門田 せつ よ。 門田節代のNHK政見放送がかわいい?経歴プロフィールや思想・政策についても

門田節代のNHK政見放送がかわいい?経歴プロフィールや思想・政策についても

門田 せつ よ

経歴 [ ] 出身。 、卒業。 1982年4月、入社。 『』に配属され、記者、デスクを経て編集次長に就任。 政治、経済、歴史、事件など、さまざまな分野で同誌の中核記事を担当する。 では被害者遺族の手記を発掘するなどした。 その後、副部長に昇進。 2002年10月から『週刊新潮』に「裁判官がおかしい! 」を連載、後にそれを大幅に加筆して『裁判官が日本を滅ぼす』を新潮社から刊行している。 同書では、がに殺人容疑で逮捕されて有罪が確定したについて、以前に逮捕されていたを逆転無罪としたの裁判官を「無罪病」と非難している。 新潮社勤務のかたわらから発表した『甲子園への遺言』が第16回優秀賞を受賞、NHK土曜ドラマ『』(主演・)としてドラマ化された。 2008年4月、新潮社を退社し独立。 同作品を原作とするのドラマWスペシャル「」(主演・)は、2010年度ドラマ部門の大賞を受賞した。 2009年10月、1949年ので軍に協力した日本の軍事顧問団関係者の子孫と共にのを訪問。 60周年の戦没者慰霊祭などに参加した。 また、門田が同書で明らかにしたが根本に贈った「花瓶」が、2011年、日台友情の証(あかし)として根本家によって台湾に返還されることが決まったと報道された。 台湾でも同書の翻訳本『為義捐命』が発売された。 後の状況を現地で取材。 2014年5月、が吉田が政府事故調の聴取に応じた「(聴取結果書)」を独占入手したとして「所員の9割が吉田所長の命令に違反して撤退した」と報道したことに対して、「これは誤報である」とブログ で主張した。 その後、週刊誌(『週刊ポスト』6月20日号、『週刊新潮』9月18日号)、写真誌(『FLASH』6月24日号)、月刊誌(『』8月号・11月号、『』8月号・10月号)、『』8月18日付朝刊 等で批判の論陣を張った。 一方、朝日新聞は門田の論評に対して「訂正謝罪」の要求と「法的措置を検討する」との抗議書を複数回送付したが、逆に9月11日、木村伊量社長が記者会見を開いて、当該の「吉田調書」記事を全面撤回し、謝罪した。 門田は11月に出版した『「吉田調書」を読み解く と現場の真実』に、その経緯を記した。 伯父が殺害されたについて、20代前半から調査を行っている。 訴訟 [ ] 大滝村交通事故名誉棄損訴訟 [ ] 詳細は「」を参照 1994年7月に創価学会員が運転するトラックと、創価学会に対立する日蓮正宗僧侶が運転する乗用車の衝突事故が発生した。 乗用車を運転していた僧侶が死亡したが、警察は、乗用車側のスピード超過によるものとして処理し、損害保険会社も同様の判断を行った。 事故は、創価学会を破門した日蓮正宗本山の「総登山」直前という激しい対立のさなかに起きたもので、週刊新潮は「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」を掲載した。 当記事には、事故のことを誰も知らない夜中に、死亡した僧侶の似顔絵に「日蓮正宗僧侶 天罰下る!」という見出しを掲げたビラが大量に撒かれたなどとも記載されており、創価学会員のトラックの運転手は週刊新潮に対して訂正を要求したが、新潮社はそれを受け入れなかったため、トラックの運転手は新潮社を名誉棄損で提訴した。 札幌地裁は新潮社の名誉棄損を認め、新潮社に110万円の慰謝料の支払いを命令、札幌高裁、最高裁ともに地裁の判決を支持し、新潮社の敗訴が確定した。 信平夫妻による池田大作に対する訴権の濫用 [ ] 1996年に信平醇浩・信子夫妻の「創価学会の池田大作名誉会長に暴行を受けた」とする手記を週刊新潮に掲載した。 信平夫妻は手記発表後、創価学会に対して損害賠償を求め提訴した()。 裁判は信平夫妻が裁判官を忌避するなど混迷し、ついに信平夫妻の証言が実現しないまま、信子には「時効」が宣告され、夫の醇浩には、「 裁判として成立するほどの証拠や信頼性がない訴訟に対する措置 」が言い渡されて終結した。 しかし、創価学会はこの関連記事を26回にわたって掲載した週刊新潮を提訴もせず、池田名誉会長の「出廷を阻止すること」に成功した。 この手記に関する記事が自民党機関誌の自由新報でも掲載されたため、自民党と公明党の接近が計られる中、時の内閣総理大臣・が謝罪を行う事態にまで発展した。 遺族側は合計26か所の盗用がおこなわれたと主張し、「承諾を得て参考にした。 