挨拶文 締め。 頭語・結語》手紙の書き方/季語/挨拶文/女性/ビジネス文書/季節/前文前略

【送別会】送る側の締めの挨拶例文は?退職者へ贈る言葉やポイントは?

挨拶文 締め

特に大人数の部署や会社単位など、大きな飲み会や宴会の席で多い理由です。 乾杯後、歓談の時間がある程度進み、全体の会の終了が近づいた合図という意味合いもあります。 その際、一言挨拶を述べて一本締めなどの「手締め」を行います。 中締めの挨拶は、会の途中でもあるので手短に、それでいてしっかりしたものであるものにしましょう。 5分以上長く挨拶するのは避けます。 挨拶と手締めを行った後は、そのまま会場に残るパターンもあれば、会場を出るパターンもあります。 そこは会社の通例や会場の予約時間などで調整しましょう。 前提として、懇親会など飲み会や宴会の会場には、消極的な理由で参加している人もいることを理解しましょう。 消極的な理由には、「キャンセル料が高いので参加するしかない」、「他の部署のメンバーが全員参加するので仕方がなく」といったものがあります。 そんな理由で参加している参加者のために、中締めを行うことで帰るタイミングを作る必要があるのです。 なかば強制的に参加した飲み会に居続けると、参加者も主催者も気持ちよくありません。 参加した人全員が気持ちよく会を終えるためにも、中締めをして帰るタイミングを作りましょう。 特に会が盛り上がっていると終了時間が過ぎてしまい、会場を提供している側にも迷惑がかかってしまうので、それを防ぐためでもあります。 会場を借りられる時間は、かなり厳密に決められていることが多いです。 特に歓送迎会や忘年会、新年会など大規模や会が重なる時期は、会場を提供する飲食店側も時間に対してシビアになります。 司会者や幹事はそのことを知っているので、時間を常に気にしながら会を進めています。 でも、通常の参加者は盛り上がると時間のことを忘れがちです。 そこで中締めを設けると、司会者や幹事と設定された時間を確認・共有できるので、参加者も忘れかけた開催時間に意識を向けることができるのです。 中締めの挨拶をするタイミングについては地域によって様々ですが、この理由がもっとも多いと考えられます。 役職者の挨拶や乾杯が終わり、楽しい歓談も落ち着いてきた頃に中締めの挨拶を行うと、途中退席したい参加者もほどよい満足感を感じながら会を去ることができます。 もちろん、会が盛り上がっていても中締めをすべき場合もありますが、大体は歓談が落ち着いた頃に中締めを行えば間違いはありません。 また、懇親会など宴会の中締めや締めの挨拶でよく使われる「宴もたけなわ」の意味や例文については、こちらの記事で詳しく紹介されています。 ぜひご覧ください。 中締めの挨拶をするタイミング2つ目は「役職者が来た、もしくは帰る頃」です。 この場合、その役職者と会が始まる前などで相談をしておく必要があります。 役職者が忙しく、その会には顔だけ出したいという場合、相談して、その役職者が来たタイミングで中締めを行う場合があります。 逆に、役職者に急用ができて会を途中退席しなければならなくなった時も中締めを行い、会を一度締める必要があります。 いずれにしても、役職者の出入りのタイミングで中締めを行うことで会にもメリハリがつき、より充実した宴会にすることができます。 1つ目は通常の「飲み会や宴会での挨拶」です。 もっとも多いシーンなので、この例文を抑えておくと応用が利きます。 例文は以下の通りです。 「宴もたけなわではございますが。 ここで一度中締めとさせていただきます。 本日はお忙しい中にも関わらずお集まりいただき、誠にありがとうございました。 では、皆様のご健康とご活躍を願い、一本締めをさせていただきます。 それではお手を拝借。 (一本締め)ありがとうございました。 ここでお帰りになる方は、どうぞ気をつけてお帰りください。 また、この後は二次会のご用意もございます。 懇親会は同じ組織や集団に属している人同士、または目的が同じ人同士が親睦を深める会です。 そのため、通常の飲み会よりも人数が多くなる傾向があります。 例文は以下の通りです。 「宴もたけなわではございますが、ここで一度、中締めとさせていただきます。 ご指名がありましたので、僭越ながら一言挨拶をさせていただきます。 本日はお忙しい中お集まりいただき、誠にありがとうございました。 また、この会の準備に携わった幹事の皆様にも、感謝申し上げます。 それでは、お集まりの皆様のご健勝を祈念して一本締めで締めさせていただきます。 声を掛けますので『よー、タタタン・タタタン・タタタン・タン』と手を叩いてください。 では、よーっ。 4月や5月など、新入社員が各部署に配属された直後に行うことが多いのが歓迎会です。 新入社員のお手本になるよう、しっかり中締めの挨拶を行いましょう。 例文は以下の通りです。 僭越ながら中締めの挨拶をさせていただきます。 とても楽しい時間を過ごさせていただき、会を準備していただいた幹事の皆様にも感謝申し上げます。 それでは、本日お集まりいただいた皆様の益々のご活躍を祈念して、一本締めをさせていただきます。 お手を拝借。 (一本締め)ありがとうございました。 この後は二次会を予定しております。 忘年会は1年の締めくくりの会です。 規模も、部署単位のこともあれば会社全体で行うこともあります。 規模によって挨拶を工夫しましょう。 例文は以下の通りです。 「皆様、宴もたけなわではございますが、ここで一度中締めをさせていただきます。 今年もお疲れ様でした。 年末年始はごゆっくり過ごしていただき、来年も一層、目標に向かって一致団結して取り組んでいきましょう。 それでは一本締めで締めさせていただきます。 (一本締め)ありがとうございました。 新年会はその1年の始まりを飾る会になります。 忘年会と同じく開催の規模は様々なので、場面に応じて挨拶を変化させましょう。 例文は以下の通りです。 「皆様、宴もたけなわではございますが、ここで一度中締めをさせていただきます。 本日はお忙しい中でご出席いただき、誠にありがとうございました。 