イントレ ピッド アズレン。 コメント/イントレピッド

【アズールレーン】インディペンデンスの評価とスキル/おすすめ装備【アズレン】

イントレ ピッド アズレン

3番艦だが、就役は5番であった• 称「i"I"」• で従軍章()を5個、で5個取得。 にて、上として保存。 の艦載機を、の一隻。 ーーーー・艦船紹介より 所属の。 : 開始の『闇靄払う』にて先行された。 獲得方法としては限定建造でのとなっている。 によりはになっているが、出る出ないは例によって時の運。 決して焦らず資との残量と相談の上で狙おう。 指揮官は星々を眺めるのが好き?あはは、天体観測とかガチの趣味じゃなくてもいいよ。 興味があったらちょっと話そう? の、眼。 共通のを身につけ、なのも長女と共通。 だが、かなりその表情は々しく、とした性格の。 よく見ると、のちかくにはがついている。 として現存している史実もあり、への想いも強い様子。 には当初から較的好意的。 親密度が上がると向こうからに誘ってきたり結構積極的になってくる。 最後には向こうから気持ちを伝えてきたにを丸くすることになるが。 すればが用意されており、に全面的信頼と護する気持ちを寄せてくる。 そんなだが、自身のイザという時の運のさは結構気にしている。 上記の途中ではドジを踏みそうになって、自ら「」の変をつぶやいていた。 寮舎で系モーションの具に乗せると、のようにドスドスと脚を踏み鳴らしながら踊る姿が。 で「ピッド」なるアダ名も一部の間で付けられている。 同時として、着せ替え「恐れなき一投」が販売されている。 の姿で、のモーションを見せている。 なぜかが胸に来ているが…。 このは、までの限定販売なので、買い逃し注意にゃ。 エセックス級は数こそ多いもののみんな特徴がある…え、艦としての性能の特徴以外は?あんまり考えたことがなくて、ちょっと悩ましいな… 1: 自身の攻撃準備了時に、2Cによる特殊攻撃を行うLv. 10 威はによる。 この特殊攻撃が命中した敵・・に装甲破壊効果を与える 同じ種類の効果は最大値のみ適用される 2:ツ・ 自身が所属している艦隊の1・3・5回のでは、自身のが5 15. 0 ;2・4・6回のでは、自身の受けるを4. 5 12. 0 軽減する。 3:恐れなきi I 、を受けたことにより自身の値が最大値の20を下回った場合、下記の効果を一度だけ発動する:間、自身の受けるを15. 0 軽減する;間、自身の受けるが0になる Rの正規であり、あののというだけあって基本的は高い。 3つのは複数回を重ねることを前提として設定されていると思われ、戦よりも防衛艦隊を潰して回る周回艦隊により適合しただと言える。 11年にポート・ズ造船所にて起工。 年に進、年に就役した。 の詳細については、、の記事も参照。 艦名の「トレピッド」とは「勇猛な、大胆不敵な、恐れを知らない」という意味の言葉で、の艦名としては何代にも渡って付けられてきた由緒あるもの。 就役時には、まさに対戦つまりが有利に傾きつつあった状況である。 カリブでの熟訓練を経て、翌年にはいよいよの戦地に身を投じる。 襲に参加。 だが、ここで敵陸攻の攻撃が命中し、いきなりにして大破の憂きを見る羽になった。 珠湾にてを終えたトレピッドはにに参加。 数多くの艦を攻撃で沈める大戦果をの艦と共に上げることになった。 特に、「」の撃沈のきっかけとなった初期攻撃や、「」を行動にした攻撃はこのトレピッドの部隊による戦果だと言われている。 しかし、一方での「」特攻はであり、トレピッドはまでに2度も突入を受けてしまった。 特にには69名が戦死し、大火災が発生するほどのを受けたが、間以内にしてみせるという適切なダメコンによって動系統へのを回避することができた。 翌、いよいよの圧倒的優位の戦況の元、上陸、のに参加。 いわゆる「菊」によるへの上特攻を仕掛けてきた「」を寮艦と共に撃沈している。 しかしの特攻によるの反撃は続き、トレピッドはとに特攻機の突入によって損傷。 これをするために本土へ回航された。 には復帰し、そのままでを迎えることになる。 だが、数多くの戦果を上げた武勲艦でもあり、「i"I"」として讃えられたのもまたである。 後は占領活動のを行った後帰。 その時点での艦としていったん除籍された。 そんなトレピッドに再び出番が巡ってきたのは。 に対応するために復籍の上で装を受け、攻撃(1)と艦番号がめられた。 さらに、には蒸気による発艦、ドとなった飛行甲と面を一新することになった。 