プライム ビデオ エラー コード。 Amazonプライムビデオが再生できない主な問題3つと7つの解決策

Amazon プライム・ビデオが見れない!動画が遅い、再生が止まる場合の対処法を徹底解説!

プライム ビデオ エラー コード

エラーコード 1007, 1022, 7003, 7005, 7031, 7135, 7202, 7203, 7204, 7206, 7207, 7230, 7235, 7250, 7251, 7301, 7303, 7305, 7306, 8020, 9003 Prime VideoはAmazonが行っている動画配信サービスです。 動画配信を行っているサーバーがエラーを起こす可能性はありますが、過去にそのようなエラーが発生したことはありません。 まずは、 インターネットへの接続環境を確認してください。 多くは、インターネットに上手く繋がっていない状況でエラーが発生しています。 解決方法としては、インターネットと自宅のLANやWifiと中継するルーターの不都合が多いので、ルーターの再起動を行うことで治るケースがよくあります。 特に夏場は高温になるとエラーが多くなるので、エラーが多発するようであれば買い替えもお勧めします。 Prime Video内でコンテンツを購入しようとした際にエラーが発生する場合があります。 主な原因として、「支払い設定と居住地設定」が本来の設定と異なっている場合に発生します。 Prime Videoは日本国内の人が限定で利用できるサービスになっているので、居住地が海外に設定されている場合や、支払いの設定先が海外になっている場合はAmazon Prime Videoの仕様で利用不可になっています。 その際は、 ・ 居住地を日本に設定する ・ 支払いに使用するクレジットカードの設定を、日本で発行されたクレジットカードに変更する ことでエラーが発生しなくなります。 また、Prime Videoを購入しているのに通信エラーなどで支払いが完了せずにエラーとなっている場合があります。 その際は「注文履歴」を確認することで支払いが完了されているか確認することが出来ます。 ほとんどの場合は、支払い方法の再設定でエラー表示がなくなる場合が多いようです。 仮に支払いが完了していない場合は、再設定をした際に一緒に請求されてみることが出来るようになります。 エラーコード 5014, 5016 Amazon Prime Videoで、PINを設定して購入や視聴の制限をしている場合にエラーが発生し、再生できない場合があります。 PINに関する問題の解決方法は、 「待つ」方法が一番です。 なぜかというと、PINに関する問題は一時的なトラブルやPINが反映するまでに少し時間がかかることが多いためです。 なので、PINに関する問題の時は、一度最初の画面に戻って、再度PINを入力する画面まで行き、PINを入力することでトラブル回避してください。 また、 PINにより年齢制限や購入制限を保護者などが設定している場合もありますので、家族でFire Stick TVを共有する場合は確認をしてください。 エラーコード 2039 ギフト券やクーポン券に関するトラブルは、利用不可能状態が一般的で ・有効期限が切れている ・すでに使用されている ・利用範囲の制限がある といった原因が考えられます。 すでに使用済みの場合はもちろん使うことは出来ないのは当然ですが、有効期限が切れている場合もありますので注意が必要です。 また、Prime Videoには使用できないクーポンなどもありますので、使用用途に関しては事前に調べておく必要があります。 クーポンに関しては、ネットなどに公開されて広く一般にみられてしまえば使用できなくなりますので、取得したりもらったりしたクーポンなどは自分だけが分かるようにしておきましょう。 Amazon Prime Video を見れなくなったトラブルやエラーの原因は様々で、原因によっていろいろな対策が考えられます。 対策まとめると、 ・使用している機器 パソコンやタブレットなど の再起動 ・ルーターやwifi親機の再起動 ・Amazonプライムアプリの再起動・再インストール ・Silverlightのインストール ・ブラウザの再起動 ・OSのアップデート ・時間を置いて待機する といった対応を行ってみてください。 特に、少し時間をおいてみると直った!というようなことも多々あります。 特にスマホやタブレットで4G回線とwifi回線行き来するような環境で使用していると、通信環境が不安定な状況になるので、端末側からの処理がうまくAmazonのサーバーに伝わらず、エラーになり再生できないこともあります。 なるべく通信環境は安定した環境で使用してみて下さい。 それでも直らない場合は、Amazonカスタマーサービスへの連絡をおすすめします。

