空 も 飛べる はず ギター コード。 空も飛べるはず / スピッツ【コード進行分析】

空も飛べるはず / スピッツ のギターコード譜

空 も 飛べる はず ギター コード

メロディ:「幼い微熱を…下げられないまま…. 」 ここのメロディ音がなかなか面白いと思います。 最初のフレーズは「ミ・ミ・ソ・ミ・ファ・ミ~レ~ミ~(幼い微熱を~)」という音が使用されていますが、次のフレーズでは「レ・レ・ソ・レ・ミ・レ~ド~レ~(下げられないま~ま~)」と、きれいに1音下がった音選びになっており、冒頭フレーズのモチーフがうまく活用されています。 コードを順番に上行していくような進行。 高揚感があり、サビに向けての盛り上がりを演出しています。 ここでは王道進行が使用されています。 このようにサビの中間部で部分的に使用されることもあり、展開を意識したドラマチックな曲に有効です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ダイアトニックコードが中心に使用されているシンプルな曲です。 これが多くの人々を惹き付けるスピッツの魅力なのかもしれません。 まさに、メロディメーカー。 といった感じでしょうか。 参考になれば幸いです。 では! 動画.

次の

【空も飛べるはず】のコード進行をわかりやすく解説!【スピッツ】|偏った人が語る音楽の話

空 も 飛べる はず ギター コード

そのオープニングの映像がこちらです。 20年も前の曲になるわけですが、何度聴いても飽きません。 当時はコード進行など知りませんでしたし、なんとなくいい歌だな〜と思いながら聴いていただけでした。 しかし、こうして改めてコードなどを分析するといろいろと感心させられますし、まったく聴き方が変わります。 新たな魅力を発見できたりもします。 こんなにシンプルなコード進行でこんな奥深い曲がつくれるものか?信じられません。 そして、素晴らしいのは曲や詞だけではありません。 サウンドや演奏にもじっくりと耳を傾けてしまいます。 アレンジも簡素でスッキリしていて聴き心地が良く、サビに入るまでの流れも美しい。 本当に素晴らしいです。 僭越ながら分析させていただきます。 このことは、 「1発目のコードがいかに印象や雰囲気を決定づけるか」ということを表しています。 着地点のコードよりも、むしろ出だしのコードのほうが印象を左右するのかもしれません。 このようにコードを展開・拡張する方法として「ひとつのコードを分割する」という手法はよく用いられますが、その場合の多くはこの曲の例のように「4度下のコードを手前に置く」のが一般的です。 なぜ手前に置くコードが4度下なのかと言うと、そうすることによって「4度上昇」する進行をつくることができるからです。 つまり「強進行」と呼ばれるドミナントとトニックの関係になり、なめらかに音がつながるようになるのです。 それでも4度進行であることに変わりはないので、十分になめらかな進行を感じさせます。 セカンダリードミナントのD7で浮遊感 続いてAメロの後半、5〜8小節目です。 ファに がついているのでノンダイアトニックコードであり、一瞬フワっと浮いたような感じがします。 この8小節の進行を、もう一度繰り返してBに移ります。 メジャーコードから始まっていたAメロとはうって変わって、暗〜い印象です。 メロディーラインだけを見ればメジャーっぽいんですが、コードの動きの少なさと歌詞の内容も手伝ってか、どんより沈み込む感じがします。 しかし色褪せてひび割れたのもつかの間、輝くすべを求めて前へ進んでいきます。 Bメロ前半との対比がじつに効果的ですね。 停滞していたコードの動きが活発に動き始め、しかも階段を登っていくように上昇していく。 まさにくすぶっていた人が立ち上がり、上を向いて歩き出していくような感じです。

次の

空も飛べるはず / スピッツ【コード進行分析】

空 も 飛べる はず ギター コード

そのオープニングの映像がこちらです。 20年も前の曲になるわけですが、何度聴いても飽きません。 当時はコード進行など知りませんでしたし、なんとなくいい歌だな〜と思いながら聴いていただけでした。 しかし、こうして改めてコードなどを分析するといろいろと感心させられますし、まったく聴き方が変わります。 新たな魅力を発見できたりもします。 こんなにシンプルなコード進行でこんな奥深い曲がつくれるものか?信じられません。 そして、素晴らしいのは曲や詞だけではありません。 サウンドや演奏にもじっくりと耳を傾けてしまいます。 アレンジも簡素でスッキリしていて聴き心地が良く、サビに入るまでの流れも美しい。 本当に素晴らしいです。 僭越ながら分析させていただきます。 このことは、 「1発目のコードがいかに印象や雰囲気を決定づけるか」ということを表しています。 着地点のコードよりも、むしろ出だしのコードのほうが印象を左右するのかもしれません。 このようにコードを展開・拡張する方法として「ひとつのコードを分割する」という手法はよく用いられますが、その場合の多くはこの曲の例のように「4度下のコードを手前に置く」のが一般的です。 なぜ手前に置くコードが4度下なのかと言うと、そうすることによって「4度上昇」する進行をつくることができるからです。 つまり「強進行」と呼ばれるドミナントとトニックの関係になり、なめらかに音がつながるようになるのです。 それでも4度進行であることに変わりはないので、十分になめらかな進行を感じさせます。 セカンダリードミナントのD7で浮遊感 続いてAメロの後半、5〜8小節目です。 ファに がついているのでノンダイアトニックコードであり、一瞬フワっと浮いたような感じがします。 この8小節の進行を、もう一度繰り返してBに移ります。 メジャーコードから始まっていたAメロとはうって変わって、暗〜い印象です。 メロディーラインだけを見ればメジャーっぽいんですが、コードの動きの少なさと歌詞の内容も手伝ってか、どんより沈み込む感じがします。 しかし色褪せてひび割れたのもつかの間、輝くすべを求めて前へ進んでいきます。 Bメロ前半との対比がじつに効果的ですね。 停滞していたコードの動きが活発に動き始め、しかも階段を登っていくように上昇していく。 まさにくすぶっていた人が立ち上がり、上を向いて歩き出していくような感じです。

次の