ビジネス マナー と は。 電話対応で必須のビジネスマナー15選【総復習】

ビジネスマナー常識ガイド

ビジネス マナー と は

ビジネスマナー身だしなみ編1 スーツのマナー ビジネスマナー身だしなみ編2 ワイシャツは清潔感が第一 ビジネスマナー身だしなみ編3 ネクタイはきちんと締める ビジネスマナー身だしなみ編4 お辞儀の常識 ビジネスマナー身だしなみ編5 正しい姿勢 ビジネスマナー勤務中編6 挨拶の基本 ビジネスマナー勤務中編7 仕事の報告 ビジネスマナー勤務中編8 お礼の基本 ビジネスマナー勤務中編9 謝罪の基本 ビジネスマナー勤務中編10 デスクの使い方 ビジネスマナー勤務中編11 電話のマナー ビジネスマナー勤務中編12 メールのマナー ビジネスマナー勤務中編13 乗り物での席次 ビジネスマナー勤務中編14 エレベーターのマナー ビジネスマナー来客・訪問編15 初めて連絡するときのマナー ビジネスマナー来客・訪問編16 訪問先でのマナー ビジネスマナー来客・訪問編17 手土産の渡し方 ビジネスマナー来客・訪問編18 来客を迎えるマナー ビジネスマナー来客・訪問編19 来客の席次 ビジネスマナー来客・訪問編20 必ず上着を着用する ビジネスマナー来客・訪問編21 打ち合わせ・会議のマナー ビジネスマナー来客・訪問編22 来客の見送り方 ビジネスマナー付き合い編23 和食のマナー ビジネスマナー付き合い編24 洋食のマナー ビジネスマナー付き合い編25 中華のマナー ビジネスマナー付き合い編26 接待のマナー ビジネスマナー付き合い編27 パーティーのマナー ビジネスマナー付き合い編28 社内宴会のマナー ビジネスマナー付き合い編29 結婚のお祝い ビジネスマナー付き合い編30 忌事のマナー 1 ビジネスマナー「身だしなみ」編 人は中身で勝負だと言われます。 これは外見と中身のどちらかに比重を置く場合の話です。 中身もよくて外見も整っているほうがいいに決まっていますね。 マナーとは、相手や周囲の人たちに対する思いやりの気持を表すものです。 身だしなみも、相手を不快にさせないことが基本です。 ビジネスマナー身だしなみ編1 スーツのマナー ビジネスの場では真面目さや真剣さを強調して、周囲の人々に安心感を与えることが大切です。 男性のスーツは、濃紺やグレーで体型に合ったサイズを着用して真摯な印象を与えましょう。 女性はジャケット、スカート、パンツのセットアップで、必ず濃紺やグレーなどダークなものを用意しておきましょう。 スーツは脱いだら必ずハンガーにかけ、毎日ブラシをかけて一定の時期ごとにクリーニングに出します。 靴も毎日の手入れを欠かさないようにしましょう。 ビジネスマナー身だしなみ編2 ワイシャツは清潔感が第一 シャツは白か薄い色で、レギュラーカラーが基本です。 実際に清潔なのはもちろん、見た目の清潔感も大切にしてください。 ワイシャツの生地はコットンが最適で、夏は麻系のリネンも清涼感があります。 肌に優しいのは天然素材ですが、出張時などは化繊のウォッシュアンドウェアも便利です。 安価であり、自宅で洗濯もできますから普段から化繊のシャツを好む人も多いですが、型が崩れてきたら新しいものと替えましょう。 ビジネスマナー身だしなみ編3 ネクタイはきちんと締める ネクタイはきちんと締めることによって自分の気持ちを整え、相手に対する敬意を表すものでもあります。 汚れたものやほつれているものは、マイナスイメージを与えてしまいますからやめましょう。 着こなしの基本は襟元で決まると言われます。 襟元に清潔感があると身体全体に清潔感が漂います。 清潔なネクタイときれいな結び目が好印象を与えるのです。 色や柄は、まずスーツとワイシャツのバランスを決めてから、アクセントとして派手すぎないものを選びましょう。 ネクタイはセンスの見せ所です。 ビジネスマナー身だしなみ編4 お辞儀の常識 お辞儀は「会釈」「敬礼」「最敬礼」「謝罪」で使い分けます。 真正面に立って相手の目を見ながら、顎を引いて背筋を伸ばし、挨拶の言葉とともに上体を曲げていきます。 上体を曲げる角度は、 ・会釈は15度 ・敬礼は45度 ・最敬礼は70度 ・謝罪は90度 が基本です。 