電気代 節約 契約。 誰でも簡単!電気代を無理なく大幅に節約できる9個の方法

北海道のオール電化住宅で異常に高い電気代を安くする節約術

電気代 節約 契約

電気料金の内訳 電気料金の内訳は、基本料金、電力量料金、再エネ発電賦課金の合計額です。 基本料金は、契約電流 アンペア または契約電力 キロワット によって決まります。 契約アンペアの種類 家庭用の契約アンペア数は10アンペアから60アンペアまで7種類あります。 北海道電力 ほくでん から毎月契約住所の郵便ポストへ投函される「電気ご使用量のお知らせ」に契約電流が記載されていますす。 契約しているアンペア数は、北海道電力 ほくでん をはじめとした電力会社に連絡すれば変更ができます。 契約用ブレーカーの色別 黒 10アンペア 基本料金334. 80円 黄 15 アンペア 基本料金502. 20円 青・深緑 20 アンペア 基本料金669. 60円 赤 30 アンペア 基本料金1004. 40円 グレー 40 アンペア 基本料金1339. 20円 茶 50 アンペア 基本料金1674. 00円 紫 60 アンペア 基本料金2008. 80円 ブレーカーの適正人数の目安 10アンペア 1人 15アンペア 1人 20アンペア 1~2人 30アンペア 1~3人 40アンペア 3人~ 50アンペア 4人~ 60アンペア 5人~ 契約アンペア数の確認方法 10アンペア~30アンペアの黒・黄・青・赤はブレーカーのつまみ部分、40アンペア~60アンペアのグレー・茶・紫はブレーカーの表面部分に記載があります。 また、毎月電力会社から発行される検針票の「電気ご使用量のお知らせ」でも確認できます。 契約アンペア数の変更方法 通話料無料の「ほくでん契約センター」に電話するだけです。 手元に 検針票「電気ご使用量のお知らせ」を用意しておきましょう。 記載の「お客様番号」が必要となります。 契約アンペアを変更するために必要な契約用安全ブレーカーの取替工事は、北海道電力が無料で行ないます。 ただし、現在、契約用安全ブレーカーが取り付けられていない方で、新たに契約用安全ブレーカーを取り付ける場合や、分電盤や屋内配線等の状況により、お客さま負担の設備工事が必要となるケースがあります。 ほくでん契約センター 0120-12-6565 フリーダイヤル 受付時間 月曜日~金曜日9:00~17:00、土曜日9:00~15:00 休業日 日曜日、祝日、12月29日~1月3日 家庭の契約アンペアを計算 食事作りの時間や夜間時間帯など、家庭の中で電気使用の最も多くなる時間帯を考えて契約アンペアを掲載しましょう。 例えば、• ドライヤー 1200W• 炊飯器 炊飯時 1300W• 冷蔵庫 350L~400Lタイプ 250W• テレビ 42型液晶 210W• 照明 40W• 電子レンジ 700W• 合計 3700W 同時に使用した場合の電気量の最大値 この3700Wで電流に換算すると37. この使用方法だと。 40Aのブレーカーが必要にります。 同時使用を避ける事により、契約アンペアが見直しできます。 契約アンペア変更の注意点 同時使用する電気機器のアンペア 電流 の合計数を計算するのが契約アンペアのポイントです。 北海道の場合は四季を通して、寒暖差がありますので注意しましょう。 アンペアを下げたら、消費電力の高いドライヤーや電子レンジ、炊飯器。 アイロンなどの同時使用は避けましょう。 アンペア契約数は余裕をもって契約する事が大切です。 主な家電の電気容量の目安• 42型テレビ 液晶 210W• 掃除機 弱200W 強1,000W• 洗濯乾燥機 洗濯・脱水ドラム容量9kg 洗濯時200W 乾燥時1,300W• 電子レンジ 庫内容量20Lクラス 700W• 炊飯器 5. 5合炊き 炊飯時1,300W• 食器洗い乾燥器 1,400W• ホットプレート 汎用鍋タイプ 1,300W• IHクッキングヒーター卓上タイプ 100V 1,400W• アイロン 1,200W~1,400W• ドライヤー 弱600 強1,200W• ボイラー 暖房 100W• ボイラー 給湯 100W• ハロゲンヒーター 1,200W• ファンヒーター ミニタイプ 500~700W• 電気こたつ 弱100W 強500W• エアコン 10畳用、100V 暖房700W 冷房600W• 温水洗浄便座 便座50W 温水1,000W• 電気カーペット 3畳用 800W• 冷蔵庫 350L~400Lタイプ 250W• 電気ジャーポット 保温時50W 沸騰時1,000W• 照明 白熱灯60W 蛍光灯30W LED 4~10W ほくでんのアンペアチェックで最大電気消費量を確認 家庭で使用している電気機器のワット数 W数 を入力すると、自宅で最も多く電気を使う時の消費電力を計算できます。 家庭で利用している電気容量と、契約の電気容量を比較することができます。 シミュレーションをして、最適な電気料金を割り出しましょう。 アンペア変更の問い合わせ ほくでん契約センター 0120-12-6565 営業時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00 土曜日 9:00~15:00 休業日 日曜日・祝日・12月29日~1月3日.

