腰 が 痛い とき の 対処 法。 つらい腰痛〜腰が痛い時の対処法は?

右の腰だけ痛い!腰痛が右側だけに起こる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

腰 が 痛い とき の 対処 法

腰は常に重い体を支えており、日常的によく使う場所でもあるため痛みが起こりやすい場所です。 重いものを持ったとき、腰をひねったときに激痛が走った• 病院に行くほどではないが、腰になんとなく重苦しい痛みがある• 腰痛のほかに腰やおしり、足にビリビリとしびれる感覚がでてきた このような場合、原因として考えられることにはどのようなものがあるのでしょうか。 病気やケガによる腰痛 腰痛は何らかの病気やケガが原因となって起こっている場合もあります。 動いたり・歩いたりしたときに腰が痛む病気 体を動かすときや歩くときに腰痛が現れる場合には、主に以下のような病気が考えられます。 急性腰痛症 急性腰痛症は、重いものを持ち上げた時などに突然腰が痛くなる状態のことで、と呼ばれることもあります。 多くは腰回りの強い痛みだけが続き、徐々に痛みが軽くなっていくものですが、場合によっては痛みが強くなったり、ときには発熱することもあります。 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎 ようつい とは背骨の腰の部分を構成している5つの骨のことで、骨と骨の間に 椎間板 ついかんばん というクッションの役割を果たす軟骨があります。 この椎間板が何らかの原因によって正常の位置から外れて、後方の脊髄や神経根( 脊髄 せきずい からでる神経線維)を圧迫する病気のことをといいます。 になると、多くの場合、腰痛のほかにおしりから足にかけて痛みやしびれが現れます。 まれに尿が出にくくなる、便が出にくくなるが起こることもあります。 腰部変形性脊椎症 腰部 ようぶへんけいせいせきついしょう は、主に加齢によって椎間板や腰椎自体が変形した状態をいいます。 変形するだけでは無症状であることが多いのですが、変形が進むと神経が圧迫され、腰痛や背中の痛み、足の痛み・しびれが現れることもあります。 腰痛が症状の一つとして現れる体の病気 腰痛は腰の病気によるものだけでなく、泌尿器の病気や消化器の病気、婦人科の病気、血管の病気、皮膚の病気などでも起こることがあります。 泌尿器の病気 腰痛が起こりやすい泌尿器の病気には、腎臓や尿管、 膀胱 ぼうこう 、尿道などに石ができる、膀胱に細菌が侵入して炎症が起こる、腎臓の中で尿が集まる 腎盂 じんう に細菌が付着して炎症が起こるなどがあります。 症状としては腰痛のほかに、なら激しい排尿痛や血尿、吐き気、なら排尿痛や血尿、頻尿、なら発熱や寒気が生じることもあります。 強い痛みや発熱がみられるときには、早期の治療が必要なこともありますので早めの受診を検討しましょう。 婦人科の病気 女性で激しい腰痛がある場合、卵巣が腫れる らんそうのうしゅ 、卵巣が捻じれる 卵巣捻転 らんそうねんてん 、受精卵が子宮内膜以外の場所に着床するなどの病気が考えられます。 卵巣捻転はによって起こることが多く、になっただけでは自覚症状はほとんどありませんが、卵巣捻転を起こすと激しい下腹部の痛みや腰痛が現れます。 また、痛みによる吐き気・嘔吐がみられることもあります。 においては、初期では無症状または下腹部の痛みが現れるのが一般的ですが、胎児(胚)が発育すると周囲の組織を破って出血を起こします。 このような婦人科の病気は急を要することが多く、場合によっては命に関わることもあるため、女性で激しい腰痛があれば早急に救急病院の受診がすすめられます。 血管の病気 ふくぶだいどうみゃくりゅう や 腹部大動脈解離 ふくぶだいどうみゃくかいり といった血管に関係する病気でも、腰痛が症状の一つとして現れる場合があります。 はお腹に流れる大きな動脈に 瘤 こぶ ができる病気で、腹部大動脈解離はその動脈の壁が裂ける病気です。 では自覚症状がないことが多く、瘤の破裂が差し迫ったときに腹痛や腰痛が生じることがあります。 また、破裂すると大量出血を伴うこともあります。 腹部大動脈解離では胸や背中、腰を中心とする激しい痛みが現れるのが一般的です。 