スパーズ 対 ウォリアーズ。 ウォリアーズがスパーズとの西カンファレンス決勝第2戦に圧勝し2連勝

ウォリアーズプレイオフ10連勝! スパーズ戦ゲーム2に勝利!

スパーズ 対 ウォリアーズ

2015年のカー HC 役職 ヘッドコーチ 背番号 現役時 4,5,2,25 身長 現役時 191cm 6 ft 3 in 体重 現役時 82kg 181 lb 基本情報 本名 Stephen Douglas Kerr ラテン文字 Steve Kerr 誕生日 1965-09-27 (54歳) 国 出身地 出身 ドラフト 50位 選手経歴 1988-1989 1989-1992 1992-1993 1993-1998 1998-2001 2001-2002 2002-2003 サンアントニオ・スパーズ 指導者経歴 2014- 受賞歴 選手時代• コンテスト優勝 : 1997• 優勝 : 2006 コーチ時代• :2016• NBAでの経歴 [ ] 選手 [ ] からでに指名され、にトレード。 キャブスで3年間を過ごした後、へトレードされた。 1年後のに、率いるに移籍した。 当時のブルズは、、などの活躍で最盛期を迎えており、その中でカーは控えのガードとして活躍した。 決して身体能力が優れているとは言えないカーの武器は、試合の要所で見せる3ポイントシュートであった。 土壇場ほどキレを増す長距離砲は、チームを何度となく勝利へ導いた。 特に96-97シーズンの第6戦。 優勝に王手をかけたブルズはを相手に試合の最終盤まで同点。 残り3秒でからパスを受け、優勝を決定づけるシュートを沈めたシーンはカーのハイライトである。 ブルズにはジョーダンが引退するまで在籍し、2度目の3連覇に貢献した選手として歴史に名を刻んだ。 1月、と交換でに移籍し、に在籍した選手以外では1951〜54年のフランク・サウルとただ二人のみの4年連続で優勝を経験した選手となった。 その後、を経て、はスパーズに復帰した。 プレイオフに入っても出場機会は少なかったが、カンファレンス決勝の戦第6戦終盤に、放った4本の3ポイントを全て沈め進出に貢献すると、ファイナルの戦第5戦、残り3分2点差を追う状況で、からのや、ダブルチームされたからパスを受け値千金の3ポイントを沈めるなど、大舞台での勝負強さを再び発揮した。 試合後のインタビューでカーは、「僕はこの時のために "冷凍保存" されていたんだ」と、レギュラーシーズンでは出場時間が少なかったことを引き合いにして勝ち誇った。 そしてスパーズ2度目の優勝に貢献し自身5度のNBA優勝経験をした。 このファイナル終了後に引退し、アメリカの局 TNT で現場解説者を務め、"Steve Wonders... "というコーナーを持っていた。 2007年のプレイオフでTNTの解説者を終えると、の球団社長兼に就任し、2008年1月には、をに放出してを獲得した。 生涯通算成功率. 454 、シーズン3ポイントフィールドゴール成功率. 524 1994-95シーズン は共に歴代1位の成績である。 (ただし1994年から97年までの3シーズンはの3Pラインは現在のラインよりも約55cm近くに変更されていた時期である。 )1997年のオールスターウィークエンドので優勝している。 コーチ [ ] 2014-15シーズン 2014年5月14日、カーはのオファーを断り、と5年2500万ドル契約でヘッドコーチに就任が決定した。 