次の

戸建ての電気代を安くする簡単な方法(ケチケチ節約しなくてOK)

電気代 節約 契約

エコキュートの電気代は平均いくらくらいなのか? エコキュートにかかる電気代については、エコキュートのトップメーカーであるパナソニックの公式サイトに 地域別のエコキュートにかかる電気代の月平均のデータが公開されているのでご紹介します。 ご覧のようにエコキュートにかかる電気代は、 寒い地域でも1カ月平均3,000円足らず、温かい地域だと1ヵ月平均2,000円以内でお湯を使うことができるということになります。 実際には、エコキュートの電気代といっても毎月の電気代の明細には家全体の電気代が記載されているので実際にはエコキュートに電気代がどれくらい掛かっているのかははっきりはわかりません。 従って、エコキュートを導入する前と導入してからの電気代を比較してどのくらい電気代が上がったかを比較することでひとつの目安とすることができます。 エコキュートを導入する前の電気代とエコキュート導入後の電気代を比較して、 ・電気代の上げ幅が上記の月平均を大幅に超える。 ・エコキュートを導入する前年の同じ月で比較して大幅に電気代が上がった。 こんな場合には、エコキュートが原因で電気代が高くなっている可能性がありますので、エコキュートの使い方を見直してみることをおススメします。 エコキュートの電気代を節約するには? エコキュートは本来ランニングコストに優れた給湯器ですが、 使い方によっては余計な電気代がかかってしまうことがあります。 「エコキュートを設置してから電気代が急に高くなった」場合にはエコキュートの使い方をチェックしてみましょう。 沸き上げ設定を見直す エコキュートはタンク内に貯めておくお湯の沸き上げ上げ量をあらかじめ設定しておく事ができます。 エコキュートのメインリモコンに現在の 沸き上げ設定が表示されているので確認してみましょう。 メーカーによって多少の違いはありますが、エコキュートはお湯の使用量によって、 多め:お湯の使用量が多い家庭や、いつもより多くお湯を使いたい時向け おまかせ:お湯の使用量を学習し自動的に沸き上げ量を決める 少なめ:お湯の使用量が少ない家庭向け などの沸き上げモードが設定できます。 お湯を使う人数が変わったり、季節ごとに沸き上げモードを使い分けることで電気代の節約につながります。 ただし、あまりギリギリの設定にすると湯切れを起こしたり、昼間の沸き上げ回数が増えてしまう可能性がありますので、沸き上げ設定の変更は慎重に行いましょう。 ふろ自動運転を極力短くする お風呂の湯量や温度を一定に保ってくれる「ふろ自動運転(フルオートタイプのみ)」はとても便利な機能ですが、定期的にお湯張りや追い炊きを繰り返すので、その分タンク内のお湯を消費します。 入浴時間を短くしたり、家族全員が時間を空けず続けてお風呂に入るなど、ふろ自動運転の時間を短くすることが電気代の節約になります。 追炊きよりも高温さし湯を使う エコキュートの追炊き運転は、貯湯タンク内のお湯の熱を浴槽内のお湯に移す(熱交換)して追炊きします。 熱交換の場合、タンク内のお湯の熱を100%浴槽のお湯に移すことはできないので、電気代だけを見れば、タンク内のお湯をそのまま浴槽に入れる「高温さし湯」の方が効率よく浴槽内のお湯を温めることができます。 また同じ理由で、お風呂に入る間隔が何時間も空いてしまうようであれば、ふろ自動で保温したり、残り湯を沸かし直したりするよりは、新しくお湯を入れ直す方が電気代の節約になります。 その他、洗面やシャワー、炊事でお湯を使う時にはこまめに止水する、ふろ自動運転中はお風呂にフタをしてお湯が冷めにくいようにするなど、できるだけ夜間電力で貯めたお湯の範囲内で上手にお湯をやりくりし、昼間に沸き増しをしないようにすることがエコキュートの電気代を節約することにつながります。 スポンサーリンク 電気代が高いのはエコキュートのせい?ほかに見直すポイントは? 「エコキュートにしたとたんに電気代が高くなった!」 そんな時は果たしてエコキュートだけが原因でしょうか? 電気代が高くなったのはエコキュートだけのせいではないかもしれません。 