償い 実話。 さだまさしの「償い」は実話の名曲!家族と子供は!映画の借金は!

さだまさしの歌「償い」が裁判で使われた異例の出来事!(2002年)

償い 実話

きっかけとなったのは、「既婚男性板」に2006年4月13日に書き込まれた、こんな文章だ。 「現在単身赴任中なんだが嫁からメール来た。 『先週はごめんね 顔文字 生理終わったからもう大丈夫だよ。 カラオケ終わったらしようね はーと』俺、先週は家にいませんが?電話してもメールしても嫁はでませんが?」 張り込みで寝室の「現場」を押さえる 書き込んだ人 スレッドの書き込みの番号が847だったことから、後に「847氏」と呼ばれるようになる の妻が不倫相手に送ろうとしたメールを、間違って夫である847氏に送ってしまった、という内容だ。 847氏の書き込みによると、847氏は結婚6年目で、子どもは2人。 単身赴任は2年目で、あと1年で終了予定なのだという。 847氏の告白を受けて、スレッドの住人からは 「結婚生活続けるにしても、泳がせて興信所で証拠押さえた方がいい」 などと言ったアドバイスがあり、興信所に調査を依頼することになった。 その結果、847氏の妻が子どもを実家に預け、男性とホテルに入ったことがわかり、「クロ」だと判明。 847氏は単身赴任のため、すぐに「現場」を押さえにいくことができない。 こんな苦しい胸の内を明かす書き込みが、3週間ほど続く。 「なにより子供が気になって仕方がない。 幼いのに祖父母に押し付けられて母は他の男と・・・ 考えただけで鬱になりそうだ。 俺に対する裏切りより子供に対する裏切りが許せない」 そして、4月28日、847氏は単身赴任先から自宅まで戻り、自宅前で張り込みを決行する。 不倫相手が自宅に来ており、寝室の電気が点いているのを確認。 そして、「現場」を押さえてしまうことになるのだ。 「寝室の電気が消えて30分位たった8時半過ぎ 音を立てないように鍵を開け家に入る。 そのまま寝室の前へ。 つーかあえぎ声聞こえてる。 気持ちを落ち着かせてドアを開ける。 『お楽しみの所悪いんだが邪魔するよ』固まる間男 編注: 不倫相手 と嫁。 間男は俺が誰か分らず 『なんだお前は!?』とか言い出す」 子どもの将来を見届けられない事態が 妻は泣いて謝罪するも、847氏はとうてい許すことは出来ず、1時間ほど話し合いをした後に、予め用意していた離婚届と離婚協議書を記入、捺印に至る。 その後も、妻と、その両親は執拗に復縁を迫るが、847氏は拒否。 2人の親権は847氏が持つことになり、妻と子どもは3ヶ月に1度面会日を設ける、ということで決着した。 不倫相手は、妻のパート先の店長で、妻子持ちだった。 この不倫がきっかけで、不倫相手は職を失い、妻からも離婚されることになってしまった。 状況が大きく変わったのは、7月2日の書き込みだ。 病院で精密検査を受けることになり、検査が苦痛だった、という内容だ。 そして、こんな衝撃的な告白をすることになる。 「他にも色々検査やって結果出たら速入院。 数日後、手術。 で、結局医者から余命宣告だされてんの。 中略 体調悪ければすぐに病院行けばよかったと思ったよ。 心の底から病院を後回しにしたことを後悔したね。 でも病院出て元嫁に『俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。 親権はお前に譲る』とか言っちゃってんの。 ホント俺ってダメ人間。 誰か助けてください」 さらに、子どもの将来を見届けられないことを、こう悔やむのだ。 「子供達を元嫁に渡すまで3人で過ごす。 幼稚園も休ませて一日中一緒にいる。 美味いもの食わせて欲しいもの買って何でもしてやる。 それくらいしかしてやれないし。 小学校から大学までの入学式、卒業式見たかった。 成人式見たかった。 結婚式見たかった。 孫の顔見たかった。 全部無理なんだな」 そして、 「みなさん、本当にありがとうございました。 お元気で」 という言葉を最後に、847氏の書き込みは途絶えた。 「こんな救われない話があってよいのか」 それから4ヶ月が経った11月5日、847氏の友人と名乗る人物が、847氏のトリップ 同一人物が書き込んでいることを示す記号のようなもの を使って、こんな書き込みをした。 「今日、彼の葬儀がありました。 彼の奥さん(元)と子供も葬儀に参加してました」 その3日後には、入院中の847氏を見舞った時のエピソードも紹介している。 「『ホント、 スレッドの住民は みんな良い奴ばかりだよな。 見ず知らずの人間のこと気にかけてくれて。 あのスレの住人のおかげで色々力付けられたよ』と言ってました。 中略 酉 編注: トリップ はその時彼から聞き出しました。 彼の2人の子供の名前でした」 このようにして終末を迎えるのだが、最近になって、再び注目が集まっている。 12月18日になって、スレッドの主要部分をまとめたものが「」というタイトルで「萌えた体験談コピペ保管庫」と呼ばれるサイトに掲載され、大量のブックマークがついているのだ。 例えば、オンラインブックマークとして有名な「」では、すでに800近いブックマークが付いており、こんなコメントが並ぶ。 こんな救われない話があってよいのか。。。 」 「ネタであってほしいと真剣に思ってしまった」 「切な過ぎて言葉にならない」 この注目具合からすると、「第2の電車男」として映画化されたりする日も、そんなに遠くはないのかも知れない。

