ピンク ガーベラ 花 言葉。 【花言葉】ガーベラは色によって別の意味がある! 隠されたポジティブなパワーとは

ガーベラの花言葉は『美しさ・希望・常に前進!』色・本数・品種別で異なる?

ピンク ガーベラ 花 言葉

目次🎁• 11月の誕生花・ガーベラってどんな花? ガーベラの特徴 ガーベラは、キク科ガーベラ属の植物です。 赤やピンク・黄色・白・オレンジなどカラーバリエーションが豊富で、ビビッドな色合いとポップな花姿が印象的。 また、丈夫な性質で花持ちの良さも魅力です。 花束やアレンジメント用のお花としてとても人気があります。 花の色によってちがう!ガーベラの花言葉 ガーベラの花言葉は、「希望」や「前進」。 見る人を明るい気持ちにさせてくれるガーベラの花にぴったりの言葉ですね。 また、ガーベラには花の色ごとにも花言葉があります。 ・赤いガーベラ 赤いガーベラの花言葉は、「燃える神秘の愛」「限りない挑戦」。 これから新しいことに挑戦する人、例えば進学を目前にしている人や新社会人になる人への誕生日プレゼントにはぴったり。 ・ピンクのガーベラ ピンクのガーベラの花言葉は、「熱愛」「崇高な愛」「童心に帰る」など。 お仕事や学校などをがんばっている人に、エールの気持ちをこめてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 ・黄色いガーベラ 黄色いガーベラの花言葉は、「究極の愛と美」「親しみやすさ」「優しさ」。 実は、黄色い花はネガティブ意味の花言葉を持つものが多いといわれています。 でも、ガーベラは、そのなかでも数少ない前向きな花言葉を持つ花。 11月生まれのお友達へのプレゼントにぴったりです。 ・白いガーベラ 白いガーベラの花言葉は、「希望」「律儀」など。 花色にも花言葉にも、フレッシュでピュアな印象があります。 まだ知り合って日が浅い方や、まだ何色にも染まっていない10代の方などへのプレゼントに適しています。 花束にしてもフラーアレンジメントにしても、オレンジ色のガーベラはとっても可愛くて華やか。 紫やピンク・白・オレンジ・黄色など、さまざまな色があります。 ガーベラの花のサイズ感とのコントラストが、アレンジメントに表情を与えてくれます。 ・白いバラ 白いバラは、11月の誕生花のひとつ。 鮮やかなガーベラの花と白いバラは相性抜群! アレンジメントに白いバラが入っていると、ガーベラのポップさを少し抑えて、落ち着いたシックな印象になります。 また、花束やアレンジメントがグッと締まるので、フォーマルな場でのプレゼントにもおすすめです。 ・ピラカンサス まるでベリーのような赤い実をつけるピラカンサス。 こういった、実をつける植物を花束やアレンジメントに加えると、いいアクセントになります。 GIFT編集部は「誕生日 きっとみんなが嬉しい日」をテーマに、誕生日に関する情報を独自に調査し、誕生日を彩る情報を発信しています。 あなたの大切な人の誕生日が、サプライズや贈り物、感謝や感動で溢れますように。 , ,•

