スズキ スイフト スポーツ エボリューション。 スイフトスポーツ(スズキ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スイフトスポーツ(スズキ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スズキ スイフト スポーツ エボリューション

現行スイフトスポーツ 社外のチューンパーツやコンプリートカーが多数売られていますし、もっと上の走りを求める需要は間違いなくあります。 そして極めつけは、スズキが東京オートサロン2019で「スイフトスポーツ イエローレブ」というカスタマイズカーを出展したこと。 イエローレブについてはこのあと詳しくご紹介しますが、走りを高めるルックスと装備からは、エボ仕様の登場を示唆しているように受け取れました。 ……とはいいつつも、まだ噂の域を出ない話。 4L直噴ターボのブースタージェットエンジンを搭載。 ハイオク仕様&専用チューンによって140psを発揮します。 過給機付きですがレスポンスに優れ、パワーを使い切れる楽しさが魅力です。 そして、エボリューションではさらに、• 最大トルク:23. 5kg・m ほどに引き上げられると想定。 低回転域から高回転域まで、より力強い加速感や動力性能を発揮します。 スイスポのトランスミッションは、スポーツモデルらしいギア比の6速MTとパドルシフト付きの6速ATを用意していますが、エボ仕様では6速マニュアル限定になりそう。 足回りには、• 専用チューニングのサスペンション&ダンパー• ブレンボ製ブレーキパッド&キャリパー などを装備すると予想。 また、現行スイフトは新開発プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用により、軽量化や剛性UP、室内空間の拡大を実現しています。 スイスポ(MT)の車両重量はなんと970kg。 これだけでもすごいことなのですが、エボ仕様では、さらなるボディ剛性向上と軽量化を図るとのこと。 「走る・曲がる・止まる」を高次元で追求するのは間違いなしです! 関連 エボリューションや新車が欲しいと思っている方には、「新車値引の方法」がおススメです。 知らずに買うと損してしまうかもしれません。 ぜひ一度読んでみてくださいね。 内外装デザインは『スイスポ・イエローレブ』が参考に!? 今年の東京オートサロンや大阪オートメッセに出展した「スイフトスポーツ・イエローレブ」のデザインが参考になりそうです。 フロントグリルはツヤ感があり、スズキのエンブレムもクロームメッキ仕上げで特別感を演出。 もちろんエアロパーツは前後左右ともバッチリです。 カラーリングはイエローとブラックのツートン。 グリル内のsportロゴや、ブレーキキャリパーの赤色が最高の差し色になっています。 大径アルミホイールを履いていますが鍛造でしょうか。 二本出しマフラーのリアバンパーにはカーボン素材(ラッピング?)を採用。 テールランプはスモーク加工しています。 ステアリング、オーナメントパネル、センターコンソール、ドアトリムなどに黄色のアクセントを取り入れ、外装と統一感を出しています。 ステアリングステッチやメーター内の赤い配色は、現行市販車も同じ仕様です。 内外装ともに完成度が高い!このまま売ってくれ〜と思う人も多いことでしょう。 ちなみに、スイスポのシートは新デザインの専用スポーツシートを装着し、硬質でホールド感が高いのですが、エボではRECAROを採用してさらにレーシーになるかもしれません。 エボリューションは約60万円高の247万円と推測します。 安価なのもホットハッチの利点なので、このあたりが上限になるでしょう。 車の費用には、本体価格もそうですが、維持費もかかりますよね。 少しでも維持費を抑えるのには、「車の保険の見直し」がおすすめです。 2020年春には基本モデルのする見通しなので、それと同時とは現実的ではないかな…というのが正直なところ。 エボリューションの登場はスイスポがマイチェンするであろう2020年秋頃か、それ以降になると思います。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の

スズキ スイフトスポーツ 試乗記・新型情報 2020

スズキ スイフト スポーツ エボリューション