新しい1年が始まりましたが、昨年同様チームワークを大切にしつつ、本年もまたよろしくお願い致します。 それでは、我が社の今年益々の発展を願いまして、一本締めを行います。 『タタタン・タタタン・タタタン・タン』でよろしくお願いします。 では、お手を拝借。 (一本締め)ありがとうございました。 この後は二次会のご用意がありますので、ぜひご参加ください」 一本締め・三本締め・一丁締めの使い分け・やり方は? 一本締めは「3・3・1」で手を叩く 一本締め、三本締め、一丁締めのことを、まとめて「手締め」といいます。 先に挙げた3種類の他にも、地域独自の手締めがあります。 ここでは代表的な手締めの使い分けや、具体的なやり方を紹介します。 まずは「一本締め」です。 一本締めは一般的な飲み会や宴会で使われる手締めです。 手拍子のリズムは「タタタン・タタタン・タタタン・タン」となり、最後に拍手をします。 また、三本締めを略したものなので、素早く中締めや締めを行いたい際にも使用されます。 一本締めはその宴会が「問題無く丸く収まった」ということへの感謝も表しています。 規模の小さい宴会や飲み会では、この一本締めを使うと会が丸く収まります。 三本締めは一本締めを3回繰り返す 次に「三本締め」です。 手締めの中では三本締めが正式なものといわれています。 そのため大きな宴会や懇親会、フォーマルな場面で使われることが多い手締めです。 三本締めは一本締めを3回繰り返すものです。 また、その途中で掛け声を入れる必要もあります。 つまり「『いよーっ』タタタン・タタタン・タタタン・タン『よっ』タタタン・タタタン・タタタン・タン『もう一丁』タタタン・タタタン・タタタン・タン」と手を打ち、最後に拍手をします。 一本締めと上手く使い分けましょう。 一丁締めは1回だけ手を叩く 最後は「一丁締め」です。 一丁締めは一本締めをさらに略したものになります。 そのため身内だけの軽い宴会や飲み会、貸し切りでない会場など大声が出せないシーンに使用されます。 やり方は「いよーっ」という掛け声の後、一度だけ「タン」と手を叩くだけです。 基本的に手を叩いた後は、拍手も「ありがとうございました」という挨拶も入りません。 また、一丁締めは「関東一本締め」とも呼ばれているため、通常の「一本締め」と「一丁締め」を間違えてしまうこともあります。 行う際は、挨拶の中でリズムを確認しておくようにしましょう。 ここからは、宴会自体を締める「締め」の言葉も紹介します。 例文の1つ目は「飲み会や宴会での挨拶」です。 会自体を完全に終わりにする挨拶なので、中締めの挨拶とは少し違ってきます。 例文は以下の通りです。 「皆様、そろそろお時間が迫ってきましたので、ここでお開きとさせていただきます。 この後、二次会のご用意もありますので、ぜひご参加ください。 それでは、皆様のご健康とご活躍を願いまして、一本締めで締めさせていただきます。 それでは皆様、お手を拝借。 (一本締め)ありがとうございました。 それでは皆様、気をつけてお帰りください。 懇親会を通して親睦が深まった参加者に、気持ちよく帰ってもらえるような挨拶を心掛けましょう。 例文は以下の通りです。 「本日は懇親会にご参加いただき、誠にありがとうございました。 幹事の皆様もお疲れ様でした。 本日の会を通して、より参加者皆様の仲が深まり、大変嬉しく思います。 それでは我が社の更なる発展を祈念しまして、三本締めをさせていただきます。 (三本締め)ありがとうございました。 会の始めは緊張していた新入社員も、終わり頃にはいくらか気がほぐれているはずです。 改めて仕事に取り組もうという決意も込めて会を締めましょう。 例文は以下の通りです。 「それでは皆様、閉会の時間が迫りましたので、ここで締めの言葉を述べさせていただきます。 皆様と楽しい時間が過ごせ、新入社員の皆様の緊張も幾分和らいだように感じます。 それでは、本日お集まりいただいた皆様の益々のご活躍を祈念して、一丁締めをさせていただきます。 では、お手を拝借。 その年の終わりの会ということで、忘年会自体がかなり盛り上がることが予想されます。 ただ、会場の時間の都合もあるので、終了時間が迫ったらきっちり締めの挨拶をして会を終わらせましょう。 例文は以下の通りです。 「皆様、終了の時間が迫りましたので、ここで締めの挨拶とさせていただきます。 本日は、普段なかなか話すことができない課の皆様とも、楽しい時間を過ごすことができました。 年末年始の休みで英気を養い、また来年も元気にお会いできることを楽しみにしています。 では一丁締めで締めさせていただきます。 その年の始めの会ということで、気持ちも新たに参加している方が多いはずです。 その方達の気持ちをさらに高めるように、しっかりと挨拶をして会を締めましょう。 例文は以下の通りです。 「皆様、そろそろお時間が迫ってきましたので、ここで締めの挨拶をさせていただきます。 本日は皆様と楽しく、有意義な時間を過ごすことができました。 気持ちも新たに、今年も頑張ろうという決意に心が満ちております。 誠にありがとうございました。 では、一本締めにて締めたいと思います。 「タタタン・タタタン・タタタン・タン」のリズムでお願い致します。 よーっ。 (一本締め)ありがとうございました。 この後、二次会に参加される方は、一旦私の所にお集まりください」 中締めと締めをしっかり行って参加者にいい思い出を残そう! ここまで宴会の中締め・締めの挨拶例文や、一本締めをはじめとした手締めのやり方を紹介しました。 もし、また中締めの挨拶や手締めの種類に迷った時は、この記事を見返して再度確認をしてみましょう。 懇親会などの飲み会や宴会は、最近は少なくなったとはいえ、一大イベントであることには変わりありません。 そこで中締めや締めの挨拶を任された際は、しっかり行って会を丸く収めましょう。 終わりが良ければ参加者にもいい思い出として残り、仕事のモチベーションも上がります。 たかが中締めの挨拶とは思わず、積極的に会に関わっていきましょう。