次の

ガーベラの花言葉が素敵すぎ!ピンクやオレンジ 色別の意味も調べてみた

ピンク ガーベラ 花 言葉

切り花やフラワーアレンジメントでよく使われたり、フラワーセラピーとしても重宝されている ガーベラ。 ガーベラはキク科の多年草で、切り花用で流通しているものは約2000種もあるんだとか。 その可愛らしさで、贈答花としても喜ばれる花ですね。 ガーベラの花色はピンク、オレンジ、赤、白、緑、黄色など豊富にあります。 名前の由来は、発見者であるドイツの 博物学者ゲルバー(Gerber)からとられたのだそう。 さて、今回はそんなガーベラの花言葉について調べてみました。 実はすごくポジティブで素敵な意味を持っているんですよ!相手に元気を出してもらいたい時やお祝いごとなどで贈るといいですね! 色ごとに異なる意味があるので、それぞれ解説していきたいと思います。 行動力を高めてくれたり、新しいことへのチャレンジ意欲をかき立ててくれます。 また、カラーセラピーとしては体を温めてくれる色でもありますね。 赤色のガーベラは、「燃える神秘の愛」という花言葉があるので、告白やプロポーズ時におすすめです!あなたの燃えるような想いを大好きな人へ贈ってみてはいかがでしょうか。 スポーツや芸術など、何か一つのことに打ち込んでいる人へ「頑張って」の気持ちを込めてプレゼントするのも素敵ですね! オレンジのガーベラ 【神秘】 【冒険心】 【我慢強さ】 オレンジのガーベラは、これから何か新しいことにチャレンジする人へのプレゼントに最適です。 「仕事で新たなプロジェクトをスタートさせる」「芸術で新しい道を拓く」などなど。 オレンジは、元気で明るいイメージの色ですね。 ドキドキわくわく、とてもポジティブな雰囲気を持っているので、お部屋に飾れば活力をもらえます。 黄色のガーベラ 【究極の美】 【究極の愛】 【親しみやすい】 黄色は、明るく元気で開放的なイメージですね。 希少な品種なので、個性的で素敵な女性やあなたにとっての特別な女性へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 青色は空や海を連想させ、爽やかで開放感のあるイメージです。 クールになりたい時や集中力を高めたい時におすすめのカラーですね。 まとめ いかがでしたでしょうか?ガーベラの花言葉を6色ご紹介しました。 ピンクのガーベラ 【熱愛】【崇高な愛】【崇高な美】【童心にかえる】• 赤のガーベラ 【燃える神秘の愛】【チャレンジ】【常に前進】• オレンジのガーベラ 【神秘】【冒険心】【我慢強さ】• 白いガーベラ 【希望】【律儀】• 黄色のガーベラ 【究極の美】【究極の愛】【親しみやすい】• スポンサーリンク.

次の

ガーベラの風水の効果は!?何処に飾るのがいい!?

ピンク ガーベラ 花 言葉

3月生まれの皆様は、もうすぐお誕生月ですね。 おめでとうございます! は、可憐な見た目の【ピンクガーベラ】です。 今回の花だよりでは、3月の誕生花「ピンクガーベラ」についてご紹介します。 発見した博物学者・ゲルベル氏(Gerber)にちなんで名付けられました。 日本に伝わった当初は「花車」「花千本槍」と呼ばれて、人気を博したといいます。 原種は赤色ですが、品種改良によって様々な色が生まれました。 ピンク・オレンジなどの明るい色が多くあるので、「希望」「前向き」といったポジティブな花言葉がついています。 ピンクガーベラの花言葉は「崇高美」「熱愛」。 気高く尊い、凛とした美しさを表しています。 花嫁に似合う花として、ウェディングにもよく使われています。 パートナーはもちろん、上司や先輩にもおすすめな色です。 また、西洋では「appreciation(感謝)」「compassion(思いやり)」という花言葉もあります。 いつもお世話になっている方に贈りたいですね。 【水切り】 水の中で茎をカットする「水切り」。 切り口の面積が広くなるよう、基本的には斜めに切ります。 ところが、ガーベラの茎は空洞なので、斜めに切ると腐りやすくなります。 ガーベラの水切りは、まっすぐ水平に切りましょう。 切り口が茶色く変色したり、ぬめっていたら傷んでいるサイン。 その際には、すっきりした断面になるまで切っていきます。 【水替え】 ガーベラの茎はやわらかく、水に浸かっている箇所が傷みやすいです。 茎の途中から腐ってしまうと、水が花まで届かなくなります。 花瓶の底から3~5cmほどを目安に、浅く水を張るようにしましょう。

次の