砥 峰 高原。 砥峰高原

砥峰高原~ススキの大草原のハイキング【アクセス・駐車場】

砥 峰 高原

砥峰高原 ススキ野原の星空 砥峰高原 とのみねこうげん は、峰山高原のすぐ北に位置する高原で、ススキの大群生地として知られています。 秋の頃にはススキの絨毯で埋め尽くされ、10月の中頃にはススキ祭りが毎年行われています。 この砥峰高原は標高が高いので、満天の星空を見られる貴重な天体観測場所でもあります。 大阪からのアクセスの良さもあって、新月期になると関西の天体写真ファンがよく訪れる場所です。 砥峰高原へのアクセス 砥峰高原は、兵庫県神河町(合併前は大河内町)の中にある高原です。 中国自動車道の福崎ICから、北西に1時間ほど車で走ったところに位置しています。 福崎ICからは播但自動車道が北に伸びていますので、それを利用して神崎南ICで降りれば時間を節約できます。 神崎南ICを降りた後は、西方向に左折してJR寺前駅を通り過ぎた後、線路沿いに伸びる県道404号線を北へと走ります。 約5分ほどその道を走ると、長谷の交差点がありますので、そこを左折して山方向へと入っていきます。 この交差点には砥峰高原への案内板がありますので、間違うことはないでしょう。 交差点を曲がった後、しばらく走ると大河内発電所の入口が見えてきます。 この大河内発電所は、夜間電力を使って水を上のダムへとくみ上げておき、その水で昼間電気を起こす揚水型発電所です。 綺麗なトイレやPRセンターもあるので、立ち寄ってみると面白いかもしれません。 その大河内発電所を過ぎると道は勾配を増して山道になりますが、道幅はそれほど狭い箇所もなく、快適なドライブを楽しめます。 ここから15分ほどで砥峰高原に到着です。 砥峰高原の広い駐車場は普段はガラガラですが、ススキの山焼きの時期などは朝から車で一杯になりますので、 イベントがある時期に訪れる場合には、早めに出かけられることをお勧めします。 なお、イベント開催時には駐車場は有料となり、夜間は入り口にロープが張られる事もあるようです。 風光明媚な砥峰高原 砥峰高原は夏は新緑のグリーン、秋はススキで金色と大変美しい場所です。 その緑の高原の中には散策路が設けられ、ハイキングを楽しむことができます。 散策路の入口には、とのみね自然交流館が建っていますので、 ここでハイキングマップなどをもらってから出発すると便利だと思います。 この砥峰高原は、2010年には映画ノルウェイの森の主要な撮影地となりました。 また、NHK大河ドラマ「平清盛」のロケもここで行われたそうです。 風光明媚な場所ですから、そうしたロケ地に選ばれたのもうなずけます。 ところで、砥峰高原とすぐ隣の峰山高原の間には、舗装されたアクセス道路が通っています。 以前は工事中で通れなかったのですが、現在は全面開通しているようです。 距離にして7キロ程ですので、峰山高原に訪れた際に、砥峰高原側にも立ち寄ってみてもよいかもしれません。 星景写真を撮るなら、この二つの高原を結ぶ道路脇から撮ると、いろいろな構図を楽しめるのでお勧めだと思います。 砥峰高原の星空 砥峰高原の星空は、この付近の他の観測地と同様、北と西方向は暗くて、南と東方向は明るいという傾向です。 これは大阪や神戸といった大都市が、南東方向に位置しているので仕方ないところです。 星空の程度は峰山高原とほぼ同様で、南方向には神戸や姫路市の光害の影響があるので30度ほど白っぽい空です。 東方向の北よりは比較的暗いのですが、南東方向には大阪の光害があるので明るくなってしまっています。 北方向は良好で、峰山高原のようにホテルもないため条件のよい星空です。 ケフェウス座やカシオペア座の星雲を撮るのには、適した場所と思います ところで、この砥峰高原は湿原のようになっているためか、湿度が非常に高い場所です。 そのため、一晩観測して朝になると、機材は夜露でびっしょりということがよくあります。 夜露対策は必須ですので、露よけヒーターなどを忘れないようにしましょう。 もし夜露が苦手なら、南の峰山高原に移動した方が、いくらかましだと思います。 なお、天体写真の撮影地ですが、砥峰高原には広い駐車場がありますので、いつもここを利用させてもらっています。 この駐車場の入口は、峰山高原へと向かう道との交差点にあります。 駐車場の地面は砂利ですので、赤道儀の設置には三脚フラットナーなどを使った方がよいでしょう。 駐車場は道路よりも一段高くなっていますので、道路を通行する車のライトを直接浴びないのは助かります。 ここに赤道儀を設置すると快適に撮影を楽しめると思います。 この駐車場からの視界ですが、南方向は小高い山があるので10度ほど視界が遮られます。 西には湿原が広がっていて視界は良好です。 北側にも小高い山がありますが、それほど気にならないと思います。 東方向には木立があるので、その分少し視界が悪いという感じです。 視界の広さだけいえば、峰山高原の方が全天開けていますが、 砥峰高原でもよっぽど低い天体を狙わない限りは、問題なく撮影できると思います。 砥峰高原の南天。 光害の影響で山際が明るいですが、夏の天の川がぼんやりと写っています。 携帯電話の繋がり具合 私はドコモの携帯電話を使っていますが、砥峰高原での電波状態は比較的よく、アンテナは常に2本から3本立っていました。 auの携帯でも問題なく携帯電話の電波が届くようです。 ソフトバンクの携帯は、残念ながらつながりませんでした。 天体観測地での携帯の繋がりやすさを考えると、ドコモやauの携帯がよいかもしれませんね。 砥峰高原の天候と環境 私の訪れた限りでは、砥峰高原の天候は案外と安定していて、すぐ南の峰山高原よりも晴れやすい気がします。 特に夏から秋の頃はよく晴れてくれて、ペルセウス流星群をよくこの場所に観測に行きました。 冬場はこの辺りでは一番の降雪地帯のため、かなりの積雪を記録します。 砥峰高原を結ぶ道路は除雪が行われますが、駐車場は積もった雪のために入ることは難しいと思います。 上にも書きましたが、この観測地は下が砂利ということもあり、夜になると夜露がたくさん降りてきます。 レンズにフードをしたぐらいではレンズはすぐ曇ってしまいますので、 レンズをヒーターで温めるなどして露よけ対策を万全に行った方がよいでしょう。 また、夜になると鹿が道路脇からよく出てきますので、 車で移動する際には、いつも以上に注意されることをお勧めします。 駐車場から歩いてすぐ近くのとのみね自然交流館には、 夜でも利用できるリサイクル型のトイレがありますので便利です。 また、携帯はドコモは通じますが、ソフトバンクは通じませんでした。 山焼きなどのイベント日程は毎年変わりますので、神河町のホームページで確認してから訪れることをお勧めします。