手はピタッと横につけるのではなく、自然に下げるようにします。 ビジネスマナー身だしなみ編5 正しい姿勢 気が付いたら背筋を伸ばす習慣をつけましょう。 心が乱れていると姿勢に表れます。 真剣な気持ちでなにかに取り組んでいるときには、緊張感が反映されて背筋が伸びた状態になるものです。 2 ビジネスマナー「勤務中」編 仕事ができる人というのは、自然と振る舞っているのに周囲の人への思いやりにあふれているものです。 ビジネス社会の一員として恥ずかしくない人間になるためには、「相手の立場で考える」ことが求められます。 ビジネスマナー勤務中編6 挨拶の基本 朝の挨拶は相手の目を見ながら、「おはよう」「おはようございます」と明るく発声して軽い会釈をします。 社内での挨拶は「おはようございます」が午前10時ころまで、それ以降は「お疲れ様です」あるいは会釈が基本となります。 深夜までの交代勤務がある職場などでは、その日初めての挨拶は何時であっても「おはようございます」と言う場合もあります。 大切なのは、周囲のひとりひとりに対して「おはようございます」や「お先に」と挨拶をすることです。 挨拶を交わした者同士には、仲間意識ができるからです。 ビジネスマナー勤務中編7 仕事の報告 上司への報告は、結論から伝えましょう。 口頭で伝える以外にも、文章にして提出するケース、電話やメールで報告するケースもあります。 文章で報告する場合は、できるだけ要点をA4用紙一枚にまとめて、多忙な上司にもわからいやすい内容に心がけます。 メモやメールで伝える場合には、報告が放置されたままにならないよう注意すべきです。 大切なことは、メモやメールで上司の時間が空いたら声をかけてもらえるように伝え、直接口頭で報告するようにしましょう。 ビジネスマナー勤務中編8 お礼の基本 同僚や先輩に仕事を手伝ってもらったら、必ず感謝の気持ちを丁寧に伝えましょう。 相手が先輩や上司であれば、まず「お手間をおかけしました」という挨拶に始まり、「お手伝いいただきありがとうございました」と敬語を使って丁寧に感謝の気持ちを伝えます。 相手が取引先など外部の人の場合は、「ご尽力いただき」「お力添えいただき」といった尊敬語を使って厚くお礼の気持ちを伝えます。 ビジネスマナー勤務中編9 謝罪の基本 失敗したときの謝罪は、まず反省していることを伝え、理由は聞かれてから話すようにします。 重要なのは素早い対応で、誠意を伝えることです。 時間が開いてしまうといくら深く謝罪をしても気持は伝わりにくくなります。 得意先に迷惑をかけてしまった場合には、すぐに電話を入れて謝罪し、それから相手の都合を聞いて直接謝罪に出向きます。 菓子折りなどを持参する場合には、あまり高価過ぎない3~5千円程度のものを。 のし書きには、一般的な「粗品」以外に、深謝罪の気持ちを表す「お詫び」「陳謝」「深謝」などと記すケースもあります。 ビジネスマナー勤務中編10 デスクの使い方 毎日の仕事の開始は、自分のデスクをきれいにすることから始めましょう。 ビジネスの場においてデスクの上は、仕事に取り組む姿勢を象徴的に表すところです。 自分のためであると同時に、周囲の人たちに不快な思いをさせないよう気配ることも重要なビジネスマナーなのです。 椅子の背もたれに上着をかけるのはシワになるだけでなく、通行の邪魔になるのでロッカーに入れるようにしましょう。 ビジネスバッグもデスクの下に置くと通行の邪魔になることがあります。 他人のデスクは、いくら散らかっているからといっても許可なくさわってはいけません。 ビジネスマナー勤務中編11 電話のマナー 電話を受けるときは会社を代表しているという意識をもって対応しましょう。 呼び出し音が鳴ったら3コール以内に受話器をとり、丁寧な挨拶をして大事なことは必ずメモをとるのが基本です。 コールが長くなってしまってからとった場合には、まず「大変おまたせいたしました」とお詫びを忘れないようにします。 取り次ぐ場合は保留ボタンを押す前に「少々お待ちください」を忘れずに。 取り次ぐ者が不在の場合には戻り予定時間を伝えてから、「戻り次第、連絡を差し上げるようにいたしましょうか?」と尋ねます。 