次の

amazonビデオがエラーコード7031で再生失敗。対処方法について

プライム ビデオ エラー コード

プライム会員はAmazon ビデオで数多いドラマやTV番組、映画、ビデオを観ることができます。 プライムビデオが観れるのは非常に便利ですが、スマホやPC、テレビなどの端末でAmazon ビデオを利用する時に、いくつかの問題が発生して、ビデオが見れない可能性があります。 例えば、 「Amazonビデオの再生が重い・遅い」、「Amazonビデオが再生されない」、「ビデオがスキップし続けるようなおかしな動きが発生する」、「エラーコードが表示される」……などがあります。 このような問題が発生する場合は、AndroidやiOS、PC、テレビなどの端末でそれぞれ異なる解決方法があります。 この記事では、さまざまな端末でAmazon ビデオを使用する際に発生しかねない問題を解決する方法について説明します。 お使いの端末のシステム条件について確認する PCのブラウザでAmazonビデオをスムーズに再生したい場合は、インターネット接続などのシステムの最少要件を満たしていることを確認してください。 再生に対応可能なPC環境: Windows:Windows 7以降 Mac:Mac OS 10. 故に、お使いのPCで利用可能な別のブラウザを試してください。 お使いのPCでプライムビデオを視聴するには、HTML5プレーヤー対応のブラウザをお勧めします。 対応のブラウザは次のとおりです。 Chrome(バージョン59以降) Firefox(バージョン53以降) Internet Explorer(バージョン11以降) Windows 10でのMicrosoft Edge Safari(Mac OS 10. 1以降ではバージョン10以降) Opera(バージョン37以降) Silverlightに関する問題とその対処法 SafariとHTML5に対応していないInternet Explorerの以前のバージョンでは、ブラウザにMicrosoft Silverlightプラグインをインストールすることでプライムビデオの再生を可能にします。 時に、SilverlightはAmazonビデオのストリーミング再生での問題を引き起こすかもしれません。 プライムビデオの再生で発生する問題を解決するには、Silverlightアプリケーション記憶域をクリアする必要があります。 Step 1:プライムビデオの再生ウィンドウを右クリックし、Silverlightを選択します。 Step 2:「アプリケーション記憶域」タブをクリックし、 「アプリケーション記憶域を有効にする」にチェックマークを付けます。 images-amazon. 以上の操作が終わったら、ブラウザを閉じて、Amazonビデオをもう一度ストリーミング再生してください。 ストリーミング再生での問題が解決していない場合は、Microsoftサポートにアクセスして、Silverlightをアンインストールし、再インストールしてください。 DRMをリセットする デジタル著作権管理(DRM)は、コンテンツ所有者が設定したアクセス制御技術です。 お使いのPC、モニタ、またはシステムの設定が変更された場合、DRMテクノロジに関する断続的なライセンス取得関連の問題が存在する可能性があります。 したがって、ビデオの再生に関する複数の問題を解決するには、DRM設定をリセットすることが最善の方法です。 WindowsとMacでDRMの設定を手動でリセットするには: Step 1:PCよりmspr. hdsを検索します。 hds)。 ここに注意:mspr. hdsファイルを削除しないでください。 スマホを再起動する iPhoneまたはAndroidのスマホを再起動します。 スマホの再起動が終わったら、 「Amazonプライム・ビデオ」アプリを開き、見たいビデオをもう一度再生してみてください。 インターネット接続を確認する インターネット接続の調子が悪い場合、Amazonビデオがずっとバッファリング状態でいたり再生されない状況になりやすいので、端末のネット接続が安定しているかどうかをあらかじめに確認してください。 プライムビデオをよりスムーズに再生するには、お使いの端末と同じインターネット接続を共有している他のデバイス、例えば個人PCや家族所持のPCなどのネット接続を切ってみてください。 プライムビデオアプリのキャッシュを削除する(Androidデバイスの場合) お使いのAndroidデバイスでプライムビデオの再生に関する問題が発生している場合は、プライムビデオアプリのキャッシュを削除することでストリーミング再生に関する問題を解決することができます。 以上の操作が終わったら、プライムビデオでビデオのストリーミング再生をもう一度試して、順調に動作しているかどうかを確認してください。 プライムビデオアプリを再インストールする 以上に紹介した各方法を踏まえてもなお、プライムビデオ再生に関する問題が解決されていない場合は、プライムビデオアプリを再インストールしてみてください。 