次の

銀色のススキ輝く高原へ!秋の兵庫「砥峰高原」散策ガイド

砥 峰 高原

夏は緑のじゅうたん、秋には黄金の海原に 「雪彦峰山県立自然公園」に指定されている砥峰高原。 映画「ノルウェイの森」や大河ドラマ「平清盛」や「軍師官兵衛」のロケ地となり、休日ともなればツーリングやハイキングに訪れる人でにぎわいます。 砥峰高原と言えば、ススキの大海原が有名ですね。 しかし、秋だけでなく、一年を通して四季折々の風景が楽しめるのが砥峰高原の魅力。 おすすめは、圧倒的な緑の世界が広がる夏。 鮮やかな緑の草原は「グリーンカーペット」と呼ばれ、ひと目で日ごろの疲れを吹き飛ばしてくれます。 また、標高が800~900メートルと高いため、平地より涼しく、避暑地としても人気。 緑の草原は、秋には全面黄金色に変化します。 雄大な高原にススキが波打つ光景は一幅の絵のよう。 秋晴れの爽やかな日に訪れたいですね。 見ごろとなる10月中旬には毎年「ススキまつり」を開催。 ステージイベントや地元特産品の販売などが行われます。 季節によって異なる表情を見せる砥峰高原では、訪れるたびにひと味違う美しさに出合えますよ。 まずは、散策の起点となる「とのみね自然交流館」で情報収集を。 「とのみね自然交流館」は、砥峰高原の保全と管理の拠点施設として、また野外活動や自然観察を楽しむためのベースキャンプとして利用されています。 散策ルートマップや周辺地図が手に入るほか、映画やドラマのロケ地マップやロケの様子を撮影した写真なども展示されています。 また、併設の展望テラスからは広大な草原を一望できるので、散策の前に立ち寄ってみて。 交流館の前には、ロケ地の記念パネルが立てられた撮影スポットが。 草原を取り囲むように連なる丘陵の尾根に遊歩道が設けられています。 散策ルートはいくつかありますが、おすすめは、「とのみね自然交流館」を出発し、「東屋」、「展望台」を通って戻ってくるルート。 手軽に高原をぐるっと周遊できる3. 1kmのルートです(所要時間約90分、マップは)。 途中には、「ノルウェイの森」と「平清盛」の撮影場所を示す「撮影地」の看板が。 見つけたらぜひ写真撮影を。 コースのほぼ折り返し地点にあたる展望台からは、高原一帯と周辺の山が見渡せます。 休憩がてら、高原ならではのパノラマとおいしい空気を満喫しては? 路面はほぼフラットですが、高低差がある場所もあるため、歩きやすい靴で行くのがおすすめです。 ほかにも、隣接する「峰山高原」へつながるルート(約7㎞)や、砥峰の頂上へ登るルート(0. 8㎞)などもあるので、 自分にあったルートをチョイスしてハイキングを楽しんで。 絶景を眺めながら風味豊かなそばを味わって 高原散策を満喫したあとは、「とのみね自然交流館」のすぐ横にある「平家そば処 交流庵」へ。 国産のそば粉にこだわったそばは、のど越しがよく風味豊か。 おすすめは『天ぷらが付いたざるそばセット』1,250円。 店内の窓から景色を眺めながらいただくもよし、見晴らしのいいウッドデッキのテーブル席でいただくもよし。 大自然の中でいただくそばは、格別な味わいです。

