タキオン 粒子。 タキオン粒子

「タイムトラベルの物理学」理論的には可能か。哲学的未来と過去

タキオン 粒子

>>>光よりも早く動くもの タキオンという光よりも速く動く粒子 では、光よりも速く動くものは存在しないとしています。 しかし、1967年にアメリカの物理学者であるジェラルド・ファインバーグは光よりも速い粒子の存在を予言しています。 それが「 タキオン 」です。 ギリシア語で速いといった意味のタキスという言葉が由来となっていますが、このタキオンという粒子はどういったものなのでしょう。 まぁ、実際にその存在が見つかったわけではなく、あくまで予言。 理論的にはありうるといったことです。 タキオンは光よりも速く動くことが可能です。 しかし、なぜそれが相対性理論と矛盾しないのか? 相対性理論では「 物体が加速した場合、その物体は光の速度を超えることはできない 」としています。 つまり、止まっているものや光よりも遅い速度で動いていたものが、加速しても光の速度を超えることはできないということ。 では、最初から光の速度以上で動いているものであればどうなのか?これは、相対性理論と矛盾しないというわけです。 ジェラルド・ファインバーグの予言するタキオンの速度は加速も減速もしますが、光の速度を下回ることはありません。 どんなに減速しても光よりも速い速度で動いてしまうということです。 また、タキオンの性質としては、エネルギーを与えると減速するといいます。 普通と逆ですね。 エネルギーを与えると普通は加速しますが、タキオンの場合は逆であるはず・・・とのこと。 タキオンが実在するならば、理論的にそうなるはず・・・ってことです。 さて、このタキオンがもし発見されたらどうなるでしょう。 もちろん粒子なので人がそれに乗り込むなんてことは出来ません。 しかし、その性質にもよりますが通信などの分野で生かせる可能性があります。 相対性理論では、速く動くものの時間は遅れるとされています。 これが、光の速度をも超える・・・。 仮にタキオンが光の10倍の速度を出すことができたとしたら、映画などに出てくる過去の自分への警告をメールで送るなんてことも実現可能になるのかもしれません・・・。

