カサンドラ 症候群。 「共感」が苦手なパートナーと周囲の無理解。「カサンドラ症候群」の二重苦とは

「共感」が苦手なパートナーと周囲の無理解。「カサンドラ症候群」の二重苦とは

カサンドラ 症候群

医師も診断しづらい「カサンドラ症候群」とは? カサンドラ症候群とは、主にASD(自閉症スペクトラム障害)である家族と上手くコミュニケーションできないことで引き起こされる二次障害です。 「理解してもらえない」「信じてもらえない」などの心的なストレスが溜まり、うつ病や不眠症、時には身体的にも悪い症状が出ます。 一般的には、夫と妻という関係でカサンドラ症候群になったと報告されるケースがほとんどですが、ASDの人と親しい関係にあれば、以下のような関係でもカサンドラ症候群になる可能性があるとされています。 恋人同士• 親子関係• 兄弟間• 友人関係• 職場の同僚 また、カサンドラ症候群は医学的な正式名称ではなく、明確な定義づけもされていません。 そのため、専門医であっても「カサンドラ症候群です」とはっきり診断するのは難しいと言われています。 カサンドラ症候群が発症するきっかけや症状が述べられる際には、必ず「ASDのパートナー」というキーワードが登場します。 では、そもそもASDとは何でしょうか。 ASDのパートナーがカサンドラ症候群を発症しやすい理由 ASDについては当メディアでも何度か解説していますが、主に以下のような症状のある発達障害の一種です。 マイルールへの強いこだわりがある• 自分の興味があること以外に関心を示さない• 相手の状況を考慮せず自分の都合を優先する• チームワークが必要な場面で単独行動をする ASDと診断される前段階、またはASDだと知らされていない人にとって、その症状は「身勝手」「極端なマイペース」な性格と捉えられがちです。 そのため、ASDを持っている人がパートナーにもかかわらず、ASDと認識していなかった為、その症状に耐えられなくなって精神的に追い詰められてしまうのです。 事実、個人ブログやSNSなどでもカサンドラ症候群に悩む人たちが数多く声を上げています。 結局、家も教育も旅行も計画・実行は全て私。 夫は決定もできない。 「そうしよう!」が言えない。 必ず「じゃあ…そうする…?」と、 文末で責任を逃れる。 私も傾向あるから、物事に対処するのはすごく大変。 残りの人生、荷が重すぎる。 — ぎんた 0cdyUtvqJfYSyI8 うちの旦那、 アスペやわ間違いなく そして私はカサンドラ症候群。 最近もう無理すぎて 拒絶反応で震える。 でも話すの自体が嫌。 話しても絶対分かり合えないの 分かってるから。 だってアスペだもん。 — 君だよ君?大っ嫌い。 1nwKtPLp6KwLJkV ASDと知らずに結婚し、しばらくしてから夫(または妻)がASDの可能性があると気づいたというケースも多く見られます。 そのため離婚を希望するカサンドラ症候群の方も多く、時には殺人事件にまで発展することもあるため、決して軽く見てはいけない病気と言えます。 カサンドラ症候群の診断基準とは? 最初にお伝えした通り、カサンドラ症候群は医学的な正式名称ではありません。 診断するにも正確な基準がないため、アメリカ人の研究者による論文により、以下が判断ポイントになるとされています。 そのため、実際にカサンドラ症候群の症状が出ているのに「うつ病」と診断されるなど、適切な治療が受けられないケースも少なくありません。 カサンドラ症候群への対処法や相談先 本来はカサンドラ症候群になる前から対処できるのが望ましいですが、最初に良い関係を築けているとなかなかそう上手くはいきません。 では、ASDのパートナーが原因でカサンドラ症候群なってしまった可能性がある場合はどう対処したらよいのでしょうか。 パートナーの言動やASDに対する観察や理解• 可能なら発達障害の受診を勧める• 衝突してしまう原因やコミュニケーションの方法を話し合う• パートナーとの距離感を改める• 関係機関に相談する 最後の「関係機関に相談する」という点ですが、主に3つの相談先が考えられます。 各自治体の発達障害者支援センター• カサンドラ症候群の診療を行うクリニック• カサンドラ症候群の方同士の自助グループ 特にカサンドラ症候群同士の自助グループは大きな組織ではないため、インターネットでもなかなか見つけられませんが、「カサンドラ症候群 会」と検索すればいくつかヒットしますので、お悩みの方はお近くの自助グループを探してみるのもよいでしょう。 まとめ 発達障害において、怖いのは本人だけでなく周りの人にも起こり得る二次障害です。 何でも早めの対処が大事ですが、カサンドラ症候群によって正常な判断ができなくなる前に、一人で悩むことだけは避けたほうが良いでしょう。 お問い合わせ• 関連する記事• 2019. 30 三大ホルモンと言われる「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」。 名前だけなら多くの方が聞いたことはあるでしょう。 一説によると天才と言われる人は脳[…]• 2019. 13 「ゲーム障害」という疾病が正式に認定されるのをご存知でしょうか。 ゲームに没頭することで依存性が起こる病気で、世間では「ゲーム依存」と呼ばれていたりも[…]• 2019. 17 仕事は社会生活を送る上で欠かせないライフサイクルの一つ。 ただその仕事のためにうつ病などの精神疾患になってしまったら、仕事はおろか日常生活さえも上手く送[…]• 2019. 04 発達障害とよく似た症状を現す「愛着障害」をご存知でしょうか。 症状が自閉症スペクトラムに似ていることから、見分けが難しいとされている障害です。 名称か[…]• 2020. 01 最近、朝起きるのがつらい、仕事で小さなミスするようになった、自分が自分でないような気がするなど、これまでにはなかった心身の変調を感じたら心の病の初期症[…]• 2019. 04 原因や定義が難しいと言われる精神障害の一種「うつ」ですが、「うつ病」「躁うつ病」「新型うつ病」の三種類があるのをご存知でしょうか。 世界でも年々増加し[…].

