ご理解いただきありがとうございます 上司。 「誠にありがとうございました」の意味や使い方!例文で上司へのメールは?

ご 理解 いただき ありがとう ござい ます

ご理解いただきありがとうございます 上司

まずは何かをお願いする時や理解してもらうために使う敬語の「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方の前に役割を知りましょう。 何かをお願いする時は前もって理解をしてもらう必要があります。 そうしないと一方的に感じてしまうためです。 そのため「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という事で相手に「こんな理由なんで納得してください。 お願いします」と言っているわけです。 この言葉が無いと相手は失礼だと感じたり納得できないと怒り出してしまうでしょう。 しかしこの言葉を使う事で相手に分かってくださいとお願いをするので相手は「仕方ないなぁ」と理解してくれるわけです。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は相手にあらかじめ承認を求める言葉といえます。 しかし相手が目上や取引先の方である場合はもう少し言い方を変えた方が良いかもしれません。 例えば「ご理解」の前に「何卒(なにとぞ)」を付ける事でさらに丁寧な言い回しになります。 また目上の方にお願いするので「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を「ご了承のほどお願いいたします」に変えると良いかもしれません。 以上の事からこのように変えてみました。 「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」この言い方なら、先ほどの「ご理解のほどよろしくお願いいたします」よりは丁寧な印象を受けます。 目上や取引先に使う場合はこうした言い方を少し変えてみるだけで相手の受ける印象がぐっと変わるはずです。 ぜひ活用してみましょう。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使う時は目上の人や取引先に使う場合は言い方を変えて「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」に変えてみたり、クッション言葉を活用する事で印象ががらりと変わりますので、例にあげたクッション言葉をいくつか覚えておくと良いでしょう。 最後に例文をしっかり見て自分なりにアレンジしていくと良いかもしれません。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」だけでは印象が一方的に聞こえてしまいますが、クッション言葉や言葉を変えて言う事で印象を良くしていくことができますのでビジネスに活かしていきましょう。

次の

愛犬が亡くなった日「お休みさせてください」と上司に連絡したところ、その後の神対応に称賛の声が集まる

ご理解いただきありがとうございます 上司

All Rights Reserved. ただいま、ぷーこ()さんがツイートした、上司とのエピソードが話題になっています。 トレンドワードに「身内の不幸」ってあって思い出した。 愛犬が5年前に亡くなった日、「飼い犬の埋葬などあるのですみませんかお休みください」って、上司に連絡した。 翌日出社して、関係者宛の不在者連絡のメールに、「本日ご家族に不幸があった為お休みされます」って書いてあってめっちゃ泣いた。 — ぷーこ atashipuko この上司の対応に称賛の声が集まりました。 いい職場ですね。 人の心を理解できる上司はまた、多くの信頼を受けることでしょう。 — しせい toshikist 良い上司さんです。 犬や猫、動物を飼ってない人、飼ったことのない人の中には、家族って言っても理解できない、してくれない人もいますよね。 どれほど癒されるか、愛おしい存在か。 — あんたん antann3104 よい職場によい上司さんですね。 ワンコ、天国で楽しく遊んでいますように。 — もくれん magnoliaPTA ぷーこ()さんと同様に、ペットを亡くした経験がある方からもコメントが寄せられました。 いい上司さんで羨ましい〜 私は社長に「は?犬やろ?」って言われました泣 亡くなった愛犬を思い出すとその記憶も蘇るのが辛い… — jojojo mm jojojommjojojo 私も愛犬を3年前に亡くしました。 まだまだ「は?家族と言ってもペットだろ?」と言われてしまいがちなこの世ですが、この習慣が広まると良いですね。 — ワタリ/刀剣乱舞同人とスピブロ書き(大人向け) yLv21EYhXm5WkJm 相手の心に寄り添える、素敵な上司でしたね。 ペットを飼っていない人にも「ペット=家族」という考え方がより浸透してほしいものです。

次の

間違えやすい「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方

ご理解いただきありがとうございます 上司

まずは何かをお願いする時や理解してもらうために使う敬語の「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方の前に役割を知りましょう。 何かをお願いする時は前もって理解をしてもらう必要があります。 そうしないと一方的に感じてしまうためです。 そのため「ご理解のほどよろしくお願いいたします」という事で相手に「こんな理由なんで納得してください。 お願いします」と言っているわけです。 この言葉が無いと相手は失礼だと感じたり納得できないと怒り出してしまうでしょう。 しかしこの言葉を使う事で相手に分かってくださいとお願いをするので相手は「仕方ないなぁ」と理解してくれるわけです。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は相手にあらかじめ承認を求める言葉といえます。 しかし相手が目上や取引先の方である場合はもう少し言い方を変えた方が良いかもしれません。 例えば「ご理解」の前に「何卒(なにとぞ)」を付ける事でさらに丁寧な言い回しになります。 また目上の方にお願いするので「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を「ご了承のほどお願いいたします」に変えると良いかもしれません。 以上の事からこのように変えてみました。 「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」この言い方なら、先ほどの「ご理解のほどよろしくお願いいたします」よりは丁寧な印象を受けます。 目上や取引先に使う場合はこうした言い方を少し変えてみるだけで相手の受ける印象がぐっと変わるはずです。 ぜひ活用してみましょう。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使う時は目上の人や取引先に使う場合は言い方を変えて「何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします」に変えてみたり、クッション言葉を活用する事で印象ががらりと変わりますので、例にあげたクッション言葉をいくつか覚えておくと良いでしょう。 最後に例文をしっかり見て自分なりにアレンジしていくと良いかもしれません。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」だけでは印象が一方的に聞こえてしまいますが、クッション言葉や言葉を変えて言う事で印象を良くしていくことができますのでビジネスに活かしていきましょう。

次の