次の

メールの締めの挨拶の例文・書き方|シーン別/季節別/ビジネス

挨拶文 締め

・今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 ・以上、どうぞよろしくお願いいたします。 通常のビジネスメールであれば、こうした結びの挨拶で十分です。 ただし、相手によってはより丁寧な挨拶がしっくりする場合もあります。 ・今後も変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。 ・今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 「よろしくお願いいたします」は非常に便利な結びです。 ついつい使ってしまう「よろしくお願いします」は、頻繁に使っても全く問題ないのですが、時には少し相手に寄り添った締めの挨拶をすると、相手との心の距離が縮まります。 ・大型連休も近づいて参りました。 楽しい休暇をお過ごし下さい。 【四季編・夏】 ・梅雨の長雨で体調を崩されませんよう。 ・今年は特に厳しい暑さが続いております。 どうかお体に気をつけてお過ごし下さい。 【四季編・秋】 ・紅葉が鮮やかな季節となりました。 楽しい週末をお過ごし下さい。 ・季節の変わり目、お風邪など召されませんようお気をつけ下さい。 【四季編・冬】 ・年末に向けて多忙な日々をお過ごしかと存じますが、どうかご自愛下さいませ。 ・本年も大変お世話になりました。 よい新年をお迎え下さい。 【その他】 ・お目にかかれることを楽しみにしております。 ・皆様にもくれぐれもよろしくお伝え下さいませ。 画一的になりがちなビジネスメールも、最後の一文に時候や健康といった送り手の心づかいを感じられると、受け取る側も和むものです。 折を見て、こうした結びもぜひ活用してみてはいかがでしょうか。 そうした期待を込めて送っても、一向にリアクションがない……。 恐る恐る催促してみると、受け取った相手は、返信が必要だと思っていなかった。 こうしたことも起こりがちです。 こんな事態を避けるためにも、メールの締めで、相手にしてほしいことをはっきり伝える結びを書くと、相手もメールへのリアクションがしやすくなります。 (期限を設けない場合)】 ・お手数ですが、ご返信いただけますと幸いです。 ・ご回答をお待ちしております。 ・ご多忙の折恐縮ですが、ご返答いただけますと幸いです。 【返事がほしい場合2. (期限を設けたい場合)】 ・お忙しいところ恐縮ですが、5月20日(金)までに ご回答いただきますようお願いいたします。 ・お手数をおかけいたしますが、本件について5月20日(金)までに ご返信いただけますと幸いです。 ・お忙しいところ、恐れ入ります。 【検討してほしい場合】 ・以上、ご検討のほどよろしくお願いいたします。 ・ご検討のうえ、ご返答いただきますようお願い申し上げます。 ・本件に何かご不明な点がございましたら、お問い合わせ下さい。 いつまでに、何をしてほしいのかを、簡潔にメールの結びとして、トラブルのタネを潰しておきましょう。 」「ご返信は不要です。 」こうした結びを、ビジネスメールのやりとりでよく見かけます。 一方で、使おうとして躊躇している方もいるのではないでしょうか。 使っても大丈夫なのかわからない、使い方がわからない。 この言葉、マナー違反になるわけではありませんが、できるだけ避けた方が無難です。 それは、「取り急ぎ」という言葉が、忙しい中で時間を割いてメールを送りました、という印象を相手に与えてしまうためです。 頻繁に「取り急ぎ」で締められたメールを送ると、そんなに忙しいの? と思わせてしまいかねません。 本当に急いでいる時限定の使用にとどめましょう。 ・まずは、ご報告まで。 お礼をお伝えする場合に、「取り急ぎ」は避けましょう。 とりあえずお礼しました、という印象が否めません。 ・まずは、お礼申し上げます。 急いでお礼をする場合は、こちらを使いましょう。 内容を伝えたいだけで、返信をもらうことを期待していない場合、返信が不要であることを伝えたほうが親切です。 その場合、どう伝えるのか。 下記の例でご紹介します。 ・特に問題がなければ、ご返信は不要です。 ・何か不都合がありましたら、お知らせ下さい。 ・では、またこちらからご連絡いたします。 「返信は不要」とはっきり書くのに抵抗がある場合は、「何か不都合~」「では、またこちらから~」でも返信不要の意図は伝わります。

