犬 カット ハサミ。 トイプードルのバリカンおすすめ5選!ハサミとの違いも解説|トイプードルといっしょ

犬のカット方法!自宅で部分別トリミング

犬 カット ハサミ

ちょっと伸びてきた。 けどまだトリミングショップに出すにはちょっと。 そんな時は自宅でできればいいですよね。 流行りでトイプードルが多いので、自宅で頑張ってカットされている方も多いのではないでしょうか。 ただ、ハサミは非常に危険なものなので、ケガのないようやりたいですね。 あると便利な道具 ハサミ 人間の散髪用のでも構いません。 ただし工作用のハサミでは人間の髪の毛より細い犬の毛を切るのは非常に困難です。 (画像:左上仕上げバサミ、左下スキバサミ、右上工作バサミ、右下ボブバサミ) このような仕事で使うハサミは、非常に切れ味がいいです。 刃の部分に触れただけでも切れるので、刃の部分は決して触れないでください。 また、アクシデントなどで落としてしまうと、ねじれが狂い切れなくなってしまいます。 危険かつ繊細な道具であるので取扱いには気を付けてください。 コーム 荒目(櫛の幅が大きい方)と細目(櫛の幅が小さい方)があるものがいいです。 バリカン 最近ではコードレスや替え刃が付いているものなど、いろいろな種類があります。 あると時間短縮になります。 気になる場所 足裏 散歩から帰ってくると、足を洗ったり拭いたりするのによく見る場所ですね。 足裏の毛が伸びていると、汚れが付きやすいですし気になりますよね。 肛門周囲 糞をしたときに付いてしまったりすると、不衛生ですよね。 そしてよく見える場所だけに気になりますよね。 顔 頭の毛や目の周囲の毛が目にかかってきて見えなくなると、気になりますよね。 気を付けたい点 足裏の気をつけたい点 よく犬の雑誌などで、ハサミを使って足裏の毛を切るのを写真付きで勧めていますが、お勧めできません。 先ほども書きましたが、カットで使うハサミは刃に触れただけで切れてしまいます。 このような形でカットしようとすると、犬が万一蹴ってきた場合肉球を切ってしまいます。 また、蹴られてケガをさせられなくても、ハサミが飛んで行ってしまうことがあります。 どちらにしても非常に危ないので、足裏はバリカンで刈ってしまうのが一番安全です。 その時もバリカンは肉球に当てたらまっすぐ動かします。 肉球のカーブに沿って斜めに入れてしまうと、水かきを切ってしまったりすることがあるからです。 肛門周囲の気をつけたい点 犬にしてみてもデリケートゾーンなので、肛門周囲をカットしようとすると、尻尾を下げてみたり、肛門を動かしたりします。 バリカン、ハサミどちらも危険性は変わりませんが、ハサミで行うよりも、バリカンで刈ってしまった方が比較的安全性は高い気がします。 肛門を中心に放射線状に外に外にバリカンをまっすぐ動かして、刈ります。 肛門は糞をする時に広がったり、大腸菌など菌が多いので、傷つけてしまうと直りは悪いです。 目周囲の気をつけたい点 目の周囲で気をつけなくてはならないのは、ハサミの切っ先がどこを向いているかです。 画像のように目ぎりぎりに切っ先があると、犬が動いた時に目を刺してしまうかもしれません。 この時は刃の半ばを使ってハサミの角度をつけて、切っ先が犬に向かないようにします。 犬をカットする時は、人間をカットする時よりも慎重に、そして切っ先は犬に向けないようにお願いします。 元動物看護師です。 以前動物病院に勤めていたころ、自宅にてトリミングの最中にケガをさせてしまい、慌てて来院される飼い主さんがいました。 その中にはトリミング中、犬が息を荒くし舌を出した際に、舌をハサミで切ってしまうこともありました。 今思い出してもゾッとします。 舌を切ってしまうとたくさん出血し、とても痛みを伴います。 ハサミを使って犬の顔付近をカットするときは、愛犬のマズルを抑え、舌が出ないようにしてからカットしましょう。 また、その他には毛玉をハサミで切る際は慎重に行うようにして下さい。 毛玉は皮膚にべったりくっつくような形で出来ていることがあります。 何も考えずにそのまま毛玉を切ってしまうと、皮膚も切れてしまうことがよくあります。 毛玉を切る時は、皮膚と毛玉の間に薄いクシを差し込み、クシの上を切ると皮膚が切れてしまうことを防ぐことが出来ます。 自宅でのカットは、トリミング料金の節約にもなりますし、飼い主さんにしてもらうことで愛犬のストレスを減らすことが出来ます。 しかし、結果ケガをさせてしまい、麻酔をかけて縫わなければいけなくなってしまったケースが本当にたくさんありました。 自宅でのカットは、ハサミを使う場合は慎重に行うようにしましょう。 今、愛犬が目の治療中でエリザベスカラーをつけた状態ですので、ここ9ヶ月間、トリミングに連れて行けず、家でカットをしています。 私がカットがとても下手なので、可哀そうなくらいに散切りです・・(涙)。 こちらであげられた工作用のハサミを使用しておりますが、工作用は細い毛を切る事は難しいのですね。 とはいっても仕事用を使いこなせるか不安です。 