リング フィット プランク。 『リングフィットアドベンチャー』1日30分を1ヶ月続けてみたよ

リングフィットアドベンチャーを1か月やった結果

リング フィット プランク

なんか効果はあった? 総運動時間は4時間30分もありますが、筋トレがメインということもあって、総消費カロリーは680kと大したことありません。 運動の負荷にもよりますが(運動負荷20でやってます)、1日30分でだいたい100k弱といった感じ。 それでも全く運動しないときと比べたら大したものですが。 単純に痩せたいという方は『フィットボクシング』のほうがいいと思います(続けやすいかは別として)。 まだ1週間ということで、目に見えるほどの大きな変化といったものはありません。 しかし、• 肩こり、腰痛が少し軽くなった• 寝付き、寝覚めがよくなった気がする• 常にどこかが筋肉痛• 早く帰ってやりたい…世界に平和を取り戻すんだ…という謎の使命感が芽生えるようになった といった効果がありました。 特に使命感は重要! 「帰ったら運動しなきゃ…」というネガティブな意識ではなく、「早く続きをやりたい!」というポジティブな意識によって、いい具合にモチベーションが維持できています。 僕にとって、 『リングフィットアドベンチャー』はエクササイズではなくゲームであるというのが最大のポイント。 「毎日ゲームをする」というのは、「毎日食事を摂る」ぐらい当たり前のことになってますからね。 ボリュームがスゴイ気がする 1週間続けた時点でのレベルは49。 一般的なRPGだと折り返し地点という感じですが、『リングフィットアドベンチャー』ではどうやら まだまだ序盤みたいです。 本作には、ゲットした装備品やスムージーなどが記録される「図鑑」という機能があるのですが、各項目のコンプ率がなんと8%とかなんです。 このままのペースで装備品等が追加されていくのだとしたら、 「1日30分で約3ヶ月(=45時間)」というのは誇張でもなんでもなくガチということになりそうです。 ただ、1点だけ大きな懸念があります。 それは、アドベンチャーモードをクリアしてしまったら、モチベーションの維持が難しくなりそうだという点。 アドベンチャーモード以外にも、ミニゲームやセットメニューといったモードが搭載されてはいますが、僕がモチベーションを維持できている最大の要因はRPGであるアドベンチャーモードです。 3ヶ月を過ぎたらまた運動しなくなってしまった、なんてことにならないか今から不安。 レベルアップするごとに1スキルポイントをゲットし、そのポイントを使っていろんなスキルを開放できるようになります。 スキルボードには、攻撃力UP、スキルセットの枠+1といったものから、攻撃時に追加行動のチャンス発生、スキルボードでしか開放できないフィットスキル、なんてものも用意されていました。 追加行動のチャンスが発生しても、プレイヤーのリアル体力の回復が追いつかなそうですが…• ジャンプ台でスクワットして進むとか、リングコンをお腹に押し付けたまま体を左右にひねって船を漕いで進むとか、ランニング以外にもバリエーションが色々とあるのが地味にいいなと思いました。 始めた当初は、運動負荷を徐々に上げていこうなんて思っていたのですが、結局ずっと同じ負荷20から上げられていません。 その理由は、フィットスキル(筋トレ)自体の負荷がどんどん上がっているから。 レベルアップするとフィットスキルを新しく覚えていくのですが、それまでのフィットスキルよりも負荷が高いものが多いため、結局運動負荷を上げることが出来ずにいるというわけです。 特にプランクとワイドスクワットがキツくてくキツくて。

