特典航空券 ana。 ANA国内特典航空券をプレミアムクラスにアップグレードする価値とは

ANAの特典航空券を利用するための特典利用者登録とは?

特典航空券 ana

国内線よりも予定を立てやすいよね。 (ANAの公式ツールです。 ) 使い方は簡単です。 開始日を入力して355日後を検索しましょう。 (355日前に限らず何日後でも指定可能です。 ) 試しに2019年7月17日を開始日にしてみました。 一瞬で355日後が表示されました。 (開始日を含むか、含まないかの調整はご自身でお願いします。 ) 予約開始日 3 :【国内線+国際線】は355日前の午前9時(国際線扱い) 旅程によっては、『 国内線で移動して』から『 国際線に搭乗』ということもあります。 この場合は、 国際線基準で予約開始になります。 初日はすごいスピードで特典航空券が完売になる• プレミアムメンバーと一般の人では予約開始日時が違う• 国際線予約+国内線だと復路の国内線は同日に予約ができない(復路の日程がずれ込む場合)• スターアライアンス加盟航空会社やANA独自の提携航空会社の開始時期は355日前ではない それぞれ解説します。 注意点 1 :初日はすごいスピードで特典航空券が完売になる 人気路線は超・超・超争奪戦です……。 たとえば、ハワイ。 (秒単位でなくなることもザラです。 ) 元々、特典航空券は販売数がそれほど多くありません。 なので、一瞬でなくなることも覚悟しておきましょう。 私は超人気路線に関しては特典航空券を取れたことがありません 結構、悲報ですが事実です……。 なので、最近では、初日以降にゆーーーっくり予約しても問題なく予約・発券できる路線に絞って検討しています。 注意点 2 :プレミアムメンバーと一般の人では予約開始日時が違う プレミアムメンバーは一般の人より1日〜2日予約が早かったり、時間が早かったりします。 このプレミアムメンバーの存在が超・超・超人気路線が秒単位で無くなる理由の一つです。 理由は、356日前の予約になってしまうからです。 (往路の予約を354日前にすれば1度に往復予約可能ですが、特典航空券がなくなる可能性はあります。 ) 注意点 4 :スターアライアンス加盟航空会社やANA独自の提携航空会社の開始時期は355日前ではない ANAのマイルはスターアライアンス加盟会社や独自の提携会社(ベトナム航空など)の特典航空券も予約可能です。 (や・ややこしい……。 )これらの予約が355日前でなかったりします。 (航空会社によって日にちが違います。

次の

ANAの特典航空券が取れないときの対処法5選!あまり知られていない方法まで暴露します

特典航空券 ana

ANA国際線特典航空券の予約変更ルール では早速、ANA国際線特典航空券の予約変更ルールから解説していきます。 予約変更の主なルールは以下のとおりです。 予約済み便の出発前 かつ• 変更便出発の24時間前 まで• 旅程変更後マイル適用シーズンが変わる場合、差額の調整が必要• Webもしくは電話のみ。 これ、後から詳しくご説明しますがかなり厳しめです。 これ変更できるって言えるの?って感じのルールになっています。 順に、簡単に解説していきます。 予約済み便の出発前 かつ 変更便出発の24時間前 まで• 第1旅程の出発後は以降の旅程の変更不可 まず、予約変更の受付期限に関するルールがこちらです。 これはかなり優しいルールですね。 予約済み便の出発前までであれば、予約変更は可能です。 他のルールが厳しめなので、これはかなり緩やかなルールだと思います。 また、「第1旅程の出発後は以降の旅程の変更不可」のルールについては、上記の例でいえば、第1旅程である「東京ーシンガポール」の出発後は、その後の旅程である「シンガポールーバンコク」「バンコクー東京」の予約変更はできない、ということになります。 まあ、それはそうでしょうねというルールですが、覚えておいてください。 航空会社、搭乗者、 区間、経由地、搭乗クラスの変更ができないんです。 特に重要なのが、「区間、経由地」の変更ができないことです。 