風邪 に 効く レシピ。 風邪に効く飲み物やスープとレシピ10選!早く風邪を治すコツ!

風邪に効く飲み物やスープとレシピ10選!早く風邪を治すコツ!

風邪 に 効く レシピ

風邪を引いた時のおススメの飲み物や栄養ドリンクとスープ! 体が怠い、頭が痛い、咳や鼻水が出てきた。 これはもしかして「風邪・・・?」 そう思った時はすでに症状がそれなりに進行し、場合によっては発熱や嘔吐、下痢といった別の症状も現れ始めている頃かも知れません。 風邪に掛かってしまったら、基本的には風邪のウイルスが体の外へ排出されるまで出来るだけ安静にしているのが一番と言われています。 とは言え、仕事や家事育児を抱える身では、なかなかゆっくり出来ないのも現実ではないでしょうか。 そうなれば、少しでも早く風邪を治したいと思うのが心情と言うもの。 例えば、 風邪を引いた時に飲むとよい飲み物やスープがあれば、より早く風邪が治るような気がしませんか。 風邪をひいたときにおススメの飲み物と作り方5選! 風邪を引いたと感じたら、薬を飲むのもよいですが摂取する飲み物を工夫する事で、治りを早くする事が出来ます。 では、風邪を引いた時にお勧めな飲み物とは一体どのような物なのでしょうか。 ポカリスウェット 風邪を引いて熱が出ると、それにより脱水症状が起こる事があります。 その場合、ただ水を飲んでも体内の電解質の乱れが治まらないため、ポカリスウェットなどのスポーツドリンクを飲むのがよいとされています。 しかしスポーツドリンクには糖分も多く含まれているので飲み過ぎには注意をして下さい。 また、乳幼児にスポーツドリンクを大量に与えると水中毒になるとも言われているので、こちらも注意は必要です。 URL: 経口補水液 胃腸風邪を引くと下痢や嘔吐によって脱水症状になりやすくなってしまいます。 そのような時は経口補水液を飲むようにしましょう。 水分摂取の方法としてスポーツドリンクもありますが、糖分が気になる方や乳幼児にはこちらの方が好ましいかも知れません。 また、経口補水液はご家庭でも簡単に作る事が出来ます。 水一リットルに対し砂糖を大さじ4と2分の1、食塩を小さじ2分の1加えるだけです。 URL: 栄養ドリンク 風邪による発熱や体力消耗による疲労を回復させるために、栄養ドリンクを飲むというのも一つの方法です。 この時、風邪薬と併用する場合にはノンカフェイン・ノンアルコールのものを選ぶのがよいようです。 また、栄養ドリンクをお湯で割って飲むと体が温まるだけではなく成分がしっかり体に沁み渡るそうなので、治りも早くなるかも知れません。 URL: オレンジジュース 風邪を引く原因として考えられる事の一つのビタミンCの不足があります。 ビタミンCが不足すると体の免疫力が落ちて感染症にかかりやすくなると言われているからです。 なので、風邪を予防する、風邪を引いた場合に早く治すためにはビタミンCの摂取は欠かせません。 中でもビタミンCが豊富に含まれているオレンジジュースは有効な飲み物と言えるでしょう。 URL: 乳酸菌飲料 腸の調子を整えると、善玉菌が増え免疫力が上がる事から乳酸菌の摂取は体そのものの調子を整える意味でも有効とされています。 これは風邪を引いている時も同様で、免疫力が下がり腸内に悪玉菌が増えている状態を乳酸菌飲料を飲む事で善玉菌を増やし、風邪を早く治す事が出来るのです。 URL: 風邪に効くスープとレシピ5選! 寒気や食欲の減退、咳や鼻水などの諸症状に悩まされたら、スープを飲んで撃退しましょう。 温かいスープを飲めばそれだけ体温も上がり、新陳代謝も活発になります。 また今回は、数あるスープレシピの中から特に風邪に効くスープを5つ厳選してみました。 チキンスープ 日本では昔から風邪を引くとたまご酒を飲んだり、おかゆを食べたりしますが、実はこれと似たようなものが欧米諸国でも存在します。 それはチキンスープ。 しかも野菜たっぷりなものがよいようです。 チキンスープには、カルノシンという疲労回復に役立つ成分が豊富に含まれているので風邪で弱った体を回復させてくれる効果があるようです。 また野菜に含まれるビタミン類が免疫力を高めてくれます。 URL: 中華風スープ 栄養満点のたまご、咳や痰を鎮める効果のある長葱、それに新陳代謝を高め発汗作用のあるしょうががはいったスープは、まさに風邪に掛かってしまった人のためのスープと言えるかもしれません。 特にしょうがは体を温めてくれますし、殺菌作用もあるので風邪のウイルスを撃退してくれます。 にんにくスープ にんにくには、長葱や玉葱と同じ硫化アリルが含まれています。 この硫化アリルや殺菌作用に優れているため風邪のウイルスに働き、風邪の治りを早くしてくれます。 また、にんにくには抗酸化作用があるビタミンCや食欲増進といった効果も期待出来ます。 抗酸化作用により免疫力が上がり、また食欲が早く戻ればそれだけ風邪も早く治るという事なのです。 URL: 大根おろしスープ 大根のおろし汁には消炎作用があり、鼻づまりや頭痛、発熱などに効果が期待出来ます。 また、大根にはたくさんの消化酵素が含まれているので、胃腸の働きを助けてくれます。 URL: 味噌汁 日本式のスープと言えば、やはり味噌汁でしょう。 味噌汁のベースとなる味噌は発酵食品ですから乳酸菌が多く含まれています。 これにより腸の調子を整い、風邪を早く治してくれます。 また、しょうがや卵、葱と言った具を入れる事でよりその効果を高めてくれます。 URL: まとめ 風邪に効くと言われている飲み物やスープは、どれも昔から言われてきたものばかりのような気がします。 小さい時は漠然と親の言う通りに飲んでいましたが、それぞれの飲み物にはきちんと「風邪が治る」根拠となるものがあったのですね。 またこれらの飲み物やスープは、風邪を治してくれるだけではなく普段から意識して飲む事で風予防にもなります。 ビタミンCや乳酸菌を上手に摂取し、にんにくやしょうがのパワーで風邪を寄せつけない体を作って下さい。 風邪の関連記事.

