特殊ミミッキュ。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手場所

ミミッキュ : HC冷静特殊型ミミッキュ|ポケモン育成論サンムーン|ポケモン徹底攻略

特殊ミミッキュ

挨拶 こんにちは。 マイナーポケモンや厨ポケの変態型好きの〇〇と申します 育成論は2回目の投稿のため、至らぬ点が多々あるかと思いますが その際にはコメントで指摘していただければ幸いです。 DM ダイマックス)などの略称を使用させていただきます ダメージ計算はポケソル様のSoldier Calcを使用させて頂きます。 見やすくするために枠を追加しました。 ダメージ計算を全てC+1で計算していたことが発覚したので修正致しました。 ご迷惑をかけて大変申し訳ございませんでした。 コメントでのご指摘ありがとうございました。 ミミッキュについて 言わずと知れたあいつ。 持ち物 火力不足を補うためにこだわりメガネで確定とさせて頂きます。 性格 火力不足の為控えめで確定です 採用理由 ミミッキュを見てのこのことやって来るカモを狩ってやるためです 努力値 CS252で確定です。 余りはお好みで 技構成• マジカルシャイン 威力80 命中100 フェアリータイプの技 追加効果は無し。 タイプ一致のメインウェポンなので確定です。 電気タイプの技。 この育成論のコンセプトであるアーマーガアを倒すために確定です。 10万ボルト 雷と選択。 外しが怖い方はこちらを 外しは知らん 選択技[上から優先度順に]• ギガドレイン 威力75 命中100 草タイプの技 相手に与えたダメージの半分を回復する。 などへの有効打。 などに。 破壊光線 威力150 命中90 ノーマルタイプの技 使用した次のターンは反動で動けない。 これぞロマン。 ダメージ計算は載せません。 与ダメージ計算• ですがこれ、ダメ計ほんとに合ってますか?? c実数値112にメガネを持たせたところで、不一致雷をトゲキッスが乱数になるとは到底思えません。 と思って少しだけ計算してみましたが、 雷 対h4トゲキッス 64. 5〜77. 1〜44. 全体的に計算がおかしいと思います。 一度見直してみてください。 メガネを持たせて特攻ランクを1段階上昇させたらほぼダメージ計算が合いました。 何にせよその記載はありませんし、どうやってcを上昇させるのかも分かりません。 ダメージ計算の修正をお願い致します。 ですが一部他のダメージ計算もしてみましたが、やはりc1段階上昇で計算されてるように感じます。 雷 対h252d4アーマーガア 64. 3〜76. 5〜114. 誤解を生むため早急に直して頂きたい次第です。 投稿主様ではないのにすみません。 単純に計算ミスをしていました。 すぐに修正致します。 12 横から失礼します、私はそうは思いません。 眼鏡でも等倍火力は終わってるので起点にされるのは同じです。 「ミミッキュにノコノコ出てくるサニーゴ」とかいう謎のポケモンを倒すっていうコンセプト自体がおかしいのはひとまず置いといてです。 現状眼鏡を持たせる理由が「アーマーガアに交代読みで電気技を当てれば確2をとれること」しか無く、流石に型として弱すぎると思うんですがそこのところどうお考えなんでしょうか。 また、10万と確定数変わらないのに雷が確定の理由もわかりません。

