人を呼ぶスキル。 韓国語の敬称……同い年や先輩・年上の人の呼び方は? [韓国語] All About

ツムツム友だちを呼ぶスキルを使うツムは?一覧でミッション攻略

人を呼ぶスキル

韓国では初対面の人にも、遠慮なく年齢を聞きます 具体的な呼び方に入る前に、韓国の人間関係の基本を押さえておきましょう。 韓国は 年長者を敬うという儒教精神が根強く、相手の人の年齢によって、言葉遣いをがらっと変えたりします。 初対面の人には、「몇 살이에요? (ミョッサリエヨ/何歳ですか)」、「나이가 어떻게 되세요? (ナイガ オットケ テセヨ/お歳はおいくつですか)」と聞き、相手に対しどういう言葉遣いをしたらよいのかを判断します。 年下なのにいつまでも敬語を使っていると、「말을 놓으세요(マルル ノウセヨ)、말을 낮추세요(マルル ナッチュセヨ)」と、「言葉を低めてください(敬語を使わないでください)」と言われたりします。 敬語が必要のない相手に対しいつまでも敬語を使っていると、相手にとっても負担なのですね。 とても仲良くなったら年上でも敬語を使わなくなるなどの例外は出てきますが、まずはこの基本を知っておきましょう。 <目次> <韓国語の敬称>• 韓国語の敬称1. 友達・年下の人の呼び方 日本語では、親しい友達や年下の人を呼ぶとき、「~ちゃん」、「~くん」をつけたり、さらには呼び捨てにすることもありますね。 韓国の場合はどうでしょうか。 例えば「수미(スミ)」さんという人がいたとしましょう。 呼び捨てにできるほど仲の良い人がスミさんを呼ぶときでも、「수미(スミ・Sumi)」とは呼ばず、「수미 야(スミ ヤ・Sumi ya)」と呼びます。 名前に「야(ヤ)」をつけるのですね。 日本語の感覚の 呼び捨てで韓国の人の名前を呼んでしまうと、少し不自然なのです。 また、この「야(ヤ)」ではなく、「아(ア)」を付けるときもあります。 どんなときに「아(ア)」をつけるかというと、名前が子音で終わるときです。 子音、母音ってなんだっけ? と思ったら。 例えば、「지훈(ジフン・Jifun)」という名前の人がいます。 名前が「Jifu n」と、子音で終わっていますね。 その場合、「지훈 아(ジフ ナ・Jifu na)」となります。 なぜ「ジフンア」ではなくて、「ジフナ」になるかというと、名前の最後の「n」と、人を呼ぶときの「a」をつなげて「na(ナ)」となるからです。 韓国語の敬称2. 先輩・年上の人の呼び方 日本語の「~さん」にあたる韓国語は「~씨(シ)」です。 フルネーム、もしくは下の名前につけます。 金スミ(キムスミ)さんという人がいたとしましょう。 その場合は、「김수미 씨(キムスミ シ)」もしくは、「수미 씨(スミ シ)」となります。 この「~씨(シ)」は、年上の人に用いるということはもちろん、年齢に関係なく、会って間もない人や会社関係の人など、少し距離がある人に対して用いることができる敬称です。 日本語の「~さん」と似ていますね。 それでは、親しい年上の人はどう呼べばよいのでしょう。 親しい年上の人は、家族に用いるような呼び方で呼びます。 例えば貴方が女性の場合、お姉さんのことを「언니(オンニ)」、お兄さんのことを「오빠(オッパ)」と呼び、貴方が男性の場合、お姉さんのことを「누나(ヌナ)」、お兄さんのことを「형(ヒョン)」と呼びます。 血縁関係のあるお姉さん、お兄さんはもちろんのこと、学校や会社の親しい先輩をこう呼ぶこともできるのです。 韓国ドラマをよく観る方は、これらの呼び方をよく耳にするかもしれません。 また、日本語の「先輩」にあたる、「선배님(ソンベニム)」を使う人も少なくありません。 韓国語の敬称3. 恋人・妻・夫の呼び方 甘い声で「チャギヤ~」 さて、恋人はどう呼ぶのでしょう。 気になるところですね。 