薬 王堂 チラシ。 薬王堂

薬王堂

薬 王堂 チラシ

に所在する薬王堂薬局とは無関係。 歴史 [ ] (53年)4月 に千葉県出身の 西郷辰弘が岩手県(現在の南部)のスーパーマーケット内に 都南プラザドラッグを開いたのが始まりである。 (昭和56年)2月に 有限会社薬王堂を岩手県紫波郡に設立 して(平成3年)6月に株式会社薬王堂に組織変更 し、(平成4年)8月に開店した店舗面積約150坪の津志田店 からドラッグストアを本格的に展開し始めた。 (平成12年)5月に(現在の)に金成店を開店して宮城県に進出したのを皮切りに、岩手県外への出店を開始 し、同年7月に(横手店) 、(平成14年)8月に(八戸新井田店) 、(平成20年)7月に(山形馬見ヶ崎店) を開店し、東北5県に店舗を展開していた が、(平成30年)3月に(福島太平寺店) を開店したことにより、東北6県に店舗展開することとなった。 (平成12年)3月に岩手県紫波郡に物流センター、(平成17年)9月に200店舗まで対応可能な大型物流センター、同年10月には日配物流センターを相次いで稼動させるなど物流システムの効率化も図り 、(平成21年)2月期で売上総利益率を23. (平成23年)3月11日に発生したで130店舗のうち 岩手県の宮古磯鶏、釜石鈴子、釜石小佐野、釜石鵜住居、大船渡須崎、大船渡盛、山田、大槌、高田の9店舗 と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止に追い込まれ 、東北地方で最も多くの店舗を展開するの92店舗営業停止に次ぐ大きな被害を受けた ものの、食料品や医薬品、ベビー用品、乾電池などを地元の問屋街からかき集めて早くから営業を再開。 停電によって日没までの営業だったにもかかわらず、同月の既存店売上高が前年比35. しかし、その一方で2011年3月20日ごろから比較的被害が少ない地域の店舗で清掃や陳列などの作業を復旧支援として取引業者に連日行わせたり、同年4月22日に大震災で大きな商品損失が発生した分の保証を取引先に求めるような強引な側面も見られた。 この行為はの知るところとなり、薬王堂は5月に取引業者に対して復旧支援作業を中止する通達を出した。 2013年(平成25年)11月に東京証券取引所第二部に市場変更し 、株主数や流通株式数などの基準を満たしたことから2014年(平成26年)9月24日に東京証券取引所より第一部への指定替えの承認を受け 、同年10月1日付で東京証券取引所第一部に指定替えした。 2019年(令和元年)9月2日に制へ移行。 薬王堂は同日付で設立された薬王堂ホールディングスの完全子会社となった。 特徴 [ ] 食品・日用品を充実させたバラエティーストアに近い形態のドラッグストアという独自の業態の店舗を中心に出店しており 、郊外型の標準的な店舗は医薬品や化粧品のような通常のドラッグストアが主力商品として扱う商品のみならず 、食料品やスリッパなどの日用品 、下着やエプロンなどの衣料品 、掃除機やアイロン 、扇風機、炊飯器、電子レンジなどの機能を絞り込んで価格を抑えた 客が持ち帰れる大きさの家電製品まで取り揃えるに近い幅広い品揃えとなっている。 