足 の 親指 付け根 が 痛い。 足裏の親指の付け根が痛い!スポーツで起きやすい母趾種子骨障害とは

足裏の親指の付け根が痛い!スポーツで起きやすい母趾種子骨障害とは

足 の 親指 付け根 が 痛い

ホーム 足の親指が痛い 足に合わない靴を、ずっと履いままでいると、親指の骨が変形してしまい、やがて、赤く腫れてきたり痛みが出るようになってしまいます。 また、それ以外の原因として、血液中の尿酸量が増えてしまう事で、親指の付け根の痛みが生じる事もあります。 親指の付け根?痛みの原因 足の親指の痛みや、親指の付け根の痛みの原因は、 外部からの刺激だったり、食生活などが引き金になる事もあります。 脂っこい肉類中心の食生活も、尿酸を増やしてしまうので、関節内に炎症を起こす可能性も高くなります。 もちろん、それだけが原因ではありませんが、他には、真菌に感染し、それらが悪さをしてしまう場合もありますからね(汗) 真菌感染が原因で、足の親指が痛くなったりするのを防ぐためにも、足を清潔にしておく事も大切ですね。 スポンサードリンク 足の親指の痛みを伴う病気 痛風 足の親指の付け根が、赤く腫れていませんか?痛風の痛みは、指先以外に足首にまで及ぶ事もあります。 また、関節の部分が熱く腫れあがって、しびれる?ような?何とも不快な耐え難い、刺すような痛みがでてきます。 この病気は字のごとく、風が吹いただけでも痛む?と言うところから来ているだけあって、痛みのある時の苦痛は大きいものです。 3日ほどで、炎症が治まるので、それまでの辛抱ですが、血液中の尿酸量が改善されないと、またこの辛い痛みがぶり返してしまうので、治ったからと安心はできません。 健康管理には充分注意しましょう。 しかし、効かない場合は、原因が他にあるので、痒みも伴うのであれば、一度皮膚科を受診しましょう。 外反母趾 足の親指が、内側に曲がり変形していませんか?足の親指の痛みの原因の中では、一番多いのではないでしょうか(汗) 合わない靴を履いてしまわないように注意しましょう。 どこででもできる足指体操として、指を開いたり閉じたりする運動があります。 足指を開く時は、指が反り返らないように注意しながら、水平に広げる感じです。 始めのうちは、思うように力が入らないかもしれません^^;(汗) でも、大丈夫^^そんな時は、少し手も使って足の指を広げてあげれば良いのです。 広げて閉じての動きを、5回から10回くらい繰返しましょう。 毎日続ける事で、手を使わなくても自力でできるようになり、足指の可動範囲も広がってきます。 指先の炎症のため、関節の可動範囲も、かなり狭くなってしまったと思われますので、無理のない程度に、ぼちぼちでかまわないので、動かしていきましょう^^ たまには、靴をぬいで、足の指をグーパーしましょう^^ また、5本指の靴下も良いですね。 そして、家にいる時などは、足の指を開くグッズ系のものも、良く売っていますので、そうゆうものを上手く使って、足の指を広げてあげましょう^^ 足の指先を動かす機会は、なかなかありませんからね・・。 足の親指の痛みが取れてきたら、積極的に足指を動かして、足指の筋肉を鍛えてあげましょう。 例えば、手ぬぐいを引き寄せる足指運動などは、普段使わない足の指をまんべんなく使う事ができますので、お勧めです^^ まず、手ぬぐいを用意しましょう。 用意した手ぬぐいは、足の下に広げた状態で置きます。 イスに座り、足の指先だけを使い、手ぬぐいを手前に、グイグイと、たぐり寄せていきましょう。 簡単そうに思いますが、実際にやってみると、足の指がもつれそう?になります・・・。 まぁ・・・それは良し!として・・。 指先を動かす事で、脳の回転もすこぶる良くなりますし、冷え性の方にもお勧めです。 足先で血液の流れが滞るのを防いでくれますからね。 普段あまり使わない足指を、この機にどんどん動かしてあげましょう^^ スポンサードリンク.