まず、恋人といっても、恋人になるまでの期間があることが多いですよね。 学校の先輩だったり、友達の友達だったり……。 恋人になっても、その時に呼んでいた呼び方で呼ぶことが少なくありません。 これまで紹介したように、名前に「아(ア)」や「야(ヤ)」を付けたり、「~さん」にあたる「~씨(シ)」を付けたり、「오빠(オッパ・お兄ちゃん)」と呼んだりするわけです。 その他には恋人同士の呼び方は何もないのかというと、そうではありません。 それは、「자기야(チャギヤ)」。 男性から女性、女性から男性、両方に使うことができます。 この言葉には、なんとも甘い響きがあるのです。 キム・ヒョンジョンという歌手のを見てみてください。 初めて恋人から「チャギヤ」と呼ばれたときの、はにかみ、嬉しい気持ちが表れています。 無理矢理訳すなら、「ダーリン、ハニー」といったところでしょうか。 男女が晴れて夫婦になった場合、恋人時代の呼び方で通す場合も多いのですが、配偶者だけに使える呼び方があります。 それは、「여보(ヨボ)」。 妻が夫を呼ぶとき、夫が妻を呼ぶとき両方に使えます。 日本語の「あなた、おまえ」ですね。 日本語の「あなた、お前」を実際の生活で使っている人はそんなに多くないような気もしますが、韓国では配偶者を「여보(ヨボ)」と呼ぶ人は多いです。 また、「당신(タンシン/あなた、おまえ、あんた)」という言葉をご存じの方もいらっしゃるかもしれません。 こちらも「여보」と同じく、夫が妻に、妻が夫に、両方に用います。 しかし、「ねえ、あなた(おまえ)」というような呼びかけのときにはこの「당신」は使わず、例えば「당신은 어떻게 생각해? (タンシヌン オットケ センガッケ/あんたはどう思う?)」など、文章の中で使われる傾向があります。 少し横道にそれますが、「あなたはどんな食べ物が好きですか?」と自動翻訳機に入力すると、「당신은 어떤 음식을 좋아합니까? (タンシヌン オットン ウムシグル チョアハムニカ)」という韓国語が出てきます。 しかし、日本語の「あなた」という言葉がどんなシチュエーションで使われるか思い出してみてください。 先ほど例に挙げたような夫婦間。 そして、歌謡曲の歌詞で「あなたが忘れられない」など。 それから、よく知らない人などを怒るようなとき、「あなたね、いったいどういうつもり?」。 そう、韓国語の「당신」も同様で、歌詞やケンカのシーンなどでよく聞く言葉です。 一般的な日常会話のシチュエーションでは使われませんので注意しましょう。 韓国語の敬称4. 両親の呼び方 両親を呼ぶとき、一般的には、「어머니(オモニ/お母さん)」、「아버지(アボジ/お父さん)」ですが、子供時代は、お母さんのことを「언마(オンマ/お母さん、ママ)」、お父さんのことを「아빠(アッパ/お父さん、パパ)」と呼びます。 日本でも、ある一定の歳になると、人前で「ママ」と呼びにくいとか、「私のお母さんがね、」ではなくて「私の母がね、」と言ったりしますよね。 その感覚のようなものだと思ってください。 韓国語の敬称5. 昇進したらその日からパッと呼び方を変える。 そうしないと大変失礼。 そのすばやさには本当に感心しますよ。 韓国にはどんな肩書きがあるか、早速見てみましょう。 회장님 フェジャンニム/会長• 사장님 サジャンニム/社長• 이사님 イサニム/理事• 전무님 チョンムニム/専務• 부장님 プジャンニム/部長• 차장님 チャジャンニム/次長• 과장님 クァジャンニム/課長• 팀장님 ティムジャンニム/チーム長• 대리님 テリニム/代理• 계장님 ケジャンニム/係長 などです。 上司が部下を呼ぶ場合は、「님(ニム)」を取っても大丈夫ですが、必ず肩書には「님(ニム)」を付けます。 それがないと、残念ながら肩書を付けてお呼びしたことにならないのです。 【関連記事】•