薬剤師が必要な第1類医薬品は扱わず 、シャンプーや化粧品のような多様なブランドのある商品分野でも同一分野の商品については数種類しか扱わないことで小型の家電製品や衣料品まで揃えた幅広い品揃えを実現しながら、在庫回転率の向上と仕入れや棚割など店舗業務の効率化を両立させ 、充実させた食品・日用雑貨で来店頻度を高めて同業が入り込めない過疎地を先取りし 、他社との競合が少ないことを生かしてチラシ配布など販促費を大幅に抑制するなどの工夫を重ね 、過疎化と高齢化が進んだ農山村が多い東北地方で商圏人口7,000人の小商圏で成立するドラッグストア としての「小商圏バラエティ型コンビニエンスドラッグストア」という新たな業態のチェーン店構築を目指して 、岩手県・宮城県の山間部 や秋田県の旧町村 など人口密度の低い町村部への店舗展開を進め 、高シェアの獲得を目指している。 盛岡市とではから仕入れた商品によるも展開しており、後者は別テナントから仕入れた生鮮食品なども取り扱っている。 「Basic」ブランドで PB 商品を生産・販売して、競合する他店との差別化と収益確保の両立を図っている。 展開している商品は納豆や豆腐、ラーメンなどの食品、洗剤、トイレットペーパー・ティッシュペーパーから靴・カバンまで幅広い分野に及ぶ。 こうした営業戦略の結果、2013年2月期の売上高約478億40,00万円のうち、風邪薬やドリンク剤、湿布などの医薬品だけでなくマスクや介護用紙おむつなどの衛生用品を含めたヘルスケア部門の売上高は約130億4,500万円で27. 決済はクレジットカードやにも対応している。 かつては印字式を採用しており、現在はポイントカードを兼ねた独自のプリペイド式電子マネー「Wa! ca」(ワイカ)を店頭で発行している。 沿革 [ ]• (53年)4月 - 都南プラザドラッグを開業。 (昭和56年)2月 - 有限会社薬王堂を設立。 ( 3年)6月 - 株式会社薬王堂に組織変更。 (平成17年)9月 - に上場。 (平成23年)3月11日 - で130店舗のうち 岩手県と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止。 (平成24年)6月1日 - 連結子会社であった有限会社薬王堂販売を吸収合併。 (平成25年)11月5日 - 東京証券取引所第二部に市場変更。 (平成26年)10月1日 - 東京証券取引所第一部に指定替え。 (平成30年)3月30日 - セルスペクト株式会社に400百万円出資。 (令和元年)• 8月29日 - 東京証券取引所第一部。 9月2日 - 持株会社制へ移行し、薬王堂ホールディングスが薬王堂に代わって東京証券取引所第一部に上場する。 脚注 [ ] []• 薬王堂. 2013-05-23. 2011-07-31. 秋田建設工業新聞社. 2012年5月18日• 株式会社薬王堂. 2018年10月21日閲覧。 本藤貴康. 東京経大学会誌 経営学 第266号 2010-03-03. 2011年3月17日• 2012年7月18日• 薬局新聞社. 2011年3月23日• 岩手日報社. 2012年4月11日• 日本食糧新聞社. 2010年12月1日• 日本経済新聞社. 2012年1月31日• 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2012年4月18日• 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2007年6月26日• STARTUP DB - スタートアップデータベース. 2020年4月15日閲覧。 薬王堂 2019年8月1日 関連項目 [ ]• - 小売店舗に当社店舗を隣接して設置している 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収).

