コロナ 自粛期間 予想。 ポストコロナー自粛中のあれこれ

新型コロナウイルス(COVID

コロナ 自粛期間 予想

来年にはワクチンができ、多くの人がワクチン接種するとともに、罹患回復者が増えることで、感染は落ち着くでしょう。 それまでは、感染爆発は落ち着いても、じわじわ感染が続くでしょう。 じわじわ感染が続くなかで、来年のオリンピックを開催できるかどうか危ないところでしょう。 経済は1年もすれば定常状態に戻るでしょう。 ただし、今回の経済ショックをきっかけにして、ここ10年の大金融緩和相場が終わる可能性は高いでしょう。 多くの人がワクチンを接種すると、感染は落ち着きますが、ウイルスの流行はなくなりません。 ウイルスが変異して数年ごとにA型、B型等の変異コロナが流行するでしょう。 普通のインフルエンザのように日常の病気(やっかいな風邪)として定着するでしょう。 外食産業でとくに零細の場合、売り上げが80%以上低下していたり、大手でもビックカメラなんて80%以上も売り上げ低下により、今後の経営に大きなマイナスとなることは間違いないです。 こんな時に、公務員や景気に関係ない業種、年金暮らしの高齢者は強いのでしょうね。 マンモスの絶滅は人間の狩猟によるきっかけとか、氷河期と食糧不足によるとの説がありますが、マンモスを人間に当てはめると、生活を維持するための様々な予測ができていなかったと言いざるを得ず、現代は何が起こるか分からないので、蓄えをしていた人と蓄えのない人の差が付き、冬眠生活をする小型動物は越冬のための栄養や食料を蓄えており、現在でも生き延びている動物も現に多く、日ごろから贅沢をせず細かくしていれば、こんな時でも持ちこたえます。 ゴキブリが絶滅せず、むしろその個体を増加させるのは、細かくつましく地味な暮らしをしているからです。 ワクチンが出来ると終息は一気に進むでしょうが・・・。 kame3636さんの回答にはすこし誤りがあります。 まず新薬を作るには4つのフェーズが必要となります。 フェーズ:0 薬の安全性や毒性の確認。 規格規定。 フェーズ1: 薬を作り健康な人に投与して副作用の有無などを調べる。 フェーズ:2 少数の症状がある人に投与し、効果を調べる。 疾患がある場合の効果も調べ、用法用量を規定する。 フェーズ:3 多数の症状がある人へ投与し、安全性や有効性を確率させる。 そして政府の認可などを通して初めて、国民に提供されます。 これだけで17年以上はかかります。 今のところ、インフルエンザの薬を代用しているだけなので、「コロナウイルス専用のワクチン」は17年立たないと出てこないでしょう。 例年のインフルエンザの感染者数は、 国内で推定約1000万人いると言われています。 例年のインフルエンザによる年間死亡者数は、 日本で約1万人と推計されています。 肺炎で死ぬ人も年間10万人以上います。 で、4月5日 11時現在、コロナで 感染者数 3271人 死亡 70人 2009年に世界保健機構(WHO)によってパンデミック宣言された 新型インフルエンザは、米国で5千万人、 日本だけでも2千万人が感染しています。 こういう世界的な大事件が発生すると 潮流が変ります。 日本政府が上手くやれば、デフレから脱出 出来るかも知れません。 そうした力量があるか、懸念されますが。 SARSが2003年 MERSが2012年 COVID-19が、2019年 8年前後の周期で新型コロナウィルスが出ていることになるので、8年毎に何らかの自粛とか出てくるかもしれませんね。 世界的なパンデミックってここ100年で5回。 10年~30年毎にパンデミックが発生していますから、コロナとか限らないが何らかのパンデミックは発生するかと・・・ COVID-19なら、現在は先が見えないが、数年程度の長期化する可能性があるとか言われていますけどもね。 COVID-19の影響で世界経済は、イエローカードが1枚でそうな状況 日本経済も同様。 韓国経済は、すでに、イエローカード1枚が出ており、2枚目のイエローカードの札があがりつつある状況。