次の

英語ビジネスメールの締めの言葉|丁寧な締めくくりやフランクな結びを紹介!

挨拶文 締め

送別会といっても、 定年退職する方、諸事情により退職する方、転勤や異動、寿退社される方とさまざまです。 締めの挨拶ということで緊張の場面ではありますが、場を和ませるような、なおかつビシッと決めて挨拶ができればいいですよね。 ここでは 送る側として、締めの挨拶をする際の言葉の例や注意点、ポイントをご紹介します! ・送別会の締めの挨拶は誰がする? ・送別会の締めの挨拶をする際のポイントや注意点は? ・送別会の締めの挨拶例文は? Sponsored Link 送別会の締めの挨拶は誰がする? 送別会の締めの挨拶は誰がするのでしょうか? 会社によってそれはさまざまですが、 幹事さんが挨拶をするのが多いようです。 とはいえ、幹事ではなくても頼まれることがあったり、もしかするとその場で急に!なんてパターンもあるかもしれません。 そんな時のために、送別会での 挨拶のポイントは知っておくといざという時に助かりますね。 それでは次に、 送別会の締めの挨拶をする際のポイントと注意点を見ていきましょう。 送別会の締めの挨拶をする際のポイントや注意点は? 送別会での締めの挨拶は、 定番、定型をきっちり抑えながら ねぎらいの言葉や感謝の言葉で締めましょう。 本当にありがとうございました。 これからのますますのご健勝とご活躍をお祈りいたします。 退職者、転勤、異動する方へ送る締めの挨拶例文 転勤や 異動する方は、元職場から場所が離れるということであって、仕事上でのお付き合いは続いていくことでしょう。 「お疲れ様でした」や「お世話になりました」というよりも、 「今後ともよろしく」という意味のある言葉で締めるとよいでしょう。 ご栄転という言葉で例文を紹介しますが、 栄転ではない場合には、ねぎらいの意味を込めて「大変おつかれさまでした。 」という言葉を使用してもよいと思います。 転勤や移動の方の場合 ・送別会の締めの挨拶は会社によって、その場で選ばれたり、前もって連絡があったりしますので、 送別会の前に心構えをしておくといざという時に助かります。 ・締めの挨拶の はじめに主役の紹介、自分の自己紹介を簡潔にすると良いでしょう。 ・あまり長くならないよう、 5分程度でまとめましょう。 送別会の締めの挨拶は、送られる側の立場で変わってきますね。 ねぎらいの言葉、感謝、この先の発展の言葉を盛り込みながら、仕事、プライベートでのエピソードなんかも話すと、感動的で少しクスッとなるような挨拶になるのではないでしょうか。 最後に 一本締めや三本締めで締めくくると、締めの挨拶らしく終われると思います。 良い送別会になることを願っております。

次の