愛の中 髭男。 漢字で’愛’という字を中国語にすると?

笑顔がいっぱい 愛中祭 文化的行事

愛の中 髭男

いわゆる「簡体字」というやつですね。 「愛」を略した文字と考えて下さい。 中国大陸で使われる文字です。 台湾では「愛」のまんまです。 漢字としては同じ漢字ですが、ニュアンスはちょっと違うかも知れません。 アメリカ人は家族に対しても「LOVE」を使うのに対し、 日本人はなんとなく「愛」と言われると男女間の恋愛感情を 思い浮かべてしまいがちです。 日中間or中米間でも、同じような微妙な違いがある可能性はあります。 (そもそも日本には「LOVE」に該当する言葉が無かったため、 福沢諭吉が訳する際に「愛」という言葉を使ったのが初めだそうです から、文化の違いから来るニュアンスの違いは避けられないものなの かも知れません) A ベストアンサー まず「愛」というのは、感情・情操・情動の表現語で、日本語でも、意味は実はかなり幅があるということを了解する必要があります。 日本語の「愛」と意味や用法の広がりで同じ単語は、外国語では存在しません。 何か少し違った意味があったり、用法があったり、日本語なら「愛」で表現する場合で、外国語の「愛」では、対応する語は適用できないという場合があります。 こういう言語的事実からしても、「愛は普遍的である」などとも言えなくなります。 以下に幾つかの言語での「愛」に当たるであろうと思う単語を示しますが、こんなに多数の言語を知っている訳がないので、これは辞書等で調べたものです。 また、わたしの持っている辞書は、例えばポーランド語なら、「英語-ポーランド語辞書」と、「ポーランド語-英語辞書」などで、基本的に「英語」を媒介にしています。 英語で愛は、love ですから、love で調べるのですが、love は、動詞と名詞があり、名詞は、「愛」という意味と「愛する者」という大きく二つの意味があります。 動詞か名詞かの区別は辞書で大体間違いなく区別できますが、「愛」なのか「愛する者」なのか、区別が難しいし、また、その言語でも、両方の意味があって、確認できないなどの場合があります。 とまれ: 英語で、love(ラヴ),affection(アフェクション)です。 ラテン語で、amor(アモル)です。 フランス語で、amour(アムール),affection(アフェクション),tendresse(タンドレッス)です。 (tendresse は英語の tenderness に対応しますが、優しさの他に、「愛・情愛」の意味も含みます)。 スペイン語で、amor(アモル),cari[n]o(カリーニョ)です。 (cari[n]o は、「愛情」というような意味ですが、愛には変わりありません。 [n] は、nの上に波形の小さな記号が付いた文字です。 ni[n]o, ni[n]a つまり、ニーニョ、ニーニャの「ニョ」や「ニャ」の子音です。 ニーニョとかニーニャは、小さな男の子、小さな女の子の意味で、定冠詞 el, la を付けると、異常気象現象を表す、エル・ニーニョ、ラ・ニーニャになります)。 イタリア語で、amore(アモーレ)です。 (oの上には、鋭アクセントが付いています。 鋭アクセントというのは、/のように、右上から左下に降りる小さな線を母音の上に付けます。 ドイツ語で、Liebe(リーベ),Lieben(リーベン)です。 Liebe は、英語の love と同様、「愛」と「愛する者」を含んでいます。 また Lieben は、Liebe の複数形ですが、動詞の不定形の名詞化として、ドイツ語では、「愛すること」を意味します)。 オランダ語で、liefde(リーフデ)です。 (liefde も、「愛」と「愛する者」の意味があったはずです)。 スウェーデン語で、karlek(a の上に二つの点[トレマ]が付きます。 ケルレクと読むのだと思います),foralskelse(o の上にトレマ、a の上にもトレマ。 フェルエルスケルセと読むのだと思いますが自信がありません。 スウェーデン語の発音は、昔調べた時の記憶では、そんな複雑なものではなかったはずです)。 デンマーク語で、kaerlighed(ae は、これで一つの文字で、発音記号に出てくるものと同じ形です。 発音はケルリゲドかケルリゲトでしょう。 よく分かりません),elskov(詩での言葉です)。 ノルウェイ語で、kjaerlighet(ae は、スウェーデン語の場合と同様),elsk(エルスクと発音するのかも知れません)。 ポーランド語で、kochanie(コカニー),milosc(ミーウォシュチュ,l は、/を小さくしたような記号を、l の縦棒の真ん中に交差させます。 英語の dark l と呼ばれる音で、その音を表すポーランド語の子音文字です。 また s と c は、それぞれ、上に鋭アクセント記号が付いています。 特殊な音を表すための子音文字です。 「シュチュ」かどうか、確信がありませんが、それに似た音に違いありません。 ポーランド語は、規則的な読み方ができますが、ローマ字で書かれた通りには読みません)。 フィンランド語で、rakkaus(ラッカウス)。 ヘブライ語で、#HBH(アハヴァーハ)。 (#は、アレプという、子音としての音が日本人には聞こえない音を表す子音です。 複数形は、#HBWT(アハヴォート)です)。 アラビア語で、[h]ubb(フッブ)。 ([h] は、喉の奥で出す、アラビア語に固有の子音を表す文字で、h ではないので、[h] と表現しました)。 (これらの言葉は、どれも日本語の「愛」とは意味が違っています。 エロースが一番「愛」に近いと思いますが、エロースは、情動であり、受苦であり、また激しい思いの「愛」です。 神的な愛でもあるでしょうし、情欲でもあるでしょう。 アガペーは、「兄弟愛・隣人愛」というような意味で、新約聖書の用法では、「神と人間」のあいだの愛のことになり、キリスト教文化は、このアガペーを神聖なものとし、最高の愛としましたが、元々は、恋愛とは少し異なる、兄弟姉妹への愛や、慈愛のような愛です。 ピレインは、動詞の不定形で、エロースのように激しくない、普通の「愛」だとも言えます。 「親愛」のような感じです。 ピリアーは、ピレインから派生した名詞で、友人への愛、友愛、友情などの意味ですが、愛情の意味もあります。 友人への愛情とも言えますが、場合によっては、もう少し広い意味にもなるはずです)。 言語の系統説明。 まず印欧語族。 「英語、ドイツ語、オランダ語」は、ゲルマン語の系統です。 「ラテン語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ルーマニア語」は、ラテン語・ロマンス語の系統です。 「スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェイ語」は、ノルド語の系統です。 「ロシア語、ポーランド語」は、スラヴ語の系統です。 「古典ギリシア語」は、ギリシア語の系統です。 フィン語族(または、フィン・ウゴール語族)。 「フィンランド語」はフィン語の系統です。 セム語族。 「アラビア語、ヘブライ語」は、セム語の系統です。 まず「愛」というのは、感情・情操・情動の表現語で、日本語でも、意味は実はかなり幅があるということを了解する必要があります。 日本語の「愛」と意味や用法の広がりで同じ単語は、外国語では存在しません。 何か少し違った意味があったり、用法があったり、日本語なら「愛」で表現する場合で、外国語の「愛」では、対応する語は適用できないという場合があります。 こういう言語的事実からしても、「愛は普遍的である」などとも言えなくなります。 以下に幾つかの言語での「愛」に当たるであろ... Q 中国語を3年勉強している者です。 日本語の「かわいい」と中国語の「可愛」は意味も発音も大変よく似ています。 語源について三通りの可能性が考えられますが、どれが正解でしょうか? 1中国語から日本語になった 2日本語から中国語になった 3偶然似ているだけ 自分なりに調べて考えたことをまとめると: 1について:広辞苑や大辞林を見る限りでは、「かわいい」の語源は「かほはゆし(顔映ゆし)」であるらしく、中国語からの輸入ではない純粋な大和言葉のようです。 したがって1ではなさそうです。 2について:戦前に大量の言葉が日本語から中国語に入りましたが、このような言葉は、ほとんど科学技術・経済・法律などの用語で、日常語の例は比較的少ないようです。 また、可怕や可惜など同じような構造でできている言葉が中国語に多いことを考えると、可愛が日本語から中国語に入った可能性は低そうです。 3について.というわけでやはり偶然というのが答えなのでしょうか?そうだとすれば、日本語が中国語から当て字として漢字だけを借りたのだということになるとおもいます。 周りの中国人の方何人かに伺ってみましたが、一般論として日本語の単語で中国語になった物が相当数存在するということがまず認識されていないようで、この例(「可愛」)についても特に考えてはもらえず、日中共通の単語は全て中国語発だとおっしゃるかたばかりでした。 これは必ずしも正しくはないと思うので、ここで伺ってみることにしました。 上で書いたように自分なりに少しは考えましたが、全く自信がないので、分かる方がいらっしゃったらよろしくお願いいたします。 中国語を3年勉強している者です。 日本語の「かわいい」と中国語の「可愛」は意味も発音も大変よく似ています。 語源について三通りの可能性が考えられますが、どれが正解でしょうか? 1中国語から日本語になった 2日本語から中国語になった 3偶然似ているだけ 自分なりに調べて考えたことをまとめると: 1について:広辞苑や大辞林を見る限りでは、「かわいい」の語源は「かほはゆし(顔映ゆし)」であるらしく、中国語からの輸入ではない純粋な大和言葉のようです。 したがって1ではなさそうです... A ベストアンサー 私はアニメ・キャラクタや漫画やコミック、ハローキティー他の人形類が雑誌に描かれているところに「可愛」がでてくるところをみると、日本の影響を無視してはいけないと思います。 中国大陸が豊かになり、誰でもパソコンや携帯をもつようになってきたのは、この4~5年くらいです。 つまり20世紀中は中国大陸のほとんどの人は、インターネットを通じて日本の情報にもアクセスできませんでした。 