次の

タキオン

タキオン 粒子

タキオンエネルギーとは: タキオンエネルギーは高速に動く意識のエネルギーです。 宇宙から宇宙へと移動するタキオンは、自分自身の内なる世界、そして人間としての世界。 この住んでいる世界、そして高次元の世界の私達に新しい世界への扉を開いてくれます。 人は常に自分自身の魂に近づき、この世界における可能性を完全に表現しながら 生きていくことを求めてきました。 タキオンは自分自身を、そして自分の世界、自分の 住む世界を発見する道を共に進む仲間となる存在です。 タキオンは意識、助けを求めるとそれを理解し、認識する意識を持つエネルギーです。 この時代、変化を促すため、そして私達の存在の基本的な疑問に答えるために魂の構造が エネルギーのノット(結び目)を解かなければならないことがよくあります。 タキオンはそれをサポートし、総体的な健康へと導くエネルギーです。 タキオンエネルギーとは 宇宙のシンフォニーのようなものあると考えてみてください。 とても、とても古く、どんな生物でも知っている音楽です。 幾つかの宇宙の生物が地球に転生することになりました。 彼らが人間として、3次元に制限された世界で星空を見つめた時、 何か懐かしいような感情が湧きあがります。 長い間親しんできた、宇宙のメロディ、宇宙のシンフォニーの記憶が奥深くに眠っているのです。 こうしてそこに莫大な量のエネルギーがあることを思い出す人もいるかもしれません。 そのエネルギーはこの3次元的なものではないからです。 それをタキオンエネルギーと名付けた人がいました。 タキオンとはサトルエネルギー、非常に微細なエネルギーです。 1964年、アメリカの物理学者Gerald Feinberg(ジェラルド・フェインバーグ)氏は初めて このタキオンの存在について予言をしています。 彼はこの仮説上のエネルギーを密集する性質のない粒子と定義し、ギリシャ語のtachys(速い)と ion(さまよう)からタキオンという名前を選びました。 これは光の速度よりも速く移動するエネルギーを定義したものです。 最新の科学的な定義によると、タキオンは私達の周囲に存在するフリーエネルギーの1種であり、 絶え間なく物質に浸透している空間エネルギーです。 チャネリングを通じたスピリチュアルな定義によると、タキオンは独自の意識を持ち、宇宙の情報を 保っているとされています。 非常に高速であり瞬時に場所から場所へと移動するため、偏在する エネルギーと考えられ、また非常に質の高いスピリチュアルなエネルギーとして知られています。 1996年、マルティーナ・ボシュニックとトミー・ソームセンはヨーロッパで初めてタキオンエネルギーを 引きつけ集めるタキオン製品を開発しました。 1999年、このドイツにおけるハンドメイドのタキオン製品が国際的にマテリア・タキオン・インコグニア (Materia Tachyon Incognita)として知られるようになりました。 タキオン製品について 様々な名前で呼ばれてきたこのタキオンエネルギーは歴史のはじまりから常に人類と共にあり、 宗教的な儀式やヒーリングに使用されてきました。 しかし歴史のある時点でこのタキオンのエネルギーを取り入れ使う知識や能力が忘れ去られ、失われてしまいました。 高次元からの導きにより新しい方法でこのエネルギーとアクセスする方法を学びました。 この機械は1994年にチャネリングによって得た情報に基づき作られたTequencer IIという機械を使用することにより 原料の分子構造を変化させ、ガラスやシルク、金属、木、そしてゴムまでをタキオンのアンテナと変える事が 出来るようになりました。 この機械は人間の精神的な状態に左右されることが無い為、製作者の個人的な問題が 製品に反映されることはありません。 加工が終了したMateria Tachyon Incognita製品はタキオンエネルギーを引きつけ、 集中させる能力を保っています。 その製品の周りにはタキオンエネルギーが構築され続けることになります。 他のタキオン製品と異なるのはMateria Tachyon Incognitaはエネルギーの流れの 方向性を特定しないということです。 タキオンの場がそれを使う人との交流がさらに深まるのです。 その製品を通じて簡単にタキオンのエネルギーが伝わってくるのです。 マテリア・タキオンはドイツのハンドメイドのタキオン製品です。 世界でも質の高いタキオンとして知られ、様々なエネルギー・ワークに活用されています。 マテリア・タキオン製品の用途は様々です。 ・ ペンダントとして ・ ポケットに入れて ・ 部屋の水道や電気製品の波動を高める磁場を改善する ・ 瞑想に使用する ・ 身体や感情、その他全てのエネルギーの状態の調和をとる ・ セラピー用 ・ エネルギーワークのサポート用に タキオン製品は人、動物、植物の全てのレベルの体を活性化します。 他のエネルギーと異なるのは、タキオンは否定的な要素が含まれていないと言うことです。 タキオンは二極性ではないので、地球上の物資や二元性の中に一般的に存在するものではありません。 だからこそ、タキオンの力を借りることによって様々なことが可能になるのです。 タキオンには肉体レベルにおけるバランス調整とサポートの効果があり、使用することによって自分自身の 長期的な可能性とつながる事が出来ます。 その為、タキオン製品は個人の幸せ、精神、身体、そして魂の調和を促す役目を果たします。 タキオン製品は使う人の必要性に応じて反応を示し、その人個人に必要な時期に、必要な方法で 必要な量のエネルギーを提供してくれます。 つまり、タキオンが最も必要とされるところに集まると言うことです。 細胞に刻まれた原始の青写真、その細胞の全ての可能性を含めた計画を思い出させます。 全ての段階での意識を拡大させる為に役立つ素晴らしいツールとなります。 タキオンは魂、スピリチュアルなレベルで積極的な創造の一部であることを思い起こさせ、ハイヤーセルフ、 そして宇宙の集合意識とさえもつなげる助けとなるものです。 ただ、私達の必要、段階に応じてその効果を持たせることによって、またタキオンと共にエネルギーワークを することによって実際にそれが起こるのです。 