はめふらなろう。 アニメ版『はめふら』、原作ファンも虜にする魅力 メディアミックス成功のポイントは?|Real Sound|リアルサウンド ブック

はめふら

はめふらなろう

悪役令嬢とは、物語の中で悪役的な立場に置かれる(もしくは将来、そうなる可能性のある)人物のことを指す。 貴族の令嬢という設定が多いため、このような名称になったのだろう。 ただし悪役令嬢ものの内容は、バラエティに富んでいる。 詳しい説明は省くが、その中で多いのが、現代の日本人女性が乙女ゲームや少女漫画の世界に転生し、自分が物語の中の悪役令嬢だと気づいて、なんとかしようとするものだ。 ヒロインをいじめた悪役令嬢が、最終的に悪事が露見し、追放や処刑されるというバッドエンドが、ストーリーのお約束。 そうならないために、あれこれ行動するのである。 山口悟の『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は、こうした悪役令嬢ものの人気作だ。 なお、実際の乙女ゲームに、悪役令嬢が出てくる作品は無いらしい。 ネット小説の世界で、独自に発展したスタイルといっていいだろう。 クラエス公爵のひとり娘として、我儘いっぱいに育った、カタリナ・クラエスは、自国の第三王子ジオルド・スティアートにべったりつきまとった挙句に転び、頭を打ったことで前世がオタク女子高生だったことに気づく。 さらにここが、剣と魔法の世界を舞台にした乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』であり、自分が悪役令嬢役であることも思い出した。 ゲームの通りにストーリーが進むと、バッドエンドオンリー。 それを回避しようと、ひとり脳内会議をして、剣と魔法の修行を始めたカタリナ。 だが、剣の才能は皆無。 魔法の才能もしょぼい。 それでも土魔法を磨くために、なぜか畑仕事に精を出すようになる。 彼女なりの理屈があるのだが、あまりにもズレすぎていて、家族や使用人は困惑するばかりだ。 その一方で、カタリナの周囲には、オトメゲームの登場人物が次々と現れる。 ヒロインの攻略対象となる男性たちや、ストーリーに絡んでくる女性たちだ。 カタリナが転んだとき、額に傷を作ったことから、彼女の婚約者になったジオルドを始め、美男美女ばかり。 しかし彼らは、自らのコンプレックスや世間の目に縛られていた。 それを裏表のない、カタリナの真っすぐな言動が解きほぐす。 それは学園に通うようになっても変わらない。 本作は、ネットの小説投稿サイト「小説家になろう」にアップされた作品である。 学園の事件が解決して物語は完結した。 商業出版された文庫の第2巻までが、これに当たる。 だが作品が評判になったことで、続きの刊行が決定。 この原稿を書いている時点では8巻までが出版されている。 これほどの人気を獲得した一番の理由は、やはりカタリナのキャラクターだろう。