次の

ミミッキュ

特殊ミミッキュ

このミミッキュなら相手の意表が付けて楽しそうですね。 欲を言うなら投稿者さんの実際の使用感が欲しいです。 心内ですが、評価5とさせていただきます。 HAベースでシャドクロとかげうちで大体倒せるし、抜きエースとしてもこの配分の方が活躍する機会が多そうだと思うんですけどそこらへんはどう考えているのでしょうか。 実際に使われた感想として、弱保の発動頻度も教えていただけると幸いです。 しかもハッサムを倒せるようになりましたとありますが、ハッサムを倒したところで別のポケモンにはしっかり役割が持てるのでしょうか? 詳しい使用感がないので良くわかりません。 弱保ミミッキュというのは面白いと思います。 ハピナスの場合Hが圧倒的に高いから、HにふるよりBにふったほうが効率よくBを上げれるだけであって、単純にCが低いだけのミミッキュとは関係ありません。 元々Aの方が高いポケモンで、ふるいたてるよりつるぎのまいの方が火力もあがりますのでHAベースで考えた方がいいのではないかと思います。 まず総括して補足をさせていただきますと、弱点保険型でミミッキュを運用する場合、優秀なタイプが仇になって弱点がゴーストと鋼しかない訳です。 これらはあまりサブウェポンにもならないタイプです。 なので弱点保険というのは通常はあり得ない選択肢で、鋼を倒したいという一心で今回用いている訳です。 逆に言うと、それでも弱点保険を使う場合は、これらのタイプが相手のときに、可能な限り相手を倒して起点にしなければなりません。 ゴーストタイプは物理でも特殊でもなんとかなりますが、問題は鋼です。 サブウェポンで食らう分にはなんとかなるのは論中ガブリアスのアイアンヘッドで示したとおりですが、特にバレットパンチを打ってくる強敵についてはほぼ確1で倒さねばなりません。 これが鋼タイプ、特にハッサムを重く見ている理由です。 弱点保険型を運用しようとした場合も必然的な結果として特殊型になるということです。 実際の使用感としては、相手を選んで出せば、特に警戒されずにバレットパンチを打ってくれるような印象です。 ミミッキュ対面で剣の舞を積んでくる鋼タイプも少ないです。 意外とメガルカリオもバレパンで来てくれるので返り討ちにできることが多いです。 ただゴーストタイプには比較的安定しません。 補助技をされたり、退かれることも多いです。 ギルガルドは型が多く、読み合いが発生するので、これも厳しいです。 上述の通り実際に弱点保険が発動するのは、シャドーボール中心で攻めてくる相手か、メガハッサムかメガルカリオかメガメタグロスのバレットパンチに限られます。 コメットパンチやアイアンテールをされた場合は耐えません(ミミッキュ相手だとバレットパンチを打ってくる場合がほとんどですが)。 HAでは論の最初に書いたとおり、弱点保険発動後でも、鋼タイプの突破が困難または不可能です。 また素早さを上げる手段がなくかげうちの破壊力は小さいので抜きエースとしての性能はいずれにしても低いです。 そもそも物理型で運用したときに火力不足と感じるということと、特殊型でまともに運用できなさそうということは一見関係ありそうでその実全く無関係です。 むしろ物理では火力不足で、剣の舞を数回積んでさえ鋼の突破が無理で運用困難なので弱点保険で補って、更に特殊型にしたのが本論です。 ミミッキュは普通にしているだけでもバレパン要員を非常に呼びます。 弱点保険を発動してくれるのも彼らです。 その中でもハッサムを確実に倒さないと上述した理由で弱点保険型は事実上運用できませんから、ハッサムを重要視しています。 上記の理由で弱保ミミッキュを面白く思って使うけれど、ハッサムやルカリオを重要視しないというのは現実的にはあり得ないことです。 また「重ねて、注意」の項でも書いたとおり、このポケモンは非常に限定的な相手にしか役割を持てません。 これは弱点保険を発動できるのがゴーストと鋼だけである以上仕方のないことです。 補正なしC252ゲンガー シャドーボール 81. C0メガゲンガーのほうがC252ゲンガーより火力がありますから、けっこうHSがいます。 Cが低い方が好都合なわけがないのは自明なので冗談として書きました。 ASに比べると割合的に、威力がかなり上がるのは事実ですが。 ハッサム相手で特殊型めざ炎のメリットは、HD特化でも倒せるということもありますが、H252でD振りが少なければ、剣の舞を積まれなければ後出しからほぼ確殺できるということも大きいですね。 すなわち弱点保険発動後ならふるいたてる無しでも H252メガハッサムが97. また通常の状況(対面)でも、メガハッサムは退かれると後続があとでバレットパンチを受けるので、かげうち圏内にするというよりはなるべくふるいたてるから打って一撃で落としたいです。 また剣舞シャドークローからのかげうちだとHD特化ならいいですがBに厚く振られている場合は厳しいです。 どちらでも弱保が発動したら確実に倒せるのでないといけません。 その意味で、めざ炎ならHD特化でさえ確実に圏内にできる、と言いました。 耐久にしっかり振ってあるハッサムを無視してその後の抜き性能を優先する場合はそれもないわけではないです。 また一方で、現環境ではゲンガーやガラガラなどゴーストタイプの多くが鬼火を持っており、ミミッキュ対面だと打って機能停止にしようとしてきます。 火傷のダメージは痛いですが攻撃低下があまり問題にならないというのも強みです。 逆に特殊型でありながら初手剣の舞をするのは無い訳ではないですが、かげうちの上からバレパンを打たれるメタグロスやルカリオの突破が困難になります。 そういう理由でHC冷静特殊型、ふるいたてる採用という結論に至りました。 両刀にするメリットは上述の通りです。 特定の相手を仕留める型です…。 性格補正は種族値が高い方にかけるのが効率的というのは、そのとおりだと思いますが、このミミッキュは特殊にかけないと一部の相手で火力が足りず、しょうがないです。 高評価ありがとうございます。 実際には、運用は結構、厳しいです。 RFキュウコンやフェアリーが多くて鋼が重いパーティで、相手にテッカグヤがいないときに選出の余地がある、という程度です。 しかも敵にノーマルタイプが居るとこれも選出しにくいです。 のちのち、皆様の疑問に答える形で修正を加えたいと思います。 ただポテンシャルを無駄にしてるだけ。 しかも特化でも大した火力出ない。 確かに面白いし意表はつけるけど、意表ついた後は何もない。 試してみようと思います。 やはり意表をつくにはいいですが火力が低いのでめざ炎では時間がかかります、ハッサムなどは炎タイプに任せてめざ氷を僕は持たせています。 ダメ計は省かせてもらいますが補正ありA252メガガブリアスの地震確定たえです。 H、D0のチョッキランドロス 霊獣 に めざ氷 41. 7 H、B0のランドロス 霊獣 に かげうち 17. 性格を勇敢にしてC252振れば102までは出ますが努力値が足りなくなるのとシャドークローなどの物理を上げてもランドロスなどは倒せないです。 ミミッキュはおにびなどで機能停止させられることもあるので特殊はいいと思います。 ですがやはり物理の方が強いです。 まあ、化けの皮で一回攻撃を無効にできるのは弱点保険と相性がいいので物理型に弱保を採用してみようと思います。 攻撃2段階上昇なのでおにびを打ち消せるのでいいと思いました.

