メル ペイ スマート 払い やり方。 メルペイスマート払いとは?使える店・支払い方法・清算方法(残高・コンビニ・銀行口座)・上限金額から設定方法・使えないときの3つの注意点まで紹介【メルペイあと払い】

メルペイスマート払いって何?初期設定や支払いの方法、手数料などのルールを解説

メル ペイ スマート 払い やり方

メルカリ後払いの支払い方法は? メルカリ後払いの 支払い期間は、メルペイを利用した翌月の1日~末日までで、クレジットカードのように分割払いすることはできません。 例えば、読みたい本をメルペイあと払いで購入して、読んだ後すぐにメルカリで売ったら、その売上金の分をあと払いに充てることができますね。 しかも、通常メルペイあと払いは手数料として300円かかりますが、 メルペイ残高で支払った時のみ手数料が無料となります。 ATMでの支払いは、ゆうちょ銀行などPay-easy(ペイジー)対応の銀行ならどこでも大丈夫です。 セブンイレブンで実際にやってみましたので、画像つきで説明していきますね! 1.まず、メルペイ画面の『あと払い履歴』をタップします。 2.メルペイ後払いの画面がでてきますので、『支払い方法』をタップして選択します。 4.メルペイ後払いの支払いをしたいコンビニか銀行ATMを選び、『お客さま番号を発行する』をタップします。 使用できるポイントがあれば、この画面で選択します。 清算手数料は1ヶ月で300円です(この時は、手数料無料キャンペーンだったため0円になっています。 5.払込票番号と払込票がでてきますので、『払込票』をタップして表示します。 6.バーコードがでてきますので、セブンイレブンの場合はレジで見せるだけで清算完了です。 ローソンとファミリーマートを選択すると、この時QRコードが出てきますので、それぞれLoppiとファミポートにかざして、出てきた紙をレジにもっていけばOKです。 ちなみに、セブンイレブンでメルペイ後払いをする時には、 nanaco(ナナコ)カードで支払いすることができます。 バーコードやQRコードを出したけど支払いをしなかった場合には、有効期限が切れるので、また同じ手順で 『お客様番号の再発行』をすれば大丈夫ですよ。 メルペイ後払いは 手数料として月に300円かかりますので、利用しないのであれば、支払い方法を『メルペイ払い』に戻しておきましょう。 口座引落 メルペイ後払いを口座振替する場合、メルペイを利用した月の 翌月10日が振替申請締日で27日(27日が土日祝の場合は、翌営業日)口座引落となります。 ですので、翌月9日までに口座振替の設定が必要となります。 口座振替の設定は以下の通りです。 1.メルペイ画面の『あと払い履歴』をタップします。 2.『支払い方法』をタップして『口座振替』を選択します。 3.名前や口座情報を入力して『登録』をタップします。 4.銀行のぺージで必要な情報を入力して、口座振替の認証を行います。 5.銀行のページで認証確認後、『メルペイ後払いのページに戻る』を選択します。 この銀行口座の登録はを一度しておくと、次回から登録する必要はありません。 メルペイ後払いはポイントや売上金で支払える? メルペイあと払いではメルカリの 売上金や売上金で購入したポイント、メルペイ残高を利用する事ができないので注意が必要です。 つまり、メルカリで商品を売った売上金(メルペイ)は使うことができないってことなんですよね。 メルカリの機能が使えなくなったり、延滞金がついたりと、さまざまなペナルティがつきますので、すぐにメルカリ事務局に問い合わせをしましょう。 さいごに いかがだったでしょうか? メルペイあと払いは、メルカリで購入した都度コンビニATM払いを利用している方にとってはとても便利な支払い方法ですよね。 支払いの時期になると『やることリスト』にもでてきますが、忘れないように支払いするようにしましょう。 個人的にはメルペイ後払いをするなら、コンビニの中でもセブンイレブンが一番簡単だと感じました。

次の

メルペイとは?【登録方法~使い方まで徹底解説】メルペイスマート払いで後払いOK!

