どうか お 体 に 気 を つけ て 手紙。 「お体に気をつけて」のビジネスでの使い方。例文や言い換え、返事の仕方も紹介|MINE(マイン)

神戸新聞NEXT|姫路|「ごみ収集、ありがとう」 袋に手紙添え、姫路市内で続々

どうか お 体 に 気 を つけ て 手紙

書き方の基本的な構成 手紙やハガキには基本的な書き方のパターンがあります。 それほど複雑ではありませんので、いちど覚えてしまえば簡単に応用ができます。 まずは手紙の構成内容を理解しましょう。 手紙文は、前文、主文、末文、後付けの四つで構成されています。 前文には「拝啓」「謹啓」などの頭語と、時候のあいさつ、相手が元気かどうかを気づかう言葉、またお世話へのお礼やごぶさたをわびる言葉を書きます。 女性の場合には頭語は堅苦しくなるので省略して、時候のあいさつから始めても構いません。 主文には、手紙の中でいちばん書きたかった用件を書きます。 改行して「さて」などで始め、自分らしい表現で分かりやすく書きましょう。 末文には結びのあいさつを書きます。 相手の健康を気づかう言葉を忘れずに書き添えます。 最後に改行して、「かしこ」「まずはお礼まで」「さようなら」などの結語を書きます。 後付けには日付と自分の名前、最後に相手の名前を書きます。 便せんが何枚にもなったら、順序が分かるように左上に番号をふっておくと親切です。 時と場合 頭語 結語 一般 拝啓・拝呈 一筆申しあげます 敬具・敬白 かしこ(女性のみ) ていねい 謹啓・謹呈 謹言・謹白 急用 取り急ぎ申しあげます かしこ(女性のみ) 草々 季節のあいさつ 書き出し 結び 春 ・日一日と春めいてまいりました ・日増しに温かさを感じる季節となりました ・花冷えの日が続いています ・近所の桜の花が満開になりました ・お彼岸とはいえ、まだ肌寒い日が続きますので、ご自愛くださいませ ・季節の変わり目、どうぞお体をおだいじに ・春先の風邪には、どうぞお気をつけください ・すっかり暖かくなりましたので、こちらへもお出かけください 夏 ・うっとうしい梅雨が続いています ・ひまわりの花が鮮やかに咲き誇っています ・海や山が恋しい季節となりました ・せみの声がにぎやかに聞こえてまいります ・暑さ厳しき折、お体にはくれぐれもお気をつけください ・夏バテなどなさいませぬよう、ご自愛くださいませ ・ご家族の皆様で、楽しい夏休みをお過ごしくださいませ 秋 ・秋とはいえ、まだまだ厳しい残暑ですね ・虫の声が聞こえる季節となりました ・秋の気配がいよいよ濃くなってまいりました ・ようやく過ごしやすい季節になりました ・コスモスの花が風に揺れています ・朝夕はめっきり涼しくなりました ・まだまだ残暑が続きますので、お体には気をつけて ・夏のお疲れがでませんように、ご自愛くださいませ ・お風邪などをひかれませんよう ・秋が是が心地よい今日この頃、どうぞお健やかにお過ごしください 冬 ・厳しい寒さが身にしみる今日この頃です ・年の瀬も迫ってまいりました ・初春にふさわしい穏やかな日が続いております ・梅の花がほころび始めました ・ようやく寒さも和らいでまいりました ・気ぜわしい毎日ですが、お体には十分お気をつけください ・寒さが続きますが、お風邪など召しませんように ・寒さ厳しき折、ご自愛くださいませ ・春はもうすぐ。 どうぞお健やかにお過ごしください 敬語の基本 基本的にはていねい語を使います。 相手の呼び名や動作を表すときは、前に「お」後ろに「れる」をつけたり、ほかの尊敬語に言い換えたりします。 自分側のときには、謙譲語をつかいます。 関係・動作 尊敬語(相手に使う) 謙譲語(自分に使う) 本人 あなた、あなたさま わたし、わたくしども、手前 家族 ご家族、みなさま、ご一同様 家族一同、わたくしども 父 お父様、ご尊父(様) 父、実父、義父、舅 母 お母様、お賢母(様) 母、実母、義母、姑 夫 ご主人(様)、旦那様 主人、夫 妻 奥様、奥方様 妻、家内、女房 子供 お子様、お子さん 子ども 息子 ご子息、息子さん 息子、長男(次男) 娘 お嬢様、お嬢さん 娘、長女(次女) 甥(姪) 甥御(姪御)様 甥(姪) いる いらっしゃる、おいでになる おる する なさる、される いたす 思う 思われる、お思いになる 存ずる、存じあげる 聞く お聞きになる、聞かれる うかがう、承る 言う おっしゃる、言われる 申す、申し上げる 行く いらっしゃる、おいでになる まいる、伺う、お訪ねする 来る いらっしゃる、お見えになる まいる、伺う 会う お会いになる、会われる お目にかかる 送る お送りくださる お送りする、ご送付いたす 食べる 召し上がる いただく、頂戴する.