次の

風邪の時におすすめの料理30選!食べやすくて栄養満点の優しいレシピ

風邪 に 効く レシピ

ポカリが風邪に効果的な3つの理由 風邪を引いたときポカリを飲むとどのようなメリットがあるのか? 大きく3つにわけてみました。 風邪をひいた時の「水分補給」にはポカリが最適 風邪をひくと身体の免疫システムが作動して高熱を発します。 高熱になると汗をかきますよね?汗をかいたら水分補給をしないといけません。 そこで登場するのがポカリ! 「水じゃだめなの?」 はい、ダメです。 水だけでは汗によって出ていった体内のナトリウムやカリウムを補うことができません。 ポカリにはそういった成分を補給する効果があるため最適とされています。 ポカリには免疫に悪影響を及ぼす成分が入っていない 清涼飲料水にはスクラロースという成分が含まれているものが多く免疫に悪影響を及ぼすと言われていますが、 ポカリにはそれが一切入っておりません。 ですので風邪で免疫力が低下してる体にはポカリがとても優れています。 ポカリは点滴と同じ効果がある 今ではスポーツドリンクというイメージがありますが、ポカリはもともと大塚製薬が 「飲む点滴」として開発した医薬品です。 点滴は脱水症状の患者に水分補給として行うものであり、大塚製薬はその点滴を作る会社です。 そして飲みやすいように味付けしたものがポカリということですね。 点滴よりも即効性はないにしても同じ効果があるので、病院へ点滴打ちにいくより遙かに安いしお手軽という! 風邪をひいた時のポカリの正しい飲み方とは? ポカリには粉末タイプと液体タイプ 一般的な缶やペットボトルのポカリ があり、粉末タイプは水で薄めて飲み液体タイプはそのまま飲んでください。 風邪をひいたときは粉末タイプを選びお湯で溶かして飲むことをおすすめします! 粉末タイプがないときは液体タイプでもかまいませんが、その場合は水で薄めずそのまま飲むようにしてください。 っというのも水分と電解質がスムーズに吸収するための水分量は定められていて、ポカリの効果を最大限に引き出すことができなくなります。 汗と一緒に流れてしまうため、これらを補給しないといけません。 アクエリアス 100ml 【成分】 エネルギー 19kcal 炭水化物 4. 7g ナトリウム 34mg カリウム 8mg カルシウム 0. 8mg マグネシウム 1. 2mg 【原材料】 高果糖液糖、トレハロース、はちみつ、ローヤルゼリー、海藻エキス、クエン酸、アルギニン、甘味料 スクラロース 、イソロイシン、バリン、ロイシンなど 【参考、参照】 では双方の飲料水では、どのような違いがあるのか見ていきましょう。 ポカリは人の体液に近い成分が多いため生理食塩水として風邪をひいた時の水分補給にはうってつけの飲み物です。