次の

リングフィットアドベンチャーの効果をプロトレーナーが徹底レビュー

リング フィット プランク

1ヶ月やった感想 1ヶ月休まずに運動を続けられているのはほんとに驚きです。 が!ゲーム内容がちょっと単調なのが気になってきました。 というのも、敵の種類やステージの背景のパターンがかなり少ないんですよね。 色違いや強化版といったマイナーチェンジを除けば敵は6種類ぐらい、背景は3種類ぐらいしかなく、ワールドの最後にはほぼ必ずドラゴと戦うことになります。 ドラゴ戦では、ドラゴが投げてくる物をリングコンで照準を合わせて壊すというのがありますが、他のバリエーションも欲しかったかな。 ゲーマーとしてはバトルがシンプルすぎて物足りなくなってきました。 一定確率で追撃(ラッシュ)が発動して、筋肉をさらに追い込むことが出来るようになってるのはかなりいい感じなので、ラッシュを能動的に狙って発動できる仕組みがあったら良かったかもしれないです(弱点攻撃でシールドを削って、ブレイクしたらラッシュ発動とかね)。 また、アイテムを使えばターン消費なしで回復できるので、わざわざ1ターン消費して回復技を使う必要性がないというのもなんかなあ。 という感じ。 まあ本格的なRPGではないので、そこに文句を言うのはお門違いというのは分かっているのですが。 戦闘は単調ですが、コースの作りはバリエーションに富んでいていい感じです。 ただ走る動作を続けるだけではなく、リングコンをお腹に押し込みながらお腹をひねり続けたり、スクワットをめっちゃやらされたり、障害物をジャンプでよけたり、途中でルートが別れていたりと、飽きさせない作りになってます。 自分で走ってる感も相まって気持ちがよく、かなりよくできてると思います。 かなりよくできているがゆえに、 バトル無しでコースを走るだけのモードがないのは非常にもったいないです! 走る時間もしくは距離を決めて、自動生成されるコースをひたすら走るというモードを是非とも追加していただきたいです。 有料DLCでもいいので。 運動負荷が30段階で細かく設定できるのはいいのですが、部位ごとに設定できないのでちょっと困っています。 体幹やヨガは余裕があるからちょっと負荷を上げたいけど、脚は限界なのでこれ以上は上げられないむしろ下げたい、という状況になる人は僕だけじゃないはず。 4つのカテゴリでそれぞれ運動負荷を個別に決められたら良かったなと。 あと細かいところでは、左右を片方ずつ順番に鍛えるスキルを使うときに途中で敵を倒してしまうと、左右のバランスが悪くなってしまうところ。 「スキルの途中で敵を倒した場合は、残りの回数分だけ別の敵に対して攻撃できる」というシステムにしていればよかったんじゃないかな、と思いました。 おすすめのプレイ方法 これは上述の運動負荷に関する不満を解消するために編み出したプレイ方法です。 といっても、「曜日ごとに鍛える部位を変える」という筋トレの基本に従うだけですが。 1ヶ月もプレイしてやっと気づいたの?と言われそうですね。 スキルをセットするとき、属性が均等になるようにして、単体・範囲攻撃も均等になるようにして、とりあえず攻撃力の高いスキルをセットしてと、とにかく敵を効率よく倒せるようスキルを組んでしまいがち。 ですが、この際効率というものは度外視して、月曜日は腕、火曜日は脚、水曜日は腹筋、というふうに、鍛える部位を絞ってスキルを組んでいきます。 当然、腕の日は赤スキルばかり、脚の日は青スキルばかりになってしまいますが、ペルソナじゃあるまいし、弱点攻撃をしなくても負けることはほぼありません。 こうすることによって、部位をきっちり追い込むことができますし、部位ごとにあった運動負荷を決められます(運動負荷とスキルセットをその都度変えるという手間は生じてしまいますが)。 このプレイ方法に変えてからは、30分続けるのがかなりキツく、早めに切り上げて複数回に分けてプレイすることも増えました。 そんな感じで頑張ってます。 ではまた!.