次の

の『償い』 のエピソード

償い 実話

powerd by 観られた方もいらっしゃると思いますが……。 先程、テレビでこの歌について紹介されていました。 2002年に行われた少年犯罪の法廷で、裁判長が、四十代のサラリーマンを殺めてしまった少年二人に対して、判決の後に異例の言葉をかけました。 それは、「あなた達は、さだまさし氏の『償い』という歌を知っていますか?」「歌を知らなくても、歌詞だけは読みなさい。 読めば、あなた達の言葉が何故心に響かなかったのか、分かるでしょう」という内容だったそうです。 そして、さだまさし氏の『償い』に隠された実話が紹介されました。 それは1982年のこと。 定年を迎えた夫と、静かに暮らしていこうとしていた矢先、夫が車に跳ねられ、死亡します。 目を開けない夫を目の当たりにし、途方もない哀しみに打ちひしがれ、行き場のない憤りを内に秘めた妻は、土下座して謝罪する加害者の若い男性に、「人殺し!」と罵ります。 加害者は床に額(ぬか)ずきながら、その言葉を聞き、慚愧(ざんき)に堪(た)えない思いを深くします。 加害者の男性は、ある日、被害者の女性に郵便を出しました。 それを受け取った女性が封を開けると、中には数枚の紙幣が……。 それは、加害者からの、せめてもの「償い」の形でした。 男性はそれから7年間、毎月決まった日にお金を送り続けます。 被害者の女性は、ついにたまりかね、「あなたの優しさはこの7年間でよく分かりました。 加害者の男性は、決して許されない自分の行いに対し、償い続ける自分に手紙をくれた……。 何て有り難い事なんだろうと、涙に暮れるのです。 そして、それからもまた、お金を送り続けるのでした。 その話を知ってから聞く、さだまさし氏の歌を、涙なくして聴くことの出来る者がいるでしょうか。 もし居たら……、私はそういう人の傍に居たいとは思いません。 前述の裁判長は、反省の見られない少年達に、『償う』という気持ちを教えたかったのだと思います。 そして何よりも、「人の命を奪うこと」が、どれだけ罪深きことなのか、知って貰いたかったのだと思います。 命を元に戻すことは決して出来ない。 漫画やゲームとは違う。 リセットなんか出来ないし、都合良く生き返ったりもしない。 命は一つしかない。 だからこそ尊くて、だからこそ、重い。 前述の交通事故の加害者は、不幸な過失でそれをしてしまった。 彼は悩み、悩み、苦しんで、償い続けたのでしょう。 償っても、償っても、償いきれないほどの過ちを犯したのだと、彼は痛い程知っていた……それは、加害者の男性が、命の重さを知っていた、という事と同義だと思います。 裁判長に諭された少年達は、命の重さを、それを奪った罪の深さを、果たして知っていたと言える振る舞いをしたのでしょうか。 人の命を奪った上に、被害者の過失を声高に訴え続ける少年達に、裁判長は何を見たのでしょうか。 今の世の中には、想像力が足りないと、私は十年前から強く思うようになりました。 「妄想」だけは、たくましくなっていく一方なのに、「想像力」は培えない。 少し想像すれば分かる事が、分からない。 だから、お互いを理解出来ず、反目する。 命の重さに真正面から向き合えば、命を奪ったその罪に、立っていることすら出来なくなると、私は信じます。 ですが、その罪と向き合い、被害者の痛みから決して目を背けない人であれば、少ない自分の給料から仕送りを続けた青年のように、人として立つことの出来る人間へと成長を遂げるのだと思います。 過ちを犯した後に、どう償えるか……。 それを歌にしたさだまさし氏の優しさと、その歌が抱える使命の深さを強く感じ、感銘を受けた出来事でした。