このような血管の病気は、放置すると命に関わることが少なくありません。 そのため、男女を問わず、激しい腰痛があれば早急に救急病院を受診しましょう。 受診の目安とポイント 激しい腰痛は早急な治療が必要な病気が関係していることも多く、早急な受診が必要です。 また、軽い腰痛でも続いていたり、ほかに症状が伴うような場合には、一度病院へ受診することを考えましょう。 病気によって受診科目は異なりますが、どこに原因があるのか自分で目安をつけることは難しい場合が多いでしょう。 腰痛が主な症状である場合にはまず整形外科でよいでしょう。 発熱や腹痛など、他の強い症状が伴う場合には内科などへの受診がよいでしょう。 受診の際には、腰痛のほかにどのような症状があるのか、いつ頃症状がでるようになったのかなどを医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 日常生活の中での習慣などが原因となって引き起こされる腰痛もあります。 加齢 年齢を重ねるごとに骨が弱くなり筋肉量が減少していくため、腰にかかる負担がいっそう大きくなって腰痛を起こしやすくなります。 加齢による腰痛を予防するには まずは腰やお腹の筋肉量を増やして背骨を支えることが大切です。 有酸素運動やウォーキングといった運動がよいといわれていますが、腰痛がないときに無理のない程度で実施しましょう。 治療中の方は主治医の指導を受けることも大切です。 また、丈夫な骨を作るために欠かせないカルシウムやビタミンD、たんぱく質などの栄養素も積極的に摂取しましょう。 座るときによい姿勢を保つこと、無防備に前へかがまないこと、重いものを持たないようにすることも腰痛の予防に大切です。 運動不足 運動をしないでいると腰の筋力量がどんどん減っていき、腰椎に大きな負担がかかってしまいます。 運動不足によってになることが多く、その場合にはさらに腰への負担が大きくなって腰痛が起こりやすくなります。 運動不足を感じたら 運動は筋力量の増加やの解消、血流の改善に効果があります。 運動不足を感じたら、ウォーキングやストレッチ、ヨガ、筋力トレーニングなど、できることに取り組みましょう。 ただし、腰痛があるときに運動すると悪化してしまう可能性があります。 痛みのないときに無理のない程度で行うようにしましょう。 姿勢が悪い 背骨は体を重力から均等に分散するために緩やかなカーブ状を描いています。 しかし、猫背や反り腰など悪い姿勢をとっているときには、重力による影響を強く受けて腰に大きな負担がかかります。 大きな負担がかかることで、腰の筋肉が緊張しやすくなって腰痛が起こりやすくなります。 姿勢の悪さを感じたら 悪い姿勢で過ごし続けるとそれが癖になってしまうものです。 日頃から正しい姿勢を心がけましょう。 また、姿勢の悪さを感じたら、意識的に胸を張る、腰を伸ばすなどして正しい姿勢をとるようにしましょう。 長時間同じ姿勢が続く 長時間同じ姿勢を続けることで、腰の筋肉が緊張して血液の流れが悪くなります。 また、腰に負担がかかって疲れがたまることで腰痛が発生します。 同じ姿勢が続いたときは デスクワークや運転など、同じ姿勢が続く作業を行うときには、作業の合間に腰を左右に動かしたり伸ばしたり、軽いストレッチを行って筋肉をほぐすようにします。 また、休憩のときには立って体全体を動かすのがよいでしょう。 寝具が合っていない 柔らかすぎる、または固すぎる布団・ベッドを使用している場合、腰に大きな負担がかかり、筋肉が緊張することで腰痛を引き起こすと指摘されています。 枕も同様に、高すぎる・低すぎるなど、体に合っていない場合にも腰痛の原因になるといわれています。 体に合った寝具を選ぶためには 体に合った寝具を選ぶためには、まず体重や背骨の湾曲などから、どの程度の固さ・高さが腰への負担が最も少ないかを知ることが大切です。 多くの寝具メーカーでは、測定器を用いて体に合った寝具をオーダーメイドしてくれます。 不安があれば整形外科などで一度医師に相談してみるとよいでしょう。 良くならない時には 自分でできる対処法を試しても腰痛がよくならない場合には、思いもよらぬ原因が潜んでいる場合もあります。 一度医師に相談してみましょう。

