カシオ ga2100。 【評判】大満足の初G

カシオーク フルメタル化!カシオ CASIO G

カシオ ga2100

2019年8月に発売された、カシオ計算機のG-SHOCK「GA-2100」 G-SHOCKから、完全新作となる「GA-2100」が発売された。 ブランドのアイデンティティであるすぐれた耐衝撃構造を備えたデジタルとアナログのコンビネーションモデルながら、ケース厚11. 8mmという同ジャンル最薄を実現している。 先進の「カーボンコアガード構造」が最薄ケースを生んだ! 「GA-2100-1AJF」。 同シリーズは立体&大型フェイスの「GA-100」「GA-110」、3針の「GA-800」など、各カラーテーマコレクションにおけるベースモデルとして頻繁に目にする名作がそろっており、今春にはカーボンを使用した「GA-2000」も登場している。 ケース中核部分にカーボン繊維入りファインレジンを採用 「GA-2100」も例外ではなく、先進のカーボン技術が使われた。 ケースに高剛性を発揮するカーボン繊維入りファインレジンを採用した「カーボンコアガード構造」を採用し、すぐれた耐衝撃性能を備えている。 外装は、樹脂素材で覆われているために見た目の「カーボン感」は皆無だが、裏側からであればその一部を確認できる。 カーボンの採用で11. 8mmのスリムケースを実現 本機最大の特徴は、薄型化だ。 「カーボンコアガード構造」の採用によって、G-SHOCKのデジアナコンビモデルとしては最薄の11. 8mmを記録した。 これまでG-SHOCKのデジアナコンビモデルは、ケース厚16mm前後がほとんどで、コンパクトなデジアナモデルとして名高い「AWG-M100」でさえ14. 9mm。 18mmを超えるモデルも少なくない。 高剛性を生かせる「カーボンコアガード構造」は、軽量化に加えて薄型化も果たせるのが魅力で、同構造を備えた「G-STEEL GST-B200」のケース厚は14. 5mm、「GA-2000」は14. 1mmだ。 これらも従来比では十分薄くなっているが、この「GA-2100」が記録した11. 8mmという薄さは次元が違う。 フラットでシンプルなケース上層部 企画開発を担当したカシオ計算機の泉潤一さんは、「カーボンコアガード構造」による薄型化の利点を徹底追求したと話す。 「ムダな肉をそぎ落とすような考えで開発しました。 薄さと耐衝撃性能の両立に非常に苦労しました」(泉さん) 風防やケースを保護するためにベゼルに突起を設けるモデルが多いが、「GA-2100」のベゼルは意外なほどにフラットだ。 ベゼルは風防を守るために1段高く設計しているが、その差も最小限に留めている。 上が「GA-2100」、下が「GA-700」を着用したシーン 北欧ブランドに散見される「スリムケースモデル」はケース厚8mm前後なので、それらと同一視はできない。 しかし、実際に着用してみると「GA-2100」の11. 8mmは十分「薄い」と感じるレベルだ。 ジャケットを着用してみても、シャツの袖口にはあまりひっかからない。 ちなみに、ケース厚18. 4mmの「GA-700」も装着してみたが、こちらはシャツの袖口に収めることは難しく、ボタンを開けたままにするか、袖口を広げたシャツの新調が必要だと感じた。 心ひかれるソリッド&シンプルなデザイン! デザインや基本仕様についても見ていきたい。 「DW-5000C」から着想を得たという八角形フォルム ケースに八角形フォルムを採用したのも、目を引くポイントだ。 着想を得たというオリジンの「DW-5000C」は、「長方形の角を少し落として八角形にした」ようなフォルムだったが、「GA-2100」は正八角形に近い形を採用してる。 八角形が印象的な腕時計といえば、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」やブルガリの「オクト」、ジラール・ペルゴの「ロレアート」などがあり、強烈な個性と独特の気品を漂わせるデザインとして、時計ファンの間で認知されている。 方向性が異なるため「GA-2100」をそれらと同列には語れないが、均整の取れたフォルムにはやはり心ひかれるものがある。 