それを「タキオン」に求めることによって、それに到達する為の自分自身の道を見つけ、自分自身の魂の道を進み、 自分自身の奥深くに埋められた個人の隠された知識へと導かれることになります。 ただ、タキオンは一つのエネルギーツールであり、万能な治療法ということではありません。 実際に全てに効く治療というものはなく、それぞれの効果をもつ様々な治療が存在しています。 また特定の意図をもってタキオンを使用すると、より効果が明確になります。 意識のシナリオ タキオンは意識をもつエネルギーであることは明記しました。 でも良く考えてみると、無意識で精神性を持たないエネルギーなど存在しないのです。 そうですね? スピリチュアルな概念では全てに意識があることになっていて、無意識なものなど存在しない・・・ ただ意識の程度が異なるだけなのです。 別の視点で見てみましょう。 地球上で目に見えるもの、動物、植物、石、電気機器、機械、また人間も全て物質によって 構成されています。 物理学者も全ての元となるものはエネルギーであると言っています。 エネルギーとはある種の情報であり、様々な原則を表現するものです。 その原則とはその方向性を決めるシナリオ、脚本です。 前述のように、タキオンエネルギーとは特殊な意識をもっていて、自分が何をしているか認識しています。 一見、SF映画から出てきたうそのような話に聞こえるかもしれません。 椅子を例として考えてみましょう。 あなたが今座っている椅子もエネルギーだけでできていて、その椅子はただ、椅子としての役目を 果たすという「脚本」に従ってその行動を認識しているということです。 これでもっと論理的に理解できましたか? タキオン:無限のフリーエネルギー タキオンという言葉は比較的新しいものですが、人間が歴史の中で活用してきたものであり、 その効果は期待できそうです。 100年以上前にニコラ・テレサが働きかけたのがこのタキオンだという人もいます。 彼はフリーエネルギーを電気に変え、この世界で誰もが使うことのできるものにしたと言われています。 それがタキオンであろうと無かろうと、私達は彼がある種のフリーエネルギーを使ったのだと確信しています。 現在でも物理的、実践的な方法でフリーエネルギーを使用しようという試みは多くなされています。 車や電灯、また冷暖房のためのエネルギーを環境に優しく、尽きることのない新しいエネルギーに代替しようと 多くの人が夢見ています。 破壊されること無く、無限に存在する、それはフリーエネルギーの特徴です。 タキオンエネルギーは抗タキオンエネルギーが存在しないことから、中立的なエネルギーといえます。 この中立性を保ちながら、エネルギーについての新しい考え方を象徴し、私達人間に新しい知識を与えてくれます。 タキオンエネルギーが人や物に与える影響とは? どんなものであっても、構造機能に障害があったり、電磁場の影響を受けたりすることによって 金属やその物質自体に問題が生じることがよくあります。 人間の身体で言えば、精神的な障害が実際の病気として身体に現れたりすることもあります。 人間の身体と同じように、物や製品、エンジン、その他の生き物などが最適な状態で 機能しないこともよくあります。 私達の観念的な思考能力ではそのようなものがさらにより完全に物事や人、機械やエンジンの 可能性を完全に実現する、最適化できるということを認識することもできないのです。 タキオンは変革、情報、照明のマスターであり、そのタキオンエネルギーを集約するアンテナ(製品)を 通して肉体、またエネルギー体の全てのバランスを整え、安定させることによってスピリチュアルな成長を促します。 タキオンはまた、タキオンに関わった物事に対して豊かになる、最適化する、可能性を 完全に開花する能力を「感染」させる働きがあります。 タキオンは何のために使ったのか、善悪を判断することはありません。 人の考え、目的がそのままタキオンの意識となるからです。 人の身体にタキオンを使うと、最も必要な部位にエネルギーが移動します。 その部位の細胞にその細胞の完全な可能性を含んでいる元来の青写真を思い出させます。 そしてタキオンエネルギーは本人の許可(それが潜在的なものであっても)があれば、 その細胞の最適化を促すことによってその自己治癒能力、また自己再生能力を活性化するのです。 タキオンエネルギーを使うということは、素晴らしいスピリチュアルなテクニックを身につけた様なもので、 自分自身、自分が何を必要としているか、また自分には何か可能で、何を解放したいのかを 知れば知るほど、タキオンエネルギーは深く、効果的に働くことになります。 タキオンに効果があるのかどうかを疑っている時には効果がありません。 タキオンは効果があることをあなたに説得する役目は担いませんし、 またそれはある種のコントロールになります。 タキオン製品はインタラクティブ(相互作用的)であり、二極化していないため、使う人の エネルギーレベルに合わせてその全体の機能をサポートする働きのみがあり、あなたを操ることはありません。 使用方法: 各製品ごとに基本的な違いを説明しているものはありますが、これをすべきである、これで全てが治る というような説明はありません。 人は誰でも違う存在であり、誰でもその人生の為の個人的な計画があり、タキオンは 一人ひとりに対してサポートを行ないます。 タキオンエネルギーは豊かさという宇宙のメロディに合わせて一人ひとりが様々な存在となるように、 新しい側面を与え、肉体、魂レベルでのサポートをするためにインタラクティブなエネルギーの動きを作り出します。 上記は理論的なものですが、実際に日常生活に取り入れることができる製品です。 自己治癒力を高める、また他人の感情から自分を守る、 また軒下に置いて水の波動を高めることができます。 遠隔ヒーリングやオーラヒーリング、感情を解放するワークをしているのであれば、 エネルギー的にサポートしてくれるツールとなります。 タキオンは様々な世界や次元との間のメッセンジャーであり、人生の計画の全てにおいて サポートをしてくれます。