盗用ではない」とする門田側の主張にも「承諾していない」と反論している。 2013年3月14日、一審のは著作権侵害を認定し、出版差し止めと書籍の廃棄、慰謝料など約58万円の支払いを命じた。 門田は「本人に確認取材し、参考文献としても明記した。 あきれた判決だ」と判決を非難し、即日控訴。 2013年9月30日、二審のも一審判決を支持し、控訴を退けた。 門田は上告の意向 を示す一方、「記憶の薄れていた本人が自ら提供してきた手記をもとに長時間にわたって本人に記憶を喚起してもらいながら取材し、その上で記述した内容が著作権侵害になるなら、もはや日本でノンフィクションは成り立たない」、「日本の官僚裁判官は、小説とノンフィクションの違いも理解できないのだろうか」と反発。 この問題を扱った『新版 裁判官が日本を滅ぼす』を2013年に出版した。 2015年5月14日、は門田の上告を棄却。 著作権侵害を認め、二審判決が確定した。 門田は同日、自身のブログを更新し、「これが司法の限界。 私の姿勢や手法はこれからも変わらない」と宣言した。 受賞歴 [ ]• 2005年 優秀賞• 2010年 ドラマ部門大賞(原作)• 2010年 テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞(原作)• 2010年• 2012年 芸術祭ドラマ部門優秀賞(原作) 著書 [ ]• 『裁判官が日本を滅ぼす』(新潮社 2003年)のち文庫• WOWOWがドラマWスペシャル「」(主演・江口洋介)として映像化。 2010年度文化庁芸術祭ドラマ部門大賞を受賞。 『神宮の奇跡』(講談社、2008年)のち文庫• 『激突! フジテレビが「ザ・ノンフィクション」500回記念番組で同作を原案とする「康子のバラ~19歳、戦渦の日記~」を放映。 第27回テレビグランプリ・ドキュメンタリー部門優秀賞受賞。 同年、WOWOWでドラマ化。 2012年度文化庁芸術祭ドラマ部門優秀賞を受賞。 『太平洋戦争 最後の証言』シリーズ(小学館)• 『太平洋戦争 最後の証言 第1部 零戦・特攻編』(小学館、2011年8月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第2部 陸軍玉砕編』(小学館、2011年12月)• 『太平洋戦争 最後の証言 第3部 大和沈没編』(小学館、2012年4月)• 『新版 裁判官が日本を滅ぼす』(、2013年)• 『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(、2013年)• 『慟哭の海峡』(角川書店、2014年)• 『吉田昌郎と福島フィフティ』(PHP研究所、2015年)• 『日本、遥かなり—エルトゥールルの「奇跡」と邦人救出の「迷走」』(PHP研究所、2015年)• 『リーダーの本義』(日経BP社、2016年)• 『』(小学館、2017年)• 『ヒョウのハチ』(小学館、2018年)• 『新聞という病』(産経新聞出版、2019年) 脚注 [ ]• 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p. 447• 『裁判官が日本を滅ぼす』 「第1章 小野悦男を解き放った無罪病裁判長の責任」 [ ]• 2009年10月27日. 2013年7月13日閲覧。 読売新聞2011年1月5日付• 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2011. 門田隆将オフィシャルサイト ブログ「夏炉冬扇の記」 2014. 産経新聞• 朝日新聞デジタル 2014年9月11日• 門田隆将オフィシャルサイト• 「週刊新潮」1994年9月1日号「大石寺『僧侶』を衝突死させた創価学会幹部」• - 同志社大学教授渡辺武達• Forum21• 「信平狂言事件」、『』2005年4~6月号• 2013年3月15日. 2014年8月6日閲覧。 2013年9月30日閲覧。 2011年7月11日. 2013年9月14日閲覧。 知財情報局. 2013年10月1日. の2015年5月18日時点におけるアーカイブ。 2018年8月29日閲覧。 2015年5月14日閲覧。 門田隆将 2015年5月14日. 2015年5月15日閲覧。 但し集英社版での第1章と第3章が削除されている。 第3章は盗用疑惑の訴訟(訴訟の項参照)で問題となっていた部分だが、それが削除理由かは不明。 外部リンク [ ]• KadotaRyusho - この項目は、(・・・・・・・・・・・)に関連した です。