次の

WEBチラシ|驚安の殿堂 ドン・キホーテ

薬 王堂 チラシ

に所在する薬王堂薬局とは無関係。 歴史 [ ] (53年)4月 に千葉県出身の 西郷辰弘が岩手県(現在の南部)のスーパーマーケット内に 都南プラザドラッグを開いたのが始まりである。 (昭和56年)2月に 有限会社薬王堂を岩手県紫波郡に設立 して(平成3年)6月に株式会社薬王堂に組織変更 し、(平成4年)8月に開店した店舗面積約150坪の津志田店 からドラッグストアを本格的に展開し始めた。 (平成12年)5月に(現在の)に金成店を開店して宮城県に進出したのを皮切りに、岩手県外への出店を開始 し、同年7月に(横手店) 、(平成14年)8月に(八戸新井田店) 、(平成20年)7月に(山形馬見ヶ崎店) を開店し、東北5県に店舗を展開していた が、(平成30年)3月に(福島太平寺店) を開店したことにより、東北6県に店舗展開することとなった。 (平成12年)3月に岩手県紫波郡に物流センター、(平成17年)9月に200店舗まで対応可能な大型物流センター、同年10月には日配物流センターを相次いで稼動させるなど物流システムの効率化も図り 、(平成21年)2月期で売上総利益率を23. (平成23年)3月11日に発生したで130店舗のうち 岩手県の宮古磯鶏、釜石鈴子、釜石小佐野、釜石鵜住居、大船渡須崎、大船渡盛、山田、大槌、高田の9店舗 と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止に追い込まれ 、東北地方で最も多くの店舗を展開するの92店舗営業停止に次ぐ大きな被害を受けた ものの、食料品や医薬品、ベビー用品、乾電池などを地元の問屋街からかき集めて早くから営業を再開。 停電によって日没までの営業だったにもかかわらず、同月の既存店売上高が前年比35. しかし、その一方で2011年3月20日ごろから比較的被害が少ない地域の店舗で清掃や陳列などの作業を復旧支援として取引業者に連日行わせたり、同年4月22日に大震災で大きな商品損失が発生した分の保証を取引先に求めるような強引な側面も見られた。 この行為はの知るところとなり、薬王堂は5月に取引業者に対して復旧支援作業を中止する通達を出した。 2013年(平成25年)11月に東京証券取引所第二部に市場変更し 、株主数や流通株式数などの基準を満たしたことから2014年(平成26年)9月24日に東京証券取引所より第一部への指定替えの承認を受け 、同年10月1日付で東京証券取引所第一部に指定替えした。 2019年(令和元年)9月2日に制へ移行。 薬王堂は同日付で設立された薬王堂ホールディングスの完全子会社となった。 特徴 [ ] 食品・日用品を充実させたバラエティーストアに近い形態のドラッグストアという独自の業態の店舗を中心に出店しており 、郊外型の標準的な店舗は医薬品や化粧品のような通常のドラッグストアが主力商品として扱う商品のみならず 、食料品やスリッパなどの日用品 、下着やエプロンなどの衣料品 、掃除機やアイロン 、扇風機、炊飯器、電子レンジなどの機能を絞り込んで価格を抑えた 客が持ち帰れる大きさの家電製品まで取り揃えるに近い幅広い品揃えとなっている。 