スイフトスポーツが2017年9月13日にフルモデルチェンジ 2017年1月にフルモデルチェンジしたコンパクトカー、スイフトの派生車種として販売しているスイフトスポーツが9月13日に新型スイフトスポーツとして生まれ変わりました。 新型にモデルチェンジしたスイフトスポーツのエクステリアやインテリア、搭載エンジンやトランスミッション、価格はどのようになるのか?さっそくチェックしておいてください。 ヨーロッパでスイフトスポーツの48Vハイブリッド搭載車が2020年春より発売! スズキの欧州部門が、2020年春より48ボルトのマイルドハイブリッドを搭載するスイフトスポーツを販売することを明らかにしました。 このマイルドハイブリッドシステムは、新開発となる1. また、軽量設計により重量の増加を15kg以下にまで抑えているのも特徴です。 スイフトスポーツのマイルドハイブリッドモデルについては、2020年3月に詳しい情報が解禁されます。 2020年 「スイフトスポーツ・エボリューション」仕様が追加登場の噂がある 「スイフトスポーツ・エボリューション」仕様が追加登場の噂!いつ登場する? 人気のスイフトスポーツに、本格的なチューニングを施した「エボリューション」仕様が追加になり、「スイフトスポーツ・エボリューション」として2020年に登場するのではないかとの噂をキャッチしました。 発売された場合のデザインや性能を予想してみましょう。 スイフトスポーツは最高出力が140psとなっていますが、エボリューションが発売されるとすると、180psまで出力がアップ、最大トルクも23. 4kgmから25. 5kgmにアップ、トランスミッションは6速MTのみの設定になるのではないかと予想します。 足回りの装備には、エボ仕様として専用にチューニングされたサスペンションとダンパーが、また、ブレンボ製のブレーキパッドとキャリバーが装備されると考えます。 さらに、現行MT仕様のスイフトスポーツの重量は970kgとかなり軽量化されていますが、エボ仕様ではさらに軽量化されるだけではなく、ボディの剛性もアップされるでしょう。 今回噂になっている「スイフトスポーツ・エボリューション」の参考になるのは、2019年1月に行われた東京オートサロン2019です。 スズキが参考出展車として出展した「スイフトスポーツ・イエローレブ」が、エボ仕様の登場を匂わせているように思います。 また、デザインなども「イエローレブ」が参考になるのではないでしょうか。 東京オートサロン2019で参考出品された「スイフトスポーツ・レブ」のエクステリア 「スイフトスポーツ・イエローレブ」のエクステリアを見ると、ツヤのあるフロントグリル、クロムメッキ仕上げのスズキのエンブレム、特別感があるフルエアロパーツ。 ボディカラーはイエローとブラックのツートンで、グリルにあるsportロゴとブレーキキャリパーに赤を使い、とても目立つアクセントとなっていて、アルミホイールも大径のものを装着しています。 マフラーは2本出しとなっていて、リアバンパーにはカーボン素材を使っていると見受けられます。 テールランプにはスモーク加工が施され、特別仕様であることをアピールしています。 「スイフトスポーツ・レブ」の内装は赤だけではなくイエローもアクセントに 「スイフトスポーツ・エボ」の内装のアクセントのイエローはボディカラーと統一感を出している インテリアのアクセントになっている赤色は現行車と同じ仕様となっていますが、さらにイエローのアクセントをステアリングやオーナメントパネル、ドアトリムなどに施すことで、ボディカラーと統一感が演出されています。 これまでの専用スポーツシートと同様になる可能性もありますが、エボ仕様ではRECAROシートになる可能性も否めません。 2020年にエボ仕様が登場の信憑性ですが、同時期にスイフトのマイナーチェンジが予想されているので、もしかして2020年秋以降になる可能性が高いのではないでしょうか。 果たして特別な1台、「スイフトスポーツ・エボリューション」の登場はいつになるのか、新しい情報が入り次第、さらなる情報をお届けします。 発売前に完売済み!スイフト・スポーツとオートバイ「カタナ」のコラボモデル「スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Edition」がオランダで限定販売 スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Editionとスズキのオートバイ「カタナ」 日本でも大人気のスイフト・スポーツですが、スズキのオートバイでも人気がある「カタナ」がコラボし、「スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Edition」として、特別モデルがオランダ限定で発売されることになりました。 「スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Edition」のカラーはプレミアムシルバーメタリックとスーパーブラックの2色の設定があり、各15台、合計30台のみの限定モデルとなり、販売価格は約365万円ですが、先行予約ですでに完売しているという人気ぶりです。 スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Editionの特別感があるボンネットのストライプ ボンネットに施されたストライプやドアのグラフィックス、何よりも海外ユーザーの心をわしづかみにするフロントドアに施された「刀」のシンボルマーク、Cピラーにはロットナンバーのナンバリングがされ、特別感が満載の1台になっています。 画像からもわかるように、グリルフレームには際立つレッドカラーがアクセントに使われていて、タイヤはミシュラン製パイロットスポーツにOZ製のブラックペイント仕上げ18インチのアルミホイールが装着されています。 スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Editionのリアからのエクステリア グレーバンパートリムとサイドスカートはカーボンファイバ製で、スポーツサスペンションとストラットバーはもちろん特別仕様車専用のものを、スポーツエキゾーストシステムも採り入れられていて、アグレッシブなのに高級感のあるエクステリアになっています。 スイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Editionのインテリア インテリアも特別感にあふれていて、フラットボトム式のステアリングホイールにはピアノブラック調にレッドカラーのステッチが際立っています。 センターコンソールのオーナメントパネルはブラックの中にレッドノグラデーションがかかっているという、目を見張るデザインになっています。 スポーツモデルでありながら、これだけ高級感と日本らしさを出したスイフト・スポーツ Swift Sport Katana Limited Edition」が、オランダで発売前に完売するのもうなづけます。 エアロパーツとレカロシートを搭載した「スイフトスポーツ ワークス」を開発中か 国産ホットハッチの代名詞になりつつあるスズキのスイフトスポーツに走行性能を強化した「スイフトスポーツ ワークス」というモデルが開発中との情報があります。 専用エアロパーツに身を包み、内装にはレカロシートを装備、徹底的なチューニングにより最大出力は10psほど向上しているとのことです。 販売価格は20万円から30万円ほど高くなる予定ですが、市販された場合はホンダの本格派FFホットハッチ「シビック タイプR」と良いライバル関係になるでしょう。 新型スイフトスポーツのエクステリアはCピラーへ流れるようなクーペスタイルが特徴 新型スイフトスポーツのエクステリアは、4代目スイフトをベースにして作られています。 後部座席のドアハンドルがCピラーに収められていて、クーペスタイルに見えるスタイルによりスポーティさが増しています。 リアビューは、左右出しのスポーツマフラーが装備されていて、中央にはリアフォグランプが装備されています。 リヤランプもフルモデルチェンジしたスイフトと同様に、コンパクトになりクリア部分が少なくなりました。 ホイールは、ユーロデザインのガッシリとしたスタイルで、ブラックをベースにホワイトシルバーのスペースが5つ空いています。 チャンピオンイエロー プレミアムシルバーメタリック バーニングレッドパールメタリック スピーディーブルーメタリック ピュアホワイトパール スーパーブラックパール ボディカラーは、お馴染みの「チャンピオンイエロー」のほか、全6色設定です。 可愛らしいカラーからカッコいいカラーまで揃っているのでお好みのカラーを見つけましょう 新型スイフトスポーツのインテリアはレッドのアクセントが魅力 新型スイフトスポーツのインテリア 新型スイフトスポーツのインテリアは、ブラックを基調としてレッドをアクセントに入れたスポーティなデザインです。 