次の

ミミッキュの型一覧

特殊ミミッキュ

そこで、「つるぎのまい」で攻撃を上げて相手パーティ全滅を狙ったり、弱点技を持っている敵にも強気な立ち回りが可能です。 ミミッキュは攻撃の種族値はそこまで高くないので、持ち物は攻撃力を上げるために「いのちのたま」を採用しています。 「ダイホロウ」の威力も、「シャドークロー」より高い。 ただし、攻撃までに2ターンかかるので、相手の交換に注意。 ミミッキュで、水や地面タイプのポケモンに対して、役割を持たせたい場合に採用する。 「のろい」で自主退場もできるため、「トリックルーム」のターン数を残しやすい点も評価できます。 「アッキのみ」を発動させることで、「ばけのかわ」が消えた後の物理耐性を上げています。 これにより、「ギャラドス」の「ダイジェット」などを耐えたあとに、「トリックルーム」を展開することが可能です。 自分より素早さの低い相手に強く、「みがわり」を活用して、相手のダイマックスターン消費させることができます。 弱点をつける場合は、「じゃれつく」で攻撃することも可能です。 「みがわり」でHPが残り少なくなった場合には、「のろい」で相手に負担をかけて退場するか、「いたみわけ」で相手のHPを減らしつつ回復する、といった選択ができるので非常に強力です。 採用する場合は、「じゃれつく」と変更して、攻撃の努力値を、防御に振るのがおすすめです。 ミミッキュの役割と立ち回り 「つるぎのまい」で攻撃をあげるエースアタッカー 「ミミッキュ」は、基本的に「つるぎのまい」で攻撃を上げて敵のHPを削るアタッカーの役割です。 特性「ばけのかわ」の効果で、安全につるぎのまいで攻撃を上げることができるので、等倍でも多くのポケモンを倒すことができます。 ばけのかわは、ダメージは軽減できますが、追加効果や状態異常は有効なので注意しましょう。 純粋な殴り合いに持ち込めますので、より単体性能は上昇しています。 ミミッキュと相性のよいポケモン ミミッキュのタイプ相性を活かせるポケモン 「ミミッキュ」は、3タイプの攻撃を無効にできる点が優秀です。 ミミッキュで技を無効にできる、相性補完のよいポケモンを編成して、有利な対面を作りましょう。 また、 ミミッキュで技を無効にされる可能性を利用し、相手の技選択を鈍らせることが可能です。 例えば、ドラゴンタイプ同士が対面した際に、相手は裏に控えているミミッキュを警戒して、立ち回る必要があります。 また、ミミッキュが狙われやすい「おにび」も、特攻は下がらないので有効です。 特にドリュウズは攻撃が高い上に、「アイアンヘッド」でミミッキュの弱点を付くことができるので、ミミッキュ対策として非常におすすめです。

次の