次の

篤姫会のブログ

門田 せつ よ

NHKから国民を守る党は逸材揃いですが、その中でも一番ぶっ飛んでいる方ではないでしょうかwww 一見ふざけていますが、「女系天皇、女性宮家は必要ありません」とまともな事も述べています。 門田節代さんは、毎日新聞のアンケートで、アベノミクスの評価については否定したものの、外交や国防などにおける安全保障や皇室制度については保守層に近い考えを持っているようです。 門田節代(三重)の年齢や出身は? 門田節代さんは1967年9月3日生まれの年齢51歳です。 あの政見放送を見ていると、「だんだんかわいく見えてきた」という声も見られました。 出身は三重県ではなく大阪府松原市です。 20年前に三重県に移り住んだとのこと。 経歴は高校卒業後にかばん卸会社に就職。 その後、証券会社でパートをしながら、大学に進学。 近畿大学法学部法律学科を卒業されています。 政治に対する思いは、ずっと持っていたんだとか。 また、働いているときに女性の社会進出の壁を感じたそうです。 社会人で大学に通っている時、政治スクールの存在を知って、27歳で申し込み。 打診を受け、今回の参院選立候補に至ったようです。

次の

政見放送の全文 NHKから国民を守る党 門田節代 参院選2019 三重選挙区

門田 せつ よ

門田節代のNHK政見放送がかわいい N国オールスター画像を入手。 門田節代さんの政見放送は、突然落語みたいなのが始まってとても味わい深いです。 選挙楽しみ。 その人物は、三重県選挙区から立候補している、NHKから国民を守る党の門田節代さんです。 普通の主婦の方です。 こいつ才能あるわwwwwww — おたれん ta3shi4ba 「NHKから国民を守る党」の所属の方は、ほんと個性的な方が多いですね。 はじめは穏やかなスタートでしたが徐々にヒートアップしていく姿は、 面白おかしく門田節代さんの政見放送に釘付けになってしまいました。 関西弁でかしまし娘を思わせる替え歌やコントのような落語家トークなどはプロのお笑い芸人の方ではないのかと思わせるほどでしたね。 R-1ぐらんぷり狙えるかも? 振り付けもかわいらしくプリキュアのキャラクターを連想させられると一部から意見もありました。 後ろの手話の方とのコンビもシュール過ぎて絶妙でした。 もしかしてコンビ漫才? でも、主張されている内容は真っ当な意見なので思わず共感してしまいました。 そんな 門田節代さんの経歴プロフィールをチェックしていきます。 現在の住まい:三重県伊賀市 学歴:近畿大学法学部法律学科 資格:社会福祉士 結婚:既婚 職業:主婦 趣味:映画鑑賞(特にレオンが好き)、カラオケ 座右の銘:死んだら負け 好きな本:原田伊織の「官賊に恭順せず 新撰組土方歳三という生き方 」 好きな食べ物:グリーンカレー 尊敬する政治家:三宅博(元衆議院議員) 所属:NHKから国民を守る党「元NHK職員の立花孝志氏が代表を務めるNHKの制作(受信問題など)を批判する党」 当選:0回 政治団体:篤姫会の代表 座右の銘が「死んだら負け」とか好きな本が「原田伊織」とか、見た目のかわいらしさや若々しさに似合わず男らしく渋い趣味をもっていますね。 所属する 「NHKから国民を守る党」には、代表の立花孝志さんの動画を見て興味を持ち2018年から活動されています。 