サンライズ 瀬戸 ソロ。 寝台特急の生き残り「サンライズ瀬戸・出雲」なぜ健在 誕生20年、列車の将来は(写真31枚)

はじめての寝台列車 寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に乗ってみよう!

サンライズ 瀬戸 ソロ

JR西日本285系 寝台特急形電車 -SUNRISE EXPRESS- 寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」 次の時代に向けた、新しい寝台列車のスタイルとして登場した285系寝台特急電車「サンライズエクスプレス」。 個室を中心にした構成で、サロンコーナーやシャワーブースなどのユーティリティも充実させています。 「対航空機」に有利な時間帯を走る「瀬戸」号と「出雲」2・3号がサンライズエクスプレスに置き換わりました。 車内は通路から客室内に至るまで、木の温もりを感じさせる木目調のインテリアで統一されています。 個室の設計には「ミサワホーム」が携わり、JRと住宅メーカーという異業種コラボレーションが実現。 という製品を全面に使用して、まるで新築住宅の一室をそのまま寝台個室にしたかのようです。 「走るシティホテル」を実現化させたサンライズエクスプレス。 「瀬戸」号・「出雲」号以外の寝台列車へ投入、さらなる「サンライズ・ネットワーク」拡充に期待が掛かります。 この「サンライズエクスプレス」も、その血筋を引き継いで「A寝台個室。 シングルデラックス」が連結されています。 時代は20世紀から21世紀へ。 ブルトレも進化し、「シングルデラックス」のスタイルも大きく進化しました。 このA個室は2階建て付随車の2階部分に位置し、その静寂さは「サンライズエクスプレス」の数ある個室の中でもピカイチ。 「瀬戸」・「出雲」編成にそれぞれ6室が設置され、個室番号21・22・23が禁煙室に、24・25・26番が喫煙室になっています。 特に「禁煙室」は人気が高いので、乗車が決まったら早めに個室寝台券を手配されることをお勧めします。 個室内にはベッド・洗面台・ライティングデスクが機能的に配置されていて、かなりの広さ。 がセットされています。 洗面台は温冷選択が可能。 シンクがやや浅く水ハネしますが、ベーシン周りに余裕があるのであまり気になりません。 デスクはちょっとした書斎のようで、出張移動時にちょっと資料製作を・・・なんて時には重宝しそう。 ここまで大きめのデスクがあると、LAN接続によるネット環境整備に期待が掛かりますね。 空調・照明・音響などのコントロールパネルは全てベッドサイドに集約。 液晶テレビでは「NHK衛星第一」「NHK衛星第二」「WOWWOW」が受信可能です。 テレビ台座は自由自在に可動するので、ベッドに寝ながら衛星放送を楽しむこともできます。 しかし、走行しながらの衛星受信では場所によって受信状態が悪く、することもあります。 A個室利用者には、シャワーカードが1枚とアメニティキットが配布されます。 その内容は一晩の乗車では充分すぎるほどに豊富。 A個室専用のシャワー室が車端部に設置されています。

次の

サンライズ出雲・ソロ下段(上り:大阪→東京)乗車記。短時間移動でもしっかり横になれて眠れるので、シングルより一考の価値あり!

