行くことをおすすめします。 アフターピル購入時に必要な物 基本的には健康保険証を持って行けば大丈夫ですが、中には保護者の同意書を求めるクリニックもあるようです。 ですが薬の処方のみなら、同意書を免除してくれるクリニックもあるため、事前にクリニックに電話をして確認するのが良いでしょう。 保険証がない場合は、名前や住所、生年月日などが記載されている免許証や学生証などでも大丈夫だというクリニックも多いです。 本人確認ができない場合は、診療できない場合がありますのでご注意ください。 ところで「未成年」とは何歳までのことを指すのでしょう。 成年なら親の同伴や同意を心配することなくアフターピルを処方してもらえるわけですが、成年とは18歳なのか20歳なのか、気になりますよね。 現在の日本では20歳が成年年齢と、民法で定められています。 ですが2018年6月にこの民法が改正されたため、2022年4月1日からは、成年年齢は20歳から18歳に変更されます。 2022年4月1日からは18歳でも親の同伴・同意を気にせずに処方してもらえることができるようになりますが、いまのところは20歳になるまでが未成年です。 クリニックによって必要な物は異なるため、アフターピル処方を考えた際は、事前にクリニックにきちんと確認しから受診することをおすすめします。 緊急避妊は自由診療のため、クリニックよって価格が変動しますが、およそ15,000円前後です。 また、同じく国内で製造販売承認がされているノルレボのジェネリック薬「F」は、ノルレボと同等の効能があり、かつ価格は10,000円前後で扱われていることが多いです。 また、以下の条件にあてはまる方は処方できない可能性があるので注意してください。 肝臓や心臓に持病がある方• 既に妊娠中の方• 喫煙(35歳以上で1日15本以上)• 最近手術をした、または手術予定がある• 50歳以上の方.

次の

アフターピル・緊急避妊

アフターピル 種類

アフターピル 緊急避妊薬 とは? アフターピルは、緊急避妊薬やモーニングアフターピルなどと呼ばれており、下記のような場合に使用されます。 性交渉の時にコンドームを使用しなかった• 性交渉の時にコンドームが破れたor途中で外れた• 性交渉の時にコンドームを着けずに膣外射精をした このような状況が思いあたり、さらに妊娠を望まない場合には緊急避妊薬の服用が必要になってきます。 またレイプなど性交渉を強要され避妊ができなかったというケースにも、この緊急避妊薬が用いられます。 また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかったりすると、避妊効果が得られない可能性があります。 出典元:• えな大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)って? 」(,2017年10月10日最終閲覧)• そねクリニック「緊急避妊(モーニングアフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルの効果と服用するタイミング 性交渉後72時間以内に緊急避妊薬を服用することで、緊急避妊薬に含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせ、子宮内膜への着床を阻害することで避妊効果が期待できます。 緊急避妊薬の服用による避妊率は約80%と言われています。 緊急避妊薬は定期的に飲む事で徐々に排卵を抑制する低用量ピルとは違います。 ホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬のため、あくまで緊急用の薬ということを覚えておきましょう。 また、緊急避妊薬は中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。 出典元:• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルの入手方法と平均価格 避妊に失敗してしまった場合、緊急避妊薬の入手先は婦人科やレディースクリニック等の病院で入手が可能です。 まずは、緊急避妊薬の取り扱いがあるかどうか確認しましょう。 緊急避妊薬の処方に年齢制限はなく、生殖可能な年代であれば処方してくれる病院がほとんどです。 未成年の場合も通常は本人の受診だけで処方してもらえます。 薬の平均価格は各病院によって異なりますが、ノルレボ錠の場合約10,000円~15,000円のところが多いようです。 出典元:• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック新宿「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) アフターピルに対する正しい知識を身につけよう 緊急避妊薬は、望まない妊娠を避けるための最終手段ですが、実際にはこの避妊方法が失敗する可能性もあります。 緊急避妊薬を服用することがないように、日頃からピルや子宮内避妊具による確実な避妊方法を選択するようにしましょう。 避妊に対する正しい知識を身につけ、自分の身は自分で守ることが大切です。 出典元一覧• えな大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)って? 」(,2017年10月10日最終閲覧)• そねクリニック「緊急避妊(モーニングアフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• ともこレディースクリニック「緊急避妊アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ジャスミンレディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• 新宿レディースクリニック「アフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• エナ大通クリニック「緊急避妊(アフターピル)」(,2017年10月10日最終閲覧)• 渋谷文化村通りレディスクリニック「アフターピル処方外来」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧)• ケイ・レディースクリニック新宿「モーニングアフターピル」(,2017年10月10日最終閲覧) 本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。 必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。 なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。 ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはもご覧ください。

次の

【アフターピルの通販】正規品最安値取り扱いサイトを紹介!