代に入ると、艦番号は対潜(-11)となる。 この頃、とのしい競争のなか、トレピッドは船計画の回収役を仰せつかったりもしている。 にはに参加。 、を搭載して上の攻撃軽として活躍した。 に退役し、このまま除籍、として解体され姿を消す…かと思われたが、そのかしい艦歴を留めるべく保存が決まり、のに「トレピッド上」としてされてに至る。 時の戦功で5個、における戦功から5個の従軍章が授与された。 なお、のトレピッドの飛行甲にはの試験機「」が展示されている。 かつて戦をともにした「」と名前を同じくする機体を展示することになるというのも奇妙な縁だと言えるだろう。 関連動画投稿完了、再生も完了~へへ、さすが指揮官、ニコニコは動画あってこそってよく分かってる! 関連静画って難しいの?どうしてもこなせないなら試しに私にも任せてみる? 新しい関連商品…作戦任務の指示かな? しまった、思ったより関連項目が多い……• イントレピッド(アズールレーン)• ・()•

次の

【アズールレーン】イントレピッド 好き⇒ラブ⇒ケッコン&Exボイス【Azur Lane】Intrepid Married

イントレ ピッド アズレン

アズレン雑談スレ - 二次元裏@ふたば [] レス送信モード おなまえ E-mail 題 名 コメント 添付File [ 画像なし] 削除キー 削除用. 英数字で8字以内• 添付可能:GIF,JPG,PNG,WEBM,MP4. 3000KBまで. 現在4460人くらいが見てます. メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます. 政治はだめ. 同人関連のアップロード依頼はだめ. delが閾値を超えるとid表示. 管理人への連絡は へ. 削除依頼は記事番号を押し delを押して下さい. この板の保存数は35000件です. 新しい板:• 748128329 19:43頃消えます アズレン雑談スレ このスレは古いので、もうすぐ消えます。 削除された記事が 1件あります. ichijinsha. 748134085 - 157369 B 和服の美女があっという間にごはんを平らげるという噂があった その噂の発端とも言える光景を目撃した会社員、山本昇 32 はこう語る 「あの店は店長はとても面白い人でね、テレビで見たからって理由で最近大食いチャレンジメニューを出したんですよ トッピングを合わせて総重量7kgのカレーライス、まさに怪物です まぁそんなものだからフードファイターぐらいしか完食するのは無理だろう、って話は常連客でしてたんですよ でもある日ね、和服の女性が店に来たんですよ... 一目でKAN-SENってわかりましたね、尻尾や耳がありましたから でも普段は人間と変わらないって聞いてたから、そんなに食べないだろうなって でもね、彼女は迷うことなくチャレンジメニューを頼んだんです もちろん私を含めてその場の誰もが無理だろう、そう思ってました 結果はご存じの通り、あっという間でしたよ 制限時間を半分残して、デザートに看板メニューの胡麻団子を頼む余力すら残して 人は見かけによらない、ってよくいいますけど... はは、初めてそう思ってしまいましたよ あんな病弱そうな和服美女が、大食いなんですから... 748134676 エンターも... 748135860 - 37837 B 歩く猥褻物といえばもちろんこの人サディアの総旗艦ヴィットリオ・ヴェネトさんだが、そんな彼女がエセックス演習で楽しんでいたときに事件は起こった。 今日もイベントを進める彼女だが何かの拍子にイベント名をタップしてしまい、9という数字が表示されることを発見する。 謎の仕様に訝しむ彼女だがタップするたびに減っていく数字に楽しみを覚え、0までタップすると途端に視界が暗転。 次に目を開けるとそこにはかつての狂犬エセックスが闘志剥き出しでこちらに向かってくるのだった。 困惑するも攻撃を仕掛けられては致し方なし。 当方に迎撃の覚悟あり、サディア帝国のちからをみよ!!とばかりに立ち向かうも5秒で撃沈。 爆風で服を吹き飛ばされた後素っ裸で学園の噴水前に戻された。 その後海軍部に拿捕された彼女は指揮官のもとに送られ、第二の狂犬の餌食になったとのことである。 748136047 フフフ…セックス! 748137445 でもラフィーって控え目に言ってユニオンヤクザうさぎ組のヤクザうさぎ... ヘルプに書いてないよね?