次の

ヘルニアで寝転んでも痛い!そんな時の対処法。

腰 が 痛い とき の 対処 法

このサイトは鍼灸いちご治療院が運営しています。 記事については医療系国家資格である鍼灸師の八幡太郎が執筆・編集・監修しています。 病院などでは腰痛を分類するときに、感染症、腫瘍、脊柱管狭窄症などの原因を明確に特定できるものを 【特異的腰痛】 と呼び、X線写真やMRIなどの画像検査、血液検査などの各種検査法でも原因を特定できないものを 【非特異的腰痛】 と呼び、大きく2つに分類されます。 これは診断上,大きくカテゴライズする上での分類法であり、病名ではありません。 特異的腰痛の割合は僅か15% に過ぎず、 85%以上は整形外科などでは原因をはっきり特定できない非特異的腰痛 が占めています。 つまり腰が痛いのは殆どの場合、構造上の原因によるものではなく、機能上の問題により発症していると言い換えることができます。 機能上の問題は当然、画像検査でも血液検査でも発見できません。 治す方法を選択するにあたり、この事を大前提として知っておく必要があります。 FBSS:Failed Back Surgery Syndrome 腰の疼痛改善を目的として腰の外科的手術を行っても、その後も痛みの症状が改善せず、手術前と変わらず症状が持続している状態。 このことに対し、マイアミ大学総合疼痛リハビリテーションセンターのHubert L. Rosomoff博士が警鐘を鳴らしています。 「患者に対する評価が十分なされていない事が多い。 多くの手術症例では、 痛みを発症している原因が脊髄や神経根圧迫による障害ではなく、筋肉や靭帯が原因で腰の痛みを発症している。 」 腰椎に対する手術では10〜50%に術後にも痛みが継続し、椎間板に対する手術では20%の患者は術後症状が改善せず悪化する。 とも言われています。 手術による感染症などの合併症が発生する確率は約4%。 重大な神経損傷や死亡に至る確率は1%程とされています。 背骨の位置が高度にずれてしまった腰椎変性すべり症に対する脊椎固定術や、腰椎分離症に対する分離部修復術などは有効度が高いと思われます。 また、経年変化による再手術が必要になる事も少なくはないですが、脊柱管狭窄症に対する椎弓切除術も状態を大きく改善させます。 この項目では各種療法の特徴と、メリットやデメリットをピックアップしています。 腰が痛い時の治療法と言っても、アプローチ法は多種多様で症状や原因により選択すべき方法も変わってきます。 どのアプローチ法にも得手不得手があり、疾患ごとにカバーできる領域が異なります。 そのため、オールマイティでパーフェクトな腰を治す方法は存在しません。 私の視点・私見での記述になりますので、一般的な評価とは違いがあるかもしれません。 治療法を選択する際は、御自身がそれぞれに対して持っている印象や、他のサイトの情報を元に再評価の上、検討なさってください。 整形外科 整形外科では原因が特定できない非特異的腰痛には、牽引療法、低周波、赤外線、マイクロ波など物理療法機器での対応と、内服の鎮痛剤、坐薬、外用のパップ剤やプラスター剤が処方され様子を見ていく事になります。 特異的腰痛の場合でも多くは保存的な方法で対応されます。 例えば脊柱管狭窄症や腰椎変性すべり症などであっても、手術にまで及ぶのは痛みで日常生活の質が著しく低下している場合や、膀胱直腸障害が起こったとき、麻痺が起こりだしたときなどです。 紹介状を通しての医療連携が確立されている上、高度先進機器を備えている病院も多く、緊急時の対応能力は他の手法を圧倒します。 反面、慢性的な腰の痛みに対する保存的手法は不得手である印象です。 整形外科では原因が特定できない非特異的腰痛には、牽引療法、低周波、赤外線、マイクロ波など物理療法機器での対応と、内服の鎮痛剤、坐薬、外用のパップ剤やプラスター剤が処方され様子を見ていく事になります。 特異的腰痛の場合でも多くは保存的な方法で対応されます。 