次の

「お体に気をつけて」体調を気遣う敬語とは?目上の人にメールできる?

どうか お 体 に 気 を つけ て 手紙

プライベートで体をいたわる場合には、普段相手に使っている表現で良いかもしれませんが、特にビジネスのシーンで、メールにて体調を気遣うようなシーンや複数人でお見舞いに行くようなシーンでは丁寧な言葉遣いが必須です。 何故なら、例えば相手との関係性が気の置けるものであっても、例えば「大丈夫?」「早く元気になってね」などというやり取りを見ると、非常にビジネス感にかけるものになるからです。 もちろんプライベートでお見舞いに行く場合はそれでもいいでしょうが、ビジネスシーンではそれに見合った丁寧さが必要になります。 例えば「お大事になさってください」という表現と「くれぐれもご自愛ください」という表現、そして「お体に気をつけてお過ごしください」という表現はそれぞれ使えるシーンが違ってきます。 どれかが使えて、どれかが使えないというシーンもあるので体調を気遣う言葉を正しく理解しておかなければ間違った言い回しで、相手の体調を気遣う言葉を伝えることとなります。 そのような状況では、相手も素直に喜べないことでしょう。 状況に合った正しい表現で、相手に体調を気遣う言葉を伝えていくことが大切です。 「お変わりないでしょうか」という表現は基本的に手紙等で久々に連絡を取る相手に使う言葉であり「新緑が清々しい季節となりましたがお変わりないでしょうか」といった形で使います。 このような言い回しを文章の書き出しで使うと、季節感と相手への気遣いが同時に伝わり、相手から好印象を持たれやすくなることでしょう。 「お元気でしょうか」という言い回しは比較的カジュアルでライトな言い回しになりますが「でしょうか」という丁寧な語尾になっているので、ビジネスでも使うことができる表現です。 「お久しぶりです。 お元気でしょうか。 本日はご相談がありご連絡いたしました」といった形でごく一般的に使われる表現です。 あまり改まった表現を使いたくないシーンでは選択肢に入れたい表現です。 この表現は体調不良の人を気遣う表現に見えるのですが「以前よりもだいぶ良くなられましたか」といった形で、以前に会った時に体調がやや悪かった人に対して、回復していることを前提に体調を気遣う表現です。 もちろん体調が回復していない可能性もあるので疑問形になっているのですが、十中八九体調が回復している状況でこういった表現を使いつつ相手に質問するのがベターであり、もしも回復していない可能性の方が高いのであればより心配している気持ちが色濃い表現を使った方が賢明です。 「お休みは取れてますでしょうか」という表現は「いつもお忙しそうですがお休みは取れてますでしょうか」といった形になります。 休めていれば体調を崩す心配がないのでそれを確認し相手に気遣いの気持ちを示す表現です。 「順調にやられてますでしょうか」という表現は「ご活躍はお伺いしてます。 相変わらず順調にやられてますでしょうか」といった形で使います。 相手が順調そうな時に相手からポジティブな言葉を引き出す気遣いの表現です。 体調不良の相手を気遣うスタンダードな表現であり「早く退院できるといいですね。 お大事になさってください」といった形で使います。 ここで注意したいのは「お大事にされてください」という表現もあるのですが、正しい表現は「お大事になさってください」です。 「する」の尊敬語は「される」なのですが、ここでは「なさる」を変形した「お大事になさってください」を使うのが一般的に正しい表現です。 間違いやすい部分になりますので認識しておきましょう。 「くれぐれも」という言葉を付け足すことで、気遣いの気持ちがより大きくなりますので、心配が大きい時に使いたい言い回しです。 「病み上がりはご無理をされず、くれぐれもお大事になさってください」といった形で相手に伝えることで、より強い気遣いの気持ちが伝わるようになります。 「養生なさってください」という表現は、長期の休みが必要な場合に使う相手の体調を気遣う言い回しです。 入院や自宅療養が比較的長期で必要な場合に使う言い回しで「仕事のことは心配せず養生なさってください」と使います。 「静養なさってください」という表現は「お体に気をつけてゆっくり静養なさってください。 万全な体調で復帰されるのを楽しみにしています」という形で使います。 静養というのは、養生よりも治療に専念して無理をせず休むニュアンスが強い表現になりますので、入院しているような状況では選択したい表現です。 「回復に専念なさってください」という表現は「今は回復に専念なさってください。 お体に気をつけてリハビリ頑張ってください」といった形で使います。 回復して欲しいという気持ちを強く伝えたい時に使う表現です。 