ビジネスマナー勤務中編12 メールのマナー Eメールは、長所と短所を理解してうまく使いわけるのがコツです。 手軽に送受信可能で記録として残せる反面、送信ミスによる情報漏洩や、ウイルスメール受信によるシステム障害といったリスクがあります。 件名は短く的確に、本文は20文字程度で折り返し、2~3行おきに行を空けると読みやすくなります。 ビジネスメールは社内・社外を問わずすべて敬語が基本。 社名、部署名、住所、電話番号などが記された署名を添付するのはビジネスの常識です。 ビジネスマナー勤務中編13 乗り物での席次 自動車や列車で移動する際には席次があります。 ビジネスマナー勤務中編14 エレベーターのマナー エレベーターにも上座と下座があるので、お客様は上座に案内しましょう。 ボタンの位置に関係なく、入り口から見て左奥が上座、その右が次席になります。 乗るときは外からボタンを押したまま顧客を先に乗せて位置を案内、降りるときは「開」ボタンを押したまま、降りた後の進む方向を案内します。 3 ビジネスマナー「来客・訪問」編 取引先への訪問や来客への対応は会社の品位を問われる機会です。 自分が会社を代表する存在であることを忘れてはいけません。 先方を待たせないのはもちろんのこと、同行するメンバーも待たせないのが基本です。 やむを得ず同行する人間に待ってもらうときは、自分が行けると思える時間よりも少しだけ長めの分数を伝え、その時刻を過ぎたら先に行ってもらうようにします。 ビジネスマナー来客・訪問編15 初めて連絡するときのマナー 初めての相手に対しては、電話をする前に相手企業の情報収集をしておきます。 電話でアポイントメントを入れる際には、挨拶の後、自社と自分のことを手短に説明します。 それから電話をした目的を明確に伝えます。 電話のアポイントメントで断られた場合でも、かならず「お忙しいところ、ありがとうございました」とお礼の言葉を忘れないようにしましょう。 メールでアポイントメントをとる場合には、件名に社名と用件を明示します。 本文には、なぜ相手のアドレスを知ったのかという経緯を述べてから本題に入ります。 ビジネスマナー来客・訪問編16 訪問先でのマナー 訪問先では服装やヘアスタイルを整えてから受付に出向き、用件が済んだら速やかに辞去します。 受付には約束した時間の5分前までには到着するように。 受付ではその企業のスタイルに従って用件をはっきり伝え、取り次いでもらっている間は指示された場所で待機します。 受付がない企業では入り口のドアをノックして返事をもらってからドアを開けます。 応対してくれる人か入り口の一番近くにいる人に、用件を伝えましょう。 面談が終わったらお礼を述べて、次回面談のスケジュールを決めてしまいましょう。 エレベーターでの会話は慎むのがエチケットです。 ビジネスマナー来客・訪問編17 手土産の渡し方 初めて得意先に訪問するときや、出張で遠方の企業に出向く際には手土産を持参しましょう。 受付を終え、部屋に通されて挨拶をした直後がいいタイミングです。 複数で訪問した場合には全員の名刺交換が終わってから、相手が二人以上の場合には下座の人に渡しましょう。 外袋から出して包装紙の状態で相手に正面を向けて両手で渡します。 上司が同行する場合は会社を代表する立場として、上司から渡してもらいます。 ビジネスマナー来客・訪問編18 来客を迎えるマナー 来客を迎えるときには目的に応じた準備を整え、丁寧かつ親切な対応を心がけます。 受付や総務などの担当者に来客のことを伝え、会議室や応接室を使用できるようにします。 内容に沿ってホワイトボードやプロジェクターなどの必要機材を手配。 くれぐれもスケジュールに間違いのないよう細心の注意を払い、打ち合わせが円滑に進むよう気配りをします。 上司に同席してもらう場合には、遅くとも前日までに要望を伝えましょう。 自分あてではなくても社内で来客と顔を合わせたら会釈をし、案内の必要があるかどうか聞きましょう。 ビジネスマナー来客・訪問編19 来客の席次 会議室や応接室では客側が上座に座るのが基本です。 対面式のテーブルでは入り口から遠い側が来客用で、その中央が上座となります。 