次の

「シェルスクリプト」を「シェル」と呼ぶ人のスキルは著しく低い傾向があるらしいので区別できるように調べた

人を呼ぶスキル

今回はディズニーストーリーブックスの難関ミッションを、タイトル通り 恋人を呼ぶスキルで38チェーンをミニーを使用し、ルビーを使わず攻略する方法を詳しく解説していきます。 使用するツムはハピネスツムのミニー まず今回 使用するツムはタイトル通りハピネスツムの通常ミニー(ランダム変化形)となっていますが、 他のミニー系のランダム変化形のツムでも代用可能なので、 変化数の多いランダム変化形を持っている人はそちらを使うのがいいでしょう。 なぜ今回ミニーを選んだのかと言うとほとんどの人が持っているからという理由です。 一応大体の人が知っていると思いますが、基本スペックを説明すると、スキルレベル3で変化数が10~13になっていて、必要マイツム数は13個となります。 スキル範囲はミニーとスキル使用後のミッキー以外のツムをランダムで一定数変化させるとなっています。 他に恋人を呼ぶツムでおすすめツムは? 他に同様のランダム変化形で恋人を呼ぶ条件を持っていて、おすすめツムを上げるとするなら。 ・王子、スキル3以上(スキル3で必要ツム14、変化数16) ・ バレンタインミニー、スキル2以上(スキル2で必要ツム12、変化数14) ・キャットハットミニー、スキル2以上(スキル3で必要ツム13、変化数14) ・エリザベススワン、スキル2以上(スキル2で必要ツム14、変化数15) これらに挙げたツムは一定のレベル以上になれば、 必要マイツム数以上の変化数になるので、スキルを連打していくだけでどんどんツムが増えていくので持っているならこちらをおすすめします。 また変化形は他にもいますが 範囲変化形は おすすめしません。 (チップやデール、デイジー系、ナラ、パフィーなど多数) 理由としてプレイ中の終盤に差し掛かると スキルを使用してもマイツムにスキルがかかることが多くなりあまり変化しなくなるので。 38チェーンの難易度は高いのか? 個人的には難易度はそこまで高くは感じないといったところだが、 変化形が苦手な人は今回のイベントの中でもかなり難題なミッションと言ったところ。 特に 今まで変化形が苦手で38チェーン前後のミッションを エルサやアリスで攻略している人は当てはまる人が多いはず。 自分は何回か挑戦し最終的に成功時は50チェーンまで繋ぐことができたので、他のイベントやロングチェーン系のミッションでも使えるのでこれを機会に練習しておくのもおすすめです。 プレイする上での細いコツと要点など では本題、実際にミニーを使用して38チェーン以上のロングチェーンを狙う場合のコツと要点を詳しくあげていきます。 使うスキル回数は2回で十分。 大ツムは消さないでとっておきスキルで変化させる。 ボムは極力生成しない 4. 下から順番に隙間を埋めていく。 繋げづらくなったら右下の扇風機やジャイロ機能を使う 以上に挙げた これらの5つを意識して何回か挑戦すれば達成できると個人的には考えています。 では実際にミニーでプレイする上で5つの要点をを一つずつ詳しく解説していきます。 使うスキル回数は2回で十分 まず使うスキル回数ですが理論上では4回使用すれば画面上のツムを全て変えることができますが、実際はスキルを使用するためにミニーを消すと、 マイツムが消えては恋人ツムが増えるを繰り返しあまり画面内のツム埋まらなくなります。 後半はどうしても繋げられない場面が出てくるので 画面下部分や中心部分に埋もれている孤立したツムを変化させるために使用するのが効果的。 そして消す度に上から降ってくるツムは普通にジャイロや扇風機を使って細かく消していく。 隙間だらけの状態、 この状態でスキルが使用できれば後はつなげるだけの状態だが、見てわかる通り スキルが使用できない状態なのでこれは詰み状態。 