次の

【アズールレーン】リノの評価とおすすめ装備【アズレン】|ゲームエイト

イントレ ピッド アズレン

未検証• 動画 エセックス型の前は、米海軍は1922年のワシントン海軍条約の枠組みのもと、型の空母2隻とボルチモア1隻を建造していました。 日本が1936年1月の第2回ロンドン海軍会議から撤退したため、新しい条約は遅滞なく終了しました。 その時、ルーズベルト大統領は海軍の拡大を倍増させて日本をチェックし、バランスをとる決心をしました。 下院海軍委員会の委員長であるによって促進された米国議会は、1938年5月17日にビンソン法を通過させ、海軍のサイズを20%拡大し、40,000トンの空母を追加しました。 型の航空機の不足にもかかわらず、米軍は緊急の必要性を解決するためにホーネットの竣工に最初に20,000トンを使用し、改良された型の空母、番号CV-9の竣工にさらに20,000トンを使用しました。 エセックス型空母は、型空母の後継機であり、その改善は主に、型空母の欠陥に向けられています。 特に、新しい空母の格納庫と甲板の不足に直面して、カタパルト、迎撃ケーブル、迎撃ネット、吊り上げプラットフォームを強化する必要があります。 同時に、海軍は新しい空母が高速を維持しながら防空火力と防御を強化しなければならないことを要求します。 ヴィンセント法によって承認された2万トンも、条約によって制限された2万3千トンも十分ではありません。 第二次世界大戦の勃発後、海軍条約は直ちに無効になり、エセックス型の設計にはトン数制限がなくなり、米国は直ちに設計プロセスを加速させました。 1940年、最後のエセックス型の標準排水量は27,500トンに達しました。 1940年6月、ルーズベルト大統領の強力な支援を得て、米国議会は艦隊拡張法とブレマートン海洋海軍法を可決し、1940年度に11隻、1941年度に2隻のエセックス型空母を建造する予定でした。 1941年4月28日、エセックス型初の空母エセックスの建造が始まりました。 施工設計・性能データ パールハーバーの事件は、米海軍の運用上の考え方の変革を促進しました。 このとき、米海軍は航空母艦と時代遅れの空母リノの深刻な不足を深く認識していました。 ある期間、太平洋には空母が1つしかありませんでした。 エセックス型の建造をスピードアップするために、米海軍は鋼と鋼板、船上設備、機械、兵装などのさまざまな面で高度な標準化を実施しました。 40mm砲と20mmエリコン砲では、この型の空母の建造期間が大幅に短縮され、数隻の船が完成し、わずか14~16か月で就航しました。 エセックス型の設計能力は80から100機で、このために航空機格納庫と航空甲板が拡張され、航空燃料の搭載量が増加しました。 速度はまだ32. 7ノットの高速に達することができます。 102mmの装甲ベルトはボイラーキャビンの側面の喫水線領域にあり、船の側面で保護された4方向の垂直構造を持ち、底面には三連ボトム保護があり、と比較して弱い魚雷保護の問題を解決しています。 ただし、エセックス型の航空甲板は防御力がなく、後に日本の神風攻撃に直面した場合、一度攻撃すると激しく攻撃されます。 この型の空母の最も優れた成果は、当然のことながら、古典的な空母基地の航空機編成の組み合わせです。 米軍はこれをブレマートン方式と呼んでいます。 組み合わせは伝統的に36機の戦闘機、36機の爆撃機、18機の魚雷爆撃機で構成されています。 戦争中期の典型的な空母基地の航空機は、F6Fヘルキャット、SB2Cヘルダイバー、TBF、そして1944年以降、F4Uです。 各空母に徐々に記載されています。 戦争の後半では、上陸作戦のための空中消火活動任務の増加により、各船は潜水爆撃機と魚雷機の数を減らし、戦闘爆撃機の数を増やしました。 