ビジネスマナー来客・訪問編20 必ず上着を着用する 突然の来客でも、必ず上着を着用して応対しましょう。 ワイシャツは元来が下着の部類に属するものですから、ワイシャツ姿で応対するのは失礼に当たります。 最近はクールビスの影響もあって、ビジネスシーンでもカジュアル化の傾向があります。 しかし、来客に対してはきちんと上着を着て丁重に迎えるのが礼儀です。 礼儀を欠いたビジネスマンは良好な人間関係を築くことなどできません。 ビジネスマナー来客・訪問編21 打ち合わせ・会議のマナー 打ち合わせは、事前に討議の内容や自分の意見をまとめておきます。 主催する立場であれば、打ち合わせ内容をA4用紙1枚にまとめておき、冒頭で参加者に配布します。 相手の大切な時間を共有させてもらっているのだという意識をもちましょう。 相手と共有している時間に集中しているという姿勢を崩してはいけません。 打ち合わせ中の電話は無視するのが基本です。 自分の都合を表に出して、時計を見るのは失礼にあたります。 打ち合わせや会議は終わりの時間を決めておき、その間はほかのことは一切考えずに集中して、時間内の終わるよう努力しましょう。 駄洒落や下品は話題は論外ですが、時には場を和ますユーモアも必要です。 ビジネスマナー来客・訪問編22 来客の見送り方 来客は見送る場所まで誘導し、お辞儀をしたまま見送るのが基本です。 打ち合わせが終わっても、先方が帰り支度を終えて立ち上がるまで静かに待つのがマナー。 決して急かすような仕草をしてはいけません。 見送り場所は、オフィスの環境や相手の立場などで変わってきます。 その後の付き合いが予想できない場合には、応接室や会議室の入り口で来社のお礼を述べてから、「こちらで失礼します」というケースもあるでしょう。 基本的には、社屋の場合では玄関まで、テナントビルなどの場合にはエレベーターホールまで案内し、来客の姿が見えなくなるまでお辞儀で送るのがマナーです。 4 ビジネスマナー「付き合い」編 職場における人間付き合いの基本は、全員と平等に接することです。 誰でも苦手なタイプや嫌いなタイプはありますから、社内の全員と良好な関係を築くことは難しいものです。 事務的な関係があって当然です。 しかし、相手のことを気遣って不快感を与えないマナーは必要です。 ビジネスマナー付き合い編23 和食のマナー 和食のマナーは正しい箸使いが基本となります。 箸の上げ下ろしはかならず両手で行い、「忌み箸」に注意します。 代表的な忌み箸には次のようなものがあります。 回転テーブルは右回り一方向に回し、料理を取るときに立ち上がらないのもマナーです。 回転丸テーブルの席次は、入り口から遠いところが上座になります。 ビジネスマナー付き合い編26 接待のマナー 接待で重要なのは、店の下見と世話役に徹することです。 店のセッティングは、相手の好みをリサーチして個室の有無や交通の便などを考慮します。 当日は店と、お酒や料理の内容はもちろん、会計のタイミングやお土産の打ち合わせまでを済ませてから、店の前で相手を出迎えます。 食事中は、聞き役に徹して宴を盛り上げます。 相手がお酒や料理に満足しているかどうかそれとなくチェックすることも忘れてはいけません。 二次会の必要がある場合は前もってスタンバイしておき、自分が出席するべきかどうか上司と相談します。 接待が上手い人は、相手が楽しむことに喜びを感じることができる人です。 そうなると、最後まで気を抜かないで楽しんでもらうことが、苦ではなく喜びに変わります。 ビジネスマナー付き合い編27 パーティーのマナー 祝賀パーティーなどの招待状をもらったときは、祝儀が必要かどうかをまず確認し、上司と相談します。 お祝いは前もって贈るのが礼儀です。 先方の担当者に連絡をして招待のお礼とお祝いを贈りたいことを伝えましょう。 当日は食べることよりも会話を優先し、祝辞とお礼を忘れず参加者との交流を図りましょう。 祝儀はホテルの立食パーティーであれば1名につき1万円が相場です。 上司が同行する場合は数字が奇数になるようにします。 ビジネスマナー付き合い編28 社内宴会のマナー 社内宴会、いわゆる「飲み会」は、仕事の延長と考えて上下関係をわきまえましょう。 