実際Windowsも、Win98の頃は中国にビジネス展開した外国企業が英語版を持ち込んでいる数が圧倒的に多く、中国語版WindowsがひろまったのはWindows2000(日米で2000年に発売)からです。 日本の雑誌も前世紀はまだ中国人民には、日常的にほとんど手に入るものではありませんでした。 注目すべきは、それ以前から日本の文化を積極的に取り入れていた台湾と香港です。 90年代後半の哈日族を筆頭に、日本の文化を積極的に取り入れるだけではなく、流行り言葉までもいろいろ真似ていました。 そして台湾と香港は、当時から同じ繁体字圏として、同じ出版社が同じ雑誌を両国で発行・流通させたり、また台湾が字幕付けした日本のアニメを香港がそのまま流すなど、メディアでの交流がかなり深いのが両国です。 香港人も、北京語の並びの漢字の書物は読めるからです。 今世紀にはいり、大陸でも台湾が字幕をつけた日本のアニメやドラマを、簡体字に直さず放映したりしはじめました。 現在では、中国も豊かになり、吹き変えるようになったので台湾の字幕に頼る必要は少なくなりましたが。 また、以前深せんにいましたが、日本のファッション雑誌が、少なくとも5誌くらいは現地語に直され、同じクオリティーで毎月販売されていました(これは日本ではコストが合わなくなった中小の印刷会社が、中国に進出し翻訳も編集も含めてやっていることの影響も大だと思います)。 そこでは可愛は、表紙にも使われていたのを覚えています。 ですので、この15年くらいを追ってみると、日本の影響力は否めません。 問題は「可愛」という文字が存在していたのかどうか、ではなく、キャラクターやかわいい女の子をみて「可愛」と昔から言っていたのかどうか(それこそ文化大革命の前でも)、だと思います。 漢字だけを中国人に聞いても、根拠を説明できなくても紙も印刷も緑茶も箸も中国が最初だという人たちですから、それで話は終わってしまうでしょうね。 台湾人に合う機会があったら、可愛を頻繁に使うようになった時期を聞いてみるといいかもしれません。 私はアニメ・キャラクタや漫画やコミック、ハローキティー他の人形類が雑誌に描かれているところに「可愛」がでてくるところをみると、日本の影響を無視してはいけないと思います。 中国大陸が豊かになり、誰でもパソコンや携帯をもつようになってきたのは、この4~5年くらいです。 つまり20世紀中は中国大陸のほとんどの人は、インターネットを通じて日本の情報にもアクセスできませんでした。 実際Windowsも、Win98の頃は中国にビジネス展開した外国企業が英語版を持ち込んでいる数が圧倒的に多く、中国語版W... Q 明日、小学生の子供の担任の先生に 諸連絡の為 手紙 連絡帳に を書くことになりました。 先生への手紙の文頭はいつもは、『いつもお世話になっております。 』 なのですが 先日、始業式を終え進級に当たり、担任が変わりました。 先生は数年当校に勤務していますが、私とは面識がありません。 着任2日目の先生に『いつも~』と書くのはおかしい気がします。 『初めまして。 これから1年よろしくお願いいたします。 ~の件ですが・・・・・・・』 も 『初めまして』というのも おかしい気がします。 用件のみ書いても良いのですが、1年生のときから担任の先生への諸連絡専用の連絡帳があり、進級しても継続して使用しているので、その先生にだけ 用件のみを書くのも失礼な気がします。 あんまり馴染みのない文面ではありますがw 「一年間よろしくお願いします」は、文末が望ましいです。 どうせ、教師は文頭挨拶は業務として重視しない・・・(うぐぐ、やめろ) したがって、諸連絡の後に、「一年間よろしくお願いします」をお薦めします 「初めまして」は、質問者と新担任の関係の挨拶。 『お世話になっています』は、質問者のご子息を代弁する形状の新担任への挨拶・・・ということになります。 「いつも」が割愛されただけですが、矛盾するようで意味としては大きな齟齬・無礼はない・・と思いますが如何でしょうか? なお、新担任はおそらく去年次にご子息の学年を担当されたスライド型の担任でしょうから、まったく無縁ではないので、『お世話になっています』でも悪意・違和感を感じることはないでしょう もっとも、新担任がスライドしてきた担任ではない場合は、配慮が必要かもしれません。 年次最初の連絡帳のようですから失礼のないような文面を思慮されているのでしょうが、 よほどの余裕がある・文字通り『こだわり』をもっている教師でもない限りは、業務連絡しか気にしないもの・・・らしいです 以上・・・なお、小生の主観が相当入っていますことは寛恕してくださいな 元教員・現役予備校講師です 連絡帳ですか・・・ 小生は小学校教育は無縁なのですが、知己がいますので、そういう話を見聞したことがありますが 「初めまして お世話になっております」がいいでしょう。 あんまり馴染みのない文面ではありますがw 「一年間よろしくお願いします」は、文末が望ましいです。 どうせ、教師は文頭挨拶は業務として重視しない・・・(うぐぐ、やめろ) したがって、諸連絡の後に、「一年間よろしくお願いします」をお薦めします 「初めまして」は、質問者と新担任の関係の挨拶。