メル ペイ スマート 払い やり方

メルペイポイント メルペイ残高 取得方法 ・メルカリでの売上金で1ポイント1円から購入 ・ポイント還元キャンペーンから付与 ・メルカリ上で売上金があがった際に自動チャージ ・銀行口座から希望金額をチャージ 使いみち ・iDまたはコード払いの決済 ・メルカリ内での支払い ・Suicaにチャージ Apple Pay経由 ・メルペイあと払いでの決済 ・iDまたはコード払いの決済 ・メルカリ内での支払い ・Suicaにチャージ Apple Pay経由 ・メルペイあと払いでの決済 ・銀行口座に出金 利用条件 特になし 銀行口座の登録か、本人確認登録を行うこと 有効期限 ・売上金を変えて得たポイント:付与されてから365日間 ・キャンペーンで付与され他ポイント:付与されてから180日間 特になし 両方ともほぼ同じ用途で使えます。 銀行口座登録を済ませると、売上金をわざわざメルペイポイントに変える手間がなくなるので便利です。 キャンペーンやプレゼントで付与されるのは、メルペイポイントになります。 なお詳しくは後で説明しますが、メルペイポイントから消費しやすいようになっていますので、ご安心ください。 メルペイポイントの表示形式について メルペイポイントの表示形式は、銀行口座登録や本人確認を済ませているアカウントと済ませていないアカウントで、違ってきます。 つまり、メルペイポイントを確認する際に、アカウントの状態で見え方が違ってきますので、表示形式を知っておくとスムーズにできるのです。 さっそく詳細を説明していきましょう。 まず、 銀行口座登録などを済ませているアカウントでは、「メルペイ残高」と「キャンペーンで付与されたポイント」が別枠で表示されます。 なお、銀行口座を登録した場合、メルペイへのチャージはメルペイ残高に入ります。 つまり、 ポイントはプレゼントやキャンペーンで付与されたときのみ増えると、おぼえておくと良いでしょう。 一方で、 登録を済ませていないアカウントでは、「売上金で購入したポイント」と「キャンペーンで獲得したポイント」が合算で表示されます。 キャンペーンで獲得したポイントが付与されていないと勘違いしやすいので、ご注意ください。 メルペイポイントがある場合は優先して消費される メルペイポイントとメルペイ残高は、両方とも決済に使えますが、消費される順番が決まっています。 決済時には、まずメルペイポイントから消費されるのです。 そして、不足分が発生した場合には、はじめてメルペイ残高で支払います。 したがって、有効期限のあるメルペイポイントを無駄なく使い切りやすく、ポイントから使おうと意識しなくて大丈夫です。 メルペイポイントの購入方法 ここからは、メルペイポイントの購入方法を紹介していきます。 というのも、銀行口座登録をしていない場合、 メルカリの売上金はメルペイポイントに変えないと、メルペイの支払いに使えないのです。 さっそく、メルペイポイントの購入の仕方を見ていきましょう。 メルペイポイントを購入する方法は、 メルカリの売上金で買う方法のみです。 したがって、メルカリ上で売上金が発生しているのが前提となります。 売上金があるなら、メルペイアプリを開いて、ポイントの欄にある「ポイント購入」を選択すれば、売上金をポイントに変えられます。 なお、「銀行口座の登録」か「アプリでかんたん本人確認」を済ませたアカウントは、売上金がメルペイ残高に自動変換され、支払いに利用できるので便利です。 メルペイポイントの使いみち• iDまたはコード払いの決済• メルカリ内での支払い• Suicaへのチャージ• メルペイあと払い あなたにとって、一番便利な方法を使えるようにするために、それぞれの使い道を見ていきましょう。 使うにあたってiDへのチャージは必要ありませんが、 支払い方法が「あと払い」になっていると使えないことに注意が必要です。 「メルペイ残高」での支払いに変えておいてください。 使い方も簡単で、購入手続き時にでてくる「ポイントを使用する」にチェックを入れるだけです。 もちろん、メルペイポイントで足りない分は、やメルペイ残高から引き落とされますので、気兼ねなく使えます。 やり方は簡単で、まずApple PayからモバイルSuicaを開いてください。 出てきた画面の残高の隣にある「チャージ」を選択し、チャージしたい金額を入力しましょう。 すると支払いの画面が出てきますので、メルペイ電子マネーを選択して、本人確認を済ませればチャージが完了します。 メルペイポイントの有効期限• 売上金を変えて得たメルペイポイント:付与から365日間• キャンペーンで得たメルペイポイント:付与から180日間 メルペイでの支払い時に、自動的にメルペイポイントから消費されるとはいえ、 有効期限を気にしていないと、失効するリスクもあります。 有効期限の確認方法をご紹介しますので、使っていないままになっているメルペイポイントがあるなら、確認してみてください。 有効期限の確認は簡単で、まずメルペイアプリを開き、ポイントを選択します。 すると上から順に有効期限が近いメルペイポイントが表示されますので、期限が近いなら実店舗などで使ってしまいましょう。 大型のキャシュバックキャンペーンがあってお得なメルペイですが、キャンペーンで貰えるメルペイポイントは、3ヶ月ほどで期限が切れるのを忘れないようにしてください。 しかし、 キャッシュバックされるのは、あくまでキャンペーンが開催されている時に対象の行動をとったときのみです。 つまり、普段の支払いにメルペイを使ってもキャッシュバックがされてお得というわけではありません。 あくまでもメルペイは便利な決済サービスであり、お得に使えるかはポイント還元キャンペーンなどが開かれているかによるというわけです。 したがって、メルペイの最新情報を確認しつつ、メルペイポイントの有効期限がきれないように、定期的に使うことを心がけてください。 メルペイポイントについてのまとめ メルペイポイントの購入方法や使いみち、注意点などについてご紹介しましたが、理解は深まったでしょうか? メルペイは、最初こそメルペイポイントとメルペイ残高の違いが分かりにくいといった難点があります。 しかし、有効期限のあるメルペイポイントから消費されたり、メルペイポイントの有効期限が確認しやすくなっていたりと、使いやすい配慮がされています。 お得なポイント還元キャンペーンも開催されますので、ぜひかしこく使っていきたいところです。 ただし、ポイントバックはキャンペーン時のみのサービスなので、最新の情報をチェックしながら使うことを心がけてください。

