越谷 市 コロナ。 埼玉県越谷市の北辰病院の看護師がコロナ感染!感染ルートや行動歴、場所はどこ?

セーフティネット保証制度 越谷市公式ホームページ

越谷 市 コロナ

越谷市北辰病院の看護師がコロナ感染!感染経路・行動歴【埼玉県】 越谷市 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 越谷市保健所の検査により、5月9日、本市市民1人の感染が確認されました。 なお、本件につきましては、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行って まいります。 39例目 感染症患者の概要 1. 年 代:60代 2. 性 別:女性 3. 国 籍:日本 4. 職 業:看護師 北辰病院・病棟勤務 5. 居住地:越谷市 令和2年5月9日 保健医療部保健総務課 6. 渡航歴:なし 4月30日 嗅覚障害出現 5月1日 嗅覚障害継続。 喉に違和感あり。 市内医療機関受診。 抗 生物質等処方。 体温は37度前半。 味覚障害出現 5月3日 症状継続するため、勤務先医療機関の医師に相談。 越谷 市地域外来・検査センターに検査予約 5月7日 越谷市地域外来・検査センターで検体採取 5月8日 PCR検査の結果 陽性 ・ 濃厚接触者:同居家族なし、その他は調査中 ・公共交通機関:利用なし。 通勤時は、自家用車利用 ・勤務時、医療機関受診時は、マスクを着用 越谷市ホームページ より 越谷市の発表によると、5月9日に感染が確認されたのは北辰病院の60代の女性看護師です。 越谷市での新型コロナウイルスの感染は39例目で、4月29日以来9日ぶりの感染者となりました。 この看護師の勤務状況ですが、まず4月30日に嗅覚障害があり、5月1日には味覚障害も出始め、37度前半の発熱と喉の違和感も現れました。 その後7日にPCR検査をし、8日に味覚障害陽性と判断されています。 看護師の濃厚接触者などは現在調査が行われるようです。 感染経路についての発表はされていませんでしたが、無症状の感染者も多くいる状況の中、経路の特定は難しいのかも知れません。 Advertisement 関連する記事• 2020. 01 福島県福島大学に通う20代の男子学生が新型コロナウイルスに感染したことが4月30日判明しました。 この20代の男子学生は、29日に感染が判明した同じ福[…]• 2020. 03 都内に住む20代の女性会社員が体調が優れないまま数日間出社した後コロナ帰省をし、PCR検査を受けたにもかかわらず結果を待たずに都内へ戻り、その後陽性と[…]• 2020. 04 東京都杉並区の城西病院でクラスターが発生していることがわかりました。 5月4日、入院患者5人と看護師1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認さ[…]• 2020. 04 5月3日、山口県周南市の『徳山中央病院』の70代男性入院患者が新型コロナウイルスに感染しているこが確認されました。 現在、周南環境保健所の指導に従い、[…]• 2020. 03 体調の変化を自覚しながら都内の会社に出勤し、その後山梨県富士北麓地方にある実家に帰省していた女性。 翌日には地元の友人宅でバーベキューをし、PCR検査[…]• 2020. 02 町田市内を巡行する神奈川中央交通のバス運転手が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。 バスの車内・営業所内の消毒は既に済んでいるということで[…]• 2020. 04 5月4日、大阪府大阪市大正区の済生会泉尾病院で4月14日から5月3日にかけて14人の新型コロナウィルスの感染が確認されました。 感染者は入院患者5人、[…]• 2020. 02 千葉県の松戸市立総合医療センターに勤務する看護師が新型コロナウイルスに感染した事が分かりました。 目次 1. 松戸市立総合医療センターの看護師がコロナ[…]• 2020. 09 5月6日、大阪府門真市の「イズミヤ門真店」に勤務するパート従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 5月4日に家族が新型コロ[…]• 2020. 02 5月1日、埼玉県さいたま市の医療法人社団協友会「彩の国東大宮メディカルセンター」に入院していたさいたま市在住の80代女性が新型コロナウイルスの感染で死[…].

次の

越谷市コロナ感染の旅行添乗員50代女性は誰で宿泊施設はどこ?行動歴や感染経路は?