つまり、旅程に関しては、 搭乗日・搭乗時間以外ほとんど変更ができません。 例えば、上記のケースの場合で、東京からの到着地をシンガポールじゃなくてジャカルタに変えたい・・といった変更や、シンガポールーバンコク間の航空会社をシンガポール航空にしたい・・といった変更は一切できません。 目的地・経由地の変更は一切不可です。 また、搭乗する航空会社も変えることができません。 このため、上記の旅程で言えば、この旅程は基本FIXで、この旅程の 出発日と出発時間のみ変更ができる、ということになります。 いずれも 旅程と航空会社は変更ができません。 この変更であれば、無料で可能です。 そしてもちろん、この変更は「空席があること」が前提ですので、特典航空券の空席がなければ変更はできません。 このように、ANA国際線特典航空券は 一旦発券してしまうと、日程以外の旅程変更の制約がかなり厳しめです。 このため、発券前に、 旅程について細心の注意を払うことが必要です。 Webもしくは電話のみ。 空港での手続きは不可。 最後6番目のルールがこちらです。 特典航空券の予約変更は、Webもしくは電話のみです。 空港での手続きはできません。 例えば当日空港でちょっと早めについたので1本前の搭乗便に変更して!なんてことをお願いするのは、特典航空券の場合 できないということです。 これも覚えておいて損はないルールです。 スポンサーリンク ANA国際線特典航空券の予約変更はかなり厳しめ。 日程以外の、目的地や経由地の変更など、旅程をどうしても変更したい!という方は、いっそ キャンセルしてから再予約する、というのも選択肢としては考えられる方法です。 このため、この記事は予約変更方法ご紹介の記事ではありますが、国際線特典航空券のキャンセルのルールと方法、注意点についても簡単に解説しておきます。 国際線特典航空券のキャンセルルールと方法 キャンセルのルールと方法• 払戻手数料:1名3,000マイル• 受付期間:第1旅程の出発まで• キャンセル方法:電話のみ 国際線特典航空券のキャンセルルールと方法がこちらです。 キャンセルに掛かる払戻手数料は1名3,000マイルと正直言って「格安」です。 国際線のバリュー運賃などの場合、キャンセル手数料だけで2万円程度掛かりますから、それと比較すると随分安いです。 特典航空券のキャンセルは第1旅程の出発まで可能ですが、ウェブでのキャンセルはできません。 必ず、 に電話して行う必要があります。 キャンセルの注意点 ANA国際線特典航空券の予約変更ルールは厳しすぎる!いっそ一旦キャンセルして予約を取り直す!と思われたあなたのために、一応 キャンセルにあたっての注意点も簡単にご紹介しておきます。 キャンセルの注意点• 一旦キャンセルすると、確保していた座席は開放される• 有効期限が切れたマイルは返却されない キャンセルにあたっての注意点は上記の2点です。 例えば、上記の旅程で、出発便の行先をシンガポールじゃなくてジャカルタにしたい!という場合を考えてみましょう。 このようなケースでは 予約変更ができませんので、どうしても旅程変更が必要な場合は、一旦キャンセルするほかありません。 でも、その後の旅程は変えない場合・・つまりジャカルタからバンコクに飛んで、バンコクから成田に帰国する旅程の場合、例えば上記のケースだと「4月14日(日)のバンコクー成田のビジネスクラス」を確保しているので、できればこの予約はそのまま自分が利用したいですよね。 でも、キャンセルに際し、 この特典座席は自分が確保しているんだから、ジャカルタ経由に予約しなおすにあたり、自分がそのままバンコクー成田の特典航空券を確保する、ということは できないんです。 このため、他に空席待ちの方がいらっしゃった場合、キャンセルと同時にこの座席はその方のものになります。 このように、 一旦キャンセルをすると、確保していた特典航空券は一般に開放されてしまいます。 例えばハワイ路線の場合、ほぼ間違いなくキャンセル待ちが入っていますので、座席キャンセルは致命的です。 