例えば脊柱管狭窄症や腰椎変性すべり症などであっても、手術にまで及ぶのは痛みで日常生活の質が著しく低下している場合や、膀胱直腸障害が起こったとき、麻痺が起こりだしたときなどです。 紹介状を通しての医療連携が確立されている上、高度先進機器を備えている病院も多く、緊急時の対応能力は他の手法を圧倒します。 反面、慢性的な腰の痛みに対する保存的手法は不得手である印象です。 鍼 灸 私の専門領域です。 自らの領域ゆえ若干書き込みが多くなり、情報量において他とのバランスを欠いています。 国家資格を持った鍼灸師が施術します。 鍼灸ほど多様性があり、施術者によって差が出る手法はなかなかありません。 古代中国をルーツとし、日本で独自の進化を遂げています。 日本の鍼灸には、それぞれに共通するスタンダードというものが存在しません。 そのため、流派やアプローチ法が多種多様におよびます。 例えば、鍼を全く刺さず皮膚に接触させるだけの接触鍼という【優しい鍼】の代表的技法や、私のように少なくとも50〜60本、多い時には200〜300本以上の鍼を1回の治療で消費してしまう【しっかり効かせる鍼】を採用する施術者も存在します。 鍼は【優しい鍼】と【しっかり効かせる鍼】に大別されます。 この違いは、一方が優れ一方が劣るということではなく、それぞれがカバーしている領域が異なるのです。 一般的には【優しい鍼】をアプローチ法として採用する施術者が多いと思います。 一方、私が採用している【しっかり効かせる鍼】は運動器疾患を得意とします。 数十本から時には数百本の鍼を使ったり、太めの鍼や6寸 180ミリ の長い鍼を使い腰痛治療にあたる事もあります。 インナーマッスルにまで届かせるため、ズシンとした感覚が生じます。 これを鍼の響きと言いますが、この感覚を嫌う人もいます。 また鍼を刺す以上、ときに直径10〜15ミリほどの内出血 いわゆる青タン が生じる事があります。 針治療の特徴や、メリットやデメリット、【優しい鍼】と【しっかり効かせる鍼】の違いなど、 【】 のページで詳しく解説しています。 鍼は誰が刺しても効くというものではなく、鍼1本分ずれても効果に差が生まれます。 指先の感覚が勝負で、キッチリと的を捕らえられるか否かが鍼灸師の技量の差と言っても過言ではありません。 そのため、結果を出せる鍼灸師は10人に1人と言われます。 カイロプラクティック 1895年アメリカ人ダニエル・デビッド・パーマー Daniel David Palmer によって創始された徒手矯正医療の体系です。 背骨の不具合をサブラクセーションと呼び、矯正の対象とします。 アメリカでは法制化され、医療体系の一部に組み込まれています。 日本では法制化されていないため、民間療法の一手法という事になります。 法制化されていない事から監督官庁は存在せず、そのことが施術者の技量にバラつきが起きる原因になっています。 アメリカのカイロプラクティック大学に留学して国際基準の技術を身につけている施術者が存在する一方、3〜4週間程度の研修でカイロプラクターを自称する者も存在します。 つまり腰が痛い場合に、日本でカイロプラクティックを受けるのは、危険が伴う事があります。 患者さん自身に見極める目が必要になります。 整 体 整体は治すための整体と、リラクゼーション系の整体に二分されます。 治すための整体は、カイロプラクティック、オステオパシーなどの徒手矯正法をベースに、様々な人たちによる独自の解釈で作り出された日本国内に存在する多様な民間療法の総称です。 様々な人によるアレンジが加えられているので、一様ではなく統一された概念はありません。 カイロプラクティック同様に日本では監督官庁が存在しません。 そのため、施術者の技量や知識に大きなバラつきがあります。 患者さん自身の自己責任で施術を受ける事になります。 現実にはリラクゼーション系の整体が多いかもしれません。 こちらはほぐす事をメインに施術を受ける事になります。 治す事を求めるのではなく、リラクゼーションと割り切るなら心地良い時間が過ごせる場所です。 