ひな祭り 献立。 ひな祭りの老人ホームでの食事で喜ばれるオススメメニューの紹介

ひな祭りのおもてなしメニュー!おかずやスイーツ義両親が喜ぶ献立は?

ひな祭り 献立

白だしとオリーブオイルのドレッシングで菜の花のグリーンを生かしています。 野菜おろしソースは酢醤油の味付けであっさりといただきます。 パセリとチーズ入りのマヨネーズソースを塗って焼きます。 サッパリしたお寿司に甘辛い煮物が合います。 材料を順に入れていくだけなので簡単です。 はんぺんは梅の花に型ぬきをしてかわいく仕上げます。 簡単にインスタントのだしのもとで作ります。 こうするとささみがパサパサになりにくい。 出典: まとめ ひな祭りのパーティーのテーブルは、華やかにしたいですね。 お寿司のトッピングをバラの花の形にしたり、色とりどりの具材をのせたりするとパッと明るくなります。 そして、もう1品で、お寿司では不足しがちなものを摂るようにします。 温かいお汁ものを添えると、さらにテーブルが豊かになります。 最後はおいしいデザートで締めくくって、楽しいひな祭りパーティーを演出してくださいね。 こちらもどうぞ インターネットを使った仕事を考えておられる方はこちら 自宅で稼いでみませんか?今なら一から指導してくれる教材を無料プレゼント! 小さいお子さんがいたり近くに仕事先がなかったりして 働きに出られない方に朗報です! 自宅に居ながらインターネットで稼ぐ方法がありますよ。 以前9万9000円で販売していた教材が 今なら無料でもらえます。 こちらからメルアドを登録して 教材を受け取ってくださいね。

次の

ひな祭り夕食の献立にもう一品加えるなら?主菜と副菜のおすすめ!

ひな祭り 献立

3月3日のひな祭りに今年はどんな料理を作る予定でしょうか? どうせなら子どもが喜ぶ料理を作って、家族みんなで楽しいひな祭りを過ごしたいですよね。 そこで今回は、鮮やで可愛いひな祭りレシピを5つご紹介します。 どのレシピも子どもから大人まで楽しく、美味しく味わえますよ。 こちらのレシピは、巻き寿司がひな壇になり、その上にウズラの卵やちくわなどで作るお内裏様とお姫様が座っています。 少し手間がかかりますが、子どもがとっても喜びそうな巻き寿司ですね。 ハマグリのお吸い物との相性もバツグン。 お皿に巻き寿司を盛り、作ったお内裏様とお姫様を置いた後、梅の花型のカマボコやキヌサヤをのせ、まわりにイクラを散らしましょう。 食べるのがもったいないと思うほど、キュートなひな壇が出来上がりますよ。 ハム、厚焼き卵、キュウリがサンドされた豪華なサンドイッチです。 各具の間にも食パンを挟むので、ふわふわ食感でボリューミー。 この一品でお腹いっぱいになりますよ。 お好みでジャガイモ、ブロッコリー、プチトマトを添えてからいただきましょう。 ジャガイモは揚げる前に、サクラ型などにくり抜くと、より可愛くなります。 飾り用の食パンは丸くくり抜き、トンカツソース、ケチャップでお内裏様とお姫様の絵を描いてから、サンドイッチの上に添えてくださいね。 ご飯の盛りつけを変えるだけで、オシャレなひな祭りカレーライスが完成します。 盛りつけ方は、小さめの器にご飯を入れ、お皿にひっくり返します(1つのお皿に2個ずつ作る)。 そして、ご飯に焼きのり、カニ風味カマボコで顔を描きましょう。 周りにカレーをかけ、型抜きしたニンジン、グリンピース、水煮コーンを散らせば出来上がりです。 このカレーライスなら、苦手な野菜もペロリと食べてくれるかも!? オムライスの卵からお内裏様とお雛様が可愛く顔を出しています。 お内裏様とお姫様の作り方はそれほど難しくはありません。 薄焼き卵をお皿などに取り出して、2つ丸型を開けます。 そして、作ったケチャップライスをお皿に盛った後、スライスチーズと焼きのり、ニンジン、キヌサヤでお内裏様とお雛様の顔を描き、最後に2つの丸型が開いた薄焼き卵をかぶせればOK。 お好みでベビーリーフやプチトマトを添えてからいただきましょう。 作り方は、寿司飯を8等分にわけ、クリームチーズを中心に丸くカタチを整え、生ハムやスモークサーモンをのせ、ラップを使って丸く整えます(8個作る)。 それから、ラップを外して器にのせ、粗びき黒コショウを振り、パセリを飾れば完成です。 このレシピを美味しくいただくコツはご飯に寿司酢、白ゴマを混ぜ合わせて冷ますこと。 そうすることで、より香ばしい味わいになりますよ。 女子の健やかな成長を祈る節句である「ひな祭り」。 家族みんなで子どもの健康と成長を祈りながら、キュートなひな祭り料理を堪能したいですね。 今年のひな祭りは、例年とは違うレシピにトライして、子どもを驚かせるのもいいでしょう。 子どもと一緒に料理を作るのもオススメです。