薬剤師が必要な第1類医薬品は扱わず 、シャンプーや化粧品のような多様なブランドのある商品分野でも同一分野の商品については数種類しか扱わないことで小型の家電製品や衣料品まで揃えた幅広い品揃えを実現しながら、在庫回転率の向上と仕入れや棚割など店舗業務の効率化を両立させ 、充実させた食品・日用雑貨で来店頻度を高めて同業が入り込めない過疎地を先取りし 、他社との競合が少ないことを生かしてチラシ配布など販促費を大幅に抑制するなどの工夫を重ね 、過疎化と高齢化が進んだ農山村が多い東北地方で商圏人口7,000人の小商圏で成立するドラッグストア としての「小商圏バラエティ型コンビニエンスドラッグストア」という新たな業態のチェーン店構築を目指して 、岩手県・宮城県の山間部 や秋田県の旧町村 など人口密度の低い町村部への店舗展開を進め 、高シェアの獲得を目指している。 盛岡市とではから仕入れた商品によるも展開しており、後者は別テナントから仕入れた生鮮食品なども取り扱っている。 「Basic」ブランドで PB 商品を生産・販売して、競合する他店との差別化と収益確保の両立を図っている。 展開している商品は納豆や豆腐、ラーメンなどの食品、洗剤、トイレットペーパー・ティッシュペーパーから靴・カバンまで幅広い分野に及ぶ。 こうした営業戦略の結果、2013年2月期の売上高約478億40,00万円のうち、風邪薬やドリンク剤、湿布などの医薬品だけでなくマスクや介護用紙おむつなどの衛生用品を含めたヘルスケア部門の売上高は約130億4,500万円で27. 決済はクレジットカードやにも対応している。 かつては印字式を採用しており、現在はポイントカードを兼ねた独自のプリペイド式電子マネー「Wa! ca」(ワイカ)を店頭で発行している。 沿革 [ ]• (53年)4月 - 都南プラザドラッグを開業。 (昭和56年)2月 - 有限会社薬王堂を設立。 ( 3年)6月 - 株式会社薬王堂に組織変更。 (平成17年)9月 - に上場。 (平成23年)3月11日 - で130店舗のうち 岩手県と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止。 (平成24年)6月1日 - 連結子会社であった有限会社薬王堂販売を吸収合併。 (平成25年)11月5日 - 東京証券取引所第二部に市場変更。 (平成26年)10月1日 - 東京証券取引所第一部に指定替え。 (平成30年)3月30日 - セルスペクト株式会社に400百万円出資。 (令和元年)• 8月29日 - 東京証券取引所第一部。 9月2日 - 持株会社制へ移行し、薬王堂ホールディングスが薬王堂に代わって東京証券取引所第一部に上場する。 脚注 [ ] []• 薬王堂. 2013-05-23. 2011-07-31. 秋田建設工業新聞社. 2012年5月18日• 株式会社薬王堂. 2018年10月21日閲覧。 本藤貴康. 東京経大学会誌 経営学 第266号 2010-03-03. 2011年3月17日• 2012年7月18日• 薬局新聞社. 2011年3月23日• 岩手日報社. 2012年4月11日• 日本食糧新聞社. 2010年12月1日• 日本経済新聞社. 2012年1月31日• 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2012年4月18日• 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2007年6月26日• STARTUP DB - スタートアップデータベース. 2020年4月15日閲覧。 薬王堂 2019年8月1日 関連項目 [ ]• - 小売店舗に当社店舗を隣接して設置している 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収).