無礼講などと言われて日頃のうっぷんを晴らすと、後から痛い目を見ることになります。 ビールはビンの口をコップにあてないこと。 日本酒は徳利を回しながら手前に引き、しずくが落ちないようにします。 お酌をして回るのは宴開始直後でなく、料理がある程度胃に収まってからにします。 酒のつぎ足しは絶対にしてはいけません。 ビジネスマナー付き合い編29 結婚のお祝い 同僚の結婚が決まったら、遅くても式の1週間前までには現金か品物を贈ります。 現金を包む場合は「輪結び」か「あわじ結び」の水引が付いた祝儀袋に入れます。 「蝶結び」はいけません。 品物を贈る場合は、「切る」を連想させる刃物類や、「4」や「9」のつくものはいけません。 披露宴に参加するのであれば、相手が部下なら3万円、同僚なら2万円が相場です。 出席はしなくても祝儀を贈りたい場合は1万円にします。 ビジネスマナー付き合い編30 忌事のマナー 葬儀では気持ちをこめた言葉を述べるのがマナーです。 通夜はダークスーツでも問題ありません。 通夜ぶるまいは受けるのが礼儀ですから、少しでも箸をつけてお酒をいただきましょう。 長くても1時間程度で引きあげます。 仕事関係の香典は職場関係、取引先関係とも5千円が相場です。 無地に黒白の水引で「御霊前」の表書きがある不祝儀袋は、宗教・宗派を問わず使用可能とされているので、故人の宗教がわからないときには利用しましょう。 あとがき ビジネスマナーにおいて重要なのは、思いやりの気持ちと気配りであることがわかっていただけたと思います。 相手の気持ちになって考えることができる人間は、ビジネスマナーを会得できるばかりでなく、あらゆる人間関係を円滑にしていける人です。 ビジネスシーンでは誰とでも平等に接することが基本ではありますが、上司であれ同僚であれ、特別に親しくなりたいと思う相手がいたら、自分の中でちょっとした差別化をしてもるのもマナー違反ではありません。 ビジネスマナーにも多少のメリハリがあったほうが、仕事も人生も豊かなものなるのです。 【参考資料】 『仕事で恥をかかないビジネスマナー』(日経文庫・2016年) 『いますぐ身につけられるビジネスマナー』(PHP研究所・2012年) 「自分を変えてお金も増やしたい」 「好きな事ややりたい事が見つからない」 「経済的にも精神的にも不安をなくしたい」 けど、そのやり方がわからなくて悩んでいませんか? そんな方のために、あなたの人生にお金と自由をもたらす秘訣をプレゼントします! ・本当にやりたい事の見つけ方とは? ・才能、学歴、能力に関係なく成功するには? ・自分が変えて目標を実現するメカニズム ・凡人から脱するための2ステップ戦略とは? ・成功者だけがこっそりやっているコト ・潜在意識をプログラミングする作業 ・年収を10倍にする鍵とは? ・極めて生産性を上げる究極の勉強法 ・最大の収入と安定をもたらすセールス ・お金持ちになりたい人に必要な3つの習性 ・新しい自分を作るプロセスとは? など、ビジネスや経済的成功や人生を変える方法が詰まっています。 2020年6月22日• 2020年6月16日• 2020年6月9日• 2020年6月2日• 2020年5月26日• 2020年5月19日• 2020年5月12日• 2020年5月6日• 2020年4月29日• 2020年4月22日• 2020年4月15日• 2020年4月8日• 2020年4月1日• 2020年3月25日• 2020年3月18日• 2020年3月11日• 2020年3月4日• 2020年2月26日• 2020年2月19日• 2020年2月12日• 2020年2月5日• 2020年1月28日• 2020年1月21日• 2020年1月14日• 2020年1月7日• 2019年12月31日• 2019年12月24日• 2019年12月17日• 2019年12月10日• 2019年12月3日• 2019年11月26日• 2019年11月19日• 2019年11月12日• 2019年11月5日• 2019年10月29日• 2019年10月22日• 2019年10月15日• 2019年10月8日• 2019年10月1日• 2019年9月24日.