越谷 市 コロナ

越谷市北辰病院の看護師がコロナ感染!感染経路・行動歴【埼玉県】 越谷市 新型コロナウイルス感染症患者の発生について 越谷市保健所の検査により、5月9日、本市市民1人の感染が確認されました。 なお、本件につきましては、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行って まいります。 39例目 感染症患者の概要 1. 年 代:60代 2. 性 別:女性 3. 国 籍:日本 4. 職 業:看護師 北辰病院・病棟勤務 5. 居住地:越谷市 令和2年5月9日 保健医療部保健総務課 6. 渡航歴:なし 4月30日 嗅覚障害出現 5月1日 嗅覚障害継続。 喉に違和感あり。 市内医療機関受診。 抗 生物質等処方。 体温は37度前半。 味覚障害出現 5月3日 症状継続するため、勤務先医療機関の医師に相談。 越谷 市地域外来・検査センターに検査予約 5月7日 越谷市地域外来・検査センターで検体採取 5月8日 PCR検査の結果 陽性 ・ 濃厚接触者:同居家族なし、その他は調査中 ・公共交通機関:利用なし。 通勤時は、自家用車利用 ・勤務時、医療機関受診時は、マスクを着用 越谷市ホームページ より 越谷市の発表によると、5月9日に感染が確認されたのは北辰病院の60代の女性看護師です。 越谷市での新型コロナウイルスの感染は39例目で、4月29日以来9日ぶりの感染者となりました。 この看護師の勤務状況ですが、まず4月30日に嗅覚障害があり、5月1日には味覚障害も出始め、37度前半の発熱と喉の違和感も現れました。 その後7日にPCR検査をし、8日に味覚障害陽性と判断されています。 看護師の濃厚接触者などは現在調査が行われるようです。 感染経路についての発表はされていませんでしたが、無症状の感染者も多くいる状況の中、経路の特定は難しいのかも知れません。 Advertisement 関連する記事• 2020. 01 福島県福島大学に通う20代の男子学生が新型コロナウイルスに感染したことが4月30日判明しました。 この20代の男子学生は、29日に感染が判明した同じ福[…]• 2020. 03 都内に住む20代の女性会社員が体調が優れないまま数日間出社した後コロナ帰省をし、PCR検査を受けたにもかかわらず結果を待たずに都内へ戻り、その後陽性と[…]• 2020. 04 東京都杉並区の城西病院でクラスターが発生していることがわかりました。 5月4日、入院患者5人と看護師1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認さ[…]• 2020. 04 5月3日、山口県周南市の『徳山中央病院』の70代男性入院患者が新型コロナウイルスに感染しているこが確認されました。 現在、周南環境保健所の指導に従い、[…]• 2020. 03 体調の変化を自覚しながら都内の会社に出勤し、その後山梨県富士北麓地方にある実家に帰省していた女性。 翌日には地元の友人宅でバーベキューをし、PCR検査[…]• 2020. 02 町田市内を巡行する神奈川中央交通のバス運転手が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。 バスの車内・営業所内の消毒は既に済んでいるということで[…]• 2020. 04 5月4日、大阪府大阪市大正区の済生会泉尾病院で4月14日から5月3日にかけて14人の新型コロナウィルスの感染が確認されました。 感染者は入院患者5人、[…]• 2020. 02 千葉県の松戸市立総合医療センターに勤務する看護師が新型コロナウイルスに感染した事が分かりました。 目次 1. 松戸市立総合医療センターの看護師がコロナ[…]• 2020. 09 5月6日、大阪府門真市の「イズミヤ門真店」に勤務するパート従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。 5月4日に家族が新型コロ[…]• 2020. 02 5月1日、埼玉県さいたま市の医療法人社団協友会「彩の国東大宮メディカルセンター」に入院していたさいたま市在住の80代女性が新型コロナウイルスの感染で死[…].

次の

越谷市北辰病院の看護師がコロナ感染!感染経路・行動歴・場所はどこ?【埼玉県】

越谷 市 コロナ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 埼玉県越谷市の旧日光街道沿いに、古民家を利用した子ども食堂「越ケ谷こどもかふぇ食堂 ぽらむの家」がある。 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、親子が食事を楽しむ語らいの場は、3月以降は様変わりした。 集まる食材を配布したり、「助け合い弁当」を配る場所になったり。 変わらないのは「食でつながる」思い。 緊急事態宣言の解除を踏まえ、6月1日に活動を再開する。 「こどもかふぇ食堂」が越ケ谷本町にある古民家に居を定めたのは2018年5月。 空き家だった長屋のような建物を見て、代表の青山享美さん(44)は「おじいちゃんの家に帰ってきたような温かみがある」と感じた。 改装もして整えた。 シングルマザーの青山さんは、子ども食堂が持つイメージを打破したかった。 「働きづめのシングルマザーは貧しく孤食がちの子どもを助けるというのではなくて、たまにはお母さんもこどもといっしょにごはんを食べようよ、です」。 もちろん父子でもいい。 週1回の食事日を設け、5、6人のスタッフが食材を調達して振る舞い、会話の絶えない夕飯時が続いた。 1食あたり大人300円、子ども100円。 1日におよそ30~40人が集まった。 年間利用者は延べ約1200人に上った。 しかし、新型コロナ禍で3月2日に一時閉鎖した。 青山さんはその後も、毎週会っていた子どもたちのことが頭から離れなかった。 母親の育児放棄や、働きづめで家に残された子どものことも頭をよぎった。 「とにかく動こう」と市内の子ども食堂3団体連名で赤い羽根募金にコロナ関連の緊急支援を申し込んだ。 10万円の給付金を受け、約300食分の食材を買い込んだ。 3月からは学校の休校が始まり、飲食店などが営業を自粛するようになった。 すると、結婚式場の引き出物や生菓子、給食センター、農家から食材が集まるようになった。 冷凍、冷蔵食品も届いた。 ただ、食堂は開けない。 同下旬から毎週月曜日に食材を配布することに決めた。 「こどもかふぇ」だけでなく、他の子ども食堂の利用者にも配った。 活動を知った人から「そちらに配布を受けに行ってもいいのでしょうか」という問い合わせもあった。 大型連休明けの5月7日からは、市内の飲食業者と協力して、「越谷助け合い弁当」のテイクアウト用の受け渡しを始めた。 およそ3カ月ぶりとなる食堂活動を再開する6月1日までわずか。 密集しないよう気をつけながら進めることになる。 この間、食材提供や人の善意に触れた青山さんは「人間って捨てたもんじゃないなと思うんです。 だから、食材や弁当を困っている人に広く届けたい」。 問い合わせは青山さん(080・6785・4551)へ。 (春山陽一).

次の