サンライズ 瀬戸 ソロ

B寝台ソロ 1編成あたりの個室数は瀬戸号・出雲号それぞれで20部屋用意されています。 ノビノビ座席を除いた個室では一番安い部屋なので狭さも一番ですが個室ですから最安値で一人になれる空間でもあります。 広さ およそ畳1枚の半分程度の広さです。 ベッドがあるのみで寝るのに必要最小限の設備です。 全室禁煙• 煙探知器あり• ラジオあり• 目覚ましアラームあり• 車内放送スピーカーあり• 4桁設定ドアロック 備品• 寝巻き• スリッパ• 紙コップ シングルとソロの違い ソロについては管理人は利用したことがなく個人的な写真がほとんどありませんので写真に関しては下記サイトを参考にしてください。 部屋の広さ少々違うということがまず挙げられますがそれ以外になにがあるか。 ソロは電動車に作られているため、サンライズが走っている間や加速・減速をする際にモーター音が気になる場合が人によってはあるかもしれません。 その点、シングルの車両にはモーターが付いていないので移動中も比較的静かです。 引用元: シングルとソロで広さが少し違うだけですが致命的な違いはソロは電動車の上にあるということです。 つまりモーター音がうるさくてよく眠れないのではないかということ。 うるさかったり揺れたりなどですぐ寝付けなくなるという人はなとしてもシングルを取るようにするほうがいいでしょう。 シングルのほうがソロより供給部屋数が断然多いのですが、時期にもよるとしてどちらが先に予約で埋まるかというのは一概にいえません。 管理人の経験上シングルを取ろうとしたらいっぱいでソロのほうが空いていたのでキャンセル待ちをすることにしてとりあえずソロを抑えたということはあります。 シングルのほうが部屋数が多いのに先になくなったという経験です。

次の

【サンライズの料金一覧】寝台料金と主な区間の運賃を分かりやすく解説

サンライズ 瀬戸 ソロ

JR西日本285系 寝台特急形電車 -SUNRISE EXPRESS- 寝台特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」 次の時代に向けた、新しい寝台列車のスタイルとして登場した285系寝台特急電車「サンライズエクスプレス」。 個室を中心にした構成で、サロンコーナーやシャワーブースなどのユーティリティも充実させています。 「対航空機」に有利な時間帯を走る「瀬戸」号と「出雲」2・3号がサンライズエクスプレスに置き換わりました。 車内は通路から客室内に至るまで、木の温もりを感じさせる木目調のインテリアで統一されています。 個室の設計には「ミサワホーム」が携わり、JRと住宅メーカーという異業種コラボレーションが実現。 という製品を全面に使用して、まるで新築住宅の一室をそのまま寝台個室にしたかのようです。 「走るシティホテル」を実現化させたサンライズエクスプレス。 「瀬戸」号・「出雲」号以外の寝台列車へ投入、さらなる「サンライズ・ネットワーク」拡充に期待が掛かります。 この「サンライズエクスプレス」も、その血筋を引き継いで「A寝台個室。 シングルデラックス」が連結されています。 時代は20世紀から21世紀へ。 ブルトレも進化し、「シングルデラックス」のスタイルも大きく進化しました。 このA個室は2階建て付随車の2階部分に位置し、その静寂さは「サンライズエクスプレス」の数ある個室の中でもピカイチ。 「瀬戸」・「出雲」編成にそれぞれ6室が設置され、個室番号21・22・23が禁煙室に、24・25・26番が喫煙室になっています。 特に「禁煙室」は人気が高いので、乗車が決まったら早めに個室寝台券を手配されることをお勧めします。 個室内にはベッド・洗面台・ライティングデスクが機能的に配置されていて、かなりの広さ。 がセットされています。 洗面台は温冷選択が可能。 シンクがやや浅く水ハネしますが、ベーシン周りに余裕があるのであまり気になりません。 デスクはちょっとした書斎のようで、出張移動時にちょっと資料製作を・・・なんて時には重宝しそう。 ここまで大きめのデスクがあると、LAN接続によるネット環境整備に期待が掛かりますね。 空調・照明・音響などのコントロールパネルは全てベッドサイドに集約。 液晶テレビでは「NHK衛星第一」「NHK衛星第二」「WOWWOW」が受信可能です。 テレビ台座は自由自在に可動するので、ベッドに寝ながら衛星放送を楽しむこともできます。 しかし、走行しながらの衛星受信では場所によって受信状態が悪く、することもあります。 A個室利用者には、シャワーカードが1枚とアメニティキットが配布されます。 その内容は一晩の乗車では充分すぎるほどに豊富。 A個室専用のシャワー室が車端部に設置されています。

次の