すきバサミは素人でも毛先のバラつきを、なんとかごまかしつつ切れるので便利です。 また、足の裏には小さなバリカンがあるとうまくカットできると知って、そちらを購入をしてみましたが、おかげで足裏の肉球周りはとても綺麗にカットができるようになりました。 目の治療を始めてから、愛犬の目の上の毛が以前よりも増えて、のびるようになりました。 人間も手術をすると、その傷口の皮膚の周りの毛が、体を守ろうとして増えると聞いたことがありますが、犬の場合も同様に、傷口を守ろうと傷の周辺の毛が増えるのかもしれません。 ボサボサの眉毛のようで見た目が可哀そうなのですが、愛犬の顔周りの毛には、素人の私はとても怖くて手が出せません。 トリミングまでの間に伸びて邪魔になってしまっている毛は自宅でカットしておきたくなります。 が、ハサミといえど、刃物ですからやはり扱いは怖いです。 愛犬もその不安な気持ちに気づいてか暴れてしまうことが多いので、無理にはカットしません。 一度怪我をさせてしまったことがあり、それからは下手にやらない方が良いという判断になってしまいました。 それでも固まった毛玉などは切ってしまわないと衛生的にもよくないですし、皮膚を引っ張ってしまうと負担にもなってしまいます。 ハサミの扱い方は参考になりました。 切っ先の方向には気をつけなくてはなりませんね。 流石に専門のハサミは持っていないので、工作ハサミになりますが。 うちの愛犬は鼻ぺちゃなので、お顔周りをカットする時にマズルが持てないので顔周りや周りなどは手元が震えてしまいます。 衛生面と刃物の危険性を天秤にかけた時、トリマーさんにお願いするのが一番安心だと思いました。 私はシュナウザーを飼っていてトリミングが必要な犬種です。 小さいころはトリミングをお願いしていたのですが、あまり短くカットしたくないのと自分好みがあるため今は大きな部分は自分でカットをしています。 ハサミの使い方や気をつける点、とても勉強になりました。 うちはトリミング用のシザーズではなくよく切れる歯の薄い普通のハサミをつかっています。 プロのハサミは本当によく切れるので、怖くて使用していません。 バリカンも小さいものを持っていますが、爪きりや肛門まわり、耳のケア(耳毛抜きがあります。 )はプロの方にお願いをしています。 出来れば自分で全部やりたかったのですが、爪きりはすごい抵抗をされ危険でした。 肛門線はちゃんと全部出せているのか不安で、耳も不安があるのでふき取りの掃除までです。 こちらの記事を参考にお顔周りはもっときれいい仕上げてあげたいと思います。 プロと自分で出来ること、使い分けをするのも楽でおすすめです。 我が家の愛犬は、トリミングが苦手で(お迎えのゲージや洗う際のシンクがダメなようです)自宅で洗い、伸びた毛もカットします。 ただ、大型犬なので毛の量も多いしかなり大変です。 今回、記事を拝見して足裏や肛門周りの毛をバリカンで刈った方が安全と知り、今までハサミでやっていたのでとても勉強になりました。 ハサミによってはちょっと触れただけで切れてしまう危険性があるので、今後も注意したいと思います。 散歩友達の小型犬のワンコは、トリミングでお腹を刈っていた際に傷がつき、しばらく病院で処方してもらった塗り薬で治療した子がいます。 慣れているトリマーさんでもそのような事があるので、なおさら気を付けなければと思います。 実は昔飼っていたゴールデンの首あたりに大きな毛玉を発見し、ハサミで毛玉をカットしようとしたところ、身までカットしてしまう大けがを負わせてしまったことがあります。 そのときは大丈夫と思っていたのですが、毛玉が出来ていると思いのほか皮膚までの距離間が分かりづらく、切ったあとはすでに遅しで大量の出血。。。 慌てて病院に連れて行き縫合してもらうハメになりました。 幸いなことに表面だけの傷で済みましたが危うく、首切り状態で危なかったと獣医さんからもひどく叱られました。 それ以来、さすがに自分でカットしようと思わなくなりました。 といいながら、現在の愛犬(トイプー)はさすがに毎月トリミングにつれていけず、それならハサミは危ないからとワンコ用のバリカンを購入しました。 記事にも書かれているようにハサミよりは安全ですし、意外にもキレイにカットできます。 全身とまではいきませんが、目の周りや口周り、肛門付近、両手足の裏はバリカンを使用しています。 意外に安価ですし、充電式タイプなのでコードが邪魔にならず上手く使いこなせてるんじゃないかなと思います。 ただ、目の周り、口の周りだけは細かいところがバリカンでのカットだけでは難しい為、背が高めの椅子に座らせて(高いと怖がるので無駄な動きをしようとしません)マズルをしっかりと固定しいっぺんにカットしようとはせずに、少しづつハサミでカットします。 マズルを持つときは強くもつと警戒してしまい力が入って危ないので、やんわりともちつつ手を添えて固定するとカットしやすくなります。 特に目の周りは慎重に・・・・ とはいえ、昔のトラウマがあるので出来るだけプロに任せつつ自宅で簡単に処理するときはバリカンを使うようにしています。