下手すると、数万マイル戻ってくると思っていたら全然戻ってこなかった・・なんてこともあり得ます。 これも地味ですがご注意ください。 ANA国際線特典航空券の予約変更方法 ここまで、ANA国際線特典航空券の予約変更のルールを解説しました。 ここからは、予約変更の方法を解説します。 ANA国際線特典航空券の予約変更の方法には、以下の2つの方法があります。 予約変更方法• ANAウェブサイトからの変更• AMCサービスセンターへの電話による変更 ルールでも解説したとおり、当日空港での予約変更はできません。 必ず上記2つのいずれかの方法で、第1旅程の出発前までに変更手続きを行う必要があります。 何となく、簡単にWebサイトからの変更ができると楽だな・・と思うんですがこれまた ルールがかなり複雑なんです。 ここから詳しく解説していきますが、 ANA国際線特典航空券の予約変更は原則Webからはできない、と考えてください。 その理由を解説していきます。 具体的には以下のケースではWebからの予約変更を行うことができません。 Webからの変更ができないケース• 複数都市に滞在する旅程• ファミリーマイルで特典航空券を発券した場合• 一旦電話で予約変更した旅程• クラス変更を伴う予約変更• 目的地または乗継地点において途中降機(24h以上滞在)から乗り継ぎ(滞在24h以下)になる変更(逆も含む)• 変更希望便に空席待ちを含む場合• 単純往復の場合しか、Webでの予約変更には対応していないんです。 以下、Webで予約変更できないケースについてポイントを絞って簡単に解説します。 国際線なんて経由地を含むことがほとんどだと思います。 このルール本気か?って感じです。 国際線特典航空券で目的地との単純往復ってかなりのレアケースです。 もうこのルールだけで、「国際線特典航空券の予約変更は電話で」って覚えておいても良いと思います。 私は夫婦マイラーですので、基本的に旅行に際してはこのファミリーマイル制度を利用して特典航空券を発券しています。 この ファミリーマイル制度を利用して特典航空券を発券した場合、Webでの予約変更はできないんですよ。 これ、ANAのHPにもはっきりとは書かれていませんが、電話でしか予約変更はできません。 これは読んで字のとおりです。 一旦電話で予約変更した旅程については、Webでの予約変更はできません。 予約変更ルールでご紹介したとおり、そもそも 国際線特典航空券ではクラスの変更は不可です。 でも、実はこれ例外があります。 この2つの旅程の違いがお分かりですか?同じスターアライアンス特典航空券も利用した、東京発シンガポール行き、復路北京経由の旅程です。 2旅程ともに、東南アジアゾーン行きのビジネスクラスの往復の所要マイルである63,000マイルを支払っていますが、左の旅程では 復路の旅程の一部にエコノミークラスが含まれています。 この復路はすでにシンガポールー北京間でビジネスクラスを利用しているので、所要マイルとしてはビジネスクラスの特典航空券分が必要になるんです。 このようなケースの場合、本来なら北京ー東京間もビジネスクラスを利用できます。 例えば、発券時にエコノミークラスしか席が空いていなくても、実は後から ビジネスクラスに空席が出れば、予約変更できるんです。 この予約変更は、電話でしかできないという意味なんです。 はー、分かりづらいですね。 が、これ実はほとんど意味のないルールです。 だって、 乗り継ぎが出た時点で複数都市滞在確定ですからね。 複数都市の旅程の場合そもそもWebでの予約変更はできません。 一応、目的地の滞在が24時間以下になるケースが該当するといえば該当しますが、単純往復の国際線で途中降機(24時間以下の滞在)で帰るって・・・そうそう無いと思いますが、その場合はWebでの予約変更はできません。 空席待ちはWebでの予約変更で行うことはできません。 つまり、このルールを含めたここまでのルールを簡単にまとめて言うと、Webで予約変更可能なのは、「単純往復の旅程」かつ、「変更後の旅程に特典航空券の空席があり即座に予約が可能な場合のみ」ということです。 