次の

ひな祭りパーティーの献立 お寿司に添えるもう1品とお汁ものを紹介します

ひな祭り 献立

iStock. ママたちに、ひな祭りの日によく作るおかずメニューを聞いてみました。 はまぐりのお吸い物 「我が家では、ちらし寿司とはまぐりのお吸い物がひな祭りの定番メニューです。 2枚あわせの貝は縁起もよく、大きめの貝を用意すると子どもが喜んでくれます」(20代ママ) ひな祭りのお祝いで縁起がよいとされているはまぐりなどの2枚貝を、お吸い物にしているママがいるようです。 他には、網で焼いた焼きはまぐりを作っているというママの声もありました。 菜の花のおひたし 「ひな祭りの時期に、スーパーに菜の花が並んでいるので、おひたしにしています。 菜の花は少し苦味があるので、子どもが食べやすい甘めの味つけレシピで作っています」(40代ママ) 菜の花のおひたしを作るときは、子どもが食べやすいようにレシピを工夫するとよいかもしれません。 菜の花の緑色は、おかずやお吸い物の彩りをよくするのに使っているというママの声もありました。 茶碗蒸し 「ちらし寿司といっしょに、菜の花やえびを入れた茶碗蒸しをよく作っています。 花形のかまぼこやてまり麩を使うと、ひな祭りらしいメニューに簡単にアレンジしやすいです」(30代ママ) かわいらしい花形のかまぼこやてまり麩を使って、茶碗蒸しをひな祭りの献立に取り入れているママもいるようです。 中に入れる具材を工夫したり、あんかけ茶碗蒸しにアレンジしたりすると、レシピの幅も広がりそうです。 ひな祭りの簡単おかずレシピ 今年のひな祭りには、おかずのレシピを一工夫してたいと考えるママもいるかもしれません。 おもてなし料理にもなって簡単に作れるおかずは何があるのかを、ママたちに聞いてみました。 生春巻き iStock. 火も使わず簡単にでき、色鮮やかな見栄えになるのでおもてなし料理としても活躍してくれます」(20代ママ) 生春巻きは、好きな具材を用意して巻き込むだけなので、簡単に作れるおかずレシピのようです。 アスパラなどの春野菜や、サーモンなどの刺し身を使うなど、具材を工夫すればアレンジの幅も広がりそうですね。 三色肉団子 「鶏ひき肉に長ネギのみじん切りと片栗粉を入れてよく練り、3つにわけます。 茹でて細かく刻んだほうれん草とにんじんをそれぞれ練り込んで3色にして、丸めたものを茹でると完成です。 平らな串に刺すと三色団子のようになるので、私も子どももお気に入りのレシピです」(30代ママ) ほうれん草とにんじんを練り込んで作る3色の肉団子は、見た目も楽しめてひな祭りにぴったりのおかずレシピかもしれませんね。 肉団子を丸める作業は簡単なので、子どもといっしょにたくさん作り、お吸い物に入れてもおいしかったというママの声もありました。 餃子の皮でカップグラタン 「餃子の皮の四隅に水をつけて、カップのようにします。 茹でたエビなどをマヨネーズと和えてカップの中に入れ、チーズをトッピングしてオーブントースターで焼くと完成です。 見た目もおしゃれで取り分けて食べやすいと、おもてなしした友人や両親に好評でした」(40代ママ) 餃子の皮をカップのように工夫すると、簡単に一口サイズのグラタンが作れるレシピのようです。 カップグラタンは、おもてなし料理以外にも、子どものお弁当のおかずとしても活躍してくれそうですね。 子どもが喜ぶメニューにするコツ iStock. ママたちのアイデアを聞いてみました。 盛りつけ方を工夫する 「いつも作るちらし寿司をケーキのように盛りつけて、うずらの卵で作ったお雛様を飾ると子どもが大喜びしてくれました。 とても気に入ってくれたようで、おかわりしてたくさん食べていました」(20代ママ) 「ワンプレートにちらし寿司やおかずを盛りつけて、ひな祭りのお祝いプレートを作りました。 お花のかまぼこや、野菜の飾り切りでデコレーションすると、いつもとは違う特別なご飯に、子どもも大喜びして完食してくれました」(30代ママ) ちらし寿司をケーキのように盛りつけたり、おかずなどをお子様ランチ風に盛りつけたりすると、子どもが喜ぶひな祭りのお祝いメニューになるかもしれません。 透明カップやグラスを使い、ちらし寿司をパフェ風に盛りつけると、おしゃれなおもてなし料理にもなりそうですね。 子どものリクエストを聞く 「子どもにおかずは何が食べたいかを聞いて、から揚げを作ったらとても喜んでいました。 今年はハンバーグをリクエストされているので、形にこだわって作ってみようかなと思っています」(20代ママ) 「いちごが大好きな息子のために、簡単に作れそうないちご入りのミルク寒天を用意しました。 ピンク色が春らしく、かわいいカップに入れたりいちごでお雛様を作ったりすると、ひな祭りのお祝いにぴったりのデザートになりました」(40代マママ) 子どものリクエストを聞いて、食べたいおかずやデザートを用意すると、より喜んで食べてくれそうですね。 ひな祭りのデザートやおかずは何にしようかと、子どもと相談しながら献立を決めるのも楽しいかもしれません。 レシピを一工夫してひな祭りを楽しもう.

次の