次の

【楽天市場】ペット用はさみ:はさみ屋

犬 カット ハサミ

犬の耳元に出来た毛玉をハサミでカットしてたら、誤って少し皮膚を切ってしまいました!! 横からハサミを入れ毛玉を手で摘んでひっぱり皮膚を傷つけないように皮膚の上にハサミをおいて切っていたつもりなんですが、犬も痛がらないし大丈夫なんだと思い切っていたら一瞬ピクッと動いたので見てみると皮膚ごと少し切ってしまってました(涙)すぐにペロッと皮膚?皮?が剥けたような状態になってます。 傷口は薄いピンク色の皮膚が見えて最初は血がじわじわ滲んでましたが今また確認したら、血は止まってもう皮膚がちょっとずれてくっついてました!ずれてくっついてるのではみ出た傷口に麺棒でオロナインを塗りましたが、病院行った方がいいでしょうか?本人は痛がる様子はなく、元気でおやつ食べてます。 たまに耳が気になるようで後ろ足で掻こうとします。 マキロンとか塗っても大丈夫ですか?? とても可哀相な事をしちゃいました(涙) それと切ってしまったのはつい15分前くらいなんですがこんなに早く皮膚がくっつくもんですか?? 触ろうとすると痛がるので消毒などせずそのままにしておいた方がいいですか?? 補足yakkoさん。 薬は何を塗ればいいでしょうか?知恵袋を見てるとマキロンだめとかいいとか書いてあり何がいいかわかりません。 オロナイン、マキロンなど塗らないで!!。 まず、傷口は水であらい清潔にしてください。 (人間の医者でも獣医でも最近は切り傷は水洗いです。 消毒液は使いません。 理由は調べてください。 長くなるので) ただ、これから天候も暖かくなるので傷口が化膿する恐れがあります。 傷口が深いと縫う必要もあります。 既に血がとまっているのであれば、縫う心配はありません。 でも今後、化膿する恐れがあるので獣医に見てもらい化膿止めを貰うといいでしょう。 それぐらいの傷であれば獣医に行ってもそれほど高い金額を請求させることはないと思います。 獣医に行かないのであれば、化膿止を飲ませて下さい。 (人間が愛用してるものでokです。 同じです。 ) お大事に!!.

