お手間を取らせてしまって。 「お手間を取らせてしまい」のビジネスでの使い方・目上の人への敬語

「わざわざ」の敬語の使い方(謙譲語/尊敬語/類似語)

お手間を取らせてしまって

「わざわざ」の使い方は慎重に! 「わざわざ」という言葉には「本来しなくても良いことを敢えてする」という意味がありますね。 相手が自分に対して何か気を使った行為をしてくれた場合などに用いる言葉です。 しかし、一方でこの「わざわざ」には「無駄なことをして」というニュアンスもありますから、不用意に使うととても失礼なリアクションを相手に対してとってしまうことになります。 そのため、「わざわざ」という言葉を使う場合は慎重にならなければいけません。 そして使うタイミングと同様に、「わざわざ」に続く文もかなり丁寧なものにしなければならないのです。 相手に感謝の気持ちを伝えたり、労をねぎらうために使う「わざわざ」という言葉。 今回も使い方の例文とともに、 同様の意味を持つ言葉を知って「わざわざ」を使わない表現方法を勉強していきましょう。 スポンサードリンク 「わざわざ」の例文 ・本日はお忙しい所わざわざお越しいただきまして本当にありがとうございます。 社員一同大変感激しております。 ・わざわざお時間頂きましてありがとうございます。 ・私共のミスによりわざわざお手間を取らせてしまい申し訳ありません。 わざわざを使うケースは上記のように、相手に時間や手間を取らせてしまった場合がほとんどですね。 きちんと言葉を尽くせば「わざわざ」を問題なく使うことができます。 「わざわざ」を使わない表現方法 それでは次は「わざわざ」を使わずに相手に対して感謝の気持ちを伝える方法を学んでいきましょう。 これには「わざわざすみません」を 「本当にありがとうございます」に言い換えたり、 「本当に申し訳ありません」という表現に換える方法が一般的です。 素直に感謝の気持ちを伝える場合は「本当にありがとうございます」で良いですし、相手に手間を取らせてしまったり、コストを支払わせてしまった場合などは「本当に申し訳ありません」と言うようにしましょう。 どちらかというと「わざわざ」を使わない方が無難な表現になる事が多いと思われます。 不意に「わざわざ」と口から出てしまった場合はあなたの表情や声のトーン等で、しっかりと「皮肉ではない」ことを表しましょう。 コミュニケーション能力とは「言葉ではない部分」にどれだけの意味を込められるかも大きなポイントなのです。 よく読まれている記事• 一人称は絶対に間違えちゃダメ! 一人称とは「自分のことを」を指す言葉です。 代表的なものとしては「僕」や「私」がありますね。 一人称は年齢や話す相手、シチュエーシ... 正しく謝罪できてこそ一人前の社会人! 様々なビジネスシーンの中でも、謝罪ほど難しい場面はないと言えるでしょう。 謝罪しなければならない状況というのは決して褒めら... 断り方も丁寧に!敬語を忘れてはいけません! 何かのお願いや要求を断る時というのは心苦しいですよね。 相手が懇切丁寧にこちらの助けを求めてきていた場合など特にそう... 大切なお礼の文章 敬語をミスっちゃ台無しです! 相手へ感謝の気持ちを伝えるための「お礼の文章」。 相手を想う気持ちを適切に伝えるためには敬語の使い方を絶対に間違... 目を通す・・・は目上の人には使わない! 「目を通す」という言葉は「一通り読んでおく」といった意味で使われますよね。 つまり熟読するわけではないけど、とりあえず内... 相手の気配りに応えよう! 「お心遣い」という言葉は相手(目上の人)からの気配りや配慮を表す言葉です。 目上とはもちろん上司だけではなく取引先や顧客なども当てはま... ありがとうございます。 」といったような流れで... 敬称の使い分けを失敗すると大問題になることも! 敬称の付け方はビジネスの場面でとても重要です。 目上の相手なのか、目下の相手なのか、他社の人間なのか、お客様なの... 言い方次第で結果は大違い!お願いや要求する時の敬語 部下に命令したり、下請け会社に指示を出す時はある意味気楽ですが、対等の関係にある取引先や顧客に対してお願い... 感謝の気持ちは丁寧に伝えるべし! 「嬉しい」という感情はビジネスの場、敬語を使わなければならない場では「感謝の言葉」として発露するものです。 単に「私は嬉しいで...

次の

「手間」と「手数」の意味とは?