次に、Google Playストアを開き、プライムビデオアプリを端末に再インストールします。 iOS端末でプライムビデオアプリを再インストールする場合: 「Amazonプライム・ビデオ」アプリアイコンを長押しし、 「x」が表示されるまで押し続けます。 「Amazonプライム・ビデオ」アプリアイコンの横に 「x」が表示されたら、それをタップし、 「削除」ボタンをタップします。 その後、App Storeからプライムビデオアプリを再インストールします。 Part 3:テレビでプライムビデオのストリーミング再生に関する問題を解決する テレビからAmazonビデオにアクセスする方もいるでしょう。 以下がトラブルの解決法になります。 また、4K Ultra HDはAmazon Fire TV(第2世代または第3世代)でのみ再生することができますので、4K Ultra HDビデオの再生に問題がある場合は端末をご確認ください。 次に、 「データを消去」を選択します。 これにより、テレビのプライムビデオアプリのデータが削除され、Amazonビデオのストリーミング再生の問題が修正されます。 Part 4:Amazonビデオの帯域幅が不十分の問題 テレビでAmazon プライムビデオを観賞する時、 「帯域幅が低すぎる」という内容に関連するメッセージが表示されることがあります。 しかし、Netflix、YouTubeなどの他のアプリやサイトの動画再生はうまくいきます。 この問題については、Amazonは未だに確たる解消法を提供していませんが、ネットでプライムビデオユーザーからの 「自分でテレビでの『帯域幅不足の問題』を解決した」という自分なりの解消法についての投稿が見られました。 まず最初に確認すべきことは、お使いのインターネット接続がAmazonの最少要件を満たしているかどうかのことです。 HDビデオを鑑賞したい場合の回線速度は3. なお、仮想プライベートネットワーク(VPN)またはプロキシ接続を介している状態では、プライムビデオのストリーミング再生はできません。 テレビを再起動する 2. Wi-Fiルーターを再起動します。 また、Wi-Fiの代わりに、テレビをイーサネット経由でインターネットに接続することもできます。 プライムビデオアプリのデータを消去します。 プライムビデオアプリを更新します。 また、お使いのテレビのシステムソフトウェアを最新バージョンまで更新することをおすすめします。 Amazonのカスタマーサービスに連絡し、サポートが得られるかどうかを確認します。 Part 5:Amazonビデオ、エラーコード1060 エラーコード1060の症状は、映画視聴の途中で何回も発生し、いきなり画面が空白になり、少々お待ちくださいという提示のついた円が現れ、回転します。 少しの間(2分から15分の間くらい)待つと、 『エラーコード1060』のメッセージと、 「再試行」および 「キャンセル」ボタンが表示されます。 Amazonビデオのエラーコード1060は、通常は帯域幅が不十分の原因で起こされた問題です。 したがって、問題を解決するには、お使いの端末のインターネット接続を確認してみてください。 他のデバイスの接続を解除する Step 1、 Amazonビデオのストリーミング再生にお使いの端末とWi-Fiルーターを再起動します。 これによって、Wi-Fi接続は完全にリセットされます。 Step 2、同じネットワークを使用している他のデバイスの接続を今すぐ切断します。 そして、インターネットの回線速度がAmazonビデオ再生の要求に達してるかどうかを確認してください。 複数のワイヤレスチャネルが利用可能な場合は、Amazonプライムビデオのストリーミング再生をスムーズに行うために、使用頻度の低いチャネルに切り替えってください。 Part 6:Amazonビデオ、エラーコード9074 Amzonのエラーコード9074は、Amazonビデオをストリーミング再生するときに表示されることがあるもう一つのエラーコードです。 Amazon公式では、このエラーが発生する理由とその修正方法についての説明が見当たりません。 この問題が発生した場合は、一般的な各解決方法の手順を試してみてください:プライムビデオアプリを再起動し、 「Amazonプライム・ビデオ」を更新してください。 (詳細はPart 1を参考)。 それでもまだこの問題が解決されていない場合は、Amazonに連絡し、カスタマーサービスが解決策を提供してくれるのをしばしお待ちください。 注意:アマゾン側の障害情報の確認もお忘れなく 時には自分の端末ではなく、Amazonビデオサービスのほうに何らかの障害が発生し、利用できない時もあります。 どうしても再生できない時は、Amazonの通知を調べてみてください。 メンテナンス・サーバーにトラブルがあった場合、公式からの復旧を待ちましょう。