次の

愛犬の自宅トリミングやってます!愛用のカット道具と手順|葉っぱのしおりのブログ

犬 カット ハサミ

ちょっと伸びてきた。 けどまだトリミングショップに出すにはちょっと。 そんな時は自宅でできればいいですよね。 流行りでトイプードルが多いので、自宅で頑張ってカットされている方も多いのではないでしょうか。 ただ、ハサミは非常に危険なものなので、ケガのないようやりたいですね。 あると便利な道具 ハサミ 人間の散髪用のでも構いません。 ただし工作用のハサミでは人間の髪の毛より細い犬の毛を切るのは非常に困難です。 (画像:左上仕上げバサミ、左下スキバサミ、右上工作バサミ、右下ボブバサミ) このような仕事で使うハサミは、非常に切れ味がいいです。 刃の部分に触れただけでも切れるので、刃の部分は決して触れないでください。 また、アクシデントなどで落としてしまうと、ねじれが狂い切れなくなってしまいます。 危険かつ繊細な道具であるので取扱いには気を付けてください。 コーム 荒目(櫛の幅が大きい方)と細目(櫛の幅が小さい方)があるものがいいです。 バリカン 最近ではコードレスや替え刃が付いているものなど、いろいろな種類があります。 あると時間短縮になります。 気になる場所 足裏 散歩から帰ってくると、足を洗ったり拭いたりするのによく見る場所ですね。 足裏の毛が伸びていると、汚れが付きやすいですし気になりますよね。 肛門周囲 糞をしたときに付いてしまったりすると、不衛生ですよね。 そしてよく見える場所だけに気になりますよね。 顔 頭の毛や目の周囲の毛が目にかかってきて見えなくなると、気になりますよね。 気を付けたい点 足裏の気をつけたい点 よく犬の雑誌などで、ハサミを使って足裏の毛を切るのを写真付きで勧めていますが、お勧めできません。 先ほども書きましたが、カットで使うハサミは刃に触れただけで切れてしまいます。 このような形でカットしようとすると、犬が万一蹴ってきた場合肉球を切ってしまいます。 また、蹴られてケガをさせられなくても、ハサミが飛んで行ってしまうことがあります。 どちらにしても非常に危ないので、足裏はバリカンで刈ってしまうのが一番安全です。 その時もバリカンは肉球に当てたらまっすぐ動かします。 肉球のカーブに沿って斜めに入れてしまうと、水かきを切ってしまったりすることがあるからです。 肛門周囲の気をつけたい点 犬にしてみてもデリケートゾーンなので、肛門周囲をカットしようとすると、尻尾を下げてみたり、肛門を動かしたりします。 バリカン、ハサミどちらも危険性は変わりませんが、ハサミで行うよりも、バリカンで刈ってしまった方が比較的安全性は高い気がします。 肛門を中心に放射線状に外に外にバリカンをまっすぐ動かして、刈ります。 肛門は糞をする時に広がったり、大腸菌など菌が多いので、傷つけてしまうと直りは悪いです。 目周囲の気をつけたい点 目の周囲で気をつけなくてはならないのは、ハサミの切っ先がどこを向いているかです。 画像のように目ぎりぎりに切っ先があると、犬が動いた時に目を刺してしまうかもしれません。 この時は刃の半ばを使ってハサミの角度をつけて、切っ先が犬に向かないようにします。 犬をカットする時は、人間をカットする時よりも慎重に、そして切っ先は犬に向けないようにお願いします。 元動物看護師です。 以前動物病院に勤めていたころ、自宅にてトリミングの最中にケガをさせてしまい、慌てて来院される飼い主さんがいました。 その中にはトリミング中、犬が息を荒くし舌を出した際に、舌をハサミで切ってしまうこともありました。 今思い出してもゾッとします。 舌を切ってしまうとたくさん出血し、とても痛みを伴います。 ハサミを使って犬の顔付近をカットするときは、愛犬のマズルを抑え、舌が出ないようにしてからカットしましょう。 また、その他には毛玉をハサミで切る際は慎重に行うようにして下さい。 毛玉は皮膚にべったりくっつくような形で出来ていることがあります。 何も考えずにそのまま毛玉を切ってしまうと、皮膚も切れてしまうことがよくあります。 毛玉を切る時は、皮膚と毛玉の間に薄いクシを差し込み、クシの上を切ると皮膚が切れてしまうことを防ぐことが出来ます。 自宅でのカットは、トリミング料金の節約にもなりますし、飼い主さんにしてもらうことで愛犬のストレスを減らすことが出来ます。 しかし、結果ケガをさせてしまい、麻酔をかけて縫わなければいけなくなってしまったケースが本当にたくさんありました。 自宅でのカットは、ハサミを使う場合は慎重に行うようにしましょう。 今、愛犬が目の治療中でエリザベスカラーをつけた状態ですので、ここ9ヶ月間、トリミングに連れて行けず、家でカットをしています。 私がカットがとても下手なので、可哀そうなくらいに散切りです・・(涙)。 こちらであげられた工作用のハサミを使用しておりますが、工作用は細い毛を切る事は難しいのですね。 とはいっても仕事用を使いこなせるか不安です。 すきバサミは素人でも毛先のバラつきを、なんとかごまかしつつ切れるので便利です。 