そもそもWebで特典航空券が予約ができない航空会社の場合、Webでの予約変更はできません。 ま、それは当然ですよね。 項目 内容 連絡先• AMCサービスセンター 電話番号• 0570-029-767(有料(ナビダイヤル))• 番号【2】(国際線一般・特典予約) 受付時間• 24時間 備考• AMC上級会員、ANAカード会員には専用番号あり 上記AMCサービスセンターに電話して、予約変更をお願いしてください。 なお、特典航空券を電話で発券するとは発券手数料が掛かりますが、 予約変更に手数料は掛かりません。 AMCサービスセンターのオペレーターさんのレベルは超絶高いので、Webでの予約変更方法が分からん!!と悶絶するくらいなら、電話した方が早いと思います。 国際線特典航空券の予約変更ルールと変更方法まとめ 種別 ルール&方法 予約変更• 搭乗日時以外の旅程変更は一切不可• 出発前までであれば、予約変更可• 空港では不可 変更方法• Webもしくは電話で可• Webでの予約変更にはかなりの制限あり• ほぼ電話でしか予約変更は不可 国際線特典航空券の予約変更ルールと変更方法をまとめたものがこちらです。 特に大事なのは赤字の部分です、予約変更は一応可能ではありますが、 搭乗日時以外の旅程(目的地や経由地、搭乗航空会社など)の変更は一切できません。 また、Webでの予約変更はかなり制限が厳しく、 ほぼ電話でしか予約変更はできません。 以上、ここまでがANA国際線特典航空券の予約変更のルールと方法についてのご紹介になります。 スポンサーリンク ANA国内線特典航空券の予約変更ルール 次に、ANA国内線特典航空券の予約変更ルールを解説していきます。 ANA国際線特典航空券と重複するところも多いので、違う点を中心にポイントを絞って解説します。 予約済み便の出発前日まで• 区間および区間数の変更不可• Webもしくは電話のみ。 空港での手続き不可 ANA国内線特典航空券の予約変更の主なルールは、上記の6つになります。 この3つのルールについて、簡単に解説します。 予約済み便の出発前日まで• 当日便への変更は不可 まず、重要なルールがこちらです。 国内線特典航空券の受付期限は、予約済み便の出発前日まで可能です。 この予約変更の締切日ですが、実は2018年10月以前は予約済み便の出発4日前までに変更を済ませておく必要がありました。 4日前って意外に厳しいルールだったんですが、これはかなりの改善です。 一方、 当日便への変更はできません。 これも、実は2018年10月に大きな制度変更がありました。 以前は当日空港で出発便より前の便で特典航空券の空席があった場合は、当日搭乗便を変更することができたのですが、この制度はなくなっています。 この 予約変更の受付期限は、国際線特典航空券とは大きく違いますので、覚えておいてください。 区間および区間数の変更不可• 日程の変更のみ可 次が、旅程に関する予約変更ルールです。 こちらも、国際線特典航空券と同じく目的地や経由地などの変更はできない、つまり「区間および区間数の変更不可は不可」となっています。 このため、日程の変更のみ可能です。 ただし、国内線の場合は単純往復であることがほとんどでしょうから、国際線ほどの不便さを感じることはないと思います。 そして、国内線の予約変更の場合嬉しいルールがもう一つあります。 上記のとおり目的地および経由地の変更はできませんが、下記空港については 実質同一空港とみなし、発着空港を変更することができます。 エリア 変更な空港 東京• 羽田空港• 成田空港 関西• 伊丹空港• 関西国際空港• 神戸空港 例えば、下記のような大阪ー札幌の特典航空券の場合、発着地は関西空港、伊丹空港、神戸空港の3つであれば、変更が可能ということになります。 ただし、目的地である札幌を変更したり、経由地を増やしたりすることはできません。 国内線特典航空券のキャンセルルールと方法 ここまで、国内線特典航空券の予約変更ルールを解説しました。 