次の

【はめふら】乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…#6【WEB版朗読】 ニココメ

はめふらなろう

放映前の注目度はさほど高くなかった本作だが、アニメの第1話が評判を呼び、以後人気が爆発。 これにともない、山口悟による原作小説も注目を集め、4月発売の最新刊9巻のみならず既刊の売上も好調と、大旋風を巻き起こしている。 『はめふら』はオンライン小説投稿サイト「小説家になろう」に連載後、2015年に一迅社文庫アイリスから商業出版され、3巻以降は書き下ろしとして継続中のシリーズである。 今や女性向けネット小説の人気ジャンルとして定着した「悪役令嬢もの」を決定づけた作品の一つであり、これまでに9巻が刊行された。 さらに、小説の挿絵担当のひだかなみによる漫画化も進められ、コミックスは第4巻まで発売。 クオリティの高いコミカライズは好評を博し、『はめふら』の人気を後押しする。 このように、本作はもともと女性読者をターゲットにした作品であったが、アニメ化をきっかけに男性ファンの心も掴み、男女双方から支持されるコンテンツへと成長を遂げた。 今回はアニメ『はめふら』を取り上げ、今最も勢いに乗っている作品の魅力について、詳しくみていきたい。 はじめに、『はめふら』の基本設定を確認しよう。 公爵令嬢としてわがままに育ったカタリナ・クラエスは、8歳の時に庭で転んで頭を打ち、その拍子に前世の記憶を取り戻す。 カタリナの前世は、享年17歳のオタク女子高生だった。 やがてカタリナは、今自分がいるのは前世でプレイ中だった乙女ゲーム「FORTUNE LOVER」の世界であり、ゲームに登場するライバル役の悪役令嬢に転生してしまったことに気づく。 ゲーム内のカタリナは、どの攻略対象を選んでも国外追放もしくは死亡という、バッドエンドを迎える設定の人物だ。 今生こそは平和に寿命を全うしたいと願うカタリナは、破滅フラグを回避しようと、彼女の前にあらわれた4人の攻略対象を相手に、斜め上の対策を繰り出していく。 そんなカタリナの予想外の行動や表裏のないまっすぐな性格は、王子や義弟、宰相の息子が抱える孤独や悲しみ、コンプレックスを溶かしていくのであった。 というのが、『はめふら』のあらすじである。 前世で「野猿」と呼ばれた木登りの腕前で周囲の度肝を抜き(デフォルメされた木登りの動きがとてつもなくキュートだ)、お菓子に目がなく意地汚く食い荒らし、土の魔力を高めるために始めた畑仕事に傾倒、そしてここぞという時には「悪役顔」の本領を発揮して凶悪な表情を披露する。 カタリナの公爵令嬢らしからぬ行動の数々が、アニメによってさらなる躍動感を得て、どこまでもチャーミングに描かれてゆく。

次の

今期の好きなアニメを少し語らせてください。|恒石涼平@ゲームシナリオライター|note

はめふらなろう

悪役令嬢とは、物語の中で悪役的な立場に置かれる(もしくは将来、そうなる可能性のある)人物のことを指す。 貴族の令嬢という設定が多いため、このような名称になったのだろう。 ただし悪役令嬢ものの内容は、バラエティに富んでいる。 詳しい説明は省くが、その中で多いのが、現代の日本人女性が乙女ゲームや少女漫画の世界に転生し、自分が物語の中の悪役令嬢だと気づいて、なんとかしようとするものだ。 ヒロインをいじめた悪役令嬢が、最終的に悪事が露見し、追放や処刑されるというバッドエンドが、ストーリーのお約束。 そうならないために、あれこれ行動するのである。 山口悟の『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』は、こうした悪役令嬢ものの人気作だ。 なお、実際の乙女ゲームに、悪役令嬢が出てくる作品は無いらしい。 ネット小説の世界で、独自に発展したスタイルといっていいだろう。 クラエス公爵のひとり娘として、我儘いっぱいに育った、カタリナ・クラエスは、自国の第三王子ジオルド・スティアートにべったりつきまとった挙句に転び、頭を打ったことで前世がオタク女子高生だったことに気づく。 さらにここが、剣と魔法の世界を舞台にした乙女ゲーム『FORTUNE・LOVER』であり、自分が悪役令嬢役であることも思い出した。 ゲームの通りにストーリーが進むと、バッドエンドオンリー。 それを回避しようと、ひとり脳内会議をして、剣と魔法の修行を始めたカタリナ。 だが、剣の才能は皆無。 魔法の才能もしょぼい。 それでも土魔法を磨くために、なぜか畑仕事に精を出すようになる。 彼女なりの理屈があるのだが、あまりにもズレすぎていて、家族や使用人は困惑するばかりだ。 その一方で、カタリナの周囲には、オトメゲームの登場人物が次々と現れる。 ヒロインの攻略対象となる男性たちや、ストーリーに絡んでくる女性たちだ。 カタリナが転んだとき、額に傷を作ったことから、彼女の婚約者になったジオルドを始め、美男美女ばかり。 しかし彼らは、自らのコンプレックスや世間の目に縛られていた。 それを裏表のない、カタリナの真っすぐな言動が解きほぐす。 それは学園に通うようになっても変わらない。 本作は、ネットの小説投稿サイト「小説家になろう」にアップされた作品である。 学園の事件が解決して物語は完結した。 商業出版された文庫の第2巻までが、これに当たる。 だが作品が評判になったことで、続きの刊行が決定。 この原稿を書いている時点では8巻までが出版されている。 これほどの人気を獲得した一番の理由は、やはりカタリナのキャラクターだろう。

次の