なお、ケースサイドやバンドの造形は「DW-5000C」を踏襲しており、G-SHOCKらしさも多分に表現されている。 スリムケースながら立体感を表現 フランジ部分には、ミニッツトラックの代わりにスリットを設置。 インデックスは存在感があり、スリムケースながらここまで立体感を高めたのはさすがだ。 曜日を表す9時位置の小針 9時位置にあるレトログラード針は、曜日を表示。 ここにモード表示を備えるモデルも多いが、「GA-2100」はあえて曜日表示機能を選び、シンプルな印象を高めている。 左は「上:時・分+下:秒」、右は「上:月・日+下:秒」を表示 文字板右下には、シャープな印象を与える変形液晶を搭載。 時刻モード時は、「上:時・分+下:秒」「上:月・日+下:秒」の2パターンを表示できる。 ダブルLED採用で、暗所でも時刻が確認できる 本体右上のボタンをプッシュすると、ライトが点灯。 文字板全体と液晶部分を同時に照らすダブルLED仕様だ。 ライト点灯時間は、約1. 5秒または約3秒に設定できる。 バンドは、クイックリリースレバー付き なお、バンドには特別な工具なしに着脱できる「クイックリリースレバー」が備わっている。 同じカーボンを使った「GA-2000」に続く、G-SHOCKとして2番目の採用となる装備だ。 現時点でのアナウンスはないが、将来的に替えバンドなどが用意されるのかもしれない。 そのほかに搭載されたモードは、「時刻」「ワールドタイム」「ストップウオッチ」「タイマー」「アラーム」で、最もベーシックな構成だ。 カラーリングにこだわった3モデルの展開! 左「GA-2100-1A1JF」、右「GA-2100-4AJF」。 ブラックをベースに針やインデックスにホワイトを差した「GA-2100-1AJF」のほか、オールブラックの「GA-2100-1A1JF」とオールレッドの「GA-2100-4AJF」がラインアップされている。 引き締まった黒を表現する「GA-2100-1A1JF」 オールブラックの「GA-2100-1A1JF」はベゼルの色埋めもなく、針や機能名表示を除くほとんどをブラックで染め上げた。 泉さんいわく、ソリッドカラーズシリーズの「DW-5600BB」のコンセプトを踏襲したという。 なお同機は発売されて間もないが、価格. comの「腕時計 人気売れ筋ランキング」において、すでに10位(2019年9月6日時点)につけている。 本モデルのために、新色を開発したという「GA-2100-4AJF」 オールレッドの「GA-2100-4AJF」は、鮮やかで奥深い赤を採用。 ほかの2モデルと異なり、針の上に載せた別色も最小限の面積に留めている。 レッドカラーは、ともすればチープになりがちだが、今作はイチから開発した新色とのことで、タフな力強さを感じさせる。 左から「GA-2100-1A1JF」「GA-2100-4AJF」「GA-2100-1AJF」 モデルによって、美錠まで変更している。 細部までこだわりを感じさせる。 【まとめ】G-SHOCKの新たな魅力を引き出す意欲作だ! 2019年初頭、G-SHOCKは新素材カーボンを使った「カーボンコアガード構造」4モデルを発表。 フラッグシップの「グラビティマスター GWR-B1000」を筆頭に、順調な売れ行きを見せている。 今作はそれに続く「カーボンコアガード構造」第5のモデルで、「薄さ」という新たな武器の強みを最大限に引き出している。 今作について、企画開発者の泉さんが「ベーシックラインを活性化させるための新しいチャレンジ」と解説するように、新鮮な驚きが詰まったモデルだ。 「G-SHOCKと言えば、大きくてゴツゴツしてなきゃ!」という人は、少々面食らってしまうかもしれない。 しかし、細部のディテールや力強いカラーリングにはG-SHOCKのDNAが確実に宿っているし、スペック的にもタフであることに変わりはない。 そのうえで実現したデジアナコンビ最薄という成果を前に、新たな魅力を感じる人は多いだろう。 G-SHOCKの新規ファンを獲得する呼び水にもなるはずだ。 それに、公式サイト価格でさえ10,000円台前半というのは、「カーボンコアガード構造」モデル最安だ。 価格の面からも、多くの人の興味を引くだろう。