理想はスキルを使用できる状態を維持し他のツムをバンバン消していく、大ツムが1個以上でもあればさらに理想、スキルで変化させてマイツム数を増やすのがいい。 大ツムは消さないで取っておきスキルで変化させる。 運良く 大ツムが降ってきたら消さないで取っておきましょう。 マイツムや他の大ツムだった場合も消さないで取っておく。 これが理想形。 スキルは1回使用し次のスキルが撃てる状態。 この状態でスキルを使わず他の小ツムを消していきマイツムをさらに増やし、ギリギリまで 他のツムが消せなって 孤立したツムが15個前後くらいで、スキルを使用し大ツムがミッキーに変化する確率を少しでも上げていく。 ・ ボムは極力生成しない これに関しては 理由はシンプルで画面上のツムは大ツムを合わせて45個までしか降ってこないのでボムが一個でもあるとつなげれる数がボムの数だけ減っていくので極力生成しない方が無難。 また中盤以降に ボムを作ってしまった場合大ツムやマイツムなども余計に消してしまうことになるので、ボムを作る場合は最初のフィーバーに入るまでや、スキルを使用する前までがいいでしょう、スキル使用後にボムが残っていると 大ツムが消えたり大事故につながる可能性やチェーン数が1足りなくなる可能性が高くなるので絶対に作らない方がいい。 下から順番に隙間を埋めていく。 何回か挑戦してる上で思ったかなり重要な点。 中盤以降にさしかかり孤立してるツムが増えてくると、画面の下や中心あたりで1~2個だけ孤立しているツムはほぼ消せなくなるので、消せる時は 下側のツムを優先的に消していき、どうしても1~2個残ってしまった場合はスキルで変化させるのがいい。 これは 上でも上げた画像だが、 よくある失敗例。 孤立したツムが下部分に集中しており、スキルも使えない状態なのでこれ以上消せなくなっている 詰み状態。 こうならないためには序盤から 下側のツムを優先的に消していき、孤立ツムを作らないように心掛けた方がいい。 残りの上部分は孤立したツムと降ってきたツムを合わせて細かく消していき、マイツムを少しずつ増やしていくと孤立したツムが埋もれにくくなる。 繋げづらくなったら右下の扇風機やジャイロ機能を使う これも中盤や終盤に差し掛かると、あと 少しだけ動けば3つ繋げられる状態といった場面に出くわした場合の対処法。 右下の 扇風機を一回だけ押し微調整したり、ジャイロで少し傾けて孤立したツムを無理矢理3つ繋げると言う力技なテクニック。 感想やまとめなど 今回はなぜこんな記事を書いたのかというと、実際に検索しても内容がデータばかりのWikiや動画ばかりで、ちゃんとした攻略サイトがあまり無かったからという理由で具体的な攻略記事を書いてみました。 なかなか苦戦してる人も多かったようなので、 最初に上げたミニー以外のおすすめツムや5つの要点を意識して何回かプレイし達成できるまで練習するのがいいでしょう。 実際に 要点でも上げてた画像が成功例ですがスクショしながらプレイし、時間ギリギリで50チェーンしてますが大ツムが無くても計算上40チェーンになり、実際は時間ももっと余裕ができると思いますので、ミニーでも十分に狙えますので達成にお困りの人は参考にしてみてください。 また他にも変化系やロングチェーンなどのミッション系にも対応が可能なので個人的にミニーの練習はおすすめです。 まだハピネスツムを全部引いてない人は今後のミッション用のためにも先に揃えていた方が無難と言えます。 自分はテクニックはそこそこあると思っていますが、マイツムやサブツムのレベルが低すぎるため、条件付きの点数系のミッションはいつも苦労するので、あまり役に立てないですが今回のようにテクニック系の記事はお役に立てるかと思います。 カテゴリー一覧•