また、足の裏には小さなバリカンがあるとうまくカットできると知って、そちらを購入をしてみましたが、おかげで足裏の肉球周りはとても綺麗にカットができるようになりました。 目の治療を始めてから、愛犬の目の上の毛が以前よりも増えて、のびるようになりました。 人間も手術をすると、その傷口の皮膚の周りの毛が、体を守ろうとして増えると聞いたことがありますが、犬の場合も同様に、傷口を守ろうと傷の周辺の毛が増えるのかもしれません。 ボサボサの眉毛のようで見た目が可哀そうなのですが、愛犬の顔周りの毛には、素人の私はとても怖くて手が出せません。 トリミングまでの間に伸びて邪魔になってしまっている毛は自宅でカットしておきたくなります。 が、ハサミといえど、刃物ですからやはり扱いは怖いです。 愛犬もその不安な気持ちに気づいてか暴れてしまうことが多いので、無理にはカットしません。 一度怪我をさせてしまったことがあり、それからは下手にやらない方が良いという判断になってしまいました。 それでも固まった毛玉などは切ってしまわないと衛生的にもよくないですし、皮膚を引っ張ってしまうと負担にもなってしまいます。 ハサミの扱い方は参考になりました。 切っ先の方向には気をつけなくてはなりませんね。 流石に専門のハサミは持っていないので、工作ハサミになりますが。 うちの愛犬は鼻ぺちゃなので、お顔周りをカットする時にマズルが持てないので顔周りや周りなどは手元が震えてしまいます。 衛生面と刃物の危険性を天秤にかけた時、トリマーさんにお願いするのが一番安心だと思いました。 私はシュナウザーを飼っていてトリミングが必要な犬種です。 小さいころはトリミングをお願いしていたのですが、あまり短くカットしたくないのと自分好みがあるため今は大きな部分は自分でカットをしています。 ハサミの使い方や気をつける点、とても勉強になりました。 うちはトリミング用のシザーズではなくよく切れる歯の薄い普通のハサミをつかっています。 プロのハサミは本当によく切れるので、怖くて使用していません。 バリカンも小さいものを持っていますが、爪きりや肛門まわり、耳のケア(耳毛抜きがあります。 )はプロの方にお願いをしています。 出来れば自分で全部やりたかったのですが、爪きりはすごい抵抗をされ危険でした。 肛門線はちゃんと全部出せているのか不安で、耳も不安があるのでふき取りの掃除までです。 こちらの記事を参考にお顔周りはもっときれいい仕上げてあげたいと思います。 プロと自分で出来ること、使い分けをするのも楽でおすすめです。 我が家の愛犬は、トリミングが苦手で(お迎えのゲージや洗う際のシンクがダメなようです)自宅で洗い、伸びた毛もカットします。 ただ、大型犬なので毛の量も多いしかなり大変です。 今回、記事を拝見して足裏や肛門周りの毛をバリカンで刈った方が安全と知り、今までハサミでやっていたのでとても勉強になりました。 ハサミによってはちょっと触れただけで切れてしまう危険性があるので、今後も注意したいと思います。 散歩友達の小型犬のワンコは、トリミングでお腹を刈っていた際に傷がつき、しばらく病院で処方してもらった塗り薬で治療した子がいます。 慣れているトリマーさんでもそのような事があるので、なおさら気を付けなければと思います。 実は昔飼っていたゴールデンの首あたりに大きな毛玉を発見し、ハサミで毛玉をカットしようとしたところ、身までカットしてしまう大けがを負わせてしまったことがあります。 そのときは大丈夫と思っていたのですが、毛玉が出来ていると思いのほか皮膚までの距離間が分かりづらく、切ったあとはすでに遅しで大量の出血。。。 慌てて病院に連れて行き縫合してもらうハメになりました。 幸いなことに表面だけの傷で済みましたが危うく、首切り状態で危なかったと獣医さんからもひどく叱られました。 それ以来、さすがに自分でカットしようと思わなくなりました。 といいながら、現在の愛犬(トイプー)はさすがに毎月トリミングにつれていけず、それならハサミは危ないからとワンコ用のバリカンを購入しました。 記事にも書かれているようにハサミよりは安全ですし、意外にもキレイにカットできます。 全身とまではいきませんが、目の周りや口周り、肛門付近、両手足の裏はバリカンを使用しています。 意外に安価ですし、充電式タイプなのでコードが邪魔にならず上手く使いこなせてるんじゃないかなと思います。 ただ、目の周り、口の周りだけは細かいところがバリカンでのカットだけでは難しい為、背が高めの椅子に座らせて(高いと怖がるので無駄な動きをしようとしません)マズルをしっかりと固定しいっぺんにカットしようとはせずに、少しづつハサミでカットします。 マズルを持つときは強くもつと警戒してしまい力が入って危ないので、やんわりともちつつ手を添えて固定するとカットしやすくなります。 特に目の周りは慎重に・・・・ とはいえ、昔のトラウマがあるので出来るだけプロに任せつつ自宅で簡単に処理するときはバリカンを使うようにしています。

次の