ブラインドタッチ習得への道。 [B! タイピング] ブラインドタッチ練習無料ゲーム・習得への道

ブラインドタッチ練習方法|1日でマスターできる方法完全公開

ブラインドタッチ習得への道

Contents• 導入編~練習するときに気をつけること ブラインドタッチへの道 キーボードを見ないで打つことは、高速タイピングのための前提条件です。 画面を見ながらタイピングをしていれば、ミスタイプをしたときにすぐ気づき訂正できますが、キーボードを見ているとそれができません。 では、どうすれば覚えられるでしょうか。 よくある間違い 巷のタイピング練習サイトでは、キーボードの絵が下に表示され、次に打つボタンが点灯します。 ひたすらこのようなサイトで練習をする人がいますが、大きな間違いです。 点灯したボタンを追っていくだけでは覚えるまでに時間がかかります。 タイプした時、1個前のキーのこともう忘れてるよね キー配列を覚えることが目的ならば、キーボードの絵を隠すか、もともと絵の表示が無い練習ソフトを使う方が良いでしょう。 先に「キーボード配列」と「ホームポジション」を覚える キーボード配列 ブラインドタッチ習得程度ならタイピングソフトは必要ありませんし、極論キーボードが無くてもキーボードの画像があれば覚えられます。 具体的な練習法としては、メモ帳に「あいうえお」と打ち続け、覚えたら「かきくけこ」と打つ、50音全部やったら最初から・・・ これを何日か繰り返すだけで、思いのほかあっさり覚えられるはずです。 決まった指で打つ、「ホームポジション」 全てのキーには使う指が決まっており、最も効率的なタイピングとなります。 自由な打ち方で練習し続けると、非効率な打ち方ばかり上手くなってしまいやめられなくなります。 可能な限り早く正しい指でタイピングするよう矯正しましょう。 「配列」と「ポジション」を先に覚えないと始まらないよ! 高速タイピングへの道 タイピングが遅い原因は大きく、• ブラインドタッチが体になじんでいない• タイプミスが多い の2つに分けられます。 ブラインドタッチが馴染んでいない とにかく反復練習をするしかありません。 「か」という文字だけで、すでに入力する指に直結している感覚です。 まずはこのレベルになるまで反復練習しましょう。 練習を重ねれば、この意味が少しずつ理解できるはず・・・! タイプミスが多い場合 タイピングにおいて、 正確性は最重要です。 ミスが多い方は、その原因を究明し、解消することに注力すべきです。 よくあるミスとその対策の例を挙げてみます。 一度ミスタイプをしたら立ち止まり、「何が原因でミスしたんだろう?」と振り返る癖をつけましょう。 その他のコツ・TIPS 環境・姿勢作り 打つときの姿勢は重要です。 打ちやすい姿勢はミスを減らし、スピードアップも図れます。 肘の角度やディスプレイの高さなど、いろんな要素がありますが、自分にあった姿勢は人それぞれです。 いろいろ調整してみましょう。 ちなみに僕が意識していることは• 背筋を伸ばす• 肘の高さを机に合わせる• 肩の力を抜く くらいです。 特に、すごい音を立ててキーを叩く人をよく見かけますが、タイピングにそれほど力は入りません。 肩の力を抜き、優しく打ちましょう。 最小限の動きでタイピングするのが理想だ キーボードの角度 多くのキーボードには、裏側にカチッと開けるスタンドがあったりします。 この足は、ブラインドタッチができない人のために、キーボードを見やすくするための足です。 ブラインドタッチができる人にとっては意味ありませんし、むしろ手首の負担が大きくなるため、基本的に足は閉じておきましょう。 爪を切る 単純に爪が伸びていると打ちづらいです。 高速でタイピングしていると、爪と指の間が痛くなることがあるので、処理しておくに越したことはないです。 【補足】かな入力の是非 ローマ字入力VSかな入力論争は、昔から争われ、結論が出ていない議論です。 良し悪しがあるので一概には言えませんが、個人的にはローマ字入力をお勧めします。 かな入力の長所 子音+母音の入力が1回で済むため、極めれば早い。 (濁点・半濁点の分は入力が増えることを考慮すると、大体1. 5倍速) かな入力の短所 英語入力に結局ローマ字配列を覚える ローマ字入力とごっちゃになる 共用のキーボードでかな入力設定にしたまま忘れると、次使う人が困る 一時期かな入力も練習しましたが、ある程度練習したところなぜか「い」で間違えるようになったので覚えるのをやめました。 どうしても更なるスピードを極めたいのであれば、かな入力のほかに親指シフト入力(Wiki)というものがあります。 気になる方は調べてみてください。 さあ練習だ! 結論、試行錯誤しながら反復練習することが、タイピング高速化の近道です。 ちょっとした空き時間を見つけて、毎日練習してみましょう。 早くなればなるほどもろもろの処理が早くなりますよ!.

