楽天カード ブラックリスト。 【体験談】現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます

クレジットカード強制解約から信用復活にかかった時間。3回目で楽天カードの審査通りました

楽天カード ブラックリスト

今回はブラックリストに載るケースには、どんなものがあるのか?ということについて詳しくまとめていってみたいと思います。 一体どんなことをすればブラックリストに載り、逆にどんなことであれば掲載されないのか…といったことに興味がある方は、是非、この記事を参考にしてみてください。 これらをしっかり把握しておけば、貸金業(クレジットカードや消費者金融など)の業界におけるタブーな行動がわかるようになりますよ。 尚、念のため書いておきますが、実際には ブラックリストという名称の一覧リストや名簿のようなものは存在しません(詳しくは下記記事などにて)。 まるでブラックリストに載ったかのようにクレジットカードやカードローン、住宅ローンなどが契約できない状態のことを、一般的に「ブラックリストに載る」と呼んでいるだけなので、勘違いしないようにしてくださいね。 ブラックリストに載ってしまう条件: まずはブラックリストに載ってしまうケースから。 総じて言えるのは借りたお金を返さない(返せない)とブラックリスト入りすることになります。 1.カードや消費者金の支払いをしない クレジットカードを利用した金額や、キャッシングなどで借りたお金を期日までに返さず、その後も返済できない状態が続いた場合には「延滞(えんたい)」したという記録が個人信用情報機関に残ります。 だいたい2ヶ月以上に渡り、借りたお金を返せない状況が続いたらほぼアウトだと思ってください。 仮に返済金額が用意できなそうになったら出来る限り早くカード会社に電話をし、返済計画のリスケジュールをするのがおすすめです(支払えなくなった方は下記記事を参考に)。 2.自己破産や任意整理などの債務整理を行う 借りたお金はもう返済できないから…と自己破産をした場合や、借りたお金の返済を減額して…という交渉をする任意整理などを行った場合には、ブラックリスト入り決定。 自己破産:ブラックリスト入り• 任意整理:ブラックリスト入り• 代理弁済:ブラックリスト入り 借りた側である私達からすれば自己破産は立派な権利ではあるものの、お金を貸した側からすれば貸したお金がある日突然、0円にされてしまうわけですから、『もう二度とこいつにはお金を貸すもんか!』と思われても仕方ないところですね。 但し、後述するように過払い金返還請求だけは例外です。 こちらは返還請求したとしてもブラックリスト入りすることはなくなりましたので、過払い金がある方は安心して請求してもらえればと思います。 3.多重申込をした場合 クレジットカードや消費者金融、銀行のカードローンなどを手当たり次第に申し込む行為も、短期間ではありますがブラックリスト入りすることになります(約半年間)。 どこの審査にも通らないからたくさん申し込みをしたくなる気持ちはわかりますが、お金を貸す側からしてみれば「手当たり次第にクレジットカードやキャッシングを申し込んでいる人=お金を貸したくない人」です。 そのため、どんなに審査が通らなかったとしても、闇雲に申し込んでしまえばブラックリスト入りして通る審査も通らなくなりますので注意。 目安としては月に4種類以上のクレジットカードや消費者金融に申し込むようなら危ないです(クレジットカード会社によっては3回の申込でも問題視するところもある)。 4.クレジットカード現金化などを利用する クレジットカード現金化、もしくはショッピング枠の現金化を行う行為もブラックリスト入りしやすい行為です(詳しくは下記記事なども)。 もしクレジットカード会社側に現金化ビジネスを利用したことがバレれば、利用規約違反により強制解約させられることになるため、その記録が個人信用情報機関に残ってしまうのですね。 これで見事、ブラックリスト入りです。 JICCにはしっかり記録される: ちなみに。 CICには強制退会や利用停止については記録する場所がないのですが、JICCにはしっかりとその記録が残る箇所があるので、「CICには掲載されないから大丈夫」なんていう現金化業者にだまされないようにしてください()。 5.携帯電話の支払いが滞っている場合 最近よくあるブラックリスト掲載の事例が、「携帯電話料金の滞納」。 これがなぜブラックリスト入りに繋がるのかというと、携帯電話の新規契約&機種変契約の際に、携帯電話本体の分割購入契約をしているためです。 この分割購入契約の返済がきちんと行われない=信用できる人間に値しない…と判断されて、ブラックリスト入りするケースが増加中。 こちらも長期間に渡る滞納や、毎月毎月、督促状が届いてから支払いをしているという場合には信用情報が著しく傷ついてしまっている可能性が高いのでご注意ください。 奨学金の滞納も同じ: 同じく大学や専門学校の学費として借りた奨学金の滞納についても一緒。 こちらも個人信用情報機関にしっかりと延滞記録が残ってしまうので、返済を滞納がちな方の場合にはこれでもブラックリスト掲載されることになります。 6.