次の

足の親指の付け根が痛い

足 の 親指 付け根 が 痛い

足指の付け根の痛みといっても、その症状はさまざまです。 代表的な症状とその原因、あわせて、痛みが起こりやすくなる環境をご紹介します。 親指の付け根の痛み 靴との接触による痛み、関節痛の痛み、腱が引っ張られる痛み・・・外反母趾 がいはんぼし 外反母趾は親指の付け根の部分が外側に突出する症状です。 靴の壁と指の出っ張りが当たることによる痛みや、指の骨どうしの関節が噛み合わなくなることによる関節痛の痛み、筋腱の痛みなど、様々な痛みが発生する可能性があります。 でくわしく解説しています。 体重がかかることによる痛み…種子骨炎 しゅしこつえん 種子骨(しゅしこつ)とは親指付け根にある母趾球 ぼしきゅう に付いている、二つの豆粒のような軟骨のことです。 歩いているときなど、この種子骨の周りに負荷がかかり続けた場合にまわりの組織が炎症を起こし痛みを発症します。 種子骨炎になりやすい環境• 親指の付け根に反復的に負荷がかかる、長時間の立ち仕事をしている 例:ハイヒールを履いた立ち仕事など• スポーツやランニングにおいて、つま先で接地する機会が多い• 硬い路面の上での、激しい運動を繰り返す 上記のような環境において発症しやすいといわれています。 特に、踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足は、歩くたびに親指の付け根の骨が過剰に横に広がってしまいます。 その骨の先端である母趾球が床に強くこすりつけられることで種子骨周りに集中的に負荷がかります。 この現象が一歩ごと、一日に何千回と繰り返し起こることで、やがて種子骨周りが傷ついて炎症を起こし、痛みだします。 人差し指・中指の付け根の痛み 蹴り出しのときに起こる突き上げるような痛み・・・中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう) 歩いているときの蹴りだしの際、特に足の人差し指・中指の付け根に突き上げるような痛みを感じます。 中足骨頭痛になりやすい足のタイプ• 踵(かかと)周りの骨格が崩れている足(オーバープロネーション) 歩行などで足に負荷がかかったとき、体重を支える役割の親指の付け根と小指の付け根が左右に広がってしまうため(開帳足)、真ん中にある人差し指・中指の付け根は床に押し付けられてしまいます。 支えなくてもいい重さを歩くたびに繰り返し、繰り返し受け止めなくてはいけません。 何度も床に打ち付けられることで痛みがおきます。 足が硬く、土踏まずが高い足 このような足は指のそりかえりがおきやすく、体重がかかると、柔軟性がないことに合わせて指の付け根が突き出すような状態となり、日常生活の反復的な負荷がかかることで痛みを発症するともいわれています。 中指と薬指の付け根の痛み モートン神経腫(もーとんしんけいしゅ) 主に足の中指と薬指の付け根の間におきる症状でピリピリするような痛みが特徴です。 踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足に起こることが多く、つま先が潰れてしまっていることで指の付け根の骨の間にある神経にストレスがかかっていることが原因といわれています。 小指の付け根の痛み 内反小趾(ないはんしょうし) 内反小趾は小指の付け根が腫れて痛くなる症状です。 外反母趾同様「踵(かかと)周り の骨格が崩れる」ことで引き起こされます。 症状の詳細と原因は で詳しく解説します。 その他・・・加齢や病気による痛み 親指の付け根も含め、指の付け根部分にはもともと衝撃を吸収する為の脂肪体があります。 (土踏まずを除いたかかと~足裏の外側~指の付け根にかけてつまむように触ってみるとふわふわと弾力がありますね。 それが脂肪体です。 )しかし、加齢や糖尿病などで脂肪体自体が薄くなってしまい、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが出る場合もあります。 その他、痛風やリュウマチなどが原因の場合もありますので、心当たりのある方はまずは専門医に相談してみましょう。 まとめ 足指の付け根の痛み、症状はさまざまです。 代表的なものを以下にまとめます。 親指の付け根 外反母趾 がいはんぼし ・・・靴ずれ・関節痛・筋腱など、さまざまな痛みが生じる• 親指の付け根 種子骨炎 しゅしこつえん ・・・ 母趾球に体重がかかることで痛みが生じる• 人差し指・中指の付け根 中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう)・・・蹴りだしたときに痛みが生じる• 中指と薬指の間の付け根 モートン神経腫・・・指と指の間(付け根)がピリピリと痛む。 小指の付け根 内反小趾(ないはんしょうし)・・・出っ張った小指の付け根と靴が当たることで痛みが生じる• 加齢や病気による痛み・・・足の付け根の脂肪体が薄くなり、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが生じる.

次の

足の親指の付け根が痛い!もしかして外反母趾!?