「お体に気をつけてお過ごしください」という表現は「季節の変わり目で体調を崩しやすい時期にはなりますが、お体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 メールで体調を気遣うスタンダードな表現です。 「お身体の調子はいかがでしょうか」という表現は「冬の足音が日々強まって参りますがお身体の調子はいかがでしょうか」という形で使います。 例文のように季節感のある表現と一緒に使うとビジネス感のあるメールになります。 この表現は「いよいよ2019年も残り1ヶ月となりますが、くれぐれもご自愛ください」といった形で使います。 この表現は「お体を大切にしてください」という意味合いの表現です。 ちなみにご自愛くださいという表現は病気の人には使えないので「お大事になさってください」とは使うシーンが大きく異なる言い回しになります。 「ご無理なさらないでください」という表現は「最近いつ会社に来てもお見かけしますが、くれぐれもご無理なさらないでください」といった形で使います。 相手に無理をしないで欲しいと伝えたい時の表現です。 この表現は「秋に入ったとはいえ残暑続く厳しい季節ではございますが、体調はお変わりないでしょうか」といった形で使います。 フォーマルな色の強い表現になります。 「体調はいかがですか」という表現は「忙しい時期ですが体調はいかがですか」といった形で使います。 外部や目上の上司に使うよりもやや砕けた言い回しではあるものの、ビジネス感があり仕事場でしっくりくる表現になります。 「お身体を大切にしてくださいね」という表現は「いつも頑張ってますけど、無理せずお身体を大切にしてくださいね」といった形で使います。 「くださいね」という言い回しが丁寧語でありつつ親しみのある言い回しになります。 「無理はせずお大事にしてください」という表現は「今は無理はせずお大事にしてください。 休む時にはしっかり休んでくださいね」といった形で使います。 ビジネスで使う表現の中でも親しみの強い表現となります。 この表現は「そんな薄着でいつも大丈夫なんですか。 寒さに気をつけてくださいね」といった形で使います。 例文のように相手の状況に応じて使います。 例文は相手が薄着で風邪をひかないか心配している言い回しです。 「日々お体に気をつけてください」という表現は「忙しい日が続きますが日々お体に気をつけてください」といった形で使います。 親しい相手を心配する時に使う表現です。 「ご心配いただきありがとうございます」という表現は「ご心配いただきありがとうございます。 明日には万全の状態で復帰できそうです。 明日からまたよろしくお願いします!」といった形で使います。 他の表現も紹介していきますが「ご心配いただきありがとうございます」という表現は、回復しているニュアンスを伝える場合に使う言い回しになります。 そのため返信例のように、ポジティブなニュアンスの言葉が続いていきます。 体調が回復しきっていない時でも使えますが返信例のような使い方がベターです。 「ご心配をおかけして申し訳ありません」は相手に対して本気で心配をかけている状況で使うことの多い表現で「ご心配いただきありがとうございます」よりも病状や怪我の具合が深刻な場合に使うフレーズになります。 「体調は徐々に回復してきており、今は自分で歩けるようになっています。 ご心配をおかけして申し訳ありません。 一日も早く退院し復帰できるよう頑張ります」といった形で使います。 「ご心配いただきありがとうございます」はポジティブな場合、「ご心配をおかけして申し訳ありません」はネガティブな場合の使用となります。 この表現は相手にこちらの状況を伝えつつも、文章の締めで相手に対し体調を気遣う表現で返答する言い回しで、他の返信例と組み合わせて使うことも可能です。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。 徐々にではございますが体調は上向いてきています。 復帰日はまた改めてご報告いたします。 寒さが厳しい季節になりますが、〇〇様こそお体に気をつけてお過ごしください」といった形で使います。 自分自身も体調を気遣ってもらったことに対し同様のニュアンスで返答するパターンです。 ビジネスでの体調を気遣う言葉のレパートリーを増やそう! ビジネスにおいて体調を気遣う場面というのは意外に少なからずあるものです。 そんな時にものの言い方が分からずにそっけない言葉をかけたり、困ったように黙り込んだりしてしまうとビジネスのシーンにおける信頼に関わってきます。 そのため、体調不良の人にしっかり気持ちを伝える言い回しは大切になります。 様々な場面において、状況に合った言い方ができるとビジネスができるイメージと人格者で信頼ができる人物であるイメージを得ることができます。 ここで紹介した体調を気遣うフレーズのレパートリーをしっかり覚えて、ビジネスで信頼の厚い人物になれるよう役立ててくださいね!.