次の

メルペイスマート払いとは?メルペイの便利な支払い方法についてやり方を解説

メル ペイ スマート 払い やり方

メルペイスマート払い(あと払い)とは 通常メルペイの支払いは事前に銀行口座や売上金をチャージして、チャージした分から支払いを行います。 メルペイスマート払い あと払い はチャージをしなくても、購入した金額をまとめて翌月に支払えるので残高がない場合でもいつでも利用できる支払い方法です。 事前にチャージをしなくても利用できるので、チャージが面倒なときや銀行口座にお金がないときなどに便利です。 ただし、メルペイスマート払い あと払い で支払う際、メルペイ残高以外の支払い方法を選択する場合は、手数料が300円発生するので注意してください。 メルペイスマート払いの手数料・支払い方法 メルペイスマート払い あと払い は、 支払い方法によって手数料が異なります。 ただし メルペイ残高での支払いは手数料無料ですが、メルペイ残高以外の支払い方法を選ぶと手数料が300円発生するので注意してください。 支払いにはメルペイポイントも利用可能ですが、自分で購入したポイントは利用できず、キャンペーンなどで取得したポイントのみが利用可能です。 メルカリの売上金もメルペイ残高にチャージすることで利用ができますが、銀行口座登録もしくは本人確認をしておくと自動的に残高にチャージされます。 では、それぞれの各支払い方法 決済方法 について詳しく紹介していきます。 参照: メルペイ残高 まず、 メルカリの売上金やポイント、銀行口座からチャージをしたメルペイ残高で精算をする方法を紹介します。 メルカリ残高での支払いは他の支払い方法とは異なり、 手数料無料で精算できる方法です。 メルペイ残高にチャージをするためには、銀行口座の登録が必要ですが、銀行口座の登録はアプリ内から簡単にでき多くの銀行に対応しているので安心してください。 メルペイ残高であと払いの精算をする場合は、自動引き落としの設定が可能です。 自動引き落としの設定を行うと、11日、16日、26日のいずれか好きな日を設定して自動で精算ができます。 自動引き落としの設定をしていない場合は、自分で精算手続きをする必要があるため、 手続きが面倒な人や忘れがちな人はメルペイ残高の自動引き落とし設定がおすすめです。 コンビニ・ATM つづいて、コンビニ・ATMを利用して現金で精算する方法を紹介します。 コンビニ・ATMでの支払いの場合は、手数料が300円発生します。 売上金で購入したポイントは支払いに利用できませんが、友達招待やキャンペーンなどでもらえるポイントは利用できます。 コンビニ・ATMで支払うためには、「お客様番号」を発行する必要がありますが、一度発行をしてしまうと他の支払い方法に変更ができないため注意が必要です。 「お客様番号」を発行方法は下記の通りです。 メルペイ画面下部から「使った履歴」を選択する• 「メルペイスマート払い>支払い方法」を選択する• 「お客様番号を発行する」を選択する• 利用できるコンビニは下記の通りです。 ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• セイコーマート ATMでの支払い方法はPay-easyのシステムを利用するため、ATMだけでなくパソコンや携帯電話でも支払いが可能です。 ATMで支払う場合は「税金・料金払込み」の画面から支払いができます。 銀行口座振替 最後に、銀行口座振替を利用して精算をする方法を紹介します。 