石川祐希 最高到達地点。 僕は身長170センチで最高到達点305センチの高校バレー部です。...

石川祐希と柳田将洋(まさひろ)のプライベート話題!最高到達点はどれぐらい?

石川祐希 最高到達地点

石川祐希のジャンプ力の凄さ 石川祐希の ジャンプ力の凄さはどこにあるのでしょうか? イタリアで何度もプレーしたことがある石川祐希選手。 日本代表には、18歳の時には招集されています。 高校生の時から、石川祐希選手の ジャンプ力は話題となっていました。 星城の石川 祐希! かっこいいねっっ! スパイク、サーブすごい! ブロックの上から打つし 最高到達点345cmだよ。 — CHIHARU chiiichan0616 石川祐希選手のジャンプ力を生み出しているのはいろいろとありますが、まずはちょっとしたエピソードから。 まずは 身長の高さですね。 191cmです。 石川選手は子供の頃から睡眠を十分にとり、骨の成長を妨げないように、高校を卒業するまで敢て、筋トレをしないようにしていたそうです。 バレーボール選手が測定する『最高到達点』。 これは、スパイクをする際の踏切でジャンプしたときの指先の高さのことをいいます。 石川祐希選手は、ジャンプして 最高点到達するまでの速さ、 腕をスイングする速さ、そしてブロックを見極める目を持ち、対応力も優れているのです。 ジャンプ力があるのに加え、スピードも格段に速いということですね。 石川祐希選手その4 彼のすごいところは、高3の時点で最高到達点345cmとすでに全日本レベルのジャンプ力を誇る身体能力と、サーブ・レシーブ・スパイク・トスとバレーに必要なことをハイレベルでバランスよくできることだ。 まさにオールラウンダーで、高い技術をもつ。 そして、負けない精神力。 純粋な「ジャンプ」の資料が残念ながらありませんので、資料がある 「最高到達地点-身長」で3,4人の選手と比較してみます。 手の長さでばらつきは出ますが、基本はジャンプ力を表す指標ととらえても良いかと思いますので あくまで参考に見てみてください。 まずは、石川祐希選手のデータです。

次の

世界の男子バレー選手:身長や最高到達点ランキングと比較、№1は誰?