次の

カサンドラ症候群とは?

カサンドラ 症候群

パートナーや家族と、上手くコミュニケーションがとれない。 それ、もしかしたら、パートナーがアスペルガー症候群であるために引き起こされる「カサンドラ症候群」かもしれません。 精神科医・木村好珠先生に「カサンドラ症候群」の症状や、対処法を教えていただきました。 ギリシャ神話に登場する「予知能力を持ちながらも、自分の言葉を周囲の誰からも信じてもらえない」という呪いをかけられた悲劇の王女の名前からつけられました。 具体的な例としては、たとえば自分の体調が悪くなってしまったときに、パートナーにヘルプサインとして「体調が悪い」と伝えたとしますよね。 しかし相手はとくに心配する素ぶりもなく平然と自分の趣味を続けたりしていて、アフターケアも一切ない。 そのようなことが重なっていくうちに、「自分が相手に求めすぎなのでは?」「自分がコミュニケーションの取り方を間違えているのでは?」と自責の念にかられていき、気づけば心身を消耗して、片頭痛に見舞われたり、場合によってはうつ病やパニック障害などを発症してしまう、というものです。 この場合、単純に相手が気遣いのできない人という可能性もありますが、もしかしたら、「相手の気持ちを想像するのが苦手」という特性をもつアスペルガー症候群であることが原因かもしれないのです。 また、「空気を読む」ことが苦手で、相手の意図していること、つまり行間を読めずに、言われた言葉をありのまま受け入れてしまう傾向があります。 たとえば、「お腹が痛い」と言われたら、大半の人がまず「大丈夫?」と返しますよね。 すぐに何かできることを探す人もいると思います。 したがって、パートナーからしたら「どうして助けてくれないの?」と思うような状況が生まれてしまうわけです。 もし助けてほしいのであれば、「お腹が痛いから、苦しい、助けてほしい」というところまで伝える必要があるんですよ。 「調子がよくない……」その原因は、パートナー側にあるかも 「カサンドラ症候群」にかかってしまう人に多いのが、「責任感が強い人」や「真面目な人」。 私がこの人のことをわかってあげられていないからダメなんだ、とひたすら自分を責めてしまうんですね。 なのでまずは、相手がアスペルガー症候群であることを知っておくことが大切です。 ただ、そうした認識を持つのは簡単なことではありません。 私の経験からも、心身の不調を訴えて診察にいらっしゃるのはあくまでも苦しんでいるご本人だけで、パートナーが原因であると最初から認識できている患者さんはほとんどいらっしゃいません。 たとえば、抑うつ状態にある人にお薬を処方して、ある程度改善はするもののいまいち治りづらいというケース。 どうしてだろう? とじっくり話していくうちに、じつはパートナーのほうに原因があった、と発覚することがあります。 抑うつなどの症状は、やはり何よりも環境要因と直結しているので、家庭にその原因があると、いくらお薬を処方しても治りづらいんですね。 心身に不調が出たときには、日頃のパートナーとのやりとりの中で不自由を感じていること、困っていることはないか、一度思い返してみてください。 