新型スイフトのインテリア 新型スイフトのインテリアと比べてみると、シルバー加飾がレッドに変更になっていて、ステアリングハンドルの加飾もカーボン調、レッドステッチになっています。 エンジン回転数を示すタコメーターのインナーがレッドになっていて、スピードメーターの読みも220kmまでから260kmになっています。 新型スイフトスポーツのタコメーターとブースト計 マルチインフォメーションにはブースト計が表示されているので、搭載エンジンはターボを装備していることが分かります。 新型スイフト搭載の安全装備• デュアルセンサーブレーキサポート• 誤発進抑制機能• 車線逸脱警報機能• ふらつき警報機能• 先行車発進お知らせ機能• ハイビームアシスト機能• ヒルホールドコントロール(MT車除く)• エマージェンシーストップシグナル ステアリングハンドルには、クルーズコントロールのスイッチがついていて、セーフティパッケージ装着車には、ミリ波レーダーで先行車との距離を測定して距離を保ちながら加速・減速してくれるクルーズコントロールがついています。 マニュアルトランスミッションでもクルーズコントロールが使えるのは嬉しいポイントです。 前方への衝突を防ぐ誤発進抑制機能は、6AT車のセーフティパッケージ装着車にのみ搭載されている装備で6MT車には搭載されない点に注意が必要です。 新型スイフトスポーツの発売日は2017年9月20日で販売価格は1,836,000円から 新型スイフトスポーツは2017年9月20日に発売しました。 価格は1,836,000円~2,059,560円で気になるJC08モード燃費は16. 次回のマイナーチェンジでは4代目スイフトに追加されたハイブリッドモデルがスイフトスポーツでも発表されると考えます。 スイフトスポーツの販売価格一覧 グレード ミッション 販売価格 スイフトスポーツ 6MT 1,836,000円~ 6AT 1,906,200円~ スイフトスポーツ セーフティパッケージ装着車 6MT 1,922,400円~ 6AT 1,992,600円~ スイフトスポーツ セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ 6MT 1,989,360円~ 6AT 2,059,560円~ 新型スイフトスポーツでは、新しいプラットフォームの「HEARTECT」を採用し、全幅とホイールベースが拡大しました。 今までのスイフトスポーツは全幅が1,700mm以内の5ナンバーでしたが、新型スイフトスポーツでは全幅が1,700mmを超えるので3ナンバーサイズになります。 道幅の狭い道路でのすれ違いなどで、前モデルに比べて少しだけ苦労することになりますが、ホイールベースの拡大や全幅の延長により直進安定性が増します。 新型スイフトスポーツは2017年9月20日にモデルチェンジ 5ドアハッチバックのスイフトが2017年1月にモデルチェンジしてからおよそ9ヶ月目で、待望のスポーツモデルを発売しました。 新型エスクードにも搭載された1. 4Lのブースタージェットエンジンを搭載し、最高出力・最大トルク・燃費ともに向上した新型スイフトスポーツが登場です。

次の

【乗るログ】一度乗ったら欲しくなる 速い+楽しい+安い=スズキ・スイフトスポーツ (1/2ページ)

スズキ スイフト スポーツ エボリューション

日本のみならず、スズキの海外戦略車としての一面を持ち、ヨーロッパを中心に人気を博しているスイフトスポーツ。 また、カスタムやチューニングカーとして楽しめるホットハッチであることはもちろん、ジムカーナやダートトライアル、ラリーなどの国内競技などでも人気があり、老若男女様々なユーザーが走りを楽しんでいます。 走りの楽しいスイフトスポーツの最新モデルである「ZC33S スイフトスポーツ」は、ボディ軽量化と剛性アップの実現している上に、パワフルになったターボエンジンを搭載。 確実な正常進化を遂げており、カスタムベースとしての注目度も抜群です。 trust-power. トラストからはマフラーとオイルクーラーがリリースされています。 エアロパーツや車高調、そしてブローオフバルブも2018年のリリースを目指して目下開発中です。 trust-power. パワーを重視しながら音質にも拘り、こもり音を無くした上質なサウンドを奏でます。 