次の

ドラッグストア ザグザグ

薬 王堂 チラシ

に所在する薬王堂薬局とは無関係。 歴史 [ ] (53年)4月 に千葉県出身の 西郷辰弘が岩手県(現在の南部)のスーパーマーケット内に 都南プラザドラッグを開いたのが始まりである。 (昭和56年)2月に 有限会社薬王堂を岩手県紫波郡に設立 して(平成3年)6月に株式会社薬王堂に組織変更 し、(平成4年)8月に開店した店舗面積約150坪の津志田店 からドラッグストアを本格的に展開し始めた。 (平成12年)5月に(現在の)に金成店を開店して宮城県に進出したのを皮切りに、岩手県外への出店を開始 し、同年7月に(横手店) 、(平成14年)8月に(八戸新井田店) 、(平成20年)7月に(山形馬見ヶ崎店) を開店し、東北5県に店舗を展開していた が、(平成30年)3月に(福島太平寺店) を開店したことにより、東北6県に店舗展開することとなった。 (平成12年)3月に岩手県紫波郡に物流センター、(平成17年)9月に200店舗まで対応可能な大型物流センター、同年10月には日配物流センターを相次いで稼動させるなど物流システムの効率化も図り 、(平成21年)2月期で売上総利益率を23. (平成23年)3月11日に発生したで130店舗のうち 岩手県の宮古磯鶏、釜石鈴子、釜石小佐野、釜石鵜住居、大船渡須崎、大船渡盛、山田、大槌、高田の9店舗 と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止に追い込まれ 、東北地方で最も多くの店舗を展開するの92店舗営業停止に次ぐ大きな被害を受けた ものの、食料品や医薬品、ベビー用品、乾電池などを地元の問屋街からかき集めて早くから営業を再開。 停電によって日没までの営業だったにもかかわらず、同月の既存店売上高が前年比35. しかし、その一方で2011年3月20日ごろから比較的被害が少ない地域の店舗で清掃や陳列などの作業を復旧支援として取引業者に連日行わせたり、同年4月22日に大震災で大きな商品損失が発生した分の保証を取引先に求めるような強引な側面も見られた。 この行為はの知るところとなり、薬王堂は5月に取引業者に対して復旧支援作業を中止する通達を出した。 2013年(平成25年)11月に東京証券取引所第二部に市場変更し 、株主数や流通株式数などの基準を満たしたことから2014年(平成26年)9月24日に東京証券取引所より第一部への指定替えの承認を受け 、同年10月1日付で東京証券取引所第一部に指定替えした。 2019年(令和元年)9月2日に制へ移行。 薬王堂は同日付で設立された薬王堂ホールディングスの完全子会社となった。 特徴 [ ] 食品・日用品を充実させたバラエティーストアに近い形態のドラッグストアという独自の業態の店舗を中心に出店しており 、郊外型の標準的な店舗は医薬品や化粧品のような通常のドラッグストアが主力商品として扱う商品のみならず 、食料品やスリッパなどの日用品 、下着やエプロンなどの衣料品 、掃除機やアイロン 、扇風機、炊飯器、電子レンジなどの機能を絞り込んで価格を抑えた 客が持ち帰れる大きさの家電製品まで取り揃えるに近い幅広い品揃えとなっている。 薬剤師が必要な第1類医薬品は扱わず 、シャンプーや化粧品のような多様なブランドのある商品分野でも同一分野の商品については数種類しか扱わないことで小型の家電製品や衣料品まで揃えた幅広い品揃えを実現しながら、在庫回転率の向上と仕入れや棚割など店舗業務の効率化を両立させ 、充実させた食品・日用雑貨で来店頻度を高めて同業が入り込めない過疎地を先取りし 、他社との競合が少ないことを生かしてチラシ配布など販促費を大幅に抑制するなどの工夫を重ね 、過疎化と高齢化が進んだ農山村が多い東北地方で商圏人口7,000人の小商圏で成立するドラッグストア としての「小商圏バラエティ型コンビニエンスドラッグストア」という新たな業態のチェーン店構築を目指して 、岩手県・宮城県の山間部 や秋田県の旧町村 など人口密度の低い町村部への店舗展開を進め 、高シェアの獲得を目指している。 盛岡市とではから仕入れた商品によるも展開しており、後者は別テナントから仕入れた生鮮食品なども取り扱っている。 「Basic」ブランドで PB 商品を生産・販売して、競合する他店との差別化と収益確保の両立を図っている。 展開している商品は納豆や豆腐、ラーメンなどの食品、洗剤、トイレットペーパー・ティッシュペーパーから靴・カバンまで幅広い分野に及ぶ。 こうした営業戦略の結果、2013年2月期の売上高約478億40,00万円のうち、風邪薬やドリンク剤、湿布などの医薬品だけでなくマスクや介護用紙おむつなどの衛生用品を含めたヘルスケア部門の売上高は約130億4,500万円で27. 決済はクレジットカードやにも対応している。 かつては印字式を採用しており、現在はポイントカードを兼ねた独自のプリペイド式電子マネー「Wa! ca」(ワイカ)を店頭で発行している。 沿革 [ ]• (53年)4月 - 都南プラザドラッグを開業。 (昭和56年)2月 - 有限会社薬王堂を設立。 ( 3年)6月 - 株式会社薬王堂に組織変更。 (平成17年)9月 - に上場。 (平成23年)3月11日 - で130店舗のうち 岩手県と宮城県の沿岸部の11店舗が壊滅的な被害を受け 、31店舗が営業停止。 (平成24年)6月1日 - 連結子会社であった有限会社薬王堂販売を吸収合併。 (平成25年)11月5日 - 東京証券取引所第二部に市場変更。 (平成26年)10月1日 - 東京証券取引所第一部に指定替え。 (平成30年)3月30日 - セルスペクト株式会社に400百万円出資。 (令和元年)• 8月29日 - 東京証券取引所第一部。 9月2日 - 持株会社制へ移行し、薬王堂ホールディングスが薬王堂に代わって東京証券取引所第一部に上場する。 脚注 [ ] []• 薬王堂. 2013-05-23. 2011-07-31. 秋田建設工業新聞社. 2012年5月18日• 株式会社薬王堂. 2018年10月21日閲覧。 本藤貴康. 東京経大学会誌 経営学 第266号 2010-03-03. 2011年3月17日• 2012年7月18日• 薬局新聞社. 2011年3月23日• 岩手日報社. 2012年4月11日• 日本食糧新聞社. 2010年12月1日• 日本経済新聞社. 2012年1月31日• 日本食糧新聞 日本食糧新聞社. 2012年4月18日• 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2007年6月26日• STARTUP DB - スタートアップデータベース. 2020年4月15日閲覧。 薬王堂 2019年8月1日 関連項目 [ ]• - 小売店舗に当社店舗を隣接して設置している 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 (富士薬品子会社モリキに吸収)• ・(ツルハに吸収)• (富士薬品子会社の後、東北セイムスに統合)• (富士薬品の子会社になった後、関東セイムス(ジャストドラッグの旧ライズ店舗はモリキに移譲)に統合、屋号は継続)• (富士薬品に事業譲渡)• (bigドラッグを経営していたがセイジョーに吸収合併)• (セイジョーに事業譲渡)• (住商ドラッグストアーズと経営統合)• (破産)• (ツルハにドラッグ事業譲渡した後破産)• (住商ドラッグストアーズに事業統合)• (アイロムロハスに店舗譲渡)• (店舗をリバースに譲渡)• ・(ドラッグマックスに吸収、現マツモトキヨシ甲信越販売)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (ウエルシア関東に経営統合)• (ウエルシア関東に吸収)• (ウエルシア関東に吸収)• (富士薬品、後にモリキに事業統合)• (ツルハに店舗譲渡)• ・・(合併して。 屋号は存続)• (東海セイムスに経営統合、屋号は継続)• (松ノ木薬品と合併)• ・・(ライフォートに吸収)• (共栄ファーマシーズに店舗譲渡)• (セガミメディクスに吸収合併)• (西日本セイムスに経営統合、屋号は継続)• (レデイ薬局と合併。 屋号は存続)• (破産)• (破産)• (スギ薬局に吸収)• (キリン堂に吸収)• 寺島薬局(ドラッグストア事業をウエルシア関東に事業譲渡、介護事業に特化してとなる)• ・・・(セガミメディクスに吸収、現ココカラファインヘルスケア、各社の屋号は存続)• (ツルハに吸収)• (ドラッグストア事業をモリスリテールに分社化した後、マツモトキヨシHDの子会社を経てマツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ココカラファインヘルスケアに吸収、屋号は存続)• (破産)• (富士薬品に吸収、屋号は存続)• (カワチ薬局に吸収、屋号は存続)• ・(ウエルシア薬局に吸収)• (富士薬品に吸収)• (マツモトキヨシ東日本販売に吸収)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収)• (マツモトキヨシ中四国販売に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (マツモトキヨシに吸収)• (マツモトキヨシへ会社分割により承継、法人はマツモトキヨシファーマシーズに吸収)• (ツルハに吸収)• (ツルハに事業譲渡した後清算)• (ツルハに吸収)• (東北セイムスに吸収)• (九州セイムスに吸収、屋号は存続)• (スマイルドラッグに吸収)• (クリエイトエス・ディーに吸収• (親会社に事業譲渡の上ザグザグのフランチャイズ化)• (マツモトキヨシに吸収)• サンメディックに吸収• (ドラッグストア事業をサクラドラッグとして分社化しツルハに譲渡)• (モリキに吸収)• (ウエルシア薬局に吸収)• (ウエルシア薬局に事業譲渡)• (マツモトキヨシ甲信越販売に吸収、屋号は存続)• (富士薬品に吸収).

次の