銀行口座振替はメルペイスマート払い用振替口座を登録し、登録した口座から翌月27日に自動的に引き落としがされる支払い方法です。 銀行口座振替で支払いをする場合は、手数料が300円かかり、ポイントの利用はできないので注意してください。 銀行口座口座振替の手順は下記の通りです。 メルカリアプリを開く• 下記のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「メルペイ設定」を選択する• 「あと払い利用上限金額」を選択する• 上限金額を選択する 上限金額は使用頻度などによって増えたり減ったりする場合があるので、よく利用する場合は定期的にチェックすることをおすすめします。 18歳未満の人は使えない メルペイスマート払い(あと払い)は、18歳未満の人は利用できません。 ただし、18歳未満の人でも通常のメルペイ残高での決済は可能です。 18歳未満の人は、メルペイスマート払いでまとめて支払うのではなく、通常のメルペイ残高から支払いをしましょう。 なお未成年の人がメルペイを利用する場合は、保護者の同意が必要です。 残高チャージをする場合は、本人名義の銀行口座の登録が必要なので注意しましょう。 メルペイスマート払いの設定方法 メルペイスマート払いを実店舗で使うためには下記の初期設定が必要です。 メルカリアプリを開く• 下部のメニューから「メルペイ」を選択する• 画面下部にある「使い方>メルペイスマート払い」を選択する• 「設定をはじめる」を選択する• 画面の指示に従い、設定を完了する メルカリの取引でメルペイスマート払いをする場合は、上記の設定は必要なく、本人情報の登録のみ必要です。 実店舗で支払う場合も、上限金額を超えた支払いはできないため、利用金額には注意してください。 メルペイスマート払いを使って支払う方法 スマート払いを使える店は、メルペイを使える店であれば基本的に利用可能です。 ただし一部のオンラインショップでは、あと払いで手数料が発生する場合があるので注意してください。 メルカリアプリを開き、下部のメニューからメルペイを開く• もしくは「メルペイ>メルペイ設定>お店での支払い方法を変更する」より「メルペイスマート払い」を選択すると変更が可能です。 オンラインショップで利用する場合も同様に支払い方法をメルペイスマート払いに変更して手続きをすれば、支払いができます。 メルペイスマート払いの利用時はメルペイスマート払い残枠を超えての支払いはできないため、金額には注意してください。 メルカリで支払う メルカリでメルペイスマート払いを利用して支払う方法は下記の通りです。 商品を購入して購入手続きへ進む• 購入手続き画面の「支払い方法」を選択する• 支払い方法の一覧から「メルペイスマート払い」を選択する• 購入手続きを完了させる メルカリでメルペイスマート払いを利用する方法は、支払い方法の選択画面でメルペイスマート払いを選択するだけです。 同時にポイントの利用も可能なので、使いたい人は忘れずに設定をしてください。 まとめ 本記事では便利なメルペイスマート払い あと払い を使いこなすために、メルペイスマート払い あと払い のやり方や手数料、上限金額などまとめて紹介しました。 メルペイスマート払いは人によって上限金額が異なりますが、いちいちチャージをする必要なく翌月にまとめて支払えるので便利です。 最後に本記事のおさらいをしてメルペイスマート払い あと払い について理解を深めましょう。

次の