寝 すぎ て 腰 が 痛い。 飲酒が原因で腰痛に?お酒の飲み過ぎが誘発すつ膵臓の病気 [腰痛] All About

寝起きに背中や腰が痛い!どうするのが一番!?

寝 すぎ て 腰 が 痛い

「力を抜けば抜くほど、緊張するものはなんでしょう?」 そう、「インナーマッスル(内在筋)」です。 ちなみにインナーマッスルは不随意筋 自分の意思で動かせる筋肉は「随意筋」 自分の意思で動かせない筋肉は「不随意筋」と言います。 「起床時」に身体の骨格を支えているのは 随意筋と不随意筋の両方で支えているわけですが 自分の意思が消失する「睡眠時」には主に不随意筋が働きます。 つまり寝てる時の方が 随意筋の助けが得られないので 不随意筋の緊張が有利となり 少なくとも起床時の倍は負担がかかります。 1.寝ると痛くなる。 寝るとインナーマッスルが緊張するため痛くなる 2.この痛みの強度は横になっている時間に比例する。 長時間であればあるほど緊張している時間がながくなるため。 3.朝だけ痛く、動き始めれば痛みは消失する。 起床時は負荷が随意筋に分散するので、痛みは消える。 4.突然、寝具を変えると痛くなることもある。 柔らかい布団などは、支える負荷が強くなる。 5.慢性的に腰痛を患っている人に多くおこる。 随意筋が疲労しているので、不随意筋にかかる負荷が強くなる。 6.実は、急性期腰痛の回復期にも起きることがある。 随意筋の炎症が強く、身体を支えるのは不随意筋に頼るため。

