三谷 幸喜 鼻 わさび。 三谷幸喜

三谷監督「鼻にわさび詰めて」PR!?

三谷 幸喜 鼻 わさび

ダウンタウンが店に到着すると、すでに出来上がった様子の三谷さんがお出迎えです。 どうやら、三谷さんは浜田さんへの恨みを晴らさずにはいられない模様。 「わたし、この人に殺されかけたんですよ!」と必死に訴える三谷さんでしたが、浜田さんは何のことやら。 実は、三谷さん、数年前のダウンタウンの番組で"鼻わさび"という罰ゲームをやらされたそうで、それも、鼻の穴ひとつに対して、1本のわさびを注入するというものだったそう。 これには、視聴者も興味津々でネットでは「鼻ワサビYouTubeで見たけどスゴいな!」というコメントがあがりました。 実際のイメージ画像では、浜田さんがニコニコしながら三谷さんの鼻にわさびを突っ込み、三谷さんは涙目になっているもの。 普段から手加減を知らない浜田さんに対して「『ギューッ』とわさびが鼻に入ってきた!」と三谷さんが訴えると、相方の松本さんは「ほぼ全部はいりましたもんね!」と当時を振り返りました。 三谷さんは、企画の二週間後にもまだ鼻からわさびが出てきたようで、母親からはこの映像を見て泣かれたそうです。 「この企画はあれからなくなりました」という松本さんに、「何で僕で実験したんだ!」と最後にはあきれた様子でした。 三谷幸喜、松本人志にガチ文句? 続いて、浜田さんが出演した作品について「OAを観て納得いかないことは?」と質問をされた三谷さん。 すると「ありましたね!」との回答が。 「それはすごいことですね~」という松本さんに、「だいたいあなたなんですけどね!」と三谷さんがバッサリ。 まさか自分とは思わなかった松本さんは、バツの悪そうな笑顔を見せました。 そこで流れたVTRは、三谷さんと浜田さんがタッグを組んだドラマ「竜馬におまかせ」 日本テレビ系。 ストーリーには関係の無い町娘の格好をした松本さんがお茶を運ぶシーンで、これは、作成した台本には無いそうものだったそう。 三谷さんは「毎回気分が悪かった!」「また今週も出てきやがった!」「その度にわたしが書いた部分がなくなるんですよ?」と続けざまにガチテンションで文句を伝えると、松本さんは「今日、絶対文句言いにきましたよね?」とツッコミを入れ、「そのお返しが鼻わさびだったんですよ」と言って笑いを誘いました。 三谷幸喜、結局はダウンタウンと仲良し? さらに、浜田さんは、三谷さんの作品に主演した際、撮影の日になっても台本が届かなかったというエピソードを披露。 次回予告では「撮れてませーん!」と出演者たちと叫ぶ浜田さんの姿がVTRで流れ、「あれ、家で観てて.. 」という三谷さんに、「観てたんかい!書けよ!」と松本さんのツッコミが。 「ダウンタウンなう」に出演中も、2日後の締め切りの台本ができていないという三谷さんに驚く出演者たちでしたが、「帰っていい?」とコメントして爆笑を呼びました。 そんな三谷さんにネットでは「三谷幸喜面白すぎる!」「三谷幸喜で1時間トークしてほしい!」などの声があがりました。 また、番組内では三谷さんが話しているときにも食べている松本さんに対して「これ、けっこうしゃべりながら聞くんですね?」とキレぎみで、松本さんが食べていると無言で指を差すなどダウンタウンとの絡みが絶妙で、また共演してほしいと期待した人も多かったのではないでしょうか。 (文:リエ).

次の

三谷幸喜「鼻にわさび詰めてよかった!」 写真の腕前には佐藤浩市&寺島進ブーイング

三谷 幸喜 鼻 わさび

脚本家、演出家、映画監督として活躍する三谷幸喜氏が13日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、浜田雅功に「殺されかけた!」と訴えた。 日本テレビ「ガキの使いやあらへんで」に三谷氏が出演した際の出来事だったとしている。 三谷氏は「この人に殺されかけた。 ひどいんです。 本当に死ぬかと思った」と浜田を見つめた。 「ガキ使」の企画で、三谷氏は「鼻わさび」という罰ゲームを受けることになった。 浜田がわさびチューブを両手に握り、三谷の鼻につっこんでしぼるという内容だった。 三谷氏は「これ、実験してなかったんでしょ?」と質問。 松本は「してたと思うんです。 でも、ADがADにやるので加減がある。 でも浜田は本番になったら…」と手加減しないことを述べた。 さらも三谷氏は「しかも許せないのは、危険だと分かったからこの後やってないでしょ」とツッコんだ。 松本が「あれ以降鼻わさびはNGになりました」と認めると、三谷氏は「なんで僕で実験するんだ」と笑いを誘った。

次の

三谷監督“鼻にわさび”の宣伝活動終え、「ザ・マジックアワー」初日 : 映画ニュース

三谷 幸喜 鼻 わさび

浜田雅功 脚本家で映画監督、三谷幸喜氏(58)が13日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演。 酒を飲みながら本音で語り合う人気企画「本音でハシゴ酒」の中で、お笑いコンビ、ダウンタウンの浜田雅功(56)に「殺されかけた」エピソードを語った。 この日、ダウンタウンの松本人志(56)、浜田雅功、俳優の坂上忍(52)と女優の夏菜(30)は、三谷氏を交えて酒宴。 過去に自身が脚本を手掛けた日本テレビ系ドラマ「竜馬におまかせ!」で主演を務めた浜田について「俳優さんとしては本当に素晴らしい方」と評価したが、「この人に殺されかけた。 ひどいんです。 本当に死ぬかと思った」と明かした。 その内容は過去、三谷氏が日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜後11・25)に出演した際、「鼻わさび」という罰ゲームを受けることになり、浜田に思い切りワサビを自身の鼻にねじ込まれたというもの。 三谷氏は「これ実験してなかったんでしょ?」と聞くと、松本は「してたと思うんです。 多分、試したって、それはADがADにやるので。 ある程度の加減があって。 浜田は本番になったら…」と返すと、三谷氏も「(わさびチューブを)ギューッ!!ですからね」とうなずき、松本は「ほぼ全部入りましたもんね」と笑いながら振り返った。 「2週間たってから(ワサビが)出てきた」という三谷氏は「しかも許せないのは、危険だとわかったから、この後やってないでしょ?」と質問。 松本は「あれ以降、鼻わさびはNGになりました」と返答すると、三谷氏は「なんで僕で実験するんだ」と恨み節。 浜田は終始、爆笑していた。

次の