1945年4月のハンコックを例にとると、30機の戦闘機、36機の爆撃機、12機の潜水爆撃機、10機の魚雷機で構成されていました。 戦争中、エセックス型のすべての型の船には、多数の対空砲と多くの新しい電子レーダー装置が装備されていました。 これにより、過重で過密な艦橋が繰り返し発生しました。 さらにエセックス型の設計は竣工中と運用中に絶えず変更されるため、2つの型がまったく同じになることはありません。 ジェット時代の先駆者 米国は、エセックス型の4隻の博物館船、つまりチャールストンの、ニューヨークのイントレピッド、カリフォルニア州のホーネット、およびダークを保持しています。 コーパスクリスティのレキシントン、およびオリスカニがメキシコ湾の人工礁にて爆破しました。 残りは分解用に起工されています。 スペックデータ 排水量 31300トン;36960トン 長さ 265. 船の名前は米海軍に押収された武装したケッチから受け継がれ、後にイントレピッドと名付けられました。 この船は米国海軍で4番目にイントレピッドと名付けられた海軍船であり、第二次世界大戦では船名と一致する卓越した戦闘姿勢を示しました。 興味深いことに、フィアレスは3機目の姉妹として、ある意味でエセックス型で最も不運な子供であり、あまり良くない2つのニックネームさえ持っています。 しかし、恐れを知らないことがエセックス型で卓越した記録を持つ船であることは否定できません。 少しの時間で、戦いの重要な瞬間に、恐れをなくすことが常に最大の戦闘エネルギーに爆発する可能性があります。 設立されたとき、フィアレスとこの型の最初の船であるエセックスは、、、バンカーヒル、と同じ隊に加わり、このゴールデン艦隊のオリジナルの6つの航海シーケンスを形成しました。 その後、フィアレス艦隊はクワジャリンでトラックとの戦いを続けた。 1944年2月17日の夜、日本艦隊が反撃し、TF58防空砲撃を突破しました。 魚雷が大胆不敵な船のテールラインに当たり、ステアリングギアが詰まり、隣接するエンジンルームに水が行き渡りました。 このため、フィアレスは修理のためにサンフランシスコに戻る必要があり、8月までフィリピン海でのトルコ狩猟大会を欠場するまで最前線に戻ることはありませんでした。 レイテの戦い 修理が完了した後、最前線に戻り、戦争史の中で最も輝かしい瞬間であるレイテの戦いを恐れずに先導しました。 2隻の空母を一時的に残したとき、海峡に直面していました現時点では、シブヤン海に位置する残りの2隻の軽空母を主導し、大和、武蔵、などが率いる中央艦隊が第1ラウンドの空襲を開始し、海戦全体を開始しました。 最初の発砲は、大和や武蔵を含む多くの軍艦を作成しました。 続くエンガニオ岬の海戦とベイト艦隊の追跡において、ルイフェンを個人的に負傷させ、千歳を沈めました。 最近の午後には、最初ハルシーの意志から文を受け戦艦の前衛を形成し、この隊をリードし緊急事態が好転し、救助レイテ湾の着陸場の混乱に殺到しました。 使用している場合その後、不敵に来ました冷笑能力は平均的で、1944年10月末から1945年4月初旬にかけて、神風に4回攻撃されました。 そのうちの1機は、フィアレスが修理のためにサンフランシスコに戻ることを強制しました。 第二次世界大戦中に、イントレピットは合計5つのバトルスターと大統領府引用を獲得しました。 乾ドックの大浴場に長期間滞在していて、最前線の戦闘に参加しなかったという理由だけで、バトルスターの数が少ない可能性があります。 しかし、大統領の集合的賞は人々をだますことはありません、そしてこの賞はすべてを証明しました。 イントレピッド海上航空宇宙博物館 乗組員は、船首手段から船首甲板までの船首手段に取り付けられた帆を結びました。 すべての航空機は、可能な限り最高の風抵抗を提供するために、航空甲板の前端に配置されました。 他のすべての積荷は甲板の下の船尾に来ました。 