電力契約プランを把握しておく エコキュートを設置すると、電力会社との電力契約プランがいわゆる 「時間帯別電灯」契約となります。 この時間帯別電灯契約は 「深夜電力が安い代わりに昼間の電気料金が高い」になるのですが、契約する電力会社や電力契約プランによって、深夜電力と昼間の時間帯の区分けが違うので注意が必要です。 また、電力会社によっては昼間の時間帯も「ピーク時間」と「オフピーク」とで値段が変わったり、平日と休日で時間帯が変わるプランがあったり、「夏季」と「冬季」で時間帯の区分けを変えている場合もあります。 自分の家の電力契約を確認し、どの時間帯が安くてどの時間帯が高いのかをきちんと把握することが重要です。 エコキュート以外の電気の使い方にも注意! この電力契約はエコキュートだけでなく家中全ての電力の使用に適用されるので、契約しているプランの内容をきちんと把握していないと、知らず知らずに 「高い電気ばかり使っていた」ということにもなりかねません。 「エコキュートを導入して電気代が上がった」という場合、エコキュートの電気代ではなく、エコキュートを導入することで電力契約プランが変更になったせいで、 エコキュート以外の電気代が高くなっていたというケースがよくあります。 昼間の時間帯は特に注意して節電に努め、洗濯機や食器洗い機などはタイマー機能を使って深夜時間帯に動かすなど、家電類の使い方を工夫することで電気代を安く抑えることができます。 新しいエコキュートでさらに電気代を節約! 古くなったエコキュートを新しいものに交換することも、電気代の節約につながります。 現在発売されている最新モデルのエコキュートには、これまでにはない様々な省エネ機能が充実しています。 年間給湯保温効率の向上 最新モデルのエコキュートは従来のものに比べてお湯を貯めておく貯湯タンクの材質や保温材の材質の性能が向上していて、沸かしたお湯を無駄にしない構造になっています。 また、ヒートポンプユニットの熱交換の性能や運転制御技術の向上でより少ない電力消費で効率よくお湯を沸かせるようになっています。 エコキュートの省エネ性能を比較する目安として 「年間給湯保温効率」という数値があります。 年間給湯保温効率は「エコキュートを運転した時の単位消費電力量当たりの給湯熱量及び保温熱量を表したもの」で、数値が高いほど熱効率が高く省エネだということになります。 例えば、三菱電機のエコキュート「プレミアムタイプ」だと2011年発売モデルの年間給湯保温効率は「3. 1」ですが、現行モデルだと「3. 8」に向上するなど、新しいモデルほど省エネ性能が高くなっていることが分かります。 各メーカーのエコキュートのカタログには、モデルごとの年間給湯保温効率の数値が記載されているので、省エネ性能でエコキュートを選ぶ際の目安にすることができます。 ふろの残り湯の熱を再利用して節約する機能 最新モデルのエコキュートの中には、 入浴し終わった後の残り湯の熱を回収して貯湯タンクの沸き上げの熱源として再利用する機能がついたものも発売されています。 残り湯の熱を再利用する機能には、長府製作所の 「ecoとく」やパナソニックの 「ぬくもりチャージ」などがあります。 入浴している時だけ保温する機能 通常の「ふろ自動運転」は定期的に浴槽のお湯の温度を検知して設定温度まで追い炊きを繰り返しているので、入浴の間隔が開いているとその分無駄な追い炊きが発生していました。 最新のエコキュートには、 入浴を(浴室に人がいる)を検知して保温追い炊きをすることで入浴していない間の無駄な追い炊きを減らす省エネ機能を搭載したモデルがあります。 入浴を検知して追い炊きする機能には、パナソニックの 「エコナビ」や、コロナの 「省エネ保温」などがあります。 このようにエコキュートは各メーカーの開発努力により年々性能が向上していて、より少ない電気で効率よくお湯を使えるようになっています。 もし今お使いのエコキュートが設置から10年以上経っているものであれば、エコキュートを現行の最新モデルに取り替えることで更なる電気代の節約につながります。 また、これからエコキュートの導入をお考えの方は、メーカーや機種を選ぶ際には、省エネ機能内容にも注目してみることをオススメします。 