次の

愛中理化工業株式会社 (恵那市|ダイカスト業

愛の中 髭男

名古屋西店 の店舗情報 電話番号 所在地 名古屋市西区中小田井2丁目193 ドリームハイツエリカ1F 休日 なし 店舗URL 配達エリア• 愛知県• 名古屋市西区• あし原町• こも原町• 万代町一丁目• 万代町二丁目• 上名古屋一丁目• 上名古屋三丁目• 上名古屋二丁目• 上名古屋四丁目• 上堀越町一丁目• 上堀越町三丁目• 上堀越町二丁目• 上堀越町四丁目• 上小田井一丁目• 上小田井二丁目• 上橋町• 中小田井一丁目• 中小田井三丁目• 中小田井二丁目• 中小田井五丁目• 中小田井四丁目• 中沼町• 丸野一丁目• 丸野二丁目• 二方町• 五才美町• 児玉一丁目• 児玉三丁目• 児玉二丁目• 八筋町• 円明町• 則武新町一丁目• 則武新町三丁目• 則武新町二丁目• 則武新町四丁目• 十方町• 南堀越一丁目• 南堀越二丁目• 南川町• 又穂町一丁目• 又穂町三丁目• 又穂町二丁目• 又穂町五丁目• 又穂町六丁目• 又穂町四丁目• 名塚町• 名塚町一丁目• 名塚町三丁目• 名塚町二丁目• 名塚町五丁目• 名塚町四丁目• 名西一丁目• 名西二丁目• 名駅一丁目• 名駅三丁目• 名駅二丁目• 坂井戸町• 城北町一丁目• 城北町三丁目• 城北町二丁目• 城西一丁目• 城西三丁目• 城西二丁目• 城西五丁目• 城西四丁目• 城西町• 堀端町• 堀越一丁目• 堀越三丁目• 堀越二丁目• 堀越町• 大野木一丁目• 大野木三丁目• 大野木二丁目• 大野木五丁目• 大野木四丁目• 大金町一丁目• 大金町三丁目• 大金町二丁目• 大金町五丁目• 大金町四丁目• 天塚町一丁目• 天塚町三丁目• 天塚町二丁目• 天塚町四丁目• 天神山町• 宝地町• 山木一丁目• 山木二丁目• 山田町大字上小田井• 山田町大字中小田井• 山田町大字大野木• 山田町大字平田• 山田町大字比良• 市場木町• 幅下一丁目• 幅下二丁目• 平中町• 平出町• 庄内通一丁目• 庄内通三丁目• 庄内通二丁目• 庄内通五丁目• 庄内通四丁目• 康生通一丁目• 康生通二丁目• 押切一丁目• 押切二丁目• 数寄屋町• 新木町• 新福寺町一丁目• 新福寺町二丁目• 新道一丁目• 新道二丁目• 木前町• 東岸町二丁目• 枇杷島一丁目• 枇杷島三丁目• 枇杷島二丁目• 枇杷島五丁目• 枇杷島四丁目• 枇杷島町• 栄生一丁目• 栄生三丁目• 栄生二丁目• 桝形町一丁目• 樋の口町• 歌里町• 比良一丁目• 比良三丁目• 比良二丁目• 比良四丁目• 江向町一丁目• 江向町三丁目• 江向町二丁目• 江向町五丁目• 江向町六丁目• 江向町四丁目• 浄心一丁目• 浄心二丁目• 浄心本通三丁目• 浅間一丁目• 浅間二丁目• 浮野町• 清里町• 牛島町• 玉池町• 田幡町• 砂原町• 秩父通一丁目• 秩父通二丁目• 稲生町• 稲生町一丁目• 稲生町七丁目• 稲生町三丁目• 稲生町二丁目• 稲生町五丁目• 稲生町六丁目• 稲生町四丁目• 笠取町一丁目• 笠取町三丁目• 笠取町二丁目• 笠取町四丁目• 笹塚町一丁目• 笹塚町二丁目• 花の木一丁目• 花の木三丁目• 花の木二丁目• 花原町• 菊井一丁目• 菊井二丁目• 西原町• 西志賀町• 見寄町• 貝田町一丁目• 貝田町二丁目• 貴生町• 赤城町• 那古野一丁目• 那古野二丁目• 野南町• 長先町• 香呑町一丁目• 香呑町三丁目• 香呑町二丁目• 香呑町五丁目• 香呑町六丁目• 香呑町四丁目• 鳥見町一丁目• 鳥見町三丁目• 鳥見町二丁目• 鳥見町四丁目.