護衛に同行した駆逐艦2隻のスティーブンポッターとステムベルとともに、イントレピッドは2月24日に真珠湾に到着し、3月16日まで一時的に修理されました。 それからサンフランシスコの海港に走り、そこで完全に耐航性があり、戦闘準備ができました。 5月30日、艦長が引き継いだジョセフフランシスボルジャーは空母の指揮をとり、1944年6月にパールハーバーに戻り、エニウェトクに運ばれる予定の19便のフライト集団に搭乗しました。 2隻の駆逐艦と共に任務部隊TF19. 7を結成し、7月4日にマーシャル諸島に到着しました。 フライト集団19が下船した後、イントレピッドは数百人の兵士、船員、海兵隊を受け入れ、その多くは負傷し、船上で初期ケアを受けました。 7月27日 1944年8月29日、USSイントレピッドはTG38. 2に割り当てられました。 航空副海事長官は、9月4日にスタッフと一緒に乗船し、空母の現在の指揮官である艦長ジョセフF. ボルジャーと、将来の作戦について食事について話し合いました。 イントレピッドの2番目の太平洋戦線の配備は2日後に始まりました。 集団18の戦闘機は、日本が占領したパラオ諸島に対して激しい空爆を行いました。 主な標的は日本になかった飛行場、対空砲と海岸のバッテリー9月15日に始まった島々、上のアメリカ上陸を準備するためのものでした。 イントレピッドは以前、任務部隊でこの地域を去っていました。 飛行機は、9月9日と10日にフィリピンの大きな島のミンダナオ島にある日本軍基地に対して作戦を行い、パラオ諸島の防衛を支援することができました。 翌日、標的はビサヤン海の島々の小さな飛行場でした。 9月17日 任務部隊TG38. 2は9月17日に解散し、イントレピッド航空機はペリリュー上陸軍を支援するために飛行しました。 航空支援がもはや必要でなくなったとき、アメリカの攻撃は再びフィリピンに集中しました。 9月21日と22日に、イントレピッドの戦闘機が日本軍が占有するマニラを初めて攻撃しました。 ルソン島の日本の施設も大火事にあったとされます。 偵察機として、ミンドロ島の南西のコロン沖にある、特にタンカーの日本艦隊の大規模な集中報告によると、TG38. 2艦の艦長は、現在再び共同で運用されており、この非常に重要な目標を運搬機械で攻撃することを決定しました。 イントレピッドの航空機は5隻の船の沈没と他の3隻への深刻な被害に関与していました。 9月28日 イントレピッドは、9月28日に捕獲されたサイパン島での給油と給油についての短い立ち寄りの後、10月1日に到達したウリチに向けてコースを設定しました。 一方、機動部隊TG38. 2の指揮官は空母に乗り換え、現在はその主力となっています。 2日後、台風の出現によりイントレピッドは環礁の停泊地から逃げました。 空母は翌日、熱帯性暴風雨をわずかな被害で回避し、フィリピンの日本軍基地への攻撃を続けました。 今回はさらに北で行われました。 TF38全体が10月10日、沖縄の南に突然現れ、翌日爆撃した日本軍を驚かせた。 短い戦闘機集団の次の標的は、18であったフォルモサローカル水上基地で10月12日から14日まで解雇されました。 その後、機動部隊TG38. 2は再びルソン島の標的に向かったとされます。 10月17日 アメリカのレイテ上陸作戦は10月17日に始まり、それに伴いフィリピンに対する日本の防衛計画が発効しました。 10月21日から、イントレピッドの部隊は侵攻地域の空域防衛に参加しました。 2日後、アメリカの潜水艦が大きな日本の協会の到着を報告しました。 これがレイテ湾での海と空の戦いの始まりでした。 TG38. 2は船の迅速な給油から始まり、10月24日に偵察機が日本の北部艦隊との連絡メッセージを引き起こしました。 すべての船はすぐに日本を迎撃するために北に進路を定めました。 