オールステンレス製のバフ仕上げによる高級感に加え、「GReddy」ロゴをレーザー刻印することでリアビューのドレスアップにも貢献するマフラーです。 TRUSTのマフラー、モタガレで購入できます! GReddy コンフォートスポーツGTSマフラー Ver. 1 トラスト 価格:88,000円〜 TRUST製のスイフトスポーツ(ZC33S)用「GReddy コンフォートスポーツGTSマフラー Ver. 1」です。 パワーを重視しながら音質にも拘り、上質なサウンドを体感することができるマフラーになっています。 また、オールステンレス製、バフ仕上げによって高級感と耐久性が実現されています。 さらに、チタンカラーのテールパイプがリアビューの存在感を高め、純正バンパーとのマッチングも抜群。 機能性とドレスアップ性を兼ね備えたマフラーです。 … マフラーのサウンドは動画でチェックできます! ZC33用 GReddy フロントパイプ トラスト 価格:22,800円 TRUST製のスズキ スイフトスポーツ ZC33用フロントパイプです。 パイプの曲げ数や角度を最適化し、レスポンスアップも実現。 フランジの形状は純正と同じとしたことで、多彩な組み合わせに対応します。 trust-power. 温度の上昇を防ぎたい時に使用したいのが、GReddyオイルクーラー。 高い放熱性と低い圧力損失によりオイル温度を安定した状態で保ちます。 ZC33S用 GReddy オイルクーラーキット 10段 トラスト 価格:65,000円 TRUST製のスズキ スイフトスポーツ ZC33S用オイルクーラーキット 10段 です。 スポーツ走行時エンジン内部の温度が上昇すると、エンジンオイルの冷却や、潤滑に悪影響を与え、エンジン内部に傷をつけたり、焼き付きを引き起こし、エンジンブローの原因となります。 そこで使用したいのが、GReddyオイルクーラー。 高い放熱性と低い圧力損失によりオイル温度を安定した状態で保ちます。 trust-power. ZC33S スイフトスポーツ用のカスタムパーツを早速リリースしてます。 hks-power. スポーツ走行における操作性とストリートでの乗り心地を両立した新世代スポーツサスペンション。 ブラケット、ライドハイト、ロックナットにアルミ部材を使用することで、バネ下重量の軽減に貢献しています。 また、30段階の減衰力調整機構を設けることでお好みのセットアップが可能です。 さらに、サスペンションを構成する各部品の耐久性向上を図り、2年4万キロの保証がついているため、安心してご使用いただけます。 普段の足がメインで、疲れない様出来るだけ快適に、同乗者への気遣いはしたくない、ギャップに気遣いはしたくない方やローダウンを追及される方にお薦めのサスペンションキットです。 09〜 … マフラーは既に2モデルをリリースしています。 hks-power. (-6. 今となっては、スタンダードすぎる砲弾型サイレンサーを一新し、軽量という武器も身にまといました。 カーボンテールはスイフトのカーボン風バンパーとのマッチングもOKです。 サーキット走行時には欠かせないアイテムと言えます。 アドオンタイプなので、純正ECUデータのバージョンアップなどを行なってもVAC Type CS ZC33Sの機能は無効になりません。 また、オプション車速出力信号 水色 をサーキットアタックカウンターやターボタイマーに接続すると車速表示が可能になります。 hks-power. ノーマル状態でのタービンの作動状況をHKSが徹底的に分析した結果、ZC33Sスイフトスポーツに搭載されたK14Cエンジンにおいては、ライトチューニング時もタービン交換によるカスタムが有効であることが判明。 HKSの試験データからはターボを交換するだけで排圧や吸気温度の低減が得られることが分かっています。 HKSのタービン、モタガレで購入できます! GT III FX SPORTS TURBINE KIT for ZC33S SWIFT SPORT HKS 価格:200,000円 HKS製のスズキ スイフトスポーツ用タービン「GT III FX SPORTS TURBINE KIT for ZC33S SWIFT SPORT」です。 ノーマル状態でのタービンの作動状況をHKSが徹底的に分析した結果、ZC33Sスイフトスポーツに搭載されたK14Cエンジンにおいては、ライトチューニング時もタービン交換によるカスタムが有効であることが判明しました。 