次の

の『償い』 のエピソード

償い 実話

嫁の携帯でのメールや画像で 浮気している証拠を取れたので、 データーを移したり印刷したりで 制裁を計画している途中で どうでもよくなった、 なんだか面倒くさくなってきて、 正月に嫁の実家で浮気の証拠を ぶちまけた。 嫁は謝罪はするし、 嫁実家はやり直しを懇願するけど それ自体もどうでもよくなった。 嫁両親が嫁と同じ会社の間男を 連れてきて、間男から謝罪を受けた。 嫁実家から間男には 償いをさせるので許してほしいと 頭を下げられた。 その後、間男から12回の 不貞行為分として6万を 反省文と共に渡された。 子供が生まれたばかりで 今自由になる金は、 これしかないって 泣きながら言われたが 泣きたいのはこっちだった。 嫁実家からは、1年はやり直す時間を くれって言われて嫁と同居していたけど 物理的に俺のほうが早く帰るので 自分で飯作って、次の日の弁当を作って 風呂に入って自分の部屋で 寛いでいる時間に 嫁が帰ってくるので、 毎日会話もない。 今も間男と同じ職場で 働いている嫁にも興味もない。 半年経って嫁両親が来て、 関係改善を真面目に 考えてくれって言われた。 間男から慰謝料を出ているし、 嫁も努力するので俺にも 歩み寄れってさ。 間男からの慰謝料には 嫁の分も含まれている、 嫁も間男も誠意を尽くしていると言う。 間男からのふざけた反省文と 12回の不貞行為分6万を 嫁の両親に叩きつけた。 1回5000円の価値しかない 安い女なんていらない。 6万で何が二人分の誠意だ、 浮気してから嫁の料理も 弁当も食べたこともない。 洗濯も掃除も自分でしてきた、 毎日10時過ぎしか帰ってこない、 休日は掃除もせずに昼まで寝ている。 嫁が反省しているとは思えない。 嫁両親は絶句していた。 嫁実家がその金と反省文を持って 間男の家に乗り込んで 間男と嫁実家と揉めているようだが 俺には関係ない。 その後離婚届を書いて アパートを借りて出て行ったが サインしてくれる様子もない。 もう、金を欲しいとは思わないので、 自由にしてほしい。 今週分の食料を買いに行っていた。 嫁は不妊症なので、 治療をしない限り妊娠の危険はない。 20代の間に嫁が子供をつくりたいと 言っていたが 29にもなってこんな事で 揉めていてそれどころじゃないだろう。 間男はまだ23なので、 本当に金がないなら、 もう金は要らないから消えてほしい。 嫁実家が間男の家に突入したことで、 間男関係でも今回の浮気が ばれたみたいですが 間男嫁にばれようが、 仕事を首なろうが知った事じゃない。 仲人が弁護士を使うのは 止めてくれって言われて。 仲人は何度か嫁実家に 話はしているけど進まず、 仲人の顔を立てなきゃいけないけど、 もう限界。 弁護士には相談していたけど、 仲人が嫁実家に恩があるので 待ってくれと言われたんだ。 よく考えたら、俺は仲人とは なんの恩義もないし、 弁護士を通すよ。 次の人生は舐められない様に、 できるだけ慰謝料を貰って離婚する。 