次の

【リングフィットアドベンチャー】序盤のおすすめフィットスキル4選!【攻略】

リング フィット プランク

週6日ペースで一日10分以上リングフィットアドをプレイしております。 一時期負荷をMAXである30まで上げておりましたが、1回のフィットネスで掛かる時間が長い為全然進めなくなってしまいまして、このままじゃいつクリア出来るのかわからないぞ、と判断して20まで落としました。 一気に落としたのでフィットネス効果は無くなるだろうし楽過ぎてツマンネーことになるだろうと思ってたら、普通にしんどくて驚きました。 なんだ俺無理して負荷を上げてたのか。 みなさんも無理して強がって見栄を張って負荷を上げてませんか?今一度見直しておきましょう。 このゲーム、本当に良く出来ておりまして。 そろそろ飽きてきたかもなぁぐらいでスキルツリーが登場します。 これがまたモチベーションを高めてきやがる訳ですよ。 ここに強力なスキルがあるからあと何ポイント稼げば手に入る!みたいな。 そしてその強力なスキルが右上に存在しておりました。 帰ってきた2! 他のスキルが攻撃力100とか単体攻撃でも200前後なのに、この2は3体攻撃で攻撃力300オーバー!なんだこのバランスブレー的な破壊力は! ゲーマーならばまず最強スキルを手に入れようとするのは当たり前の行動原理です。 もちろん私も最短で手に入れました。 しかし、苦労して手に入れてから気が付くんです。 「あぁ!俺はなんかやりたくねーんだよ!」 リングフィットアドにてツライキツイシンドイと言われている3大スキルの一つがこの「」なのです。 最初の頃、筋トレで腹筋を鍛えてるのであまり苦労もなくこなせてると思っていたのですが、どうもフォームがあまりよろしくなかったようでして、ちゃんとしたフォームにしたら腹筋に効いてきました、お陰で私にもシンドイスキルになりました。 さらに問題が発生しまして。 ヨガマットの上でをしていたのですが、終了後に立ち上がろうとしたら血が付いていたんです。 肘が擦れて皮膚が破れてました。 体重を前に掛け過ぎてたんです。 しばらくは出来ないな、と頭ではわかってるのですが、ここが残念なを持つ者としての宿命なのでしょうか、攻撃力や攻撃範囲や属性等々見てしまうと選んでしまうんです。 の主人公である・サカザキでは無いのですが、究極奥義である覇王翔吼拳を使わざるを得ないように、私も2を使わざるをえないんです。 そこには、ヨガマットを折りたたんでなるべく肘が当たらないようにしたりしてをするおっさんがおりました。 それでも当たって瘡蓋が剥がれて血が出たりしてたんだけどな!そこまでしてをする俺ってどうなのだろうか?自分でも呆れました。 って書いててもやはりを選んでしまうだろうなと思ってる俺が存在しております。 みなさんは無理せずにプレイしましょうね。 ちなみに。 どの媒体でも四天王って雑魚キャラだったりするのですが、この作品では何回も登場して大切に扱われております。 そして彼らは実に個性的で、登場の度に楽しんでおります。 さらには攻撃方法も独特でして。 アッシリーナは自慢の足で攻撃してきますが、これが、また、素晴らしいんです。 — toriid toriid63 これを見て足に目覚めてしまう男性がいてもおかしくない気がするのですがどうでしょうか。 フッキンリーの攻撃モーションは違う方向から攻撃してきて困ります。 最初見たときは思わず笑ってしまい腹筋に力が入りませんでした。 — toriid toriid63 これを見て腹筋に目覚めてしまう女性がいてもおかしくない気がするのですがどうでしょうか。 ともあれ。 飽きさせないようにする工夫。 楽しませようとする姿勢。 継続することでの効果。 この『リングフィットアド』は実に良く出来たゲームです。 健康志向で興味を持った方は勿論、興味が無くてもゲーマーならば手を出すべき作品です。 たいぶ手に入りやすくなったようですので、是非ご購入を検討してみてください。 あとアッシリーナ様に興味を持たれた方も是非。 こちらのサイトを利用しました。 ありがとうございました。 toriid.

次の