提督は10月24日の夕暮れ直前に送ったTF38の最高司令官であるウィリアムF. ハルシーは戦闘機を北向きにジェット機で飛ばし、日本軍はエンガノ岬でそれを識別して攻撃しました。 日本の主な力は、しかし、であったシブヤン海を通じてサンバーナーディーノ海峡通行の南側と攻撃護衛空母群少将によってクリフトン・スプレイグの目の前サマールわずか数隻の駆逐艦で覆われていました。 イントレピッドTG38. 2の他の部隊は、ポーターを全力で支援するために急いでいましたが、日本艦隊は激しい戦闘と数回の敗北の後、サンバーナーディーノストリートで停船し、後退していたため、3時間後に間に合いませんでした。 翌日、空母は再び日本軍を追跡し、巡洋艦を沈めました。 12時52分 同日の朝、午後12時52分まで、2隻の接近する日本零戦がUSSイントレピッドの船尾から約1. 2kmと約13km離れたところで報告されました。 自身の機械の多くが空中にあったので、武装集団は発砲するまで航空機を意深く監視しなければなりませんでした。 したがって、ほんの1分後に、左の戦闘機で空母バッテリーが発砲し始めました。 3km先の水上で爆発しました。 同じ方向でヘルキャットとアベンジャーがボルジャー艦長は火を止めるよう命じた。 一方、右舷射手は射撃を続け、別の日本の航空機を撃墜することができました。 最初に目撃された戦闘機の2機目は、船尾に向かって低く飛んで来て、ヘルキャットを避け、尾のまだ燃えている対空砲からの弾丸のあられを飛び越えました。 それから、1キロの距離で屋根付きの登りに行き、高度150mになり、翼の上で垂れ下がり、12:55にイントレピッドの航空甲板に衝突しました。 あなたの爆弾装甲が弱すぎる航空甲板を貫通し、幸いなことに当時空いていたパイロットラウンジで爆発しました。 それにもかかわらず、空母からの合計32人の海兵が爆弾の爆発現場の近くで甲板上で死亡しました。 右折 指揮官は即座に機動部隊に右折を命じ、イントレピッドの甲板で燃えている燃料が左舷上を流れ、重要なシステムや右舷側の艦橋を侵食しなかったとされます。 消火活動を始めたとき、消防隊は弾薬の爆発の真っ只中に働いていました。 衝突のわずか3分後、男たちは水上100メートルを飛行していた砲塔に他の2つのゼロ戦を発見しました。 右舷の破片は、正確にこの方向に引き寄せられた燃焼甲板の濃い煙によって大部分が覆い隠されていました。 左舷射手はなんとか1. 3km先の最初のマシンを撃ちましたが、2番目のマシンは発射体の下を右と左に素早く曲がっていました。 その後、パイロットは航空機を持ち上げ、翼を倒し、午後12時59分に航空甲板に衝突しました。 運んだ爆弾は格納庫の甲板で爆発しました。 鎮火 駆逐艦の護衛を伴って、USSイントレピッドは緊急修理のために真珠湾に行きましたが、これは12月20日にサンフランシスコのズポイントに到着するための途中降機でした。 2945年2月11日からの試乗は、2月15日にジャイルズE. 艦長によって実施されたボルジャー船長の指揮下にありました。 交換されました。 新しく形成されたフライト集団10は翌日に着陸し、使用可能な状態にあると報告しました。 必要な機動の後、イントレピッドは離陸しましたさらに戦闘機第86飛行隊が搭乗し、オアフ島に輸送しました。 そこでは、空母の艦隊は、に加えており、一緒に置かれたイントレピッド、フランクリンとバターングレート艦船グアムと8隻の駆逐艦でした。 3月13日、船はウルチに到着し、イントレピッドは任務部隊TG58. 4に割り当てられました。 沖縄 30分後、マシンは敵対的であると識別され1機のベティが日本から離脱し、すでに開始された防衛攻撃を突破し始めました。 USSイントレピッドから4. 5kmの巡洋艦の1隻を飛行しました。 そして、約120mの高さで空母上を滑空飛行しました。 