俺は親はいないし、 妹しかいないので舐められたと思う。 両親の遺産があって、 金には困っていない。 妹のように、 家を買わなくてよかったよ、 まだ身軽のままだから 職場の上司に転勤依頼をだして、 誰も知らないところに行きたい。 だから、弁護士入れてできるだけ 慰謝料を貰うし、両方とも 解雇まで求めたい。 両方から、一応反省文と言う始末書は 受け取っているので、 デーブイ云々はないと思う。 同じ職場だから嫁実家が間男家に 突撃するまでは続いていたと思う。 今はそれどころじゃないと思う。 それまで、間男は ばれていなかったみたいで、 今は間男家や嫁職場で揉めている。 揉めているところに、とどめさすよ。 昨日午前中に弁護士事務所に行って、 保留中の内容証明の送付を お願いしたら 早くも今日届いたみたいで 電話が騒がしいwけど無視w なぜか仲人と嫁親が顔を潰されたって 大騒ぎしているw 家に戻ると待ち伏せされそうなので、 荷物を持ってビジホに避難。 あしたの夕方に弁護士事務所で 交渉で関係者と話が付きました。 おら、なんかワクワクしてきたw 一日では終らずに水曜日から 今日まで話し合いになりやっと 解決しました 間男と嫁は解雇にならず、 別々の地に転勤の辞令が出るようで 間男は異動、嫁は異動するか 退職するか迷っているようです。 間男から200万、嫁から250万の 慰謝料で同意、離婚届けに 捺印となりなした。 嫁の会社は、間男を間嫁実家の近くの 支店に異動させて、 間嫁実家に同居させ 更生させるので解雇までは 勘弁してやってほしいと。 この件は間嫁の意向もあって、 間男の慰謝料も会社からの 前借で一括で貰う事になった。 間嫁も嫁と同じ会社だったので、 間嫁が会社と交渉しました。 間嫁は子供が生まれたばかりで 再構築を選んだようです。 嫁親から、親なしのくせに 人の顔を潰して、 親なしでも娘をやった恩を 忘れやがってと非難されましたが 結婚した当時は、 両親とも健在でした、 事故で両親を一度に亡くしましたが 嫁親には何一つ迷惑は かけていないと思っています。 嫁親の家業が祝い事に関する事なので、 身内から離婚者が出るのが 商売に障るようで かなり嫌味を言われました。 俺に文句言う前に自分の娘を 叱れよと言うと 恩知らずとなじられ 身内のいない根無し草は、 人のつながりが分かっていないと 馬鹿にされました。 何も言い返されなくて辛かった。 嫁が両親が残してくれた 俺の分の遺産の半分の 3500万を請求して 嫁の方には権利がないと 理解させるのに弁護士が 苦労していました。 嫁に貰えないと分かっていたなら、 浮気なんてしなかったのに なぜ言わなかったと俺に 的外れな言葉を叫んでいました。 まだ届けは出していませんが、 今月中には独身に戻ります。 最初から弁護士に 丸投げすればよかった。 無駄に時間を神経を すり減らしただけだった。 もし思い違いなら、モヤモヤもすっきり。 時間をムダにすることもありません。 まずはお気軽に無料相談を! 丁寧に対応します。

次の