次の

カシオG

カシオ ga2100

タフな構造はそのままに無駄を省いたシンプルなデザインのコンビネーションモデルを開発しました。 更にケース素材には、高剛性を発揮するカーボン繊維入りファインレジンを使用し、G-SHOCKコンビネーションモデルの中で最薄となる、厚さ11. 8mmを実現しました。 G-SHOCK初代モデルのDNAを受け継ぎながら、デザイン、フォルム、サイズに徹底的にこだわった、G-SHOCKの次世代スタンダードを担うNewモデルの登場です。 ケース素材に、高強度で割れにくく耐候性に優れたカーボン繊維入りファインレジンを使用。 お受け取り時にお支払いください。 ご注文時にご指定ください。 詳細につきましてはからご覧ください。 その際は直ちにメーカーよりお取り寄せいたしますが、ご納品までに時間が掛かる場合がございます。 予めご了承ください。 予めご了承ください。 5センチ程度の紙を腕に巻いて、その長さをご指定ください。 その場合は商品到着日より3日以内にご連絡くださいませ。 到着日を含み3日以内にご連絡が無い場合や、1度でもご使用になられた場合は返品交換には応じかねます。 ただし以下の場合に関しましてはこの限りではございません。 法的機関による開示要求があった場合 2. 代引決済にて注文の商品発送後にもかかわらず、長期にわたって未払いが続いた場合。