国際線ほど厳しいルール、というわけではありませんが、それでも 「目的地と経由地の変更ができない」のは厳しいといえば厳しいルールです。 どうしても目的地を変更したい!という方には、国際線特典航空券と同じく、 キャンセルしか方法がない、ということになります。 キャンセルのルールと方法• 払戻手数料:1名、1区間につき3,000マイル• 受付期間:第1旅程の出発まで• キャンセル方法:電話のみ 国内線の特典航空券のキャンセルルールがこちらです。 国際線とほとんど同様ですが、強いて違いをあげるとすれば、払い戻し手数料は「1名・1区間につき」かかります。 これ、どういうことかというと、国際線特典航空券は必ず往復で発券する必要があり、片道では取れないのですが、国内線の場合片道ずつの発券が可能です。 つまり、 片道で別々に発券していた場合、それぞれ1名・1区間ごとに払戻手数料が掛かるということです。 これ、往復旅程で発券していた場合は3,000マイルで済むんですが、往路復路別々に発券した場合は、倍の6,000マイルが払戻手数料として必要になるという意味です。 ここ、くれぐれもご注意下さい。 個人的には、キャンセルに要する手数料が、国際線と同様の3,000ANAマイルと、国内線特典航空券の発券に必要なマイル(最大18,000マイル)とに比べると相対的に多めですので、基本的にはキャンセルせず 日程変更してそのまま特典航空券を利用すべきだとは思います。 ここからは、予約変更の方法を解説します。 ANA国内線特典航空券の予約変更の方法にも、国際線と同じく以下の2つの方法があります。 予約変更からの予約変更ができないケース• ファミリーマイルで特典航空券を発券した場合• 一旦電話で予約変更した旅程 それが上記の2つのケースです。 特に注意が必要なのは、 ファミリーマイルで特典航空券を発券した場合です。 これ、ANAの公式HPにはどこにも記載がないんですけど、Webからは予約変更できないんですよ。 この場合、上記のようにWebからの予約変更ボタンが「押せない」状態になります。 そもそも押せないので、Webでの予約変更のしようがありません。 この場合は、大人しくAMCサービスセンターに電話連絡して、予約変更をお願いしてください。 国内線特典航空券の予約変更ルールと変更方法まとめ 種別 ルール&方法 予約変更• 搭乗日時以外の旅程変更は一切不可(一部例外あり)• 出発前日までであれば、予約変更可• 空港では不可 変更方法• Webもしくは電話で可• Webで簡単に予約変更可能だが、一部できない場合あり 国内線特典航空券の予約変更ルールと変更方法をまとめたものがこちらです。 国内線の場合国際線ほど予約変更ルールは厳しくはありませんし、Webで簡単に予約変更が可能です。 ただし、一部Wevでの予約変更ができない場合がありますのでご注意下さい。 以上、ここまでANA国内線特典航空券の予約方法についてご紹介しました。 スポンサーリンク まとめ 以上、ANA特典航空券の予約変更ルールと、予約変更の方法を国際線・国内線別にご紹介しました。 ANAマイルを大量に貯めている陸マイラーなら、特典航空券の発券の機会も多くなると思いますが、この記事でご紹介したとおり、特に国際線特典航空券を中心に、 一旦特典航空券を発券してしまうと自由自在に日程を変更することはできません。 このルールを十分理解のうえ、特典航空券の発券は慎重に行う必要があります。 また、一旦発券した後は、この予約変更ルールと予約変更方法を十分理解ご理解いただき、なるべく悩まずに予約変更をしていただければと思います。 年間50万マイルを貯める。 陸マイラーのはじめ方はこちらから 【まずここからご覧ください】当ブログにアップされている、 年間50万ANAマイル貯めて特典航空券をガンガン発券する方法、マイルの価値、そしてマイルの使い方は、以下にまとめています。 順に読んで行くだけで、陸でマイルを貯める方法が誰でも簡単に理解できます。

次の

【ハワイ旅行2020】ANA特典航空券を平会員でも勝ち取る7つの秘訣!