次の

ツムツム 白雪姫は小人を呼ぶ!スキルと使い方紹介

人を呼ぶスキル

はじめに 「より自分の希望する職務に就きたい。 」と考えている場合、運に任せて会社の人事から声がかかるのを待っているだけでは、なかなか希望通りにはなりません。 そこで、自分から積極的に行動する方法のひとつとして、スキルアップやキャリアアップがあげられることが多いのですが、「具体的には何をしたらスキルアップになるの?」「スキルアップとキャリアアップは何が違うの?」等々、疑問に思っている人も多いのではないでしょうか? この記事では、スキルの定義、スキルアップのために必要なこと、キャリアアップとの違いについて説明します。 目次 スキルとは、技量や手腕のことであり、何らかの物事を行うために必要とされている能力を指します。 先天的な能力ではなく、訓練を通じて身につけた能力、といいかえたほうが、わかりやすいかもしれません。 スキルという言葉を日本語に置き換えるとき、技能と表現することもありますが、そもそも技能という言葉は、筋肉や神経系統の働きに関する能力といった意味合いが強い言葉とされています。 それに対して、スキルには、知識や態度といった要素もプラスされますので、技能よりも、より広い意味を持つ言葉ということができるでしょう。 実際には技能という言葉に置き換えられることなく、スキルという言葉を、そのまま使うケースがほとんどのようです。 スキルという言葉は、実に様々な場面で用いられます。 特によく用いられるのはビジネスシーンです。 例えば、次のような能力は、すべてビジネスにおける大切なスキルということができます。 自分にできるだけ有利な条件を、相手に納得してもらうための「交渉力」• 自分が売りたい商品やサービスを、お客様により魅力的に感じてもらうための「提案力」• 相手が言わんとするところを、表情や雰囲気といった会話の全体から読み取って理解する「傾聴力」 上記の例のような、ビジネスに必要とされるスキルには、簡単にできそうで、実はなかなかできないといったものが実に多くあります。 このため、希少価値のあるスキルを有している人材は、より高いキャリアを積むことができるようになる可能性が高いといえるでしょう。 スキルの中でも、特にビジネスを円滑に行うために必要とされる様々なスキルのことを、「ビジネススキル」とよびます。 先に説明した交渉力や提案力もそうですし、他にも共感力や問題解決能力といったものも、ビジネススキルの一種ということができます。 そして、このビジネススキルに含まれる能力を一覧にしようとすると、業種や立場によっても、必要とされるスキルは異なりますから、ものすごいボリュームになってしまうことでしょう。 ビジネススキルのうち、社会人になったときに、最初に身につけなくてはいけないとされているものが、ビジネスマナーです。 このため、多くの企業が、新人研修の一環として、ビジネスマナー研修を実施しています。 基本的な挨拶、名刺交換の仕方といった基本的な礼儀はもちろん、企業によっては、正式配置後に円滑な業務遂行ができることを目的として、コミュニケーション力を高めるためのグループ学習といったことを実施するところもあります。 個々のビジネススキルは、ハーバード大学のロバート・カッツ教授の論文「スキル・アプローチによる優秀な管理者への道」によると、以下の3種類に分類されるそうです。 テクニカルスキル• ヒューマンスキル• コンセプチュアルスキル なお、これらは、言葉は一緒でも、役職によって、含まれるスキルの内容が異なりますので、詳しくは、それぞれの章で説明することにしましょう。 テクニカルスキルとは、業務追行能力ともよばれ、自分に与えられた仕事や業務、職務を適切にこなすための能力のことを指します。 また、職務をこなすために必要となる知識や技術、技術熟練度といったものも、このテクニカルスキルに含まれるといわれています。 場合によっては、ある特定分野の仕事をこなすために、特に必要となる専門知識や専門的な技術の総称をテクニカルスキルと表現することも多いようです。 テクニカルスキルに含まれる、具体的な能力としては、以下のようなものが挙げられます。 管理者層になると、部下の能力を引き出すコーチング力や、部署や部門間での調整力、といったものも、含まれるようになります。 目的意識をしっかりと持って、自己管理をすることは、高いモチベーションの維持につながります。 管理者層になると、この自己管理能力が、部下を管理する能力へとつながるといわれています。 最低でも、自分の職務に必要なだけの操作はできるようになっておく必要があります。 なお、テクニカルスキルは、管理者の中でもロワーマネジメント 指揮監督者層 とよばれる、比較的現場に近い位置で働く、若いマネージャーに、特に必要とされる能力といわれています。 よく混同されがちなのが、ヒューマンスキルと、コンセプチュアルスキルです。 ヒューマンスキルとは、対人関係能力を指します。 人間関係を円滑にして、人との繋がりを最大限に活用するための能力と説明されることが多いようです。 ヒューマンスキルに含まれる、具体的な能力としては、以下のようなものが挙げられます。 相手が話す内容に、わからない点があった場合は、できるだけ相手を不快にさせないように、上手に聞き出すといったテクニックも求められます。 ツールを上手に使って、相手が理解しやすいように工夫する、話をコンパクトにまとめるといったテクニックも必要とされます。 