カーは前任者のの路線を上手く引き継ぎ、チームをリーグ上位に導く手腕を披露する。 また新人コーチながら、2015年のチームウェストのヘッドコーチに選出され、イーストのヘッドコーチとの対戦となった。 新人コーチが選ばれたのは、1998年のの以来である。 結局レギュラーシーズンは67勝15敗で終了、新人ヘッドコーチとしては最高勝率を記録しまで導いた。 そしてとの対戦となったファイナルも4勝2敗で見事にウォリアーズを40年振りのチャンピオンに導いた。 2015-16シーズン 2015-16シーズンは、背中の手術の為に開幕から休養を強いられていたがアシスタントコーチがチームを纏め、39勝4敗で迎えた2016年1月22日の戦でコーチ職に復帰。 122-110で勝利に導き、見事に復帰戦を飾った。 カーの現場復帰でウォリアーズは更に勢いが付き、最終的にはカーが現役時代で1995-1996シーズンに経験したシーズン " 72勝10敗" を上回る " 73勝9敗" というNBAシーズン新記録の金字塔を打ち立てた。 その功績が大きく評価され、同シーズンのを受賞した。 2016-17シーズン 2017年3月28日の戦に勝利し、ヘッドコーチ就任後レギュラーシーズン238試合目で200勝を達成。 これはNBA史上最短記録であり、北米4大スポーツを含めても最短である。 それまでのNBA記録は、やカーを指導していたことのあるの270試合が最短だった。 プレーオフ1回戦の途中で前年に発症した髄液の漏れによる合併症が再発し、期限未定の離脱が発表された。 その後ウォリアーズはが暫定的に指揮を執り3年連続でに進出。 カーも第2戦から復帰し、見事な前年のリベンジを果たした。 コートの外 [ ] カーは他の選手とは一味違った人生を送ってきた。 彼が本格的にを始めたのはの高校からである。 カーの父親マルコム・カーはを専門としたであり、スティーブはので生まれた。 その後中東の国々を転々とし、エジプトからアメリカの高校へ編入することとなる。 その後に入学し、に専念し始めた矢先の、父マルコムがにより殺害されるという事件が起こる。 うちひしがれるカーを励まし、応援し続けたのはやはりの友人達だった。 それ故カーは、イスラム教徒に対して強い思い入れを持っている。 のの際には、「多くの善良なと一部のは区別しなければならない」とアメリカ国民に冷静な対応を呼びかけた。 とは時代からの親友であり、エリオットがの相談をしていたのは、家族以外ではカーだけである。 アリゾナ大学時代に付けていた背番号25は、大学の永久欠番になった。 脚注 [ ] [] フィラデルフィア・ウォリアーズ 1946 -1962 -- 1946-55 -- 1955-58 -- 1958-59 -- 1959-61 -- 1961-62 サンフランシスコ・ウォリアーズ 1962-1971 -- 1962-63 -- 1963-66 -- 1966-68 -- 1968-70 ゴールデンステート・ウォリアーズ -- 1969-80 -- 1979-80 -- Al Attles 1980-83 -- 1983-86 -- 1986-88 -- 1987-88 -- 1988-95 -- 1994-95 -- 1995-97 -- 1997-00 -- 1999-00 -- 2000-02 -- 2001-02 -- 2002-04 -- () 2004-06 -- 2006-10 -- 2010-2011 -- 2011-2014 -- 2014-.