次の

風邪を引いたときの食事について!おすすめレシピをご紹介

風邪 に 効く レシピ

インフルエンザや風邪で熱がある時、食事は食べなきゃいけない? そもそもインフルエンザや風邪で熱があるときって、食事は食べなきゃいけないんでしょうか? 実際に熱があるときは、食欲がない場合がほとんどです。 そんな時、食事を食べてしまうとかえって下痢になってしまったりするので、 食欲がない場合は無理に食事を食べようとしなくても大丈夫です。 また食事をすると、食べ物を消化するために内蔵が働いてエネルギーを消耗してしまうので、かえって体が疲れてしまったりもするんです。 本人の食欲がないのであれば、無理に食べさせようとせずに口当たりのいいものを少し口に含むだけでも大丈夫です。 例えばウイダーインなどのゼリー飲料や、ポカリスエットなどの水分補給だけでも問題ありません。 また子供なら、ゼリーやプリン、ヨーグルト、アイスなど本人が食べたいと思えるものを与えてあげましょう。 あまり栄養栄養と考えるのではなく、とにかく脱水症状にならないために水分補給をすることを中心に考えれば大丈夫です。 『食べないと治らないよ!』と無理に食事させる必要はないので、気を付けてくださいね。 では本人が食欲があってお腹がすいたと言った時には、どういった食事を用意すればいいでしょうか? 続いては、熱があるときにおすすめの食事メニューと、解熱後に少し栄養を取るためにいいレシピをお伝えしますね。 スポンサーリンク インフルエンザや風邪時の食事レシピ:大人向け 大人になってからの熱は、けっこう体にこたえます。 子供と同じように、食欲がない場合は無理して食べる必要はありません。 少し元気になって、食欲が戻ってきてから少しずつ食べるようにしましょう。 もちろん消化がよい、麺類や雑炊などが1番おすすめです。 お肉を使いたいときは、脂の多い肉ではなく鶏のささみやむね肉など、脂分の少ないお肉を使ってください。 大人向けの食事は、ネギやしょうが、にんにくなど薬味を少し効かせたレシピがおすすめです。 特にネギは、ウイルスに対する抵抗力や免疫力をつけてくれると言われています。 体の中にいるウイルスを撃退するためにも、ネギをたっぷり使った料理はおすすめですよ。 ねぎとしょうがの雑炊 解熱後みんなと食卓で食べる食事には、おでんがおすすめです。 大根や卵、がんもなど胃腸に優しい食べ物も多く、体を温めてくれるので病み上がりの疲れた胃腸にも優しいです。 元気になった快気祝いに、みんなで囲む食卓で食べると一段と美味しく感じると思いますよ。 インフルエンザや風邪時の食事レシピ まとめ インフルエンザや風邪で高熱が出ると、本当に何も口にできなくなることもよくあります。 けれど水分補給さえしっかりしていれば、無理に食べる必要はありません。 食欲がないということは、体も食事を欲していないということ。 大人も子供も、1日くらいほとんど何も食べなくても大丈夫ですよ。 食事をとらなかったからといって、治りが遅くなることもありません。 少しずつ回復してきて、食べたいと思ったタイミングで今回ご紹介したような食事を用意してあげてくださいね。 インフルエンザや風邪で高熱の時の食事について、悩んでいる方の参考になればうれしいです。

次の