足 の 親指 付け根 が 痛い

足指が痛い!その原因は? 足の痛みの多くは足のアーチの崩れからくるものが多いのですが、それ以外にも足指の痛みの原因はさまざまです。 靴と足との相性によるものや、スポーツによるもの、また、痛風と強剛母趾のように見極めが紛らわしいものもあります。 そこで、原因と痛む場所について解説していきます。 あなたの足のトラブルにあてはまるものはありますか? 足指の痛みの原因はさまざま 1足指の痛みの分類:症状やどうして起こるのかというしくみから大まかに分類 足のアーチの崩れによるもの 外反母趾・バニオン・内反小趾・中足骨骨頭痛 「長時間歩行や履いている靴によって痛みが起こりやすく、ジンジン・ピリピリする痛み」 スポーツや過度の負担によるもの 強剛母趾・種子骨障害・フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 「骨壊死や骨変形によるジンジンという圧痛・ズキズキとうずくような疼痛・腫れなど」 疾患によるもの 痛風 「痛風発作による激痛。 24時間以内に痛みのピーク~数日で痛みが消失していく」 リウマチ等の自己免疫疾患 「慢性的な炎症による関節痛」 その他 巻き爪[圧痛や陥入爪によるズキズキとした疼痛] 痛むのはどこですか? 2 足指の痛みの分類:痛む場所別に分類 A:外反母趾(バニオン含む) 外反母趾の痛みは主に2通りあります。 1つ目は、親指の側面が腫れあがるように痛くなる場合。 コブのような滑液包「バニオン」を伴う痛み。 2つ目は、親指の関節を曲げるだけで痛むもの。 前者は靴にバニオンがあたることによる圧痛で、後者は、母趾の関節がずれてしまっているため、関節の曲げ伸ばしをするだけで痛みを生じてしまいます。 E:フライバーグ亀裂骨折ケーラー病 ケーラー病には舟状骨に発生する第1ケーラー病と、中足骨骨頭部指の付け根に発生する第2ケーラー病がありますが、足指の痛みに起因するものは第2ケーラー病です。 蹴り出すときに、疼痛・圧痛・腫れを生じるため、無意識のうちに患部への荷重を避けた歩き方になります。 原因として考えられるのは、不適合な靴を履いて足底部を絶えず圧迫し、慢性的な刺激が繰り返されることです。 靴底の薄い靴で、硬いアスファルトの上を長時間歩くことで誘発されます。 H:リウマチ(関節リウマチ) 痛風が男性に多いのに対して、関節リウマチは30~50代の女性に多い病気です。 痛み方も突然ではなく鈍い痛みから進行していきます。 発症部位も、1個所ではなく、数か所の関節に広がっていきます。 関節が炎症を起こしているため、朝起きた時に手足にこわばりがあったり、関節が動かしにくくなることで全身の倦怠感を覚えたりします。 関節リウマチは自己免疫疾患のひとつで、自身の免疫システムが関節の炎症を引き起こし、骨や軟骨を破壊していくので、早期に発見・治療し、関節破壊の進行を抑えることが重要です。 とにかく、疑われる症状がある場合は、リウマチ専門のお医者様に早めに相談することをお勧めします。 似ていても違う、痛みの原因 3 紛らわしい痛みの見分け方 A:外反母趾 バニオン と 強剛母趾 外反母趾の痛みは、母趾の関節をどの方向に曲げても痛みはありますが、強剛母趾の場合は、背屈 地面から浮かせる 方向へ曲げた場合に痛みが起きます。 また、外反母趾でバニオン(滑液包のコブ)がある場合は、靴にあたることで圧痛や腫れが起こることがあります。 B:フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 と中足骨骨頭痛 痛みを感じる部位は似ていますが、中足骨骨頭痛は、人差し指の付け根あたりにタコやマメがある場合が多く、タコやマメを押すとジンジン・ピリピリを神経性の痛みがあります。 対して、フライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 は発赤、腫れ等の炎症症状を伴ない、突然に痛みが発生します。 稀に、中足骨骨頭痛が慢性化してしまうような靴底の薄い靴やヒール靴を履き続けることで、中足骨骨頭痛からフライバーグ亀裂骨折 ケーラー病 へ重篤化するケースもあるようです。 また、これらA、Bと混同しがちな、痛風発作や関節リウマチですが、尿酸値が高い男性が、夜中に、指の付け根が痛くなる場合は、痛風発作。 特に、関節リウマチは、関節破壊による足趾変形がおこる前に、治療を受けることである程度の改善も期待できますので、すぐに専門医を受診しましょう。

次の