次の

素粒子って一体どんなものなんだ?! ~簡単に解説してみたよ~

タキオン 粒子

はじめに この世界は一体どんなもので出来ているのでしょう。 大昔からこのような疑問はずっとありました。 ある昔の偉い哲学者が言いました。 「この世界のあらゆるモノは地・水・火・風の4つの要素で出来ているのだ!」 実際そんなわけないのですが、これが形を変えて発展していって現在の科学に至るわけです。 なので、実はコレとっても偉大な考えなのです。 さて、 これが脈々と受け継がれて発展していった現在の科学では、この世界は一体ナニで出来ていると考えられているのでしょうか。 それは… 「素粒子」です。 素粒子とは、物質を細かくバラしていったときに最終的に行き着くめちゃめちゃ小さい粒々のことです。 その大きさはまだはっきりとは解明されていないのですが、少なくとも0. 0000000000000000001mm以下と言われています。 もう、 めちゃめちゃ小さいです。 この素粒子には大きく分けて 「物質を作る素粒子」「力を伝える素粒子」「質量を与える素粒子」の3種類の特徴を持つグループがあります。 それでは、それぞれ簡単に解説していきます。 物質を作る素粒子のグループ「フェルミ粒子」 中学や高校の化学で、「この世のあらゆるモノは、全て原子からできている」と教わったことがありませんか? しかしその原子自身は 物質を作る素粒子で出来ているので、正確には間違いなのです。 ここから少しややこしいのですが、頑張ってついてきてください。 物質を作る素粒子はフェルミ粒子と呼ばれるグループです。 このフェルミ粒子の中でも、クォークというグループとレプトンというグループに分かれます。 クォークとレプトンにはそれぞれ6種類の素粒子があります。 図にまとめるとこんな感じです。 ちょっとわかりにくいと思うので、ヒトを例に素粒子まで分解してみましょう。 この原子が最終的に行き着く最小要素ではなく、これは原子核とその周りを電子が飛んでいる構造をしています。 この電子こそが、レプトン族の素粒子なのです。 今回はヒトで例えてみましたが、実は机でもペンでも肉でも水でもスマホでも…目に見えるようなモノは全て素粒子で出来ているのです。 つまり、この世のあらゆる全てのモノは… 上の図にあるたった数種類の素粒子で出来ているのです。 力を伝える素粒子のグループ「ゲージ粒子」 さて、この世の全ての「モノ」は素粒子で出来ていることがわかりました。 さらに、素粒子はこの世のあらゆる全ての 「力」も伝えているのです。 力を伝えるこの素粒子のグループを、 ゲージ粒子と呼びます。 この世界にはいろんな種類の力があるように思いますが、実はたったの「 4種類」しかないのです。 この記事では詳細は省きますが、4つの力についての解説記事も今後書く予定です その4種類の力とは、 「電磁気力」「強い力」「弱い力」「重力」 の4つです。 それでは、それぞれの力を伝える素粒子を紹介していきます。 電磁気力を伝える「フォトン」 電磁気力とは、電気の力と磁力の総称です。 この力を伝えるのが 「フォトン」という素粒子なのです。 ちなみに日本語では光子とも言います。 (こうしです。 みつこではありません。 ) 目に見えているような光はフォトンによって伝えられています。 もしフォトンが無ければこの世に光は無かったでしょう…。 また電磁気力というのは実はあらゆる力の正体なのですが、今回は深くは触れません…。 強い力を伝える「グルーオン」 強い力というのは、 原子核の中性子と陽子をくっつける力の事です。 少しイメージしづらいですが、この力を伝えるのが 「グルーオン」という素粒子なのです。 もしこのグルーオンがなければ原子核はバラバラになってしまって、当然私たちの体もバラバラになってしまいます…。 ちなみにこの「強い力」の由来は、上の電磁気力と比べて力が大きいことから名づけられたようです。 弱い力を伝える「Wボソン、Zボソン」 弱い力というのは特になじみのない力ですが、放射性物質がベータ崩壊という核分裂をした際に出てくる力のことを言います。 この弱い力を伝えるのが 「Wボソン」や 「Zボソン」という素粒子なのです。 Wボソンが出てくる時の図解です。 また「弱い力」の由来も、同じく電磁気力と比べて力が小さいことから名づけられたようです。 重力を伝える「グラビトン」 私たちは地球の中心に引っ張られています。 これは地球の重力によるもので、この力を伝えるのは 「グラビトン」という素粒子であると言われています。 ただこのグラビトン、理論的にはその存在は予言されているのですが、実験などで直接観測されたことが未だないので実は 未発見の素粒子なのです。 