HKSの試験データからはターボを交換するだけで排圧や吸気温度の低減が得られることが分かっています。 ボディー剛性を高める補強パーツからサスペンション、強化エンジンマウントセットや強化ピッチングストッパーなどのエンジンパーツまで、様々なパーツをラインナップ。 様々なパーツをラインナップしているCUSCOがZC33S スイフトスポーツのカスタム初期段階から開発し、製品化したLSDをご紹介します。 cusco. 非常に高い耐久性と信頼性は、クスコ独自の機構や製法から生み出されています。 1Way,1. 5Wayなど作動方式やカム角を選択でき、幅広いセッティングにも対応しています。 まだ開発初期段階の為、オリジナルパーツはあまりリリースされていませんが、カスタムにおいて忘れてはならないインテリアパーツ、フロアマットをご紹介します。 kansaisv. 運転席側ペダル下部には大型のヒールパッドが装着されているので、マットへのダメージを抑えられます。 生地には燃焼性試験を問題なくクリアした、高級感のある厚手の物を採用。 また、KANSAI SERVICEのロゴ刺繍が室内の上質さを演出します。 ステッチカラーは飽きのこないブラックに加え、レッド・ブルーへの変更も可能。 ご自身のお好みのタイプをお選びください。 フロアマット(レッドステッチ) KansaiSERVICE 価格:16,800円〜 KansaiSERVICE製のスイフトスポーツ(ZC33S)用「フロアマット」です。 フック穴と裏面には滑り止めを装備しずれを防ぎます。 また、高級感のある厚手の生地を採用することで、燃焼性試験 FMVSS NO. 302 において燃焼性に問題はなく、安全性の高いフロアマットとなっています。 さらにマットへのダメージを軽減することを目的に、運転席側のペダル下部には、大型のヒールパッドを装備。 フロントマットにはドア側にKansaiユーザーであることをさりげなくアピールする刺繍を施し、ドレスアップ効果も期待されます。 スポーツ走行における操作性とストリートでの乗り心地を両立した新世代スポーツサスペンション。 ブラケット、ライドハイト、ロックナットにアルミ部材を使用することで、バネ下重量の軽減に貢献しています。 また、30段階の減衰力調整機構を設けることでお好みのセットアップが可能です。 さらに、サスペンションを構成する各部品の耐久性向上を図り、2年4万キロの保証がついているため、安心してご使用いただけます。 普段の足がメインで、疲れない様出来るだけ快適に、同乗者への気遣いはしたくない、ギャップに気遣いはしたくない方やローダウンを追及される方にお薦めのサスペンションキットです。 ハイパワーマフラーSPEC-L HKS 価格:90,000円 オリジナルマフラーやサスペンション、ターボチャージャや電子制御製品等、多くの製品を幅広く開発製造している大手自動車用チューニングパーツメーカーであるHKSのデモカー、TRB-04に装着されているハイパワーマフラーSPEC-Lです。 今となっては、スタンダードすぎる砲弾型サイレンサーを一新し、軽量という武器も身にまといました。 カーボンテールはスイフトのカーボン風バンパーとのマッチングもOKです。 GT III FX SPORTS TURBINE KIT for ZC33S SWIFT SPORT HKS 価格:200,000円 HKS製のスズキ スイフトスポーツ用タービン「GT III FX SPORTS TURBINE KIT for ZC33S SWIFT SPORT」です。 ノーマル状態でのタービンの作動状況をHKSが徹底的に分析した結果、ZC33Sスイフトスポーツに搭載されたK14Cエンジンにおいては、ライトチューニング時もタービン交換によるカスタムが有効であることが判明しました。 HKSの試験データからはターボを交換するだけで排圧や吸気温度の低減が得られることが分かっています。 フック穴と裏面には滑り止めを装備しずれを防ぎます。 また、高級感のある厚手の生地を採用することで、燃焼性試験 FMVSS NO. 302 において燃焼性に問題はなく、安全性の高いフロアマットとなっています。 さらにマットへのダメージを軽減することを目的に、運転席側のペダル下部には、大型のヒールパッドを装備。 フロントマットにはドア側にKansaiユーザーであることをさりげなくアピールする刺繍を施し、ドレスアップ効果も期待されます。 09〜 ….

次の