吹奏楽 コンクール 2020 課題 曲。 吹奏楽コンクール2020課題曲演奏動画まとめ!

2020吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ『龍潭譚』(りゅうたんだん)の解説と演奏動画まとめ

吹奏楽 コンクール 2020 課題 曲

ジブリ音楽のようなかわいい曲です。 ユーフォニアムのメロディーがほんわかした雰囲気を出していて、演奏するのが楽しそうです。 編成は特殊ではありませんが、打楽器の種類が多いです。 チューブラーベルが準備できるかどうか、ビブラフォンなどで代用できるのかどうかと、打楽器の人数が確保できるかどうかがカギとなりそうです。 打楽器がそろわない吹奏楽部は選ぶことができないので、曲は人気でも選ぶ学校は少なくなるかもしれません。 作曲者の宮川彬良さんはとても有名な方で、その昔NHK教育テレビの「クインテット」に出演されていた「アキラさん」です。 今の中学生や高校生が教育テレビを見ていた年頃に出演されていましたよね。 有名な方が作られている曲ですし、第一印象がすごくいい!と思える曲なので演奏したい気持ちになる人も多いかもしれません。 曲の始まりから不協和音が出てきて難しそうな雰囲気が漂っています。 オーボエ、バスーンがそれぞれ2本ずつ必要です。 打楽器の数も多いため、楽器と人員を準備できる吹奏楽部に限られます。 作曲者は尾形凛斗さん。 東京音楽大学大学院作曲式専攻作曲研究領域で作曲を学ばれている方です。 吹奏楽コンクール2021課題曲の人気予想 子供がクラリネット吹きなのでどうしてもクラリネット目線になってしまいますがご了承ください。 でも曲の雰囲気がスーザンのマーチに似ていて軍隊曲のようですよね。 かっこいい!という人もいるかもしれないんですけど、女子的には微妙なところ。 吹奏楽部には女子が多いので、人気が集まりにくいかもしれません。 けど選んだとすればそれは顧問の先生が選ぶのではないかと思います。 耳障りも良いし演奏していて楽しいはずです。 けど子供はクラリネットなので、メインのメロディーをホルンが吹いていてちょっと残念。 このホルンの音がこの曲の良さなんですけどね。 ホルンの人はやりたいに違いない。 こんなにホルンがメインの曲は滅多にありませんものね。 まあクラリネットなので途中でどうせメロディ出てくるでしょ、という感じもします。 最初も音階が目立ってますし、ホルンとも掛け合いをしていますしね。 そしてマーチなのでグレードも低そう。 子供の吹奏楽部でもおそらく演奏できると思います。 けど単調なメロディーが続いていく予感がするので、雰囲気を変えろだの強弱をつけろだのと、ちょっとメンタル的な部分を求められがちになりそうです。 そうなると夏休みの練習で死にそうだし練習に飽きてきてしまいそうな予感も。 けど、途中で拍子が変わったりするところがあるので弱小なうちの子の部は選びにくいかなと。 この記事では吹奏楽コンクール2020課題曲と人気予想についてご紹介しました。 人気の曲を演奏すると他の学校と比べ安くなってしまうというデメリットもありますが、練習が楽しくなるというメリットがあるのは間違いありませんよね。 どれに決まるか、、、楽しみです。

次の

2020吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ『龍潭譚』(りゅうたんだん)の解説と演奏動画まとめ

吹奏楽 コンクール 2020 課題 曲

吹奏楽部の先生が課題曲の作曲者だなんて、その学校の生徒さんたちは幸せよね 『エール・マーチ』の背景と留意点 作曲者の 宮下秀樹さんは、『 エール・マーチ』の曲の背景や演奏上の留意点について、次のように述べられています。 もとは、選手激励会での入場行進曲としての使用を想定し、「誰かを応援したい時に演奏できる曲に」という願いを込めて、「エール・マーチ」と名付けました。 (中略)しっかりとハーモニーを感じとり、重厚感のあるサウンド、明快なリズムを目指して演奏してください。 マーチらしくなるよう、曲中のスタッカートの有無については、ない部分でも解釈次第で短めに(軽く)演奏して構いません。 少人数でも十分響くように、オーケストレーションはシンプルに仕上げました。 その分、大編成では色彩感が乏しくならないよう、各楽器の音色・音量に配慮して、丁寧な演奏を心掛けてください。 スコアより Picc. opt. opt. opt. opt. Sax. Sax. Sax. Bass opt. 1 S. 2 B. 3 C. Cym. , S. Cym. 4 Glock. , Tri. 吹奏楽をこよなく愛するアマチュアトランペット奏者。 みんなのランキング公認「吹奏楽マイスター」 中学の吹奏楽部でトランペットに出会い、高校・大学では吹奏楽の他にオーケストラに活動の幅を広げ、現在は社会人の吹奏楽団・オーケストラ・その他アンサンブルなど各種団体に所属してトランペットの演奏活動を続けています。 本業は、丸の内の金融マンですが、仕事のかたわら、趣味で吹奏楽団やオーケストラでトランペットの演奏活動を続けつつ、吹奏楽や吹奏楽曲を広めるためのブログ記事を書いたりしています。 音楽以外では、美味しい料理やお酒を求めて国内外に旅に出たりすることが好きです。 海外への旅は、特にヨーロッパへのひとり旅が好きで、時々休暇を取って海外に出かけますが、現在はコロナの関係で海外旅行は自粛中です。 旅先ではコンサートやオペラの鑑賞を楽しんだり、好きな音楽家の生家やゆかりの地や聖地を巡ったりするなど、やはり音楽にまつわる旅をすることが大好きです。 このブログを通して、多くの吹奏楽ファンの方々とつながることができれば幸いです。 Twitterからお気軽にメッセージください。 フォロー・いいねもお待ちしています。