すべての防御銃は容赦なく発砲しましたが、攻撃の直前にマシンを撃墜することができました。 落下側からわずか25mのところに沈みました。 燃えている燃料が甲板に飛散し、破片が飛んでいるにもかかわらず、けが人はいませんでした。 停車中の一部の戦闘機にはわずかな損傷しかありませんでした。 しかし、日本軍爆撃機の左舷から発砲した自船は、イントレピッドに近づきすぎて、後部甲板の機関銃で空母を攻撃しました。 船乗りが死亡しました。 3月19日 沖縄に続く数週間、アメリカの船は神風攻撃に繰り返しさらされました。 そのため、4月16日にも、船の大砲によるいくつかの画期的な試みが阻止されました。 しかし、午後1時36分に、日本の機械がなんとか防御ベルトを突破してイントレピッドに到着しました。 航空甲板に当たったところに落ちました。 付属の爆弾が格納庫の甲板で爆発し、そこに大きな穴が開いました。 8人の乗組員と日本軍パイロットが死亡し、1機が行方不明、もう21人が負傷しました。 発生した火災はたったの51分で消えました。 航空甲板の修理作業はすぐに始まり、最初の航空機は約3時間後に再び着陸することができました。 次に、損傷を評価するために、空母を戦闘範囲から戦車ゾーンに指令しました。 それがことが確立されたので、イントレピッド戦闘に介入する唯一の方法は、ウルチに走って修理が不十分で、それから米国西海岸に走った場合、はるかに効率が悪くなります。 ズポイントの埠頭には、労働者の意欲を込めた大きな看板がありました。 6月29日 1962年5月24日、予定された飛行の日、主要船としてイントレピッドを乗せた小さな艦隊が大西洋の指定された着陸範囲にいました。 19:45で、開始アトラスロケットをして7上部に、宇宙飛行士スコットカーペンターが座っていました。 4時間56分後、カプセルは大西洋で水をまきましたが、着陸地点から460キロメートル外れたため、救助艦隊の無線範囲外にありました。 陸上探査機はしばらくしてカプセルの位置を確認でき、イントレピッドに搭載された回収部隊に通知しました。 NASAの職員、医療関係者がいる2つのヘリコプター、その後すぐに、写真家と船上にいるカエルが着陸範囲に飛び込みました。 その間に救命いかだに登っていたカーペンターは、3時間後にようやく迎えに来て、空母に連れて行かれました。 大西洋艦隊 1965年の初めに、イントレピッド隊は、NASAに代わって次の復旧作戦の準備を始めました。 3月中旬、サルベージ艦隊は大西洋の指定された待機位置に行きました。 起動3月23日の朝にケープケネディ、ジェミニ計画の最初の有人カプセル、ジェミニ3機の宇宙飛行士で、ヴァージルのグリソム司令官として、またジョン・ヤングでボード上のパイロットとして使われました。 地球の3つの軌道とほぼ5時間の飛行の後、イントレピッドから約84kmの誤った計算により、帰還カプセルが着陸しました。 救助用ヘリコプターがカプセルの着陸位置に到着して2機の宇宙飛行士を迎えに行くのに、約30分かかりました。 無事に機内に運ばれた後、空母はモリーブラウンの着陸ポッドの位置に向かい、同様にそれを回収しました。 1966年にイントレピッドを太平洋艦隊に編入しました。 空母はベトナム戦争の間に3つの任務を持っていました。 軽戦闘飛行中隊10では、1966年4月4日から1966年11月21日、1967年5月11日から1967年12月30日、および1968年6月4日から1969年2月8日まで、ベトナム沿岸を離れていました。 空母の航空機は南ベトナム上空の迎撃任務のために特に設計されました。 隊とパイロットは、これらの作戦の1つであるA-4スカイホーク9機とA-1スカイレイダー6機で成功しました28秒間隔で開始します。 機械は7分以内に空中にありました。 スカイレイダーの一部は、北ベトナム人に使用されたソビエトのミグ17を撃墜します。 1970年.

次の