お手間を取らせてしまって

「お手数ですが」という表現は、電話を含む口頭での挨拶やEメール、案内文書など、ビジネスでの依頼事によく使われます。 普段あまり気にせずに使っている方もいるかもしれません。 この言葉に使われる「手数」には、次のような意味があります。 「手数」の意味 1. それをするのに要する動作・作業などの数。 他人のためにことさらにかける手間。 そのため、この言葉には「ことさらに手間をかけることですが」という意味があります。 この手数に「お」を付けて丁寧な表現にし、さらに「が」という反対のことを続ける接続詞を付けています。 「お手数ですが」は、手間がかかることですが、そこをなんとかしてほしい、という願いを込めるのが「お手数ですが」の正しい使い方です。 クッション言葉としての「お手数ですが」 ビジネスにおけるコミュニケーションでは、直接的に「〇〇をやってください」という表現を避けて、間に言葉を入れることがよくあります。 これをクッション言葉といい、この言葉を使うことで、相手に丁寧で優しい印象を与える効果があります。 また、否定的な内容でも、相手に失礼にならずに伝える効果も期待できます。 「お手数ですが」は、このクッション言葉の代表例で、ビジネスの様々な場面で使える便利な言葉です。 例えば、「書いてください」とするよりも、「お手数ですが、ご記入ください」とするだけで、相手にへりくだった言い方になり、相手の印象もよくなります。 そんなクッション言葉の「お手数ですが」を正しい使って、ビジネスに生かしていきましょう。 「お手数ですが」という表現は、ビジネスではよく耳にしたり見たりします。 そして、「お」が付いているから敬語だろうと思って使っている方が多いかもしれません。 しかし、敬語として使うには、注意が必要です。 目上の方への丁寧な依頼の仕方は、次の表現が正しい使い方です。 例 お手数をお掛けしますが、何卒よろしくお願い致します。 「手数をかけてしまいますが、何とかおねがいします。 」という言い方を、丁寧に表現しています。 そのため、「手数」と「かけて」に「お」を付けて、「お手数をお掛けしますが」とい丁寧語になっています。 もし、文書やEメールなどの残る文書には、正しい丁寧な表現を心がけましょう。 しかし、この表現には「お」がたくさん使われており、電話で話すには難しい言い回しです。 無理して言い間違いするよりは、さっと丁寧な言い方ができればそれで十分な場合も多いでしょう。 そんな場合は、次の表現でも問題ありません。 例 お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。 「お手数ですが」の失礼な使われ方 ビジネスで、お客様や取引先に何かを依頼することがよくあります。 電話や口頭で担当者に直接依頼する場合もあるし、Eメールで依頼する場合もあります。 また、文書で正式に依頼するケースもあるでしょう。 そんな場合には、「お手数ですが」という表現は欠かせません。 次のような使われ方をします。 例 お手数ですが、添付した書類のご確認をお願いします。 例 お手数ですが、添付した書類に捺印のうえ、ご返送をお願いします。 例 お手数ですが、〇月〇日までに上記の件についてご回答をお願いします。 「お手数ですが」という表現は、相手に何かをやってもらうことを依頼するのが前提になっています。 それさえ理解していれば、ビジネスのいろいろなシーンで使うことができます。 お忙しいところ、お手数をおかけします ビジネスでのコミュニケーションでは、相手への配慮が大切です。 たとえ、よく使われる言葉だとしても、ちょっとした配慮で印象が全く変わります。 例えば、「お手数ですが」に、忙しい相手に配慮して、「お忙しいところ、お手数をおかけします」という表現にすると、より丁寧な印象を与えます。 また、「お忙しいところ」と同じ意味の「ご多忙中」を使うことで、堅い感じの丁寧な表現にもできます。 例 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 例 お忙しいところ、お手数をおかけしますが、ご出席くださりますようよろしくお願い致します。 例 ご多忙中、お手数をお掛けしますが、お手元の控えをご訂正くださいますようお願い申し上げます。 間違った表現に注意 「お手数ですが」とは、相手に手間をかけてしまうが、それでもお願いしたい、という場合に使う表現です。 これと同じように、相手に何かをさせてしまうことになるが、それでもお願いしたい、場合に使える似た表現があります。 例えば、わざわざ来てもらった時のお礼に使われる表現で、次のものがあります。 例 ご足労をおかけして、申し訳ございませんでした。 また、部外者にも関わらず、自分たちのために働いてくれた方への感謝の気持ちを表すのに、次の表現が使われます。 例 多大なご尽力を賜りまして、誠にありがとうございました。 さらに、「手間」と似た表現で、特に時間を取らせた場合の言い方として、次の表現もあります。 例 お手間を取らせてしまい、大変申し訳ございませんでした。 ビジネスの様々なシーンで使われるクッション言葉、「お手数ですが」についてまとめてみました。 いかがだったでしょうか。 「お手数ですが」は、ビジネスでよく聞いたり見たりする言葉だけに、つい習慣で使ってしまっている人も多いのではないでしょうか。 とはいえ、注意しないと間違った日本語として使っていたり、敬語のつもりが逆に相手に失礼な言い方だったりします。 「お手数ですが」は、相手に何かをやってもらう際に使うクッション言葉です。 敬語としてもよく使われますが、目上の人に使う場合はよく吟味して使うといいでしょう。 この機会に、正しい使い方をマスターしてください。 また、「お手数ですが」と似た表現の言葉が幾つかあります。 それらもいっしょに覚えると、ビジネスで使う文章の表現の幅を広げることができます。 ぜひ、敬語の使い方とクッション言葉を活用して、ビジネスに役立ててください。

次の

「手間・手間を取らせる」の意味と使い方、例文、敬語表現、類語を紹介

お手間を取らせてしまって

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の