同姓同名の方との勘違い 最後はごくごく稀に発生する事例ですが、同じ生年月日の同姓同名の方と混同され、言われのないブラックリスト入りをしてしまうというものです。 『自分と同姓同名の人がたくさんいる』という、ごくごくありふれた苗字&名前の方で、なぜブラックリスト入りしているのかわからないという方は、このあたりを念のため疑ってみると良いでしょう。 CICやJICCなどで確認してみれば即、わかりますよ。 ブラックリストに載らないケース: ここまではブラックリストに掲載されるケースを紹介させていただきましたが、では逆にブラックリストに載らないケースにはどのようなものがあるのでしょうか? こちらもわかりやすくまとめておきます。 1.電気代やガス代の支払い遅延 電気代やガス代、NHK料金などはいくら滞納したとしてもブラックリスト掲載に繋がることはありません。 理由は単純で、それらの支払履歴というのは個人信用情報機関には登録されないためです。 但し、クレジットカード払いで電気代やガス代を払っている…という場合には、そのクレジットカード自体を滞納してしまえば同じ。 あくまで現金払いやコンビニ払いで公共料金の支払いをしているという方のみ、ブラックリストには載らないと思っておいてください。 電気代をコンビニ払い:滞納してもブラックリスト入りしない• 電気代をカード払い:滞納すればブラックリスト入りの可能性大 2.過払い金返還請求をした場合 「過払い金返還請求」をカード会社や消費者金融会社にした場合でも、現在ではブラックリスト入りしません。 昔はこれでも「契約見直し」が付いてしまっていたんですが、今ではそれもありません。 ただこちらも例外があって、現在、債務がまだ残っているケースで利息制限法による引き直しをしたとしても債務が残ってしまう場合には「債務整理」として記録が付いてしまうことや、過払い金返還請求が完了するまで一時的に債務整理が記録されてしまうケースなどもあるようです。 事故情報がついてしまうかどうか心配な方は、過払い金返還請求をする前に弁護士事務所や司法書士事務所に問い合わせをしてみてくださいね。 過払い金返還請求をした会社も難しい: また、過払い金返還請求そのものでブラックリスト入りはしませんが、過払い金返還請求をした相手(クレジットカード会社や消費者金融)の社内では問題視される可能性が高いです。 つまりそれらのクレジットカードはもう二度と、作れなくなってしまうのでこちらは覚悟の上、過払い金請求をしてもらえればなと思います。 3.ちょっとした延滞 銀行口座にうっかりお金を振り込むのを忘れてしまった…という程度の、ちょっとした延滞であればブラックリスト入りすることはまずありません。 だいたい年に1回程度の支払い遅れで且つ、支払いに遅れてしまったとしても即座に入金をしているであれば、延滞も問題にすらされないことでしょう。 反面、年に2回も3回も延滞を引き起こしている場合だと、「この人はお金に余裕がない人なのかも?」という扱いを受ける可能性あり。 年1回程度の支払い遅れ&即座に入金:問題にされない可能性大• 年に2回以上の支払い遅延:問題にされる可能性大 下手すると個人信用情報機関に支払い遅れを記録されてしまうこともあるのでご注意いただければと思います(詳しくは下記記事なども参考に)。 4.家族や配偶者がブラックリスト ネット上でもよく勘違いしている方が多いのですが、たとえ家族や配偶者(夫や妻)がブラックリストに掲載されていたとしても、自分も一緒にブラックリストに掲載されることはありません。 この理由は単純で、いくらクレジットカード会社や消費者金融といっても、個人信用情報機関では申込者本人の個人信用情報しか確認ができないので家族がブラックリストに掲載されているかどうかまで判別がつかないためです(勝手に家族分まで見たら閲覧履歴が残っちゃいます)。 詳しくは下記記事にて解説していますが、「家族がブラックだから…」「旦那がブラックだから…」という方は、それ以外の理由で審査落ちしている場合のほうが多いと思いますよ。 高めるべきは自分の信用力ですね。 ブラックリストから削除するには?: 最後に、借りたお金をすべて返せばブラックリストから掲載削除してもらえる…と思っている方は多いのですが、これは間違いです。 長期間にわたる支払い遅延や契約解除、そして自己破産などの債務整理を行った場合にはどんなに短くても5年間、長い場合には10年程度もブラックリストに掲載されることになるので注意してください。 そして前述のように、この期間の間にはクレジットカードは新規に作れないわ、住宅ローンや自動車ローンも組めないわ…といったように、不自由な生活を強いられることにもなります。 そのため、やはり大切なのはブラックリストにどうすれば載るのかをしっかり把握しておき、載らないことが一番。 無駄にブラックリストに載ってしまわないように、金融知識をしっかり身につけて、信用される人間を目指してもらえればと思います。 以上、ブラックリストに載ってしまう6つのケースと、掲載されない4つのケースまとめ!延滞や債務整理等、ブラックリスト入りする条件はこれだ…という話題でした。 参考リンク: ブラックリストに載らないようにしたいなら、お金に関する知識をしっかりつけておくことが重要です。 初心者の方にもやさしい本をまとめた特集を作りましたので、そちらも是非、ご覧ください。