次の

【株】コロナ影響で伸びる株【予想してみた】

コロナ 自粛期間 予想

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

【大学生の実態】自粛期間何してる?の話|西澤七海/Nishizawa Nanami|note

コロナ 自粛期間 予想

2020年5月26日に緊急事態宣言が全面解除され、6月よりそれまで休業、あるいは開業を延期していた店舗や施設の営業再開、開始が相次いでいます。 長く続いた自粛ムードから少しずつ解き放たれ、外出を楽しむ方も増えてきていますが、第2波が迫っているともいわれている今、まだまだ「ステイホーム」の風潮は抜けきらないのが現状です。 日本だけでなく各国で外出や娯楽が制限される生活がこうも長期間続くと、経済面での不安が募りますが、いち早く脱出しつつあるといわれているのが中国や韓国です。 「リベンジ消費」といわれている行動が景気回復に大きく影響しているのです。 特にこの自粛期間も変わらない収入を保っていた方は爆買いに走る可能性も高いので、なにがどう売れるのか見極めることが重要です。 今年中国では、毎年賑わいを見せる春節の時期に自粛を強いられたため、食品など生活必需品以外の物品や店舗、施設の収益は大きく下がりました。 その反動もあり、3月からリベンジ消費が見られるようになったのです。 5月1日~5日は「メーデー連休」と呼ばれる、日本でいうところのGWがありますが、この期間の取引総額は1兆5,700億元を突破しました。 また、売上に伴いショップへの問い合わせも春節時の10倍ほど増えたといわれています。 ウィズコロナ期は「巣ごもり消費」「インスタ消費」 改めて日本のコロナショックによる消費行動を考えてみると、「巣ごもり消費」「インスタ消費」という言葉が生まれたように、ECサイトなどオンライン上での取引が増えたのが特徴的です。 「インスタ消費」というと、かつて「インスタ映え」を目的に、華やかなイベントに参加したり、かわいいショップや話題のスポットに訪れるといった、体験することがメインの「コト消費」の流行を思い起こされますが、そうではなく、インスタグラムで検索し、そのまま直接商品の購入にいたったり、コンテンツ閲覧にいたったりすることを指します。 以前はデジタルネイティブ世代の消費活動の特徴として取り沙汰されていましたが、今や著名人やインフルエンサー以外もライブ配信を行う動きがあり、一般ユーザーが自身のハンドメイド作品をECサイトで販売し、その告知場所としてインスタグラムをはじめとしたSNSを利用することも格段に増えているので、SNSから直接購入、契約するというスタイルはより一般化してきています。 巣ごもり消費、インスタ消費されやすい商品・サービス ウィズコロナ期のステイホーム中に巣ごもり消費、インスタ消費されやすい商品やサービスには下記のように、ある程度一貫性があります。 ・時間のかかる趣味 手芸や工作といったDIY商品、動画配信サービス、本など。 もともと趣味だったけれど今までは時間がとれずなかなかできなかったという方や、この機会に新しい趣味を見つけようとする方も現れました。 ・ボディケア 「自粛太り」改善やストレス解消を目的としたボディケアグッズなど。 自分でできる器具を買ったり、オンラインでトレーニングを受講したりする方もいます。 ・スキルアップ 資格獲得のための教材、オンライン講座、ウェビナーなど。 業種、職種によっては休業を迫られた方も多くいるため、転職も視野に入れてスキルアップを目指す方もいるでしょう。 ・ステイホームを快適にする 椅子、衛生商品、空気清浄機、炊飯器、調理器具など。 テレワークで長時間座っても体に負担がかからないように気を使ったり、自炊に精を出したり、ライフスタイルも変わったのではないでしょうか。 ・断捨離、整理 クリーニングサービス、トランクルームなど。 それまで忙しくてなかなか整理できていなかったという方も自宅にいる時間が増え、気になるところに手が届いたというところでしょうか。 ・飲食 フードロスを回避するために割引価格で販売開始したり、今までデリバリーやテイクアウトを行っていなかった店舗がそれらを導入したり、飲食店の工夫も多く見られます。 リベンジ消費されやすい商品、サービス 一方、自粛期間が明けたときに、リベンジ消費されやすい商品やサービスは下記だといわれています。 ・アパレル 自粛期間中は実店舗が休業していたことでオンラインショップの利用が増えたともいわれていますが、同時に、試着できない、素材感がわからないという理由に加えて「今買ってもそれを着て外出できない」という理由から買い控えする方も増えていました。 そのため、外出チャンスが増えるというだけでも購買意欲は増すでしょう。 また、外出する=見た目を気にする人が増える、とも考えられるので、前シーズンの商品を値引きして販売するよりも、「今着られる」アイテムを販売する方が得策かもしれません。 このとき、SNSでのマーケティング、告知を忘れないように気をつけてください。 ・コスメ、美容アイテム 前述のとおり、見た目を気にする人が増えることが予測されるので、コスメや美容アイテムへの注目も高まるでしょう。 