特典航空券 ana

ANAの特典航空券を予約したけど急な予定が入って航空券をキャンセルしないといけない。 そんな状況になったらどうすればいいのでしょうか? 特典航空券を予約する前にキャンセル 払い戻し や日程変更のルールをしっかり頭に入れて置かなければ、マイルが払い戻しされずせっかくコツコツためてきたマイルを捨てることになってしまいます。 今回は、そのような状況を防ぐために特典航空券を予約した場合のキャンセル、払い戻し、日程変更のルールまで世界一分かりやすくご紹介していきます! また、この記事は 2018年10月28日にANAが発表した国内線特典航空券のルール変更に対応済みなのでぜひ参考にしてみてください! *2020年3月6日に発表された、 新型コロナウイルスに関するキャンセル・変更ルールもご紹介しています。 ぜひご確認ください。 もくじ• 【速報】2020年3月6日追記: ANAは3月6日、国際線・国内線全路線の航空券を4月5日 日 までの搭乗分を 取り消し手数料なしでキャンセル・変更を可能にする特別対応を発表しました。 2月28日までに購入したものに限る。 2020年3月6日現在、ANAウェブサイト、ANA電話窓口、空港カウンターでご購入された航空券は、24時間前の出発であれば、ANAウェブサイト予約管理画面より、手数料なしで払い戻しをすることが可能です。 特典航空券の払い戻しについては、ANA電話窓口での対応となります。 通常、特典航空券をキャンセルすると、 手数料として3,000マイル発生しますが、4月5日までの搭乗分であれば発生しません。 また、払い戻しではなく、航空券の日程を変更されたい場合、全便で2020年6月30日までの期間内で1回のみ搭乗日の変更が可能。 搭乗日を変更したい場合も払い戻しのルールと同様に、ANAウェブサイトの予約管理画面より変更を行うことが可能です。 タイ・台湾・韓国・イタリア・中国空港発着路線に関しては例外措置が取られていてます。 以下の表をご覧ください。 路線 期間 タイ発日本行き路線 発券日が2020年2月26日までで、搭乗日が2020年2月21日から2020年4月30日まで。 台湾発日本行き路線 発券日が2020年2月26日までで、搭乗日が2020年2月26日から2020年4月30日まで。 韓国空港発着路線 発券日が2020年3月6日までで、搭乗日が2020年2月26日から2020年4月30日まで。 イタリア ロンバルディア州,ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州の空港発着便 発券日が2020年3月1日までで、搭乗日が2020年3月1日から2020年4月30日まで。 武漢発着便を含む旅程 発券日が2020年2月26日までで、搭乗日が2020年1月21日から4月30日まで。 武漢以外の中国本土発着便を含む旅程 発券日が2020年2月26日までで、搭乗日が2020年1月24日から4月30日まで。 香港・マカオ発着便を含む旅程 発券日が2020年2月26日までで、搭乗日が2020年1月30日から4月30日まで。 以上の航空券お持ちの方は、手数料なしで払い戻しができる他、2020年6月30日までの期間内で1回のみ搭乗日の変更を行うことができます。 払い戻しや予約変更に関する詳細は確認することも可能です。 ANA特典航空券をキャンセル・払い戻しルールまとめ! ここではANA特典航空券をキャンセル・払い戻しする場合のルールを皆さんと一緒に一つずつ確認していきたいと思います。 国際線特典航空と国内線特典航空券別に分けてご紹介していきます! ANA国際線特典航空券の場合 ANA国際線特典航空券の場合、発券後 全区間未使用の場合は払い戻し キャンセル することが可能です。 払い戻しをする場合は、空港カウンター、ANAマイレージクラブから行うことはできずのみ 営業時間内 となっています。 すなわち、行きの便は既に搭乗済みで、片道だけキャンセルしたい!というような場合はキャンセルすることはできません。 そして払い戻しの手数料ですが、 全区間一律3000マイル となっています。 座席を必要としない乳児に限り払い戻しの手数料は発生しません。 差し引かれるマイルは有効期限の迫っているマイルから引かれます。 ちなみに、払い戻しの手数料が3000マイルってめっちゃ高いですよ。 一方でJALの場合、国際線特典航空券をキャンセルする場合に発生するペナルティは たったの3000円です。 マイルじゃありません。 現金が発生します。 JALの方が気楽に払い戻しができますね。 