次の

楽天カードはブラックリストだと作れない…。心当たりのある方は必読です。

楽天カード ブラックリスト

クレジットカードのブラックリストとは? クレジットカードにおけるブラックリストとは 個人信用機関に「事故(延滞)情報が登録されている」ということになります。 クレジットカードの審査に致命的な影響を与えてしまう情報ですね。 クレジットカードの会員になると利用内容や返済履歴はカード会社から個人信用情報機関に登録されます。 3カ月以上の滞納や返済の遅延を繰り返すとその情報が事故情報として登録されてしまいます。 これらの事故情報をブラック情報と呼ぶことからそれをブラックリストに載ったというようになったのです。 ブラックリスト情報はどのくらいで消える? 事故情報が載ってしまうと、 一概には言えませんが約5年間は残ります。 この期間は新たにカードを作ったりすることが困難になります。 また無担保ローンや住宅ローンを組むことも厳しくなってくるでしょう。 このため全国銀行個人信用情報センターに加盟していないカード会社は全国銀行個人信用情報センターに延滞情報があってもその事実が分からないため審査上で影響を受けなくなりました。 携帯電話料金の滞納に注意! 携帯電話の買い替えの際に分割支払いで購入される場合が多いと思います。 この分割払いは携帯端末を分割ローンで購入している過ぎないため 携帯会社の毎月の請求を滞納した場合に信用情報機関に登録されるという流れになります。 携帯が止められるだけだと安易に考えない方がいいですね。 たかだか携帯代の話ですがローン利用の延滞に変わりないためブラックリストに登録されたという事実に変わりはありません。 すでに持っているクレジットカード、キャッシングなどが滞納によるブラックで止められる可能性もあります。 もちろん新規でカード申込みを行った場合にも不利に働きます。 現在はこう言った携帯電話の支払いの為にブラックリストに登録される人が増えてきているため 経済産業省も「携帯電話の分割払いに注意!」とお知らせを出している状況です。 社内ブラックとは? 社内ブラックとは、あるクレジットカード会社の中だけでブラック状態にある事です。 例えば以前に延滞情報がつき個人信用情報機関に延滞情報が載った場合(ブラックリスト状態)はある一定の期間が経過すると(最低5年)その情報は消えてしまいます。 つまり新規でカードを申し込んだ場合に個人信用情報機関には以前の延滞情報は認識できないということになります。 ですが以前延滞を行った会社には独自に過去の情報を保持しています。 そのためその会社に再び申込みを行っても審査を通る可能性は低くなってしまいます。 こういった状態が社内ブラックと呼ばれています。 一概に言えませんが社内で保有している情報は何十年や半永久的に保有することも考えられます。 他のカード会社に申し込む方が無難 社内ブラックになっている場合はそのカード会社で新しくカードを作るのはかなり困難であるためやはり別会社で申し込む方が無難です。 一度にいろんなカード会社に申し込んだために審査を落ちてしまう申込みブラックというものも存在しています。 申込みブラックとは クレジットカードを申込もうと思ったときに注意していただきたい重要なポイントですが、一度に2社以上のクレジットカードに申込みを行っていけないという点になります。 クレジットカード会社は申込をしてきた方の同意を得て個人信用情報を照会しています。 その個人信用情報を見た時に「 申込履歴」にズラッと他社のクレジットカードの申込があると、審査担当になにか金策をしているなというように思われます。 申込み情報は6カ月保管 一度、 申込みブラック状態(1ヶ月に3件以上)になったら、もうどこに申込を出してもほぼ通りませんので、しばらく大人しくしてましょう。 「申込情報」というのは 6ヶ月で消えてしまうからなんですね。 どこかで延滞でもしてなければ、つまり半年大人しくしてれば、個人信用情報から綺麗に消えて申込みブラックではなくなります。 中にはお金は沢山持ってて何も不自由がないけど、面倒くさいから一回に何社も申し込んでみたという方もおられるわけですが、それも同じく自動でハネられます。 クレジットカードが発行されて実際に少し利用されてから別のカードを申込みしましょう!.