【仙腸関節性腰痛】は医師の世界では 忘れられた腰痛と呼ばれ、多くの腰痛難民を生みました。 この疾患にスポットをあて、仙腸関節の問題を整形外科医に認識させた事は大きな功績です。 しかし、関節への徒手的調整法であるために、効果は施術者の技量に大きく左右されます。 こと仙腸関節への調整法ならば、カイロプラクティックのSOTテクニックの方が施術者の技量の影響が少なく、安定した効果が望めます。 キネシオテーピング法 カイロプラクター加瀬建造氏が開発したテーピングによる手法です。 固定するためのテーピングという常識を排除し、より自由に動かすためのテーピングという考えに基づきます。 キネシオテーピング法では、伸縮性のテープを筋肉の流れに沿って貼ります。 人体は膜の集合体であるという発想から、テーピングすることにより皮膚を持ち上げる事になり、体液の循環が促されるという理論が背景になっています。 人間の皮膚は細胞分化時、脳と同じ外胚葉から分化しています。 このこともキネシオテーピング理論には関係するらしく、アスリートはキネシオテーピング法を施すことでリラックスできパフォーマンスが向上するようです。 このテーピング法を施すことで、『長年苦しんできた腰が痛い状態から、すっかり解放された。 』という声を聞いたことがないところをみると、発症から日の浅い疾患には幾分の軽減効果がある。 という位に考えた方が良さそうです。 カバーできる症状は軽度のものに限られ、セルフケアに取り入れるのが効果的かもしれません。 マッケンジー法 背骨の生理的な湾曲に着目した運動療法です。 1956年ニュージーランドのロビン・マッケンジー氏が考案した手法です。 人体は背骨を頚椎・胸椎・腰椎と交互に湾曲させることで、身体にかかる衝撃を分散させています。 この腰椎の前方への湾曲が失われているときには、それを回復させる徒手的アプローチと運動療法指導がセットで行われます。 こちらが本来のマッケンジー・テクニックです。 湾曲が強すぎる場合は基本の反対の運動療法指導となります。 60年にも渡り消滅せずに腰痛治療の基本にも据えられることもある理論ですから、腰が痛い状態には一定の効果は望めます。 しかし、自分自身の腰椎の湾曲を把握せず、自己流のセルフケアとして行うのは禁物です。 この理論は、湾曲が浅いタイプと湾曲が強いタイプでは全く逆の運動パターンとなるためです。 症状を予防・改善させるためのセルフケアとして取り組まれるなら、ストレッチの方が良いかもしれません。 アレクサンダー・テクニック フレデリック・マサイアス・アレクサンダー氏によって開発され、1904年以降、身体調整法としてロンドンを中心に広まっていきました。 無意識的な習慣や癖で身体の誤った使い方をすることで、不必要な緊張と不具合が生じているとする考え方です。 首や背骨の無意識な緊張がなければ、その人本来が持つ調整作用で痛みなどの不具合から解放され、自由に力が発揮されるとしています。 自己流で行えるものではなく、講師から継続的にレッスンを受ける必要があります。 腰の痛みを治す方法は施術に携わる者でさえ把握しきれない程、数限りなく存在します。 いくつかリストアップしましたが、お役にたてれば幸いです。 疾患によっては、特定の方法で症状が悪化する事もあります。 あなたの体の状態に合わせた方法を選択する必要があります。 施術者は、患者さんの『腰が痛い。 このように【腰】として認識している範囲が人によって違う事があります。 施術を受けるに当たっては、あなたの症状があるエリアを明確に施術者に伝える必要があります。 指でピンポイントで指し示す事が可能ならば「ここが痛い。 」と、自分自身でも部位がはっきりしない場合は「だいたいこのあたりが…。 」というように手でエリアを伝える必要があります。 このような当たり前と思える事をお伝えしている理由は、患者さんが訴える『腰が痛い。 』という言葉を早合点してしまい、症状の質や程度、痛みが起きている部位を施術者・患者さん間で共有しないまま治療に取り掛かってしまう施術者も少なくないためです。