次の

ブラインドタッチできるようになる必要はありますか?

ブラインドタッチ習得への道

小学生のプログラミング教育の準備にタイピング練習を!無料タイピングゲームで遊びながらキーボード練習 小さな頃からタイピングに親しみをもちキーボードを使いこなせるようにしておけば、のちのちショートカットキーやファンクションキーを使うなどの操作や、メールや文章の作成などにも抵抗なく取り組むことができます。 スムーズなタイピングの基本が身につけば小学生のうちにタッチ・タイピングができるようになるのも決して夢ではありません。 小学校では今後プログラミング教育も始まるため、子供とコンピュータの距離はますます近くなっていきます。 予めキーボード操作に不安がない状態までレベルアップしておくことは、お子さんの自信にも繋がるでしょう。 <タイピング練習ゲーム 目次>• 知っておきたいタイピングの基礎用語!• タッチ・タイピング 手元のキーボードを見ずに指先の位置感覚を頼りに文字を入力することをタッチ・タイピングといいます。 以前はブラインド・タッチという表現が使われていましたが、差別的という指摘などから、現在はタッチ・タイピングという表現が一般的になっています。 ホーム・ポジション タッチ・タイピングには、指をどこのキーに置いておくか、どのキーをどの指でタイピングするかが決まっており、 キーボードのFに左手人差し指、Jに右手人差し指を置き、親指以外の指4本を自然にキーボード中段に置く姿勢をホーム・ポジションといいます。 1本の指がキーボード上の複数のキーを担当し、キー入力後はホーム・ポジションに指を戻します。 タイピング練習を始めるタイミングはいつ? キーボードのタイピングを始める時期によって習得時間やレベルに大きな差がつくことはありません。 ただ、 指使いに変な癖がついてから直すのはお子さんが苦労することになりますので、ご 家庭や学校でキーボードに触れ始めるタイミングでタイピング練習を始めるのがベストでしょう。 多くのタイピングゲームが指の置き方から徐々にレベルアップしていく方式を採用していますので、初心者のお子さんも安心です。 「タイピング練習に乗り気ではない…」というお子さんには、ゲームクリアでもらえるトレーディングカードを集めたり、 レベルを表記した認定証をプリントアウトできたる、ごほうび型のタイピングゲームがおすすめ。 保護者の方がお子さんの前でタイピングゲームをして見せることで、お子さんが興味を持つ場合もありますので、ぜひご家族で取り組んでみてください。 タイピングゲームでタイピング名人になるコツ! 「程よいスピードでタッチ・タイピングができる」レベルに到達するには時間がかかります。 一度に長時間練習するより、毎日短時間でもコツコツ続けるほうが効果的ですので、焦らずコツコツとタイピング練習を続けていきましょう。 タイピング練習を始めてしばらくの間は、 タイピングの速度にはこだわらず「ホーム・ポジションを守り正しい指使いでタイピングできているか」を意識することが大切です。 ホーム・ポジションを守り、少しずつ手元を見る時間を減らしていけば、タイピングの速度は必ず上がります。 タイピングするキーを光で教えてくれるタイピングゲームもあるので、ふだんの練習から少しずつキーボードを見ないよう心がけていくと良いでしょう。 今回ご紹介するタイピングゲームは、ホームポジションの確認から英単語や長文の入力まで幅広いレベルに対応していますので、お子さんのレベルにあったゲームから始めてみてください。 タイピング練習初心者も安心『FMVキッズ めざせ!タイピングマスター』 お寿司が流れているうちに単語をタイピングする寿司打 は、回転寿司のレーンに流れてくるお寿司が画面から見切れてしまう前に、指定された文字をタイピングするゲーム。 タイピングのレベルは、以下の3種類• 「お手軽3,000円コース」単語の入力文字数2~7文字・制限時間60秒• 「お勧め5,000円コース」単語の入力文字数5~10文字・制限時間90秒• 「高級10,000円コース」単語の入力文字数9~14文字以上・制限時間120秒 ゲーム終了後には正しく打ったキーの数、1秒あたりの平均キータイプ数、ミスタイプ数の確認とランキングへの登録ができます。 タイピングする単語を登録できるゲーム 『myTyping』 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるタイピングゲーム なるほどネ! のは、 ホームポジションの練習にぴったりなタイピングゲーム。 次に入力するキーを色と点滅で知らせてくれるので、キーの位置を覚えきれていないお子さん、自分の使っている指が正しいのか確認したいお子さんも安心です。 タイピングのテーマは、アルファベット・かな・数字など初心者向けのものから、ことわざや・四字熟語、俳句・百人一首、日本文学など勉強に役立つものが多く用意されています。 これからローマ字を学習されるお子さんやローマ字の知識があやふやでキーボード練習に自信が持てないお子さんは、何度でも無料でプリントアウトできる「」や壁に貼れる「」などもご紹介しています。 こちらもぜひ参考になさってください。 【関連記事】•