次の

2020吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ『龍潭譚』(りゅうたんだん)の解説と演奏動画まとめ

吹奏楽 コンクール 2020 課題 曲

元気いっぱいの中高生の皆さんにもぴったりの明るい曲ではないでしょうか。 テンポ120から40まで下がり、その後accelをかけながら元のテンポに戻すよう指示がありますが、勢いに任せて曲の最後までaccelをし続けないことがポイントです。 曲はクラリネットパートの柔らかなメロディーに始まり、低音セクションの刻みに乗せてフルートの合いの手やトランペットのサブメロディーにつながります。 曲の中盤にあるユーフォニアムやサックスの優雅なメロディーも聴かせどころ。 全員で息を合わせる部分と各パートが歌う部分など、メリハリをつけて演奏しましょう。 どのパートにもメロディーやサブメロディー、合いの手など重要な役割があるので、曲の中で自分は何をする役なのかを考えることも大切です。 メロディーの合間に入る細かい音符や響きも大切にしながら、おもちゃ達の明るく楽しいマーチを表現してみてくださいね。 小説は、ツツジの花が一面に咲く野道をひとりの子どもが歩いているうちに、羽虫が舞う不思議な空間に辿り着く幻想的なシーンから始まります。 雅楽で活躍する篳篥(ひちりき)のように、和の響きに欠かすことのできない笛をフルートやピッコロの音色で表現しています。 1曲を通してソロが目立つピッコロをはじめ、フルートやオーボエ、アルトサックス、バリトンサックス、ホルンなどソロパートが多いのが印象的です。 また、ソロ表記はないものの、打楽器パートも曲の要所において重要な役割を果たしています。 全体を通してピアニッシモで演奏する場面が多く、吹奏楽の柔らかさやダイナミクスを活かしつつも、繊細で緊張感を保ちながら演奏するのがポイントです。 また、曲中に度々見られる休止符は単なる休みと捉えず、「余韻」など音楽の一部として表現することが求められます。 間の取り方や曲の解釈などの音楽性にも注目しながら丁寧に取り組んでいくとよいですね。 吹奏楽コンクールの課題曲には、毎年吹奏楽連盟が課題曲のために作曲してほしいと依頼してできた「委託作品」が含まれていて、音楽的・技術的に精度が高いことで知られています。 この曲を演奏する際に気を付けたいのが、曲名にもある「インベンション」です。 インベンションとは、2つの旋律がカノンのように追いかけあいながら進む音楽のことで、バッハのインベンションなどで聴いたことのある人もいるかもしれませんね。 また、宮川彬良さんがスコアに記した解説には「導音」「主音」「解決」など音楽理論の言葉も使われています。 難しい言葉ですが、音楽理論や和声の知識を身に付けておくと曲の構成を理解する時にとても役立ちます。 曲中では合計9回にわたりテンポの変化が訪れます。 テンポの変化に合わせて曲の調も変わるため、雰囲気をガラッと変えられるよう息の合った演奏が求められます。 タイトルにもあるように、この曲は「エール=応援」がテーマとなっています。 作曲者の宮下秀樹さんは現役の中学教諭でありながら吹奏楽部の顧問も務めており、日頃から生徒同士のさまざまな「エール」に触れてインスピレーションを受けて作曲したと想像します。 曲の構成はシンプルなマーチで、課題曲の中でも技術面での難易度は比較的低めですが、その分、他校と差を付けて「聴かせる」演奏として完成させるのは難しいかもしれません。 単純な音符ほど音の出し方や音色など基礎力が伝わるため、楽譜がシンプルだからと言って油断せず、日頃の基礎練習からしっかりと行うことが大切です。 曲のテンポ感を握るのはスネアドラムやシンバルなどの打楽器パート。 まとまりのある演奏を目指すためにも、打楽器パートの安定したリズム感は欠かせません。 また、木管パートには細かい動きも多く見られます。 3連符や付点音符などの細かいニュアンスの違いを出せるように丁寧なに練習していきましょう。 難易度の高い理由としては、前述したように曲中で使用されるさまざまな特殊技法にあります。 例えば、金管楽器が楽器を鳴らさずにピストンをカチャカチャと動かす音を出したり、マウスピースを逆さまに使用して息を吹き込みシューッと音を立てたり、演奏者が大きく口を開けてため息をついたりと、他の曲ではあまり見られないテクニックが使われています。 学生の皆さんには慣れない奏法かもしれませんが、幻想的な雰囲気を出すには効果的ですね。 ただ音符を追って楽譜通りに演奏するのではなく、繊細な前半部分と重厚な後半部分を対比させながら自分たちの音楽的解釈を取り入れ、表現することを意識してみてください。 吹奏楽コンクール2020 課題曲のまとめ 今回は2020年度の吹奏楽コンクール課題曲について、演奏時のポイントや参考動画をご紹介しました。 どの課題曲も聴きごたえたっぷりの名曲揃いです。 それぞれの部活の良さを最大限に活かしながら、夏のコンクールに向けて自分たちの音楽を作り上げてくださいね。

次の