次の

楽天カード

楽天カード ブラックリスト

封筒の中には様々な特典の案内や 申し込みの方法などが書かれた 紙が同封されていました。 自分は、基本的に年会費がかからない クレジットカードが好きです。 というかクレジットカードにお金を払う のは合理性が無いと考えていました。 お金を払う決済代行システムに於いて 決済者のリスクはイシュアーが持つべきです。 なぜに年会費で維持をするのか・・・ おかしい、です。 マイルで事実上バックされるJALカードに 2,160円払うのも躊躇ってしまいます。 (JALマイレージのAmazonギフト券交換が 2015年の秋から復活したので 今はもう全然気になりません) そんな自分に、そんなハイクラスっぽい カードが必要な訳もなく、インビテーションごと 放置してました。 それからひと月ほど経過し、 ちょっとした転機が訪れます。 自分は仕事の都合で海外にちょこちょこ行きます。 渡航先はドイツが主体だったのに、 仕事の都合でスイスに変わったため、 欧州のハブでトランジットが必要になりました。 この頃はシャルルドゴールやヒースローといった 巨大な空港を使っていたので乗り継ぎ時間を 長めにして、便を予約していました。 そうなると、必然的にトランジット空港で 猛烈に暇になります 初めは空港内を歩き回って暇をつぶしたのですが、 荷物も多いですし、疲れます そこでJALと提携しているラウンジを探して 休憩をするようにしたのですが、 いかんせんシャルルドゴールは広すぎて、 提携ラウンジまでバスとか地下鉄で移動しないと ならないこともあり、 行くのが面倒なことも多いです 当然、搭乗口と近いとは限りません。 そんなとき、 プライオリティ・パスを持っている と便利だよ、という話を聞きつけ、 関連会社の人に同伴させてもらったところ、 確かに入れるラウンジの数も多いので 何かと便利でした。 また、JAL提携ラウンジが無い空港でも プライオリティパスでラウンジが使える空港が あることも体験し、プライオリティパスを 作ろうと調べたところ・・・ものすごく高いです。 さらにいつもは自力で掛けていた 海外旅行の傷害保険も自動付帯で 付きます(しかも死亡保障1億円) もちろん 国内旅行の傷害保険も自動付帯です。 死亡保障5,000万円 自分は航空券はJALカードで購入するので 自動付帯の 保険はとても助かります。 このように、当初はプライオリティパスに 目がくらんだものの、調べれば調べるほど、 楽天ブラックカードは自分に有益でした。 クレジットカードに興味が無いので 知らなかったのですが、調べているうちに、 楽天カードにはゴールドやプレミアムが あることを知り、 ゴールドがJALカードと同じ くらい安く、それでいいか、と考えたのですが、 海外傷害保険の自動付帯が無い、家族の保証が無い、 プライオリティパスの同伴が不可能、家族カードが 有料・・・と、自分にはちょっと不足があるので せっかくインビテーションも来たことだし、 ネットで申し込めるみたいなのでこっちでいいや、と 割り切りました。 しかし年会費 32,400円 33,000円は高いですね・・・ 一応、楽天のポイントバックやラウンジの利用などを 計算すると、損はしなそうなので我慢します。 もし、一人で行動するなら、 楽天プレミアムカードの方が全然手堅く賢いです。 国際的な活動をする場合、明らかに賢い選択です。 ここ数年、海外で会議をする日本人のほとんどは 「持ってるよ」という状態になってきました。 なお、楽天ブラックカードのサービスに関してですが、 自分には要らないサービスも多いです。 「コンシェルジュサービス」masterのコンシェルジュ が電話でホテルの手配やチケットの手配などなんでも 応対してくれるらしいですが、 元々そんなの無くても、世界中一人で行けているので きっと一生使わないサービスです。 空港への荷物を自宅まで取りに来てくれるサービスも 要らないです。 人に荷物を預けることは基本しませんし、 たぶんこれからもしません。 そのほか、会員制ゴルフ場でビジターは使えないけれど、 特別に使わせてあげるよ権とか、 ヘリクルーズ、ホテルスパ、歌舞伎・能など・・・・・ これまでの人生で考えたことも無い壮絶なメニューが 並びます ところで、こんな自分になんでインビテーションが 来たのか振り返ってみました。 (3年以上前の記憶なのでログを見ながら) インビテーションの条件は全く分かりませんが、 ご参考までに。 1 楽天の 普通カード VISA 使用歴10年です。 ダイヤモンドクラスになって 2年半が経過していました。 3 NHK、新聞の支払いをしています。 4 インビテーションが来る前の月々の使用金額は 10万円から30万円程度で 年間250万円ほどです。 5 楽天トラベルを年間30回から50回ほど使用します。 6 北米、欧州で年間30万円ほど使用します。 7 楽天 ETCカードを装備しています。 8 楽天のレビューを100件ほど書いていました。 9 楽天家族カードを日常の買い物でかなり 使っています。 10 楽天銀行とか証券とかは一切使っていません。 11 楽天カードの上限金額アップなどを申請した ことは無いです。 という感じです。 海外での利用が比較的多いから、プライオリティパスが あると便利と思ってインバイトしてくれたのでしょうか。 JCBですと、nanacoへのチャージができ、ポイントが 付きます。 そして nanacoだと自動車税が支払えます。 これはお得すぎます 自分もJCBにしたいのですが、欧州でたまにJCBが 使えない店があるので、ちょっと不安です。 そもそもJALカードにJCBがついていますし・・・ 日常使いのサービス面では 楽天ポイントがプラス2ポイント加算されますし、 未着保証もあるので安心です、 ・・・という風に普通に便利です。 ただ、楽天で購入して未着だったことは無いです。 何か特別な思いをした・・・ということは そんなに無いです。 ちょっと良いクラスのホテルを (突然のことで選択肢が無くて渋々)予約した時、 アップグレードした部屋を用意してくれたくらいです。 あとは、たまたま店員さんがブラックカードを 知っている人だと、色々聞かれたり会話になる ことがあります、くらいです。 このパターンは気のせいか、海外で出くわすことが 多いです。 カード文化があるからでしょうか。 ただ、これは良いことか分かりません。 このカードで戦略爆撃機や戦闘機を2機購入しました! というようなエピソードがあればよかったのですが、 振り返りながら整理して、自分でも大したことが 無いって気づきました。 これがリアルです ちょっと遠出するときはクレジットカードを 多用しますが、一枚は上級カードを持っていると 良いと思います。 特に海外ではこの上なく頼もしい存在です。 なお、自分もインビテーション前は楽天普通カード でしたが、とにかく楽天ポイントはお得です。 ネット通販でも楽天の商品価格帯は十分安値ですし、 維持費は全部無料ですし、作るだけで5,000円分の ポイントがもらえます。 (時期によっては8,000円分などに変動します) オールラウンドカードなので買い物だけではなく、 電子書籍や旅行(国内外のホテル、航空券手配・・)、 最近ではtotoなどの宝くじもできます。 一番自分が気に入っているのは、ポイントバックの サービスを毎年必ず追加してくるので、 カードを作ってからも、お得感が増していきます。 全方位で無敵なカードだと思います。 ポイント付与率は下がったりもしますが、 所有していてトータルで見ると、やはりお得なのは 間違いないです たまにはとびっきりのビールも良いです。 「クラフトビール入門書」がついてきます。 ブラウンは新型機になって使用回数が40万回 に増え、出力も6ジュールになったため、 圧倒的に毛根への抑制効果が高いです。 肌色を自動識別して照射するので安全ですし、 使いやすく照射間隔も短いです。 最安+在庫ありはリアルタイムで探した方が 賢いと思います。 ブラウン 5117 で検索すると随分出てきます。 (5117、5124、5137と型番が違いますが、 本体は全て同じです) HIRSCHは1975年にオーストリアにで創業 した最高級ランクの時計ベルトブランドで、 新しいことへ果敢に挑戦し続けており、 イタリアンカーフに天然ゴムの組み合わせは 真夏に汗をかいても実に快適です。 台湾などでもよく見かけますが、こちらは ビックカメラのオリジナルということで 品質に安心感があります。 BLUETOOTHなのでスマホと繋げて使えます。 日本人しか使わないので、親日国の台湾やタイでは 好待遇を受けます。

次の