次の

名刺交換のマナー!名刺の正しい渡し方やしまうタイミング [ビジネスマナー] All About

ビジネス マナー と は

ビジネスマナーは、社会人が働く上で必要とされるマナーです。 ビジネスマナーの例としては、「挨拶をする」「時間を守る」「公私混同をしない」などがあげられます。 ビジネスマナーを知らないと、仕事で関わる相手を不愉快にさせ、悪い印象をあたえてしまうことがあります。 そうなると、商談がうまくまとまらなかったり、社内であっても協力を得られなかったりと、業務を円滑に進める上で多くの不都合が生じる可能性があります。 ビジネスマナーを身につければ、不要なトラブルを避け、業務を円滑に進められるようになります。 また、マナーを意識することは相手への敬意につながるため、仕事相手と良好な関係を築けるようになります。 人間関係が良好だとさまざまな場面で協力を得られるようになり、自分の仕事をよりスムーズに進めることができます。 ハキハキと挨拶する ビジネスにおいて、挨拶はすべての基本です。 仕事では職場のさまざまな人と関わりますが、すべての人と毎日接点があるとは限りません。 出社時と退社時に挨拶を交わすだけで、業務で日々お世話になっている上司や先輩のみならず、あまり接点がない人にも自分を印象づけることができます。 さらに、ただ挨拶するだけではなく、相手の目を見て挨拶すれば、世代を問わず好印象を与えることができます。 時間を守る 遅刻や納期破りなど時間を守れない人は、一分一秒を争うビジネスの場では信用されず、たとえ仕事ができても評価が下がってしまいます。 そのため、社会人として働くうえでは、15分前行動が基本と考えましょう。 仕事とプライベートを分ける ビジネスとプライベートは分ける必要があり、公私混同は厳禁です。 就業時間中は賃金が発生しているという意識をもち、業務に無関係な行動は避けましょう。 また、仕事内容や取引先との契約などには守秘義務があるため、公の場やSNSなどで気軽に情報を漏らさないよう、細心の注意を払う必要があります。 具体的には、次の行為は公私混同になるため行わないように注意しましょう。 ・会社のパソコンから、業務に無関係なサイトを見る ・会社のメールアドレスから、私的なメールを送る ・備品を私用に使ったり、無断で持って帰ったりする ・TwitterなどのSNSに、仕事内容や取引先について書く ・電車の中など公の場で、取引先名を出して仕事の話をする 服装 自分のサイズに合ったスーツやシャツを選びましょう。 また、デザインについては奇抜なものを避け、ビジネスにふさわしいシンプルなものを選ぶ必要があります。 きちんとアイロンをかけた上で、汚れやすい袖ぐりや襟ぐりはこまめに確認しましょう。 靴も同様に、ビジネスにふさわしいシンプルなものを選んだうえで、汚れがないようにきちんと磨きましょう。 ヘアスタイル、スキンケアなど 髪は定期的にカットに行き、整った状態をキープしましょう。 企業によってはヘアカラーが許されることもありますが、基本的には黒髪が無難です。 特に、金髪などの派手な色は避けるようにしましょう。 また、ヒゲの剃り残しがないよう注意しましょう。 額がテカっている、爪が伸びているなども不潔感を与えるため、こまめなケアを忘れないようにしましょう。 また、体臭は自分で気がつきにくいポイントのため、特に注意しましょう。 具体的には口臭・汗臭さ・ワキガ・酒臭さなどに気をつけ、タブレットや制汗スプレーなど専用のアイテムを用いてケアしましょう。 服装 スーツを着用する場合は、自分のサイズに合った、黒・グレー・紺・ベージュなどオーソドックスなデザインで質のよいものを選びましょう。 靴はきちんと磨き、バックストラップなどカジュアルに見えるデザインは避けましょう。 また、ストッキングは肌色で無地のものを合わせることがおすすめです。 メイク ナチュラルメイクを心がけ、派手なアイメイクやカラーコンタクト、不自然なつけまつ毛などは避けるようにしましょう。 ヘアスタイル 髪が長い場合、仕事を妨げたり暗い印象を与えたりしないようにまとめておきましょう。 ヘアカラーは暗めの茶髪であれば問題ないことが多いですが、金髪などの奇抜な色は避け、会社の決まりに従いましょう。 マンパワーグループではインスタグラムで好印象なオフィスカジュアルの服装例を紹介しているので、是非そちらも参考にしてみてください。 仕事中の態度 身だしなみだけでなく、仕事中の態度にも気をつけましょう。 オフィス内では積極的に仕事に取り組む姿勢を見せることが大事です。 例えば、人の話を聞くときには相手の顔を見ない、ふてくされた表情をするなど、ビジネスの場においては、たとえ休憩中であっても周囲の人に不快感を与えるような協調性のない態度は禁物です。 気がつかないまま取ってしまいがちなNGな態度としては、以下があげられます。 ・頬杖をつく ・あくびをする ・腕や足を組む ・あぐらをかく ・椅子の上に足を乗せる ・貧乏ゆすりをする ・独り言をいう ・ひそひそ話をする ・返事が小さい ・返事をしない ・呼ばれてもすぐに動かない ・だらだらと歩く また、仕事において、上司や先輩などに個人的な感情をあらわにするのも禁物です。 具体的には、指導を受けた際にふてくされたり無口になったりするなど反抗的な態度を示す、嫌いな人に挨拶や返事をしないで無視するなどがあげられます。 周囲から自分はどう見られているかを、常に意識するよう心がけましょう。 デスクの整理整頓 整理整頓されていない机では、書類を探すのにも時間がかかり、効率的ではありません。 さらに、出張や休暇中などの不在時に、突然クライアントから仕事の問い合わせが入る場合もあります。 仕事に必要な書類や資料は誰が見てもわかるように整理しておきましょう。 机を長時間離れるときや退社時には、机の上にパソコン類と電話のみ置かれた状態にすることが望ましいです。 オフィスには社員以外の来客がいる場合もあり、セキュリティの観点からも、重要な情報が書かれた書類などを出しっぱなしにするのはやめましょう。 ビジネスでは敬語を使って、相手への心遣いと配慮を表現します。 敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があります。 ・尊敬語:相手を立てて、敬意を表す ・謙譲語:自分についてへりくだり、相手に敬意を表す ・丁寧語:語尾に「です」「ます」をつけて、丁寧さを表す 具体例として、基本中の基本でありながら間違えやすい「敬称」について解説します。 普段から意識して使い、徐々に慣れていくように心がけましょう。

次の

ビジネスマナー研修

ビジネス マナー と は

コロナウイルス下での「謎マナー」 最近、働き方が変わったためか、「マナー」に関する記事をちょこちょこ見かけるようになった。 特にテレワーク関連は盛況だ。 (プレジデント) (起業ログ) もちろん、マナーは不要、などと言うつもりは毛頭ない。 人と人がコミュニケーションをとる上で、マナーの果たす、潤滑油としての役割は大きい。 だが、過剰なマナーもまた、問題だ。 下の記事では、「ホントかよ?」と思うような、謎マナーまで紹介されている。 「オンライン会議を終わる時、取引先や目上の人がログアウトするまで出ない」 「相手に不快感を与えないよう、背景はバーチャル背景を使わなければならない」 「例え画面越しであっても、相手の目をしっかり見て話す」 本当にこんな組織があるのかどうかは、正直よくわからない。 だがリモートワークに限らず、マナーに異常にこだわる組織が存在しているのは、事実だ。 例えば日系の古参メーカーに、外資系に勤務していた知人が転職していたのだが、まず注意されたのが「メールのマナー」だったと聞いた。 ・「ご苦労さま」を使ってはいけない ・「役職・肩書」の記述順序を間違ってはいけない ・「地位に準じた、メールの宛先の順番」を守らなくてはいけない 上の例以外にも 会議におけるマナー 他部署とのやり取りのマナー 役員へのマナーなどがガチガチに決まっており、さらにそれらを遵守させる「マナー警察」のような人々がいたそうだ。 申し訳ないが、「暇なのかな?」と、失笑を禁じえない。 私自身も、つい先日とある政治家の秘書に取材をした時、 「この時代になっても、相手の前でノートPCを開くことは失礼という政治家が結構いる」と聞いた。 彼は 「いつの時代だよ、って話ですよね。 」 と笑っていたが、一方で、 「その程度で目をつけられるのアホくさいので、政治家の前ではノートPCを使わないようにしてます」 ともおっしゃっていた。 こうした、コミュニティや組織に固有の「ビジネスマナー」に関しては、その過剰さゆえに、もちろん反発もある。 (ビジネス・インサイダー) ・アンケート回答者の9割が、「無駄なビジネスマナーがある」と感じている ・年齢層を問わず「礼儀1. 0にうんざり」という人はいる ・過剰な「取引先マナー」に違和感を感じている人も多かった 記事中で紹介されている「謎マナー」は、コンサルタント時代のクライアントにも少々心当たりがあり、私も当時 「この会社は、なんでこんなこと気にしてんだろ。 」 と思った記憶も多数ある。 ただ、記事には「日本社会の縮図」とあるが、こうした「謎マナー」の存在は、もちろん日本だけではない。 こうした現象は世界のあらゆる場所、組織に見いだされる。 宗教団体の戒律。 田舎のローカルコミュニティにおける慣習。 学校の先生への態度。 「謎マナー」は、あらゆる組織、コミュニティにうまれ、そして所属する人々を「これは無駄ではないか?」と悩ませる。 だが、一体なぜこうした事が起きるのだろう。 多くの人が「無駄だよね」「謎だよね」と思っていれば、そんなものはとうの昔になくなっているはずだ。 私にはそれがずっと、不思議だった。 少数決原理 ところが最近になり、その謎がようやく解けた。 