発見されてないのに、他の素粒子と一緒に紹介しちゃっていいのか?!という意見もきっとあると思いますが、 実は科学の世界 特に物理学の分野 では、発見されるよりも先に 「こういうモノがもしあったとしたら、色々上手く説明ができるよ!じゃあ、きっとそのうち見つかるんじゃないかな?!」 という話し合いがされた後に、実際に観測されて 「ほらね!言った通り本当にあったでしょ!?」というケースが本当によくあるのです。 質量を与える素粒子「ヒッグス粒子」 質量とは、あるモノの持っている量のことです。 日常的には重さと言ったりもします。 1Lのペットボトルの水は1000gという質量、1円玉は1gという質量、ちなみに私は63kgという質量を持っています。 2015年12月現在の値 そしてこれらのモノは、今まで説明してきた素粒子で出来ていることもわかりました。 ただしかし、ここまで紹介してきた素粒子自体は質量を持たないと考えられています。 とはいえ私たちの身の回りに、質量のない物質なんてほぼありません。 これを矛盾なく説明するにはどうしたらよいのでしょうか…? ここで ある科学者は、 あらゆる 素粒子に質量を与える素粒子があればいいのではないかと考えました。 これこそが 「ヒッグス粒子」という素粒子です。 ヒッグス粒子がどうやって質量を与えるの? まず、人ごみの中をまっすぐ進もうとすることを想像してみてください。 次に、大きい荷物を持って同じ人ごみを進もうとするところを想像してみてください。 当然荷物を持っている方が進みづらいはずです。 質量の大きさとは、このこの進みずらさの度合いにあたると例えられます。 つまり、この「人ごみ一人一人」がヒッグス粒子にあたります。 このヒッグス粒子は私たちの身の回りに当たり前にあります。 それなのに、空気の様に目に見えず耳に聞こえず、とにかく探すことがとっても難しかったので、ここ最近になるまで発見されなかったのです。 素粒子に質量を与える不思議な素粒子、ヒッグス粒子はその偉大さから 「神の粒子」と呼ばれたりもします。 もし物体に質量が無ければどうなるのでしょうか。 なんと、 すべてのモノが光の速さで勝手に飛び回ってしまうのです。 それは当然私たちの体も例外ではありません。 ヒッグス粒子が無ければ私たちは光速で飛び回ってしまうのです。 神のヒッグス粒子様に感謝ですね ? 標準理論 これまで紹介してきたような素粒子の振る舞いを説明するモデルを、 標準理論と言います。 これに登場する素粒子をまとめてみました。 ただ実はこの理論では、3種類のニュートリノは質量を持たないことを前提としていました。 今年のノーベル物理学賞の受賞理由となった東京大学の梶田隆章先生のニュートリノ振動は、ニュートリノが質量を持つという発見でした。 ということはつまり「 この標準理論、ちょっと直さないといけなくない?!」ということになってしまい、大ニュースになったわけなのです。 また、簡単にニュートリノの説明をした記事を以前書いたのでも良ければ読んでみてください。 まとめ 今回は素粒子に関する内容という事で、ちょっと普段の生活の範囲では想像するのも難しいような話だったのではないかと思います。 この素粒子のことがわかるとどうなるの?という疑問をもつ人もいると思うので、ちょっとわくわくするような話があります。 宇宙は昔からずっと膨張し続けていることは知られています。 でもこのこ とは裏を返すと、昔にさかのぼれば次第に収縮していって、最終的には 宇宙が素粒子サイズだった頃まで行き着くことになります。 今のところ、宇宙のはじまりを正確に説明する事はできていません。 ただ、もしかしたらこういった研究が進むことで人類最大の疑問の解決の糸口になる可能性を秘めているのです…! ロマンあふれる素粒子の世界…。 改めまして、KOTOと申します。 こちらの記事はいかがだったでしょうか? 素粒子についての不思議が少しでもお伝えできていたら、とても嬉しいです。 私は「理科の面白さ」をたくさんの人に伝えようと、大学生の頃からブログを書いています。 ひとつのステキなご縁ですね。 このサイトでは、不定期で記事を更新しています。 もしよろしければ、またお読みいただけたら嬉しいです。 更新情報はTwitterにてお知らせしています。 またこちらのTwitterでは、 と称した理科雑学を発信しています。 だいたい19時前後に、平日は毎日投稿しています! 何かのご縁ですので、ぜひフォローしてみてくださいね。 よければ気軽にコメントやDMで感想も聞かせてください。

次の