次の

愛中理化工業株式会社 (恵那市|ダイカスト業

愛の中 髭男

9月29日 金 30日 土 の2日間、愛中祭・文化的行事が開催されました。 今年のテーマは「愛中Story ~message for you~」です。 第1日目。 講堂での吹奏楽部の演奏でスタートです。 高校部員も加わり、華やかなジャズを聴くことができました。 続いては「愛中生の主張」弁論大会の決勝です。 予選を勝ち抜いた9名の弁士が熱弁を振るいました。 「Hello everyone」のタイトルで、自分の経験から広く海外の人との交流が大切であることを訴えた3年生の丹羽琳子さんが優勝。 しかし、他の弁士の主張もみな素晴らしいものでした。 続いては元気いっぱい、ダンス部の演技です。 はじける動きで、観客を楽しませました。 講堂企画のあとはいよいよ各学級ごとに準備をしてきた「クラス企画」です。 テーマは1年生が「遊び」2年生は「偉人」3年生は「芸術」です。 来場者が楽しんで、笑顔いっぱいで帰ることができるように、調べたことを展示物に表したり、クイズやゲーム形式で体験したりできるように工夫しました。 どんなメッセージが来場者に伝わったでしょうか。 第2体育館では教科展示が行われました。 これまでの学習で製作してきた作品や夏休み中に取り組んだ自由研究の作品が展示されました。 美術や家庭科の作品はとても丁寧に作られているものや、デザインに優れたものが目立ちました。 また体育館には先日行われた体育的行事で学級のシンボルとなった「学級旗」も展示されました。 来場者の投票によって優秀賞が決まる予定です。 第2日目は講堂での演劇部の公演からスタートです。 今年のタイトルは「ウルトラQ」ウルトラ高校生クイズに参加する3人の女子高生を中心に、コミカルな演技の中で話が進みました。 場内からは笑い声や出演者を応援する声がたくさん聞こえました。 また有志出演で「民謡」と「フラダンス」も披露されました。 もちろんクラス企画もさらに充実。 そして人気だったのがPTAの方たちによる「ママカフェ」(PTA喫茶)です。 おいしいカレーや飲み物がどんどん売れていました。 特に2日目は土曜日でもあり、一般公開日でもありましたのでとてもたくさんの入場者がありました。 楽しんでいただけましたでしょうか。 多くの人に来ていただき、生徒たちも充実感を味わうことができました。 入場ゲート 演劇部制作• 多くの来場者• 吹奏楽部からスタート• 愛中生の主張 弁論大会• 元気いっぱいダンス部• 来場者も体験 クラス企画• 美術作品と学級旗• 熱演 演劇部.

次の