明確な目標と方向性を示す、部下の能力を考慮して作業の配分を決定する、部下を公正に評価するといった、高度な判断力と決断力が必要とされます。 一方のコンセプチュアルスキルですが、こちらは、より経営者に近い人に求められるスキルとされており、事業の現状把握や動向分析、戦略立案といった、より高度な判断力、分析力を指します。 コンセプチュアルスキルに含まれる、具体的な能力としては、以下のようなものが挙げられます。 この能力を身につけることで、曖昧で抽象的な表現を使うことなく、自分の考えを相手に明確に伝えることが期待できます。 漠然と現実を受け入れるのではなく、前向きな姿勢で向き合うことで、仕事へのさらなる意欲を増し、成果をあけることが期待できます。 今までにないものを作り上げる、新しい市場を開拓していく、といったときには、必要される能力です。 役職ごとに割合は異なりますが、ビジネスの上で、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルをバランスよく持つことは、非常に大切なことといえます。 なお、ミドルマネジメント 管理者層 やトップマネジメント 経営者層 と役職が上がるにつれて、ヒューマンスキルよりもコンセプチュアルスキルの必要性が増していく傾向があるようです。 スキルアップとは、様々なスキルを身につけるために行動することを指します。 一般的に、スキルを獲得するためには、学習や経験が必要とされています。 また、特定のスキルがないと務まらないという仕事も多くあります。 スキルは、通常の業務の中で、自然に身につけていくことが理想的といえますが、そうでない場合は、次のような方法で獲得する人が多いようです。 また、これらを社員研修の一環として、行っている企業もあります。 スキルアップをすることで、その人は企業にとって、なくてはならない人材となり、そして役職が上に上がるにつれ、収入アップを期待することができるかもしれません。 しかし、スキルアップをしても、それを仕事に活かすことができないとなると、昇格も昇給も、絵に描いた餅でしかありません。 スキルアップをしたら、それを周囲にアピールしていきましょう。 例えば、就職や転職であれば、業務に役立つ資格などを有しているか否かということが、採用・不採用に与える影響は大きいといわれています。 履歴書や職務経歴書、面接の場などで、積極的に伝えていくとよいかもしれません。 スキルアップと似ている言葉に、があります。 キャリアとは、仕事における経歴や職歴のことを指します。 スキルが「能力」という意味で用いられるのに対し、キャリアは「経験」という意味で用いられることが多いようです。 このため、とは、スキルを有するだけではなく、それを実際に利用して経験を積んでいくということを表します。 「スキルアップをしてそれを実践することが」と理解すると、理解しやすいかもしれません。 一方で、スキルアップはのひとつの手段であるという考えもあります。 これは、自身の全体の将来的なキャリアを考えた際に、スキルアップが必要であるという考える人が多いことが、背景にあるようです。 実際に、様々な経験を積み、自身の市場価値を高めることで、役職があがったり、給与も労働条件も良い企業に転職できたりという人はたくさんいます。 ただし、スキルアップが必ずしもをもたらすわけではありません。 というのも、自分がスキルアップをした内容とは別の職業を選択することもあれば、趣味など、仕事とは関係のない分野でのスキルアップを目指す人もいるからです。 何のためにスキルアップをするのか?ということを頭に置きながら、状況に合わせて柔軟に考え、内容を見直していくのが良いのではないでしょうか。 スキルアップをするには、様々な方法がありますが、そもそもなぜ、自分から積極的にスキルを磨く必要があるのでしょうか。 自身の所属している職場において与えられた職務や業務をこなすために必要となるスキルを獲得することは、当たり前ですし、そして、長く仕事を続けていれば、職務を早く、効率的にこなす能力は、自然と身につくもので、自分から特別に動こうとしなくても、それなりのスキルが身につくような気がする方もいるでしょう。 しかし、職務に必要となるスキル以上のスキルを磨くことには、きちんとした意味があります。 それは、という点です。 は、自分自身の市場価値を高めます。 そして、より高い役職を目指す、もしくは、より高い給与や働きやすい労働環境が与えられる職場への転職を希望する際に、とても有利になることが期待できます。 スキルアップが自分のを実現するために必要といわれるのも、このためといえるでしょう。 なお、趣味などでスキルアップを目指す人についても、自身の成長を感じたり、人間的な幅が増えたり、幸福感を得られたりという効果があれば、スキルアップは仕事とは関係なくても、とても実りのあることといえそうです。 おわりに 目標を達成するために必要とされる、様々な技能や技術を「スキル」と呼び、これらのスキルを獲得していく過程が「スキルアップ」であるということが、おわかりいただけたでしょうか。 スキルアップは、よりよい待遇を求めて行われるに大きく影響します。 自身の望むキャリアプランを実現するためにも、積極的にスキルアップにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 LIMO編集部 参考記事• LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。

次の