次の

別れの挨拶「お元気で」の意味と使い方・手紙の書き方・心理

どうか お 体 に 気 を つけ て 手紙

もくじ• 相手を気遣うことば 「ご自愛ください」の意味と使い方 よく「ご自愛ください」と使いますが 「ご自愛」ってそもそもどういう意味が知ってましたか? 「ご自愛ください」は 「ご自身の体を大切にしてください」という意味です。 相手の方の体調を気遣うときに使う丁寧な言葉です。 目上の方だけでなく老若男女すべての人に使って大丈夫です。 風邪や病気で入院されているときなどに気遣う言葉・・ 「早いご回復をお祈りしております。 」 「早いご回復を願っております。 」 「一日も早い復帰をお待ちしております。 」 「どうぞ、お大事に」 健康や体調を気遣う言葉・・・ 「ご自愛くださいませ」 「くれぐれも、お体にお気をつけくださいませ。 」 「まだまだ寒い日が続きます。 くれぐれもお体にはご留意ください。 」 「まだまだ寒い日が続きます。 お体を大切になさってください。 」 「寒さ厳しく続く折、ご健康にお気をつけください。 」 「どうぞ、くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 」 「寒くなってきましたので、お風邪など召されないようにお気をつけください。 」 「大分、朝晩寒さ厳しくなってまいりました。 お体大事になさってください。 」 「風邪が流行っております。 くれぐれもご自愛くださいますように。 」 「寒くなりましたので体調などお気をつけください。 」 「寒くなってきましたので、なお一層ご自愛ください。 」 季節の変わり目には・・ 「季節の変わり目、どうぞ体調に気をつけてください。 」 「季節柄、ご自愛くださいませ。 」 例文・・参考にしてくださいね。 口から発する言葉もそうですが 手紙やハガキ・メールでの文章も 優しく 温かい 思いやりのある ことばで伝えることが さりげな~くできる 女性になりたいと思います。 応援よろしくお願い致します。 このサイトでは日々の暮らしの中でHappyな気分や気持ちになれること・こころとからだを健康にするためのちょっとした気づきやヒントをご紹介しています。 少しでも誰かのお役にたてれば幸いです。 この世は素敵なことがたくさんあります。 忙しかったり、凹んでいるときは見えなかったことも、ちょっとした気づきで気分が変わることがあり人生捨てたもんじゃない!って思います。 苦しいこと悲しいことしんどいがことたくさんあるけど、経験・体験した分幸せになれます!Happy Life のために!! どうぞよろしくお願いします• アーカイブ• カテゴリー• 人気記事ランキングベスト7• 年賀状やお礼状 季節の挨拶や近況など ハガキや手紙・メールで 最後にひと... 9,273件のビュー• メールや手紙・はがきなどで 文章の最後に締めくくるとき使う 結びの言葉... 3,894件のビュー• 最近、instagram(インスタグラム)に投稿しています。 282件のビュー• 日常思っていることが 人生を作っていきます。 自分が自分に向かって... 45件のビュー• 私はいま、主人の両親と同居しています。 今年で同居5年目です。 44件のビュー• 新年を迎え 6日経ちました。 速いですね。 一年がアッと言う間に... 29件のビュー• 引き寄せの法則で感情の22段階があるのを知りました。 22の感情スケールです。 自分の感情の状態を... 27件のビュー• 20件のビュー• 最近、instagram(インスタグラム)に投稿しています。 17件のビュー• うつの症状っていろいろあります。 やる気がで... 15件のビュー• スポンサードリンク.

次の