診察に来てくださった人たちにも、相手の行動や発言に対して困惑することがあっても「ま、いっか」と思うようにしてください、と言っています。 「受け流し力」が大事になってきます。 一方で、発達障害であるパートナーの人もある程度のカウンセリングを受けるのが大事かなと思います。 アスペルガー症候群のような発達障害は病気なのかというと、一概にそうとも言えません。 たとえばアスペルガー的な特質を持つ人はものすごい集中力を持っていたり、記憶力に優れている、理論的に考えられるといった特徴があるので、仕事で大成功している人もたくさんいます。 それはポジティブなことなので、無理に治療をする必要もないですよね。 治療をするべきかどうか判断する基準は「本人やまわりの人が困っているかどうか」になります。 もし、パートナーとの関係でカサンドラ症候群になってしまっているなら、本人とともにパートナーにも病院を受診させ、専門家によるカウンセリングを受てもらうことをおすすめします。 症状を完璧になくすことは難しいですが、カウンセリングで緩和させることは可能です。 「相手がこう言っていたら、こういうことを思っている」などと、ひとつずつケーススタディを繰り返していくと、ある程度のパターンが自分の中に記憶されていくので、ある程度の改善を期待することができます。 「周囲に理解されない」ことが、さらに当事者を苦しめる 「カサンドラ症候群」に陥っている方の共通の悩みとして、「周囲に自分の苦悩を相談しても、理解されづらい」というものがあります。 無自覚なまま「カサンドラ症候群」になっている人が、たとえば身近な友人などに「パートナーと上手くコミュニケーションがとれていない」と相談しますよね。 このとき、「あなたがもっとこうしたほうがいいんじゃないの?」と本人に非があるようなことを言われてしまったりすると、パートナーもわかってくれない、周りもわかってくれない、と二重の苦痛を味わうことになってしまいます。 すると、自分でどんどん抱え込んで症状はますます深刻に……。 「カサンドラ症候群」の由来となった、自分の言葉を信じてもらえないギリシャ神話の悲劇の王女のような苦境に陥ってしまうのです。 こうしたケースを減らしていくためには、まず「カサンドラ症候群」の知識が社会に正しく広まっていくことが大切になります。 少しでも知っていれば、悩んでいる人に「あなたのパートナーは、もしかしたらアスペルガー症候群なのでは?」などと問うことができますよね。 自分を責めてしまう、という状況からその人を守ることができるかもしれません。 アスペルガー症候群を含む発達障害については、最近、社会全体の認知度も高まってきて、以前より「カサンドラ症候群」に陥った人の苦しみが理解されやすくなってきたと思います。 さらにもう一歩進んで、大切な人との最適なコミュニケーションのかたちを見つけやすい世の中になっていくといいですね。 1990年生まれ。 2009年、準ミス日本に選出される。 芸能事務所に所属しながら2014年には医師国家試験に合格。 現在は東北地方の病院に勤務するかたわら、タレントとしても活動。 2019年からブラインドサッカー日本代表のメンタルアドバイザーも務める。 twitterアカウントは• 【関連記事】•