原因は 「少数決原理」にあった。 少数決原理とは何か。 ナシーム・ニコラス・タレブは、著書の中でモデルを示し、次のように述べている。 社会における道徳的価値観は、民意の進化によって形成されるわけではないと予想できる。 むしろ、不寛容であるというただ一点の理由だけで、ほかの人々に道徳を押しつけるもっとも不寛容な人によって形成されるのだ。 要するに、 世の中の規範は、ほんの僅かな頑固で不寛容な人たちに、皆が「まあ、これくらいならいいか」と妥協してしまうことで形成されるのだ。 例えば、こんな話である。 ・遺伝子組み換え食品を食べる人は、遺伝子組み換えでない食品も食べる。 だが、逆は成り立たない。 つまり、遺伝子組み換え食品を食べないほんのわずかな(たとえば全体のたった5パーセント程度の)人々が、地理的にまんべんなく散らばっていれば、全員が遺伝子組み換えでない食品を食べざるをえなくなる。 ・ピーナッツ・アレルギー持ちの人はピーナッツを少しでも含む食品を決して食べないが、ピーナッツ・アレルギー持ちでない人はピーナッツを含まない食品を食べられる。 ・コーシャ(またはハラル)食品を食べる人々は、コーシャ(ハラル)認定されていない食品を決して食べないが、それ以外の人々がコーシャ食品を食べるぶんには何の問題もない。 したがって、アメリカ社会にはコーシャの人々は0.3%以下しかいないのに、ほとんどの飲み物がコーシャになる。 ・パーティーに女性が1割以上いるなら、ビールだけ出すわけにはいかない。 だが、ほとんどの男性はワインも飲む。 だから、ワインで統一すれば、グラスは1組で足りる。 これは当然、マナーにも適用される。 つまり 極端にマナーを気にする「マナー警察」が、5%程度もいれば、全員が地雷を踏まないように、そのマナーを気にしだすのだ。 これが「謎マナー」の生まれる原因だ。 「あのよくわかんないマナー、みんな気にしてるんですかね?」 と聞いたら、まず100人中、95人は「気にしない」と答える。 だが、たった5人でも「超重要だろ!何いってんだお前!常識だ!」と喚き散らす、非妥協的な人物がいれば、そのマナーは守らざるを得ない雰囲気になる。 結果的に、会社員であれば、そうした「謎マナー」を無視できない。 なぜなら「マナーは地雷」だからだ。 知らずに踏むと大怪我をし、一部の頑迷な権力者の不評を買えば、キャリア上致命的になることもある。 だから皆、マナーに関しては超保守的になる。 「まあ、これくらいなら、声を上げるのも面倒だし……従っとくか。 」 と、95%の人は思うのだ。 要するに「必要以上に騒ぎ立てるやつ」が、圧倒的に得をする。 「声が大きい人が得をする」と言われるのも、そのためだ。 そして、民主主義の致命的な弱点も、ここにある。 タレブは、このように言う。 間違いなく、不寛容な少数派が民主主義を操り、破壊する危険性はある。 やがては、きっと私たちの世界を破壊するだろう。 確かに、民主主義の綻びは、随所に見られる。 頑迷な一部の利権団体などが強固に主張すれば、大衆は 「面倒だから、ま、いいか」 という「事なかれ主義」に呑まれてしまう。 「絶対に自分の利益を代表する団体にしか投票しない集団 」 が、支持層の人数以上に、強力なパワーを持ってしまうのはそのためだ。 「過剰なビジネスマナーが存在する組織」は、たいてい、停滞している。 もちろん、あらゆる組織もこの問題を抱えている。 だから、 過剰なビジネスマナーの存在は「組織の停滞のシグナル」とみなしてよい。 なぜか。 それは、「過剰なビジネスマナーが存在する組織」は、 事なかれ主義の温床だからだ。 その構成員は 「地雷を踏まない」 「慣習に従う」 ことが最優先になり、合理性や成果が二の次になりやすい。 ・「過剰なビジネスマナーを徹底するコスト」を、容認する ・「声の大きさ」でルールが決定されてしまう ・「形式」にばかりこだわり、成果を追求しない。 ・堂々と交渉せず「迎合すること」がカルチャーとなっている 要するに、少数決原理の負の側面が、色濃く出てしまっているのが、「過剰なビジネスマナーを強いる組織」だ。 だが、そのような組織に成長はない。 あるのは停滞と、その先にあるゆるやかな滅びだ。 もし自分が所属する会社が「謎マナーが多いな」「謎マナーが増えたな」思っているなら。 おそらく組織は停滞しているか、その徴候が見られるだろう。 もしかしたら、それを世間では「大企業病」というのかもしれない。 オウンドメディアの必要性は感じているが、なぜわざわざオウンドメディアで集客しないといけないのか疑問、という方に最適のセミナーです <セミナータイトル> BtoB企業こそオウンドメディアで集客するべき。 その合理的な理由。 (仮題) <内容> 1. オウンドメディアの役割と得意なこと 2. web上でよく読まれる記事とは 3. オウンドメディア運営の全タスク 4. 運営コストについて 5.

次の