アフターピル 種類

アフターピルのジェネリックを買うメリット・デメリット メリット アフターピルのジェネリック(後発医薬品)のメリットは、 新薬(先発医薬品)と同じ有効成分や効果なのに価格が安いことです。 新薬(新しく開発された医薬品)は、完成までにかかった研究開発費用などを含んだ価格に設定されています。 しかしジェネリックはそうした開発費用がかからずに製造できるため、新薬よりも安価に製造が可能です。 そのおかげで低価格におさえられているのです。 たとえばノルレボは病院での処方は 1万円以上かかるのに対して、ジェネリックに変更ができれば 5,000円~6,000円と低価格で入手が可能です。 さらに、 個人輸入の通販サイトを利用すれば、ノルレボのジェネリックが1,200円~と、病院での処方よりもはるかに安く購入ができます。 デメリット ジェネリックは新薬と成分も変わらず、デメリットはほとんどないとされています。 ですが、病院によってはジェネリックを処方していないところもあります。 そこでおすすめの購入方法が通販です。 輸入代行サイトで購入すれば、アフターピルを低価格で買うことができるのです。 アフターピルの国産ジェネリック 2019年3月19日に富士製薬工業から、初の国産ノルレボジェネリック「 レボノルゲストレル錠1. 5mg「F」」が発売されました。 値段の詳細は不明ですが1万円以下のようです。 先発品と同様、後発品も薬価未収載品。 同社は本誌取材に後発品価格について、「具体的には言えないが、先発品より安価でなければ意味はない。 先発品価格よりも抑えた形に設定している」と述べた。 先発品は1錠あたり1万円~1万5000円ほどのため、後発品は1万円を下回る価格設定とみられる。 今後、病院の処方でも選択できるようになっていくでしょう。 アフターピルのジェネリック一覧 通販サイトで購入ができるアフターピルのジェネリックをご紹介します。 ノルレボのジェネリック は日本で唯一、承認されている緊急避妊薬です。 ノルレボに含まれるレボノルゲストレルはWHO(世界保健機構)の「エッセンシャルドラッグ(必須薬)」に指定され、国際的にも広く使われています。 には、有効成分の「レボノルゲストレル」が1錠に1. 5mg入っているタイプと、0. 75mgずつ2錠に分けられているタイプの2種類あり、服用方法も異なります。 ノルレボジェネリック一覧 商品名 錠剤のタイプ 値段の相場 人気度 1. 5mg1錠 1,100円~2,000円 〇 マドンナ 0. レボノルゲストレル 0. 5mg• エチニルエストラジオール 0. 05mg 錠数 20錠 ヤッぺ法で使われる中用量ピルのプラノバールもジェネリックが販売されています。 オブラルGという商品名で、 約1,000円で購入が可能です。 1箱に20錠入っているので5回使用することができます。 エラ(エラワン)のジェネリック は2009年にヨーロッパで発売が開始された新しいタイプのアフターピルです。 発売が開始されたばかりなので、 ジェネリック医薬品はまだありません。 通常、ジェネリック医薬品の製造・販売は、 先発医薬品の特許期間(20年)が切れた後にしかできないからです。 エラという名前のアフターピルがありますが、アメリカやトルコでの販売名で、ジェネリックではありません。 エラ、エラワンともに約5,000円程度で購入が可能です。 アフターピルのジェネリックの選び方は? アフターピルのジェネリックを選ぶうえで大切なのは以下の2つです。 ネームバリュー• 価格 ジェネリックであればどの商品も先発薬と同じ有効成分、避妊効果です。 そのため選ぶポイントは、 価格とネームバリュー。 どのアフターピルも効果や安全性は同じですが、不安な人は人気のアフターピルを選ぶことをおすすめします。 また、ノルレボジェネリックの場合は1錠タイプと2錠タイプがあるので、副作用が心配な方は2錠タイプを選択しても良いでしょう。 アフターピルのジェネリックまとめ アフターピルのジェネリック医薬品は新薬よりも安価で、予算に余裕がない人でも買いやすいのが魅力です。 病院に行く時間がない、お金がなくて診察してもらえないなどの理由で、避妊に失敗したときになんの対処もできないのは困りますね。 そんな事態を防ぐためにあらかじめジェネリック医薬品のアフターピルを用意しておいてはいかがでしょうか?.

次の