次の

「共感」が苦手なパートナーと周囲の無理解。「カサンドラ症候群」の二重苦とは

カサンドラ 症候群

カサンドラ症候群とは、アスペルガー症候群がある人とのコミュニケーションがうまくいかないことによって、 家族や友人など、アスペルガー症候群の人の身近にいる人に心身の不調が生じる二次障害のことです。 特に妻や夫といったパートナーに起こる場合が多いと言われています。 対人での関係性による障害であることから、状態として捉えられることもあります。 2003年に心理学者がカサンドラ症候群と名付けましたが、 まだ障害名としては確立しておらず、現在のところアメリカ精神医学会による診断基準である『DSM-5』(『精神障害のための診断と統計のマニュアル』第5版)などにも記されていません。 そのため、 カサンドラ症候群、 カサンドラ情動剥奪障害、 カサンドラ愛情剥奪障害などと呼ばれることもあります。 今回はカサンドラ症候群という名称を用いて、身近にアスペルガー症候群の人がいる人が陥りやすい不調や対人関係の問題と、その対処法などについてご紹介します。 カサンドラ症候群の症状 カサンドラ症候群を引き起こす発端には、身近な人のアスペルガー症候群の特性によるトラブルがあるといえます。 では一体、カサンドラ症候群の発端となるアスペルガー症候群の特性とはどのようなものなのでしょうか。 アスペルガー症候群には3つの症状があります。 「コミュニケーションの問題」、 「対人関係の問題」、 「限定された物事へのこだわり、興味」の3つです。 ・ コミュニケーションの問題 表面上は問題なく会話できるのですが、その会話の裏側や行間を読むことが苦手です。 明確な言葉がないと理解がむずかしく、比喩表現などをそのままの意味で鵜呑みにしてしまう傾向があるため、人の言葉を勘違いしやすく、傷つきやすい面があります。 具体的な症状としては、曖昧な表現が苦手だったり、不適切な表現を使ってしまうことなどがあります。 ・ 対人関係の問題 場の空気を読むことに困難さがあり、相手の気持ちを理解したりそれに寄り添った言動が苦手な傾向にあります。 そのため、社会的なルールやその場の雰囲気を平気で無視をしたような言動になりがちで、対人関係を上手に築くことが難しいです。 具体的な症状としては、相手の気持ちを理解することが苦手なことから、相手を傷つけたり、自己中心的と思われる言動や行動をしてしまうことなどがあります。 ・ 限定された物事へのこだわり、興味 いったん興味を持つと過剰といえるほど熱中します。 法則性や規則性のあるものを好み、異常なほどのこだわりを見せることがあります。 その法則や規則が崩れることを極端に嫌う傾向があります。 一方、この特性は逆に強みとして活かすこともできます。 具体的な症状としては、自分のルールがあったり、興味のあることに対して話し続けてしまうことなどがあります。 周囲の人たちは、アスペルガー症候群の特性だとわかっていても、アスペルガー症候群の人と接していくうちに、 うまくコミュニケーションが築けないことに自信をなくしてしまったり、周囲に相談しても理解をしてもらえないため、孤独感を感じてしまう場合があります。 家族は毎日の生活の中で接する機会は多いですし、パートナーであればなおさら、愛する夫・妻と心を通わせたいと思う気持ちは強いでしょう。 それが難しいときストレスを感じるのは、ある意味当然のことかもしれません。 その結果、体調不良や抑うつ症状といった症状に陥ってしまうのです。 カサンドラ症候群になりやすい人は? カサンドラ症候群は、アスペルガー症候群がある人とのコミュニケーションにおいて、家族や友人などの身近な人に起こる二次障害だといわれています。 また、アスペルガー症候群がある人との向き合い方で悩んでいたり、カサンドラ症候群の症状があらわれている人は増えてきています。 正式な診断名がないこともあり、自分とアスペルガー症候群がある人、二人の間の個人的な問題であると捉えられて理解が得られず、ひとりで悩みやつらさを抱え込む方も多いようです。 もし、抱えている悩みやつらさがあったら、専門機関や自助グループを活用することをおすすめします。 カサンドラ症候群は、 どちらか一方が悪い、どちらか一方が正しいというものではないため、自分や相手を責めたり背負いすぎず、お互いに理解しあうための一歩を踏み出してみましょう。

次の