次の

ブラインドタッチの練習 ができる例文!毎日5分でマスター(タッチタイピング)

ブラインドタッチ習得への道

ブラインドタッチの練習に取り組んでいますが、なかなか思うように上達をしません。 これではパソコン業務には従事できません悔しいこと甚だしい限りです。 一念発起してブラインドタッチ、タッチタイピングに挑戦してみます。 心して取り組み成果の程を証明できればと思います。 ブラインドタッチの習得で、打つことに苦痛でなくなることを目標にします。 記事を思考のスピードでかけたらそれだけいいのだろうと想像してワクワクします。 ブラインドタッチの練習の例文や常にホームポジションに手のおけるグッドテクニックを紹介します。 ブラインドタッチをなんの苦もなく出来ている人は、どうして自転車が乗れるのだろうと不思議に見ているのに相当しているとおまいます。 いつかできるテクニックです頑張りましょう。 ホームポジションの驚異の隠しテクニック パソコンのホームポジションとは、左手の人差指を「F」と右手の人差し指を「J」の位置おくことによってできる、基本の指の位置です。 これが常に同じ位置にすることは大変で一定しません。 でもこれができないことには一歩も先に進めないことは承知しています。 でも大変です。 ホームポジションを指先に知らせる小さな突起や窪みなどが付いている、ということですが解りません。 移動しているのかと思うことがあります。 そこで調べた驚異の隠しテクニックがありました。 これはパソコンがご自分のものに限りまして許してもらえる方のみやってく見てはどうですか。 用意するものは、ホームセンターに売っている 木工用ボンド、またはゼリー状の瞬間接着剤を用意してください。 まずホームポジションに必要な定位置のキーボードに用意したボンドを盛り上げます。 大きさは許せる範囲で結構です。 まず 薬指の F J 小指の A L 半角全角 backspace ENTER これで7点のランドマークが完成しました。 あいくえお かきくけこ abcdefghijklmn打ってみてください何か変化がありませんか、 突起があることで少し目安が出来て、ブラインドタッチやれそうという気になったのではありませんか。 私はこれで大きく変わりました。 練習してみてください。 ブラインドタッチの習得で必要なのは、絶対見ないという意識というのが必要とあります。 次に紹介するのは全日本のブラインドタッチの大会でタイトルを保持し続けている方のブラインドタッチの習得の短文です。 えぇ!これでというブラインドタッチ習得できるのと思われる文です。 ブラインドタッチの練習 ができる例文 全日本のブラインドタッチの大会でタイトルを保持者の推奨する、簡単ブラインドタッチ習得例文です。 ふぅ朝九時だ fulu asa kujida これ一行です。 これを一日5分をブラインドタッチ練習の例文としてやてみてくださいとの指導でした。 簡単でしょう。 本当に的を得た例文だと思いましす。 ゲーム感覚でできるソフトや、書籍が横行していますのが実状です。 この一文をよく見ますとホームポジションを的確に捉えています。 練習の価値があります。 信じて取り組んでください。 これを元に練習分を考案しました。 同じ考えです。 ブゥフゥウゥ3匹の子豚 bulu fulu uluu sannbiki no kobuta 富士山は頂上からの朝日がぐぅ fujisann ha tyoujyou karano asahi ga gulu ふぅこの景色は最高だ fulu konokesiki ha saikouda 分を時間で表示 funnwo jikannde hyouji ふぅ食べ過ぎたさあ明日から減量だ fulu tabasugita saa asukara gennryouda ぐぅお腹がすいては戦ができぬ gulu onakagasuite ha ikusagadekinu この近道は最も早い道 konotikamiti ha mottomo hayaimiti きゃぁの悲鳴に婦人警官のとっさの反応 kyala no himeini hujinnkeikannno tossanohannnou さあ来い花粉症の時期への対応策 saakoi kafunnsyounojiki heno taiousaku チェスは将棋と類似している tilesuha syougito ruiji siteiru これができるとブラインドタッチはもうすぐ目の前です。 まとめ ブラインドタッチの必要性に駆られ今一生懸命取り組んでいます。 キーボードの上にボンド突起を作ることによってホームポジションの体感を得るのを目的としています。 そのホームポジションの延長線上にブラインドタッチがあります。 その練習は簡単な例文を毎日5分という短時間の繰り返しです。 誰でもできるブラインドタッチへの近道として期待も大きく会得した未来は明るく、好結果が期待できます。

次の