スポンサーリンク まとめ エコキュートは本来とても効率がいい給湯器で正しく使えば電気代の節約につながります。 しかし間違った使い方をしてしまうとかえって電気代が高くなってしまうことがあるので注意が必要です。 そしてエコキュートを設置すると、ご家庭の電気代には、各電力会社の電力契約プランが深く関係してきます。 エコキュートを設置したのに電気代が高いと感じている方は エコキュート自体の使い方はもちろん、エコキュート以外の電気の使い方についても見直してみてはいかがでしょうか。 また、設置から長くたったエコキュートを省エネ性能に優れた最新のものに交換することも電気代の節約につながります。 自宅の給湯器をエコキュートにしたい! エコキュートを最新式に取り替えたい! 安い深夜電力を利用して効率よくお湯を供給してくれる給湯器 「エコキュート」の需要が高まっています。 新築住宅はもちろん、従来のガスや石油を使った給湯器からの買い替えをされる方や、発売初期に導入したエコキュートが入れ替え時期に来ている方が増えています。 そんな皆さんの共通の悩みと言えば、 「エコキュートは本体価格が高価で導入に躊躇してしまう」 「エコキュートの価格の相場が分からない」 「自宅にエコキュートが設置できるかわからない」 「信頼できる業者が分からずボッタクられるのが怖い・・・」 エコキュートを適正価格で導入したいなら、必ず優良業者から正しい見積もりをしてもらうことが大切です! エコキュートの場合は、消費者側の知識不足から 悪質業者が横行して法外に高い値段で買わされたという事例もあるので注意が必要です。 リフォームサイトに関するインターネット調査において、 「価格の分かりやすさ」 「サイトの使いやすさ」 「価格の安心感」 「リフォームの情報量」 「商品掲載数満足度」 の 5部門でナンバーワンの評価を得ている信頼性抜群のリフォーム総合サイトです。 【あなたの地元の優良業者を完全無料で紹介!】 リノコには全国一万店の施工業者から厳しい審査を通過した800社が加盟店登録していて、その中からあなたの街のエコキュート業者を紹介してくれます。 リノコの施工業者は工事の出来ばえやお客様からの評判など、常に厳しく審査されているので優良な施工業者が厳選されています。 従って、 リノコならあなたがわざわざ優良な施工業者を探す必要はありません。 【リフォームアドバイザーが徹底サポート】 リフォームを進める中で、 「業者さんとのやり取りが苦手」「価格交渉や工事の要望などが言いにくい」など不安に感じる方も多いのではないでしょうか。 リノコは業者を紹介したら 「後は勝手にやって」というスタンスではありません! リノコにはリフォームの経験豊富な 「リフォーム・コンサルタント」が年中無休であなたをサポート。 常にあなたと施工業者との間に入って、下見や工事の日程調整はもちろん、施工業者に直接言いづらい要望や値引き交渉などもあなたに代わって行ってくれます。 リフォームにかかるストレスを最小限に抑えてくれるのが「リノコ」のエコキュートリフォームなのです。 【コミコミ価格で追加料金不要!】 リフォームといえば、見積りをして契約したものの、工事が始まったら後から追加が発生して結局見積もりより高くなるというイメージをお持ちの方もいるでしょう。 また、リノコの 工事には1年間の無料保証がついているので、万が一工事後に気になる点がでても安心です。 エコキュート本体には 最長10年までの長期延長保証を選ぶことができます。 エコキュートは長く使用する機器なので延長保証を選んでおくことをおすすめします。 【まずは匿名で相談できる!】 リノコではエコキュートの導入を検討中の方なら、 まずは匿名で相談することができます。 メールアドレスなど、2分ほどで入力できる簡単なフォームに入力するだけで気軽にエコキュートに関する相談をすることができます。 リフォームコンサルタントにあなたの要望を遠慮なく伝えて、あなたに合った優良業者を紹介してもらいましょう。 リノコは全国の優良業者と私たちユーザーとを結んでくれるリフォームサービスです。