特に自粛期間中はスキンケアやボディケアを怠ったり自粛太りしてしまったり、あまり見た目に気を使わなくなっていた人が増えていたため、反動も大きそうです。 季節柄、肌の露出が増えるので、メイクアイテム、UV対策、制汗剤、脱毛アイテムなど幅広くニーズが高まる見込みです。 ただ、いずれも優先度の高くない「不要不急」のアイテムなので、コストパフォーマンスを意識した方がいいかもしれません。 価格を維持するのであれば新商品のサンプルをつけるなど、「今買う」ことに付加価値をつけましょう。 ・スポーツ、ヘルスケア コロナショックによって休業していたジムやスポーツ教室も多いため、もともと通っていた方が復帰するのはもちろん、自粛太り改善やストレス解消などを目的に新たに通い始める方も増える見込みです。 自宅でケアできるアイテムも引き続き好調が続くでしょう。 ステイホーム期間中はモデルなどの著名人やインフルエンサーが自身のトレーニング方法をYouTubeなどで公開したり、ライブ配信でボディケアにまつわる質問に答えたりしたコンテンツが多く閲覧されていたので、今後もSNSの発信力に注目した方がよいでしょう。 ・レジャー、旅行 アウトドアシーズンがまさしく自粛期間と重複していたため、アクティビティなどのサービスには反動で大きな揺り戻しが起きることが予測されます。 また、旅行も人気が戻る見込みですが、日本の自粛が解けても海外にはまだ観光しにくいところもあるため、国内旅行のニーズが高まるでしょう。 ただ、アルコールを設置したり、こまめに消毒を行ったり、密を避けるように利用できる席や宿泊部屋を減らしたり、引き続き感染予防の取り組みは必須です。 ・家電 「おうち時間」が増えたことで改めて暮らしを見つめ直すきっかけになり、よりよい生活を過ごせるような便利家電が人気になるでしょう。 ステイホーム期間中も注目されていましたが、自粛期間が終わり、収入が安定することで本格的に購買意欲が増しそうです。 ・ヒト消費、エフォートレス消費 コロナショック以前から、2020年は体験型の「コト消費」から「ヒト消費」に移行し、「エフォートレス消費」も増えると予想されていました。 ヒト消費とはつまり、マッチングアプリへの課金など「ヒト」を目的とした消費行動で、エフォートレス消費とは、働き方、考え方、暮らし方の多様性が広まっていく中で、 KuToo運動も踏まえ、通勤に使えるスニーカーなど、「必要以上にがんばらない」をキーワードとした調理器具や育児アイテムなどの人気が高まっている今の消費行動のこと。 特に自粛期間は家で過ごす時間を見直す期間でもあったため、新しい生活様式を始めた方もいるかもしれません。 人々の個性を伸ばし、長所や魅力を高めるために、妨げになっている部分の手間を省くアイテムや、それを肯定するプロモーションがこれからの時代には合っているでしょう。 再注目のSNS効果が見逃せない SNSにおけるプロモーションが効果的なのはかねてより周知されていましたが、このステイホーム期間中、人々がSNSに触れる時間はさらに増え、特定のハッシュタグを使って同じ環境下にいる同士で応援し合ったり、口コミを見てなにかを購入したり、著名人のライブ配信を観て勇気づけられたり、友人とリモート飲みをしたり、より一層インフラとしての役目を果たしました。 特にこの記事でも何度か繰り返し記述していますが、ライブ配信(ライブコマース)の効果が大きく、リベンジ消費がめざましい中国においては、3月末にルイ・ヴィトンがライブコマースをスタートさせたり、グッチやプラダは中国版TikTok「抖音(douyin)」をマーケティングに活用しているそうです。 また、コロナによる影響が大きかった2月には、上海ファッションウィークでアディダスがTaobao Liveというライブ配信により、223万人の視聴者を集め、10時間で2億元以上の収益を上げることに成功しました。 ただ、SNSはもともとユーザー同士がコミュニケーションをとることを目的としたツールなので、流行が生まれてもすぐに消えてしまい、有益情報も頻繁に発信しないと流れてしまう傾向にあります。 そのため、適宜ユーザーのウォンツやニーズを見極め、そしてさらに発信するタイミングを上手くキャッチしないと失敗してしまう可能性もあるので、まずは運用して流れをつかむことが大事でしょう。 日本でもリベンジ消費は起きるのか 早くも第2波が騒がれている今はまだ、日本でもリベンジ消費が起きるかどうかは読めないです。 ただ、ステイホーム期間中の経済の流れを考えると、反動で大きく揺り戻しが起こることはおおいにありえます。 アフターコロナのニューノーマルともいえる景気状況で、自社や自身のプロモーションを成功させるには、いち早くどう動くかが重要です。 顧客の消費マインドや価値観、行動は常に変化し続けているので、ビフォーコロナ時代のマーケティングは一から見直して、そのときのニーズに合ったキャンペーンを展開できたら道は開けます。 そのためにも、ユーザーのリアルタイムの動向がわかるSNSは切り離せない存在だといえるでしょう。 (本文・浦田みなみ).

次の