石川祐希 最高到達地点

石川真佑の最高到達点は300cmでスパイクやサーブがすごい! まずは、バレーボール日本代表・石川真佑選手の、プレースタイルなどについて見ていきたいと思います。 石川真佑選手は、所属する東レのプロフィールでは身長173cmとなっています。 しかし、最新の情報では身長171cmであり、バレーボール選手としては小柄な方です。 実際に、同じ日本代表の新鍋選手(173cm)と石川真佑選手は、日本代表でも最も身長が低いのです。 最高到達点300cm 小柄なバレーボール選手の多くは、守備の要であるリベロや、司令塔のセッターを選びます。 ですが、 石川真佑選手はアタッカーです。 強いスパイクを打ち込むポイントゲッターです。 アタッカーだけにジャンプ力も凄まじく、 最高到達点は300cmほどになるそうです。 すごいですよね。 身長の約1. 8倍もジャンプできるのですから。 後ろから飛び込むようにして打つ、 バックアタックも迫力があります。 それでも、石川真佑選手は高いブロックを苦手にしていました。 それを克服するため、相手ブロックの指先や脇など、ボールが通せるだけの狭いスペースを狙ってスパイクを打てるようになったそうです。 スパイクを打つ高い技術や対応力だけでなく、 サーブでも高い能力を見せています。 デビュー戦となったドミニカ共和国戦では、ピンチサーバーとして登場し、見事役割を果たしました。 体格は小柄かもしれませんが、プレーのスケールははるかに大きく、バレー関係者から将来を期待されています。 来年の東京オリンピックで活躍する、石川真佑選手が楽しみですね。 かわいい画像 5選 石川選手のかわいい画像をまとめてみました! 笑顔も真剣な顔もどちらもかわいいですよね~ 一気にファンになってしまいました(笑) 今後の活躍に目が離せませんね!• 名前:石川真佑(いしかわ まゆ)• 生年月日:2000年5月14日(現在19歳)• 出身:愛知県岡崎市• 身長:171cm• 体重:68kg• ポジション:アウトサイドヒッター(ウイングスパイカー)• 石川真佑選手は3人兄弟の末っ子で、姉の尚美さん(6歳上)と兄の祐希さん(5歳上)がいます。 特に、3人兄弟の真ん中である、 兄の石川祐希選手(イタリア・パドヴァ所属)は、日本代表としても活躍する有名選手です。 石川真佑選手は兄の石川祐希選手の影響で、矢作(やはぎ)南小学校3年の時に地元のクラブチームに入り、バレーを始めました。 さすが適性があったのか、中学は地元ではなくバレーの強豪の 長野市立裾花(すそばな)中学校に進学します。 中学時代には、1年(2013年)と3年(2015年)の時に全日本中学校バレーボール選手権で優勝しました。 高校は、全国屈指のバレー強豪校である、東京の 下北沢成徳に進学しました。 1年生でレギュラー• さらに1年生でインターハイ(2016年)と春高バレー(2017年1月)で優勝• 高校3年はキャプテンだった• 高校3年では、2018年のインターハイと国体の二冠を達成 石川真佑選手は、2019年1月に 東レ・アローズに入団しました。 そして、 高校卒業前にも関わらず、東レ・アローズでデビューしています。 まさに、 超高校級アタッカーだったのですね。 相手ブロックを吹き飛ばすほどのスパイクが特徴である石川真佑選手ですが、バレーを離れれば19歳の女子らしい一面も見せています。 同年代の女子と同様に、ファッションやショッピング、タピオカを楽しまれているようです。 以上、今回はバレーボール日本代表の石川真佑選手について紹介させていただきました。

次の

石川祐希のジャンプ力の凄さが分かる他選手との比較!

石川祐希 最高到達地点

石川祐希選手のプロフィール 誕生日:1995年12月11日(20歳) 出身地:愛知県岡崎市 血液型:AB型 身長:193㎝ ポジション:ウイングスパイカー 小学校4年生の時に、お姉さんの影響でバレーボールを始めた石川選手。 着々とその実力を発揮し、2014年、中央大学(法学部)在学中に全日本代表候補入りしました。 さらには、2020年に行われる東京オリンピックに向けての強化指定選手に選ばれるなど、今まさに注目の選手なんです! イタリアのクラブにも留学経験があり、実力も兼ね備えている石川選手。 まさに「次世代エース」と呼ばれるにふさわしい選手ですね! 石川祐希選手の実力を徹底解剖! 石川選手の強みといえば、やはり スパイクでしょうか。 もちろん、他の選手も素晴らしいのですが、石川選手のスパイクは群を抜いているといわれています。 強烈なスパイクですね! スパイク決定率は世界でも ベスト4に入るほどだとか。 さらに、石川選手の強さはそれだけではありません。 石川選手の 最高到達地点は345㎝。 この数字は実はとてもすごいんです。 男子バレーボール選手の最高到達地点の平均はおよそ342㎝。 石川選手はそれを3㎝も上回る高さを誇るのです。 打点の高さも、強烈なスパイクへの布石になるんですね! 普段の石川祐希選手ってどんな人? 普段の石川選手はどういう人物なのでしょうか? 石川選手は、多くの人とこまめにコミュニケーションをとる 社交的な性格のよう。 先輩にも、ため口で話しちゃうこともあるのだとか。 また、監督も石川選手のことを「負けず嫌い」というほど、 ストイックな性格でもあるようです。 ストレッチや食事など、自己管理も徹底しているのだとか。 結婚は?彼女はいるの? 現在、独身の石川選手。 彼女も、今のところはいないようです。 まさにバレー一筋といったところでしょうか。 まとめ 石川選手を始め、男子バレーボール界にはまだまだ素晴らしい選手がいます。 まずは、オリンピック出場を目指し、ぜひとも頑張ってほしいですね! スポンサードリンク.

次の