出典より このように記載されています。 特に注意していただきたいのは、払い戻し手続き時点で有効期限を過ぎているマイルは払い戻し出来ず、そのまま失効してしまうということです。 マイルを使った特典航空券を予約する際は有効期限に注意しながら予約するようにしましょう。 ANA国内線特典航空券の場合 ANAの国内線特典航空券の場合も同様で払い戻し キャンセル を行うことは可能です。 ただし、払い戻しの条件も国際線同様で未使用の航空券のみの対応なので片道だけの払い戻しということはできません。 払い戻しの手数料ですが、国際線同様に 全区間一律3000マイル となっています。 片道の予約であっても払い戻しする場合は3,000マイル必要になります。 国内線も一律3000マイルはちょっと酷すぎですね。 払い戻し キャンセル の方法ですが、ANA国内線の場合は、空港での払い戻しはできませんが、、で払い戻しの手続きを行うことが可能です。 また、国内線の特典航空券の払い戻しの注意点は2018年よりルールが変更になったので、一通り目を通してみてくださいね! 特典航空券の有効期間満了日の翌日から起算して30日内に限り承ります。 事前にご予約便のお取り消しの無い場合、未使用特典の払い戻しサービスの対象外です。 払戻手続時点で有効期限を過ぎているマイルは払い戻しできません。 払い戻しマイルが手数料マイルを下回る場合、払い戻しできません。 複数名でお申し込みの特典を払い戻す場合、手数料マイルはお1人様分ずつ申し受けます。 払戻手数料マイルは払戻実施後、口座に戻る有効なマイルの中から最も古い積算年のマイルから差し引かれます。 出典: より ANA特典航空券の予約変更をする場合のルール 次にANA特典航空券を変更する場合のルールを皆さんと一緒に一つずつ確認していきたいと思います。 こちらも先ほどと同様に、国際線特典航空と国内線特典航空券別にご紹介していきます! ANA国際線特典航空券の場合 国際線特典航空券の変更は搭乗予定日の変更と便名の変更が可能となっています。 登場予定日の変更と便名の変更を行うだけの場合は、変更手数料は発生しません。 変更受付期間は、 ご予約済の便の出発前かつご搭乗希望便出発の24時間前まで となっています。 また、クラスを変更することはできないという点について補足しておくと、例えばビジネスクラスの航空券を、プレミアムエコノミークラスに変更するということは可能です。 また、ビジネスクラスの空席待ちを予約している場合、ビジネスクラスに空席が出た場合は、ビジネスクラスの座席に座ることも可能です。 もう少し分かりやすく説明します。 ANAマイレージクラブで検索すると空席待ちにはなっているが、エコノミークラスは空席があったので、空席待ちを狙ってビジネスクラスのマイル数である85000マイルを支払って予約しました。 しかし、搭乗日当日になってもビジネスクラスの空きがなく、仕方なくエコノミークラスに搭乗した場合、85000マイル-50000マイルの差額である35000マイルは戻ってこないということになります。 なるべく空席待ちの便を予約するのは避けましょう! ANA国内線特典航空券の場合 ANAの国内線特典航空券の日程や便を変更したい!という場合ももちろん可能です。 目的地や搭乗クラスの変更はANA国際線の特典航空券と同様に、変更手数料などは発生しません。 変更受付期間は、 「変更希望便出発日の前日まで、かつ元々のご予約便の出発前まで」の変更が可能 となっています。 国内線の特典航空券の有効期限は 予約した日から1年間有効という条件があるので、航空券の日程を変更して1年以内に飛行機に搭乗しなければ、航空券は失効となるので注意が必要です。 搭乗日を変更し、予約したシーズンと変更したシーズンが異なる場合は、差額のマイル数を支払わなければなりません。 すなわち、2019年7月1日に予約を変更したい場合、差額の4000マイルは追加で支払わなければならないということになります。 ANA特典航空券のキャンセル、変更のルールをしっかり理解して予約しよう! 今回はANA特典航空券のキャンセル 払い戻し 、変更のルールについてご紹介してきました。 一番理解していただきたかったことは払い戻しをする場合、 国際線、国内線一律3000マイル発生するということです。 ANAのキャンセル 払い戻し のペナルティは他社と比べてコストが非常に高いので、もし急な予定が入ってしまって予約をキャンセルしたい!という場合は、とりあえず、日程の変更だけ行って、別の日に搭乗することをおすすめします。

次の