また、 政治団体の篤姫会の代表を務めていて、女性の活躍を応援する取り組みと「世界の平和は日本の平和から」という理念を掲げ「ニコニコ動画」で活動内容を定期的にアップしています。 思想や考え方 門田節代さんは、どのような思想や考え方を持ち選挙に立候補しているのか、中日新聞の記事から抜粋しています。 趣味は映画観賞。 何でも見るが、「好きな映画は何回も見る」。 気晴らしはカラオケという。 普通の小心者の主婦の方のようですが、 政見放送でのインパクトある主張・発言は、やはり日本の世の中の政治や経済などの不満から来ているのでしょうか。 影で不平不満を言って何も行動しない人よりはすごく立派な方ですよね。 高校を卒業してからは、働きながら大学に通い卒業されているので、 反骨精神がありかなり努力家の方だと分かります。 三重県津市の県庁で立候補の届け出を済ませた後の街頭演説ではこのように訴えています。 「NHKの受信料制度が不公平だとして、「(放送を)見ない人の権利を守り、受信料を支払わないことでNHKを正常化させていく」「受信料を不払いすることが、ひいては国民を守ることになる」 日本の政治に対する不満などは、所属する党の公約でもある「NHKをぶっ壊す!」という切り口で演説されていますね。 以前から、NHKの受信料の手荒な強制徴収には疑問を持っており、スクランブル放送の実施を訴えています。 公約・政策 最後に、伊勢新聞の記事から公約・政策を見ていきます。 <消費税率の引き上げ> 大反対。 <地域活性化策> 農業の規制を緩和する。 高齢化で維持できなくなった田畑を農業目的の不動産として農業に参入したい人々に流通させる。 レオパレスばかりいらない。 <憲法改正> 憲法で国のやることをいちいち成文化して規制できないので、美辞麗句のスローガン的なもので良い。 よって改憲しなくても良い。 その時代に合わせて運用するしかないと思う。 頭の悪い議員が変にいじると、取返しがつかない。 やはり主婦の方なので増税には反対という考えをお持ちのようですね。 地域社会のことを考え、レオパレスみたいなやり方を否定し、農業の促進や皆が住みやすい地域の生活を掲げています。 所属する政党は、NHK批判が主なテーマですが、憲法改正などについては運用を慎重に扱うべきと述べられていて、もっと大きなテーマで物事を考えれている方なのではないかと思います。 なにより、一般の庶民目線の方なので応援したくなりました。 門田節代さんは選挙では落選してしまいましたが、最近投稿された立花孝志さん、堀江貴文さんのYouTube動画に話題になっていましたね。 🎀門田節代さん💞【🌟お金をかけずに🎊選挙に勝つ!?ホリエモンの🇯🇵再出馬はあるの??【Part3】🥺動画📹8分45秒あたり~】で🎀門田節代さんの💞話題が🥰取り上げられていますよ🌈 — tsunnaky tsunnaky ホリエモンも注目する門田節代さんは人を惹き付ける魅力がある方なので、今後の活躍に期待したいですね。 まとめ 門田節代さんの政見放送がかわいい面白い好きと注目が集まっていたので調べてみましたが、思想や考え方が素晴らしいので共感できました。 裏で愚痴ばかり言って何も行動しない人よりは、全然かっこいいので活躍を期待したいと思います。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました! あわせて読みたい!気になる「NHKから国民を守る」所属の候補者についてはこちら.

次の