次の

【トノム子!?】砥峰高原に向かう途中の道標が気になる件

砥 峰 高原

兵庫県神河町川上の砥峰高原で点火作業中の男性=当時(62)=が全身にやけどを負って後に亡くなった山焼きの事故は、発生から約3年を経て、主催者の川上区の区長(63)が業務上過失致死容疑で書類送検(3日付)された。 山焼きや野焼き中の事故は全国で相次ぐが、関係者の刑事責任を問うケースはまれ。 今後は神戸地検姫路支部の判断に焦点が移る。 村上春樹さん原作の映画「ノルウェイの森」のロケ地でも知られる砥峰高原は、同町の主要観光地。 恒例の山焼きでは、90ヘクタールをおおむね1時間半で焼く。 火を扱うのは経験者4、5人に限る。 2017年4月16日。 男性らは午後2時ごろに頂上を出発し、4方向に分かれて麓へと下りながら火を入れた。 事故は同3時50分ごろ、麓付近で起きた。 周囲が異変に気付き駆け付けると、男性が炎に巻かれていた。 全身のやけどで病院に搬送され、6月に亡くなった。 会場にいた関係者によると、事故直前は「火の回りが遅い」との理由で、例年とは異なる対応が散見された。 本部席にいた区長が急きょ点火に加わるなど「場当たり的と言われても仕方がない」状況だったと振り返る。 この5年前にも、別の点火担当者が両手をやけどしている。 「騒ぎにしたくない」という本人の希望で救急車を呼ばず、福崎署にも届けられていなかった。 村の伝統行事で、経験者ほど「けがをするのは本人の不注意」(住民)との考えが根強い。 死亡した男性も過去に火入れの経験があり、住民たちは「火の扱いには慣れていたはずなのに」と困惑していた。 個人の判断に任せ過ぎていたのではないか-。 区や町は死亡事故を受け、18年末ごろに作業マニュアルを策定。 防火帯の設置や装備のチェックなどを義務付け、単独行動や焼き直しの禁止も明文化された。 捜査関係者は「裏を返せば、こういう対策をもっと早く取るべきだったし、取れた」と話す。 山口県美祢市の「秋吉台国定公園」では17年2月、枯れ草に火を付けていた当時48歳の男性が焼死。 同3月には熊本県高森町で1人が死亡、同県南阿蘇村で2人が重軽傷を負った。 18年にも島根県の「三瓶山」で計画外の区域に延焼して車が燃えた。 中には自治体が遺族に賠償するケースもあるが、いずれも関係者への刑事処分は下っていない。 神戸大の大塚裕史名誉教授(刑事過失論)は「地域の行事で経験者として火を扱うということは、本人の意思による『危険の引き受け』ともみられ、過失犯の成立を阻むことも考えられる」と指摘。 一方で、警察が書類送検した判断については「事故原因があいまいであればあるほど、『過失を問えないという確証もない』ということになる。 違和感はない」とした。 (井上太郎).

次の