次の

スティーブ・カー

スパーズ 対 ウォリアーズ

出典:flipboard. com ケビン・デュラントを失い、クレイ・トンプソンが怪我で長期離脱となったことで、ゴールデンステート・ウォリアーズがこれまでと異なるチームになるのは分かっていました。 しかし、最初の2試合に敗れるだけならまだしも、彼らは96分間で一度もリードを奪うことができず、ロサンゼルス・クリッパーズには19点差で、オクラホマシティ・サンダーには28点差で敗れています。 さすがにこれほどの転落は、予想できるものではありません。 もう少し詳しく見ていくことにしましょう。 実際のウォリアーズは、ここまで酷いチーム? ウォリアーズは、NBAで2番目や3番目に悪いチームなのでしょうか? いいえ、当然そんなはずはありません。 しかし、ウォリアーズは体とボールの動きだけでいつものようにプレイしようとしても、それを成功させるための十分なスキルが揃っていないのです。 パサーはほとんどカリーとグリーンだけに限られ、一方でシューターはショットが決まらないため、完全な混乱を引き起こしています。 ディフェンスに関してはさらに悪化が著しく、基本的に先発で安定してプレイが可能なビッグマンが居ないほか、ディアンジェロ・ラッセルもトンプソンのディフェンスと比較すれば、明らかなグレードダウンになっていると言えるでしょう。 ウォリアーズは、全世界で5本の指に入るトッププレイヤーのカリー、一流のディフェンス力を持つグリーン、一流のコーチングを魅せるスティーブ・カー・ヘッドコーチが健康な限り、リーグで最悪のチームに転落するのは防ぐことができるはずです。 ただしこの2試合では、彼らもまた新たなチームメイトに困惑しているように見えます。 デュラントとトンプソンが居ないだけで、すぐに転落してしまうもの? デュラントがブルックリン・ネッツへ去る時、ウォリアーズには2つの選択肢がありました。 ネッツにはカイリー・アービングが加入することもあったため、この取引だけでは両者がWin-Winだと言えるでしょう。 しかし、ウォリアーズはアンドレ・イグダーラをメンフィス・グリズリーズへ(それも1巡目指名権を付けて)トレードせざるを得ませんでした。 トンプソンの再契約や、ラッセルの新たな契約で、ウォリアーズはサラリーキャップを空けなければならなかったからです。 さらに、ショーン・リビングストンを解雇することで保証された契約を削り、ジョーダン・ベルやクイン・クックとの契約も見送り、ケボン・ルーニーは再契約を結びましたが、彼は怪我に苦しんでいます。 いくつかの小さな傷と、ほんの少しの大きな切れ目が入ることで、王朝を築いたロスターはこうも簡単に崩れてしまうのでしょう。 ラッセルがまだ上手くいかないのはなぜ? まだ2試合、焦るには早すぎます。 確かにラッセルはネッツで成功を収めていましたが、彼はボールをかなり支配していました。 カリーはデュラントと共存していましたが、そもそもデュラントは効率の良い選手であって、ボールを支配するタイプの選手ではありません。 そのため、それぞれの影響力は全く別物とも言えます。 少なくとも、ラッセルはカリーとのプレイを学ぶための本格的な調整期間があるはずです。 ディアンジェロ・ラッセルは最初の2試合で、平均13. 0得点、5. 0アシスト、FG成功率34. (出典:abc30. com) 現状のロスターからして、カリーはジェームス・ハーデンのようなプレイを心がけるべき? きっと、それは観ていて楽しいものになるでしょう。 ただ、カリーにそのようなプレイできるとは限らず、彼はNBAに入ってからというもの利他的な選手としてプレイしてきました。 カリーの才能は、ハーデンのプレイスタイルと合うものではないように思えます。 しかし、ウォリアーズの首脳陣の中には、そのようなパフォーマンスを考えている人も何人か居るかもしれません。 ウォリアーズはプレイオフを逃すことになる? 正直、その可能性は考えられます。 昨シーズンにプレイオフへ進出したウェスタン・カンファレンスのチームのうち、ウォリアーズとサンダー以外の6チームは大きな戦力低下が見られないため、今シーズンもプレイオフ進出が期待されています。 ここにロサンゼルス・レイカーズが加わるため、7チームとなるでしょう。 ダラス・マーベリックスとミネソタ・ティンバーウルブズは、プレイオフを争えそうなチームです。 最初の2試合の後、ウォリアーズがどのチームよりも、ましてサンダーよりも良いチームだと、断言することはできません。 ウォリアーズがプレイオフを逃した場合、カリーやカーHCのレガシーは傷付くことになる? もちろん、そのようなことはありません。 昨シーズンにレブロン・ジェームズがプレイオフを逃したことで、彼の実績に傷が付いたと考えた人は居たでしょうか? ウォリアーズの転落は喜ぶべき? NBAチームのファンであれば、過去5年間で間違いなくウォリアーズに苦しめられた経験があるでしょう。 トンプソンはいずれ戻ってきて、ウォリアーズが再びオッズを取り戻す可能性は、十分に考えられます。 今からでも遅くないうちに、ジョークは言っておいたほうが良いかもしれません。 【今回の一問一答クイズ】.