次の

【即解決】Amazonプライムビデオが見れない5つの原因と改善策

プライム ビデオ エラー コード

エラーコード 1007, 1022, 7003, 7005, 7031, 7135, 7202, 7203, 7204, 7206, 7207, 7230, 7235, 7250, 7251, 7301, 7303, 7305, 7306, 8020, 9003 Prime VideoはAmazonが行っている動画配信サービスです。 動画配信を行っているサーバーがエラーを起こす可能性はありますが、過去にそのようなエラーが発生したことはありません。 まずは、 インターネットへの接続環境を確認してください。 多くは、インターネットに上手く繋がっていない状況でエラーが発生しています。 解決方法としては、インターネットと自宅のLANやWifiと中継するルーターの不都合が多いので、ルーターの再起動を行うことで治るケースがよくあります。 特に夏場は高温になるとエラーが多くなるので、エラーが多発するようであれば買い替えもお勧めします。 Prime Video内でコンテンツを購入しようとした際にエラーが発生する場合があります。 主な原因として、「支払い設定と居住地設定」が本来の設定と異なっている場合に発生します。 Prime Videoは日本国内の人が限定で利用できるサービスになっているので、居住地が海外に設定されている場合や、支払いの設定先が海外になっている場合はAmazon Prime Videoの仕様で利用不可になっています。 その際は、 ・ 居住地を日本に設定する ・ 支払いに使用するクレジットカードの設定を、日本で発行されたクレジットカードに変更する ことでエラーが発生しなくなります。 また、Prime Videoを購入しているのに通信エラーなどで支払いが完了せずにエラーとなっている場合があります。 その際は「注文履歴」を確認することで支払いが完了されているか確認することが出来ます。 ほとんどの場合は、支払い方法の再設定でエラー表示がなくなる場合が多いようです。 仮に支払いが完了していない場合は、再設定をした際に一緒に請求されてみることが出来るようになります。 エラーコード 5014, 5016 Amazon Prime Videoで、PINを設定して購入や視聴の制限をしている場合にエラーが発生し、再生できない場合があります。 PINに関する問題の解決方法は、 「待つ」方法が一番です。 なぜかというと、PINに関する問題は一時的なトラブルやPINが反映するまでに少し時間がかかることが多いためです。 なので、PINに関する問題の時は、一度最初の画面に戻って、再度PINを入力する画面まで行き、PINを入力することでトラブル回避してください。 また、 PINにより年齢制限や購入制限を保護者などが設定している場合もありますので、家族でFire Stick TVを共有する場合は確認をしてください。 エラーコード 2039 ギフト券やクーポン券に関するトラブルは、利用不可能状態が一般的で ・有効期限が切れている ・すでに使用されている ・利用範囲の制限がある といった原因が考えられます。 すでに使用済みの場合はもちろん使うことは出来ないのは当然ですが、有効期限が切れている場合もありますので注意が必要です。 また、Prime Videoには使用できないクーポンなどもありますので、使用用途に関しては事前に調べておく必要があります。 クーポンに関しては、ネットなどに公開されて広く一般にみられてしまえば使用できなくなりますので、取得したりもらったりしたクーポンなどは自分だけが分かるようにしておきましょう。 Amazon Prime Video を見れなくなったトラブルやエラーの原因は様々で、原因によっていろいろな対策が考えられます。 対策まとめると、 ・使用している機器 パソコンやタブレットなど の再起動 ・ルーターやwifi親機の再起動 ・Amazonプライムアプリの再起動・再インストール ・Silverlightのインストール ・ブラウザの再起動 ・OSのアップデート ・時間を置いて待機する といった対応を行ってみてください。 特に、少し時間をおいてみると直った!というようなことも多々あります。 特にスマホやタブレットで4G回線とwifi回線行き来するような環境で使用していると、通信環境が不安定な状況になるので、端末側からの処理がうまくAmazonのサーバーに伝わらず、エラーになり再生できないこともあります。 なるべく通信環境は安定した環境で使用してみて下さい。 それでも直らない場合は、Amazonカスタマーサービスへの連絡をおすすめします。

次の