次の

カシオ G

カシオ ga2100

今回は、ヨドバシカメラ新宿西口本店 時計総合館にて、カシオ計算機の人気腕時計「G-SHOCK」の売れ筋をリポートします。 G-SHOCKは、1983年発売の初代モデル「DW-5000」から続くタフネスな造りと個性的な外観がコアな人気を獲得していて、腕時計のジャンルのなかでも独特の市場を形成していることで知られています。 時計専門チームスタッフの西條剛氏は「G-SHOCKは先進技術や新しいフォルムに惹かれて購入する人が多く、新モデルの反応はいつも良いです」と解説します。 購入層は昔から男性が中心ですが、女性人気もサブブランドの「BABY-G」を含めて広がってきているといいます。 ヨドバシカメラ新宿西口本店 時計総合館 1階のG-SHOCK売り場。 時計専門チームスタッフの西條剛氏にガイドしてもらった まずは、G-SHOCK購入の際に気にしたいポイントを3つ挙げてもらいました。 幅広いバリエーションを持つブランドながら、売り場で気にされることの多い項目は共通しているとか。 G-SHOCKといえば先進技術。 コアガード構造やスマホ連携機能など、搭載する技術で見比べたい。 人気海外モデルの復刻版などもあり、デザインの歴史を追って買い物する楽しさも味わえる。 カラーの幅も広いので、パーソナルカラーや好きなキャラクターの世界観に合わせやすい。 それを踏まえて、今夏の売れ筋トップ5を順に紹介してもらいました。 日々変動しているので、参考程度に見てください。 第1位:カーボンコアガード構造採用で1万円台前半の「GA-2100」 一番人気となっていたのは、2019年8月に登場した「」でした。 アナログタイプながら初代モデルの八角形フォルムを継承し、それまで高級モデルにしか採用実績のなかったカーボンコアガード構造が使われているなど、伝統と先進性がバランスよく盛り込まれたモデルとなります。 税込み価格は、ブラックモデルの「GA-2100-1AJF」で1万1660円。 「カーボンは、レジン(樹脂)とメタルに続く第3の素材として注目を集めています。 それがこの価格で買えるということで、発売からずっと勢いよく売れています。 カーボンコアガード構造によって、薄さ11. 8mmを実現しているところも見逃せません」• 「GA-2100-1AJF」 第2位:G-SHOCK入門機として長らく定番の「GW-M5610」 続いて人気があるのは、2012年3月から店頭に並んでいるデジタルタイプの「」です。 初代モデルの正統後継的なモデルで、往年のファンからの支持が厚く、入門機としても定番の地位を守り続けているそうです。 「GW-M5610-1JF」の税込み価格は1万5120円。 「中学校の入学祝いへのプレゼントとしても定番のモデルですね。 『G-SHOCKといえばこのデザイン』という人も多く、入門でありながら長らく愛用され続ける存在になっています」• 「GW-M5610-1JF」(中央) 第3位:カーボンコアガード構造採用の高級機「GRAVITYMASTER GWR-B1000」 3位に入ったのは、航空機グレードの素材を使った高級シリーズ「GRAVITYMASTER」に属する「」。 2019年3月に登場したカーボンコアガード構造を採用したモデルで、発売前から問い合わせが多かったといいます。 「GWR-B1000-1A1JF」の税込み価格は7万7760円。 「カーボンコアガード構造を採用した初のモデルで、G-SHOCKファンの心を捉えました。 ボタンガードがなくてもボタンシャフトや基板への衝撃を抑えられるようになったのも大きいですね」• 「GWR-B1000-1A1JF」 第4位:アナログG-SHOCKの定番モデル「GAW-100」 4位は、2017年8月発売のアナログタイプ「」です。 カラーバリエーションの多いモデルですが、とくにブラックの「GAW-100B-1AJF」が売れているとか。 税込み価格は1万7930円でした。 「デジタル表示の定番がGW-M5610なのに対して、アナログタイプはGAW-100が定番となっています。 ケースがやや大きいので、中学校の入学プレゼントよりも高校入学以降のプレゼントによく選ばれていますね。 もちろん、自分用としても安定した人気があります」• 「GAW-100」シリーズ 第5位:スーツ用として支持を集める「MT-G MTG-B1000」 5位は、樹脂と金属の強みを融合させた高級シリーズ「MT-G」に属する「」がランクインしました。 2018年10月に売り出されたモデルで、メタル外装ながら樹脂バンドやメタルバンドの裏側を樹脂層にしたバンドを採用するなど、シリーズの個性を強く打ち出しています。 税込み価格は、とくに人気があるメタルバンド&シルバーカラーの「MTG-B1000D-1AJF」で8万6400円です。 「GWR-B1000と同じく高級路線ですが、とりわけスーツのときに使いたいという人が多い印象があります。 『G-SHOCKはプライベート用』と使い分けする向きもありますが、メタル感の強い高級タイプはそうしたニーズで注目されることがよくありますね」• 「MT-G MTG-B1000D-1AJF」 はみ出し情報…バンド交換可能な「GA-2000」の支持も広がる 人気トップ5には入らなかったものの、シリーズ単位で見ると2019年春からラインアップが広がっている「」の勢いも見落とせないといいます。 カーボンコアガード構造を採用したバンド交換式のモデルで、税込み価格は「GA-2000-2AJF」が1万3820円でした。 付け替えバンドも3240円~4320円でショーケースに並べられています。 「バンドを付け替えてカスタマイズする潮流は、腕時計業界全体のトレンドになっています。 そうした需要を見越して開発されたシリーズですね。 バンドの故障で修理に出す必要もないというところにメリットを感じて買われる方もいます」• 「GA-2000」シリーズと付け替えバンド フリーランスライター。 『アキバPick UP! デジタルと生老病死のつながりにも詳しい。 著書に『死とインターネット』(Kindle版)、『ここが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社)、『故人サイト』(社会評論社)など。 予めご了承ください。 連載一覧 第17回 第16回 第15回 第14回 第13回.

次の