次の

ウォリアーズがスパーズとの西カンファレンス決勝第2戦に圧勝し2連勝

スパーズ 対 ウォリアーズ

NBAプレイオフ2017 ウェスタン・カンファレンス決勝 ゴールデンステイト・ウォリアーズ(1位)対サンアントニオ・スパーズ(2位) 背景 今季のサンアントニオ・スパーズとゴールデンステイト・ウォリアーズの対戦を予想するのは難しい。 レギュラーシーズンの対戦はスパーズが2勝1敗で勝ち越したが、1戦目は今季開幕戦(129-100でスパーズ勝利)、2戦目は3月中旬に行なわれウォリアーズの先発4選手が休養のために欠場(107-85でスパーズ勝利)。 3戦目は3月下旬に行なわれ、ウォリアーズが110-89で勝利した。 3年連続のカンファレンス決勝進出となったウォリアーズは、ファーストラウンド、準決勝ともにスウィープ(4勝0敗)で勝ち上がり、現在8連勝中。 対戦相手との得点差も平均16. 5得点と圧倒し、レギュラーシーズンを含めれば3月中旬から23勝1敗という成績を残している。 一方のスパーズは、苦戦を強いられたメンフィス・グリズリーズとのファーストラウンド、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝を乗り越え決勝まで勝ち進んだ。 ロケッツとのシリーズではトニー・パーカーが負傷離脱し、控えのパティ・ミルズが先発に繰り上げされ、マヌ・ジノビリがバックアップのポイントガードとして起用されている。 また、ロケッツとの第5戦ではカワイ・レナードが足首を痛め、第6戦を欠場する事態に陥った。 それでも、昨年オフにケビン・デュラントが加わったウォリアーズと、百戦錬磨のスパーズとのシリーズは注目に値する。 2012年以降ウェストからファイナルに勝ち上がっているのはウォリアーズかスパーズだが、両チームが最後にプレイオフで対戦したのは2013年。 当時のウォリアーズは伸び盛りの時期で、スパーズは王朝時代の真っ只中にいた(2013年はファイナルでマイアミ・ヒートに敗れ、翌14年にはヒートを破り優勝)。 つまり、ウォリアーズとスパーズがともにピーク時期にプレイオフで対戦したことは今までにない。 今回のシリーズは、両チームともに最盛期に近い状態での対戦になる。 キープレイヤー 直近のウォリアーズ戦で最も印象に残る活躍を見せたのは、ベテランのパウ・ガソルだ。 3月29日(同30日)の対戦ではベンチから18得点、8リバウンド、5アシストを記録。 グレッグ・ポポビッチ・ヘッドコーチは、ロケッツとのシリーズからガソルを先発に起用しているが、カンファレンス決勝でも同様の起用法を用いるかはわからない。 ただ、オフェンスでアドバンテージを持つウォリアーズに対抗するため、おそらくガソルは引き続き先発として起用されるだろう。 身長213cmのガソルと211cmのラマーカス・オルドリッジによるインサイドは、サイズに恵まれていないウォリアーズを苦しめるはず。 ガソルは3ポイントショットを多投する選手ではないが(今季平均1. 6本)、成功率は53. 8%と高い。 それだけにガソルの3Pはリーチのあるウォリアーズの守備をこじ開けるには有効な手段と言える。 また、ガソルはハイポストで優れたパサーとしても知られ、ロケッツとの第6戦では10得点、11リバウンド、5アシストを記録し勝利に貢献した。 そして、36歳という年齢ながらも未だにリバウンダーとしての評価は高い。 今季のウォリアーズはレギュラーシーズンにリバウンド率でリーグ9位(50. 5%)を記録したが、スパーズは同6位(51. 4%)をマークした。 今シリーズで勝機を見出すには、リバウンドの攻防でウォリアーズを制する必要がある。 注目の数字 0. 90 両チームともに今季はスポットアップからのショットに優れている。 ステフィン・カリーはレギュラーシーズン中1ポゼッションあたりスポットアップショットから1. 33得点、デュラントは1. 26得点を記録。 スパーズではレナードが1. 24得点、ガソルが1. 27得点という数字を残した。 プレイオフではドレイモンド・グリーンがスポットアップからリーグ最多の8. 0得点を記録し、スパーズのダニー・グリーンは同5位の4. 8得点をマークしている。 今季のスパーズはレギュラーシーズン中スポットアップからリーグ最多の1試合25. 7得点を記録し、同条件下でのフィールドゴール成功率もリーグベストの42. 5%を記録。 ウォリアーズは同2位の41. 9%を記録しているため、両チームにとってスポットアップからの得点が大きな武器の一つということがわかる。 しかし、ウォリアーズはスポットアップに対する守備でもトップクラスで、1ポゼッションあたりの失点はリーグ最少の0. スモールボール・ラインナップの強みを生かしてディフェンダーが素早くペリメーター内をカバーし、シューターを混乱させている。 また、スポットアップからの被FG成功率もリーグ最少の35. 0%に抑えているため、今シリーズでは守備でグリーン、ガソル、レナードの攻撃を封じれるかどうかが大きな焦点になりそうだ。

次の