次の

電気温水器の電気代、節約方法は?注目すべきポイントはただ一つ!

電気代 節約 契約

新電力からの切り替えサービスに関する注意点• ・新電力からの切り替えサービスは、ENECHANGE株式会社(以下、「パートナー企業」といいます。 )が運営するサービスです。 ・価格. comに掲載しているキャンペーン内容と異なります。 ・ 新電力からの切り替えサービスをご希望のお客様には、パートナー企業が運営するウェブサイトに遷移後、会員登録その他パートナー企業が定める手続きを実施いただくこととなり、以降、パートナー企業が定める利用規約等が適用されますので、当該利用規約等の内容に同意の上ご利用ください。 以上のことから、株式会社カカクコムは、新電力からの切り替えシミュレーションサービスでお客様がご入力・ご回答いただいた情報を取得いたしません。 個人情報を含むお客様のデータは、すべてパートナー企業が取得し、パートナー企業からパートナー企業業務提携先である電力会社に提供されます。 また、新電力からの切り替えサービスのシミュレーション結果には、株式会社カカクコムは一切関与しておらず、新電力からの切り替えサービスの利用によってお客様に損害や不利益が発生した場合でも株式会社カカクコムは一切の責任を負いません。 ・新電力からの切り替えサービスについてご不明な点がございましたらパートナー企業までお問い合わせください。 株式会社カカクコムではお答えできかねますので、ご了承ください。 ・掲載している情報について、株式会社カカクコムはその内容の正確性、速報性、完全性、商品性、または合目的性等について、いかなる保証(明示的、黙示的を問いません)もいたしませんので、あらかじめご了承ください。 電気切り替えのお手続きはカンタンです! 新電力からの切り替えサービスに関する注意点• ・新電力からの切り替えサービスは、ENECHANGE株式会社(以下、「パートナー企業」といいます。 )が運営するサービスです。 ・価格. comに掲載しているキャンペーン内容と異なります。 ・ 新電力からの切り替えサービスをご希望のお客様には、パートナー企業が運営するウェブサイトに遷移後、会員登録その他パートナー企業が定める手続きを実施いただくこととなり、以降、パートナー企業が定める利用規約等が適用されますので、当該利用規約等の内容に同意の上ご利用ください。 以上のことから、株式会社カカクコムは、新電力からの切り替えシミュレーションサービスでお客様がご入力・ご回答いただいた情報を取得いたしません。 個人情報を含むお客様のデータは、すべてパートナー企業が取得し、パートナー企業からパートナー企業業務提携先である電力会社に提供されます。 また、新電力からの切り替えサービスのシミュレーション結果には、株式会社カカクコムは一切関与しておらず、新電力からの切り替えサービスの利用によってお客様に損害や不利益が発生した場合でも株式会社カカクコムは一切の責任を負いません。 ・新電力からの切り替えサービスについてご不明な点がございましたらパートナー企業までお問い合わせください。 株式会社カカクコムではお答えできかねますので、ご了承ください。 ・掲載している情報について、株式会社カカクコムはその内容の正確性、速報性、完全性、商品性、または合目的性等について、いかなる保証(明示的、黙示的を問いません)もいたしませんので、あらかじめご了承ください。

次の