次の

【腰痛編】あなたの腰痛はどれ? タイプ別の対処法で、不安な腰痛から抜け出そう!|ハレバレ

腰 が 痛い とき の 対処 法

腰が痛くなるのには、いろいろな原因が考えられます。 本来は、腰痛の原因を確かめて、その上で対処法を考えなければなりません。 素人考えでストレッチやマッサージをすると、かえって症状を悪化させる場合もあります。 あなたの腰痛は、単に筋肉の血行が悪くなっているだけかも知れませんし、ヘルニアや脊柱管狭窄症といった腰の病気になってしまっているかも知れません。 腰には何の原因もなくて、内臓疾患で腰痛が起こる場合もあります。 高齢の女性なら、骨粗しょう症の可能性も考えられます。 心因性の腰痛というものもあるくらいですから、腰痛には本当にいろいろな原因が考えられるのですね。 ですから、腰が痛いというときには、まず原因を明らかにして、それに応じた対処法を考えるのが大切と言えるでしょう。 腰が痛いときのストレッチ 運藤不足や姿勢が悪いために腰が痛くなることはよくあります。 筋肉が凝って痛みが出ているので、ストレッチで筋肉をほぐし、血行をよくしてやると、腰の痛みが和らぎます。 どんなストレッチでも無理せず、腰が伸びて気持ちいい、痛気持ちいいくらいのところで止めます。 ストレッチ1 仰向けに寝て、両ひざを曲げて立てます。 両手を広げて、ひざをゆっくりと右側に倒し、5秒間静止します。 ひざを元にもどして、次はゆっくりと左に倒し、5秒間静止します。 肩は床から離れない方が望ましいのですが、無理のない範囲で行います。 ストレッチ2 仰向けに寝て、両ひざを曲げます。 両腕でひざをかかえて胸に引き寄せ、腰からお尻を伸ばし、5秒間静止します。 腰痛を改善には、腹筋と背筋を鍛える 腰が痛いときに体を動かすのは、腰痛の原因や症状を踏まえて、医師に相談しながら行うのが望ましいのですが、腰痛を改善させるために日々の軽い運動として、腹筋と背筋を鍛えるのは効果的だといわれています。 つまり、腰を安定させるためには筋力が必要で、それには腹筋と背筋を鍛えてやるのが良いというわけです。 まず腹筋ですが、腹筋を鍛えるためには、できるだけゆっくりと動くと効果的です。 ひざは曲げて、上半身は完全に起こす必要はありません。 完全に起き上がるよりも、むしろ少し起き上ったところで、3〜5秒静止する方が腹筋を鍛えられます。 次に背筋ですが、まずはうつ伏せの状態から、両手をついて上半身だけ起こすようにします。 お腹を床につけたまま、背中を伸ばして腰を反らし、20秒静止します。 腹筋も背筋も、勢いをつけずに、無理のない範囲でリラックスして行うのが大切です。 また、すこしづつでも毎日続けることが大切ですね。

次の