次の

腰痛で眠れない原因と対処法

寝 すぎ て 腰 が 痛い

敷布団がやわらかい• 掛け布団が重い• 疲れすぎて寝返りが打てない• 飲酒によって寝返りが打てない とくに、カラダの中でも腰は重い部分なので、どうしても深く沈んでしまいがち。 柔らかい敷布団や、長年使っていて腰の部分がへこんでいる敷布団だと、腰が沈んで寝返りが打ちにくいんですね。 そうなると、寝ている間ずっと同じ姿勢になるので、血流が滞ってしまう。 すると、腰の筋肉に栄養が届かず、老廃物も出ていかないので、 朝起きると「イテテテッ」「なんだか腰が重い」となるんです。 これが、寝過ぎで腰痛になる主な原因。 ということは…血流を回復してあげることが、改善のカギになってきます。 実際の施術でも、血流が良くなるようなツボを使うと、スッと楽になるんですね。 熱くし過ぎない なるべく深部を温める たとえば熱いシャワーなどを浴びていると、だんだん汗が出てきます。 汗が出るのは、熱を逃がすためのカラダの反応。 その結果、皮膚表面は温かいけれど、中のほうは前よりも温度が下がってしまうんですね。 ということは、汗の出る手前くらいの温かさがイイってこと。 お風呂よりも、服を着たまま温めるほうが調節がしやすいです。 貼りつけるカイロなどでもいいのですが、 おすすめは【小豆カイロ】。 綿100%の袋に、スーパーで売っている小豆を入れて、レンジでチンするだけ。 くわしい作り方はを参考になさってください。 わたしが実際にやってみました! 実際に、小豆カイロを腰に乗っけてみました。 いやぁ、温かいのもいいんですけど、 重さと、小豆のつぶつぶした感触が、なんとも気持ちイイ… 小豆カイロは、湿熱といって潤った熱が深部まで届くので、寝過ぎ腰痛にはもってこい。 うつ伏せになって、腰にのっけてみてください。 小豆の重さがじんわりと気持ちいいですよ。 あと、腰の深いところを温めるには、 足首を温めましょう。 ベストは、くるぶしの少し上あたりまでの足湯。 足首を温めることで、温まった血液が太もも、下腹、腰へと流れて、奥の方から温かさが広がっていきます。 ちょっと深い洗面器かバケツにお湯を溜めて、ぬるくなってきたらお湯を足してあげましょう。 step. 2 ツボで腰の筋肉を緩める 温めるだけでも、だいぶ流れは良くなりますが、ツボを使うとさらに効果的。 血液だけではなく、神経やリンパの流れも整えてくれるので、これだけで痛みが軽減することも。 使うツボは2つ。 【太谿(たいけい)】 内くるぶしとアキレス腱の間の、柔らかいところにあります。 太谿は、腎(腎臓)をパワーアップしてくれるツボ。 腎臓は腰に左右2つある臓器で、ここが元気になると腰にチカラが入るようになります。 できれば、お灸がおすすめ。 ドラッグストアなどで、「せんねん灸」を探してみてください。 できるだけ温度の低いものを選んで、左右の太谿にそれぞれ3~5個、お灸をしてみましょう。 「お灸を買いに行くのもツラい…」なら、スプーンで代用。 くるぶしの後ろを、下から上に向かって軽く撫で上げましょう。 天然石のツボ押し棒だと、さらにイイですね。 【至陰(しいん)】 至陰(しいん)は、膀胱経という腰まで繋がっている経絡(気の通り道)に属しているので、臨床でも腰痛のときによく使います。 足の小指の先っちょ、爪の生え際にあるツボで、痛みの逃げ道を作ってあげることができます。 至陰を使って痛みをとるときは、「つまようじ」がベスト。 爪の生え際、外側の角あたりを、つまようじの先でチョンチョンと痛いくらいに突っつきましょう。 痛いくらいに。 効きます。 わたしが実際にやってみました やってみると分かりますが…痛い! 自分でやると、やっぱり加減しちゃうんですよ、痛いから。 そこを越えて、 「10回だけ我慢してやってみる!」と思って、ためしてみてください。 もし痛みが増したら? 一通りやってみて、痛みが増したときは、再度、温めとツボを使ってみてください。 もしかして、ちょっと頑張って体操やストレッチしすぎたのかもしれませんね。 「そんなに無理して動いてないんだけど…」という場合は、自律神経の働きによって、これまで溜まっていた筋疲労が回復している途中なのかもしれません。 自律神経には、活動するための交感神経と、休息・回復するための副交感神経があります。 この2つは、昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働いて、バランスをとっています。 でも、頑張りすぎている人や緊張が続いている人は、ふだん交感神経ばっかりが働いている。 そうなると、たとえばお酒を飲んだり、寝たり、休みの日になると、ここぞとばかりに副交感神経が働いて溜まった疲れを回復しようとするんですね。 そのとき、副交感神経は血管を広げます。 この広がった血管の刺激が、痛みとなって感じる場合があります。 寝過ぎて頭が痛くなるのも、この理由から。 こうならないように、普段の生活をちょっと工夫して、予防しましょう。 寝過ぎ腰痛の予防方法 布団・枕をカラダに合わせる 数年前、嫁がウレタンのマットレスを買ってきてくれたことがありました。 安価だったこともあり、娘のぶんと合わせて3セット。 一晩寝て、腰の痛さと、カラダ全体の重さが半端なくて、それっきり倉庫に眠っています…。 寝る時に敷くものは、「高価(良いもの)」「薄い」「硬い」をおすすめします。 カラダへの圧迫も少なく、寝返りが打ちやすいから。 でも、枕は別。 仕事がら、たくさん枕の相談に乗ってきました。 「ちゃんと首の高さを測ってもらって、オーダーメイドの枕を作ったんだけど、そんなにラクにはならなかった…」 という声が、なんと多かったことか。 今のところ結論として、肩と首の状態によって、その時々で合っている枕は違うということ。 そして、首と肩が柔らかく、コリなどもない人は、どんな枕で寝ても問題がない。 ということで、枕については、安くてもいいのでいくつか持っておいて、その日にしっくりくる枕で寝ること。 あ、あと長年使って、腰のところがへこんだ敷布団は、思い切って交換しましょう。 腰が沈んでしまい、痛みが長引いてしまいますので。 腹巻きをして寝る 寝過ぎで腰が痛くなるひとのなかには、腸が弱いタイプのひとがいらっしゃいます。 もし普段から下痢気味で、お腹を冷やしやすい人は、腹巻きをして寝ましょう。 そうすると、寝過ぎても腰が痛みにくくなります。 今はシルクの腹巻きなどもありますので、肌になじむ薄手のものを選ぶとイイですよ。 普段の腰痛を改善しておくのが大事 寝過ぎたときの悩みで多いのは、頭痛と腰痛。 先ほどお話ししたように、自律神経のバランスが崩れていると、寝過ぎたときに血管が広がって、頭痛を起こすことがあります。 腰痛のばあいは、それよりも、もともと腰の状態が悪い人が寝過ぎ腰痛になりやすい。 ですから、ふだんもう少し腰をメンテナンスしておくと、ぐっすり眠れると思います。 まずは、こちらの記事でご自分の腰のタイプをチェックしてみましょう。 まとめ 寝過ぎ腰痛のばあい、まずは温める。 そして、とっても軽い運動。 ここを外さなければ、ご自分なりの体操やストレッチなどでオッケーです。 そして大事なのは、次に同じような痛みで悩まないための予防策。 心当たりのあるところから、やってみてくださいね。 そして、腰痛以外にも、肩こりや便秘、頭痛などでお悩みなら、下の【体質チェックBook】であなたの体質を調べてみませんか? 体質によって、合っている食事や運動、生活習慣が違います。

次の

寝てる時に腰が痛いのはなぜ?寝ていても痛みが走る理由は?

寝 すぎ て 腰 が 痛い

敷布団がやわらかい• 掛け布団が重い• 疲れすぎて寝返りが打てない• 飲酒によって寝返りが打てない とくに、カラダの中でも腰は重い部分なので、どうしても深く沈んでしまいがち。 柔らかい敷布団や、長年使っていて腰の部分がへこんでいる敷布団だと、腰が沈んで寝返りが打ちにくいんですね。 そうなると、寝ている間ずっと同じ姿勢になるので、血流が滞ってしまう。 すると、腰の筋肉に栄養が届かず、老廃物も出ていかないので、 朝起きると「イテテテッ」「なんだか腰が重い」となるんです。 これが、寝過ぎで腰痛になる主な原因。 ということは…血流を回復してあげることが、改善のカギになってきます。 実際の施術でも、血流が良くなるようなツボを使うと、スッと楽になるんですね。 熱くし過ぎない なるべく深部を温める たとえば熱いシャワーなどを浴びていると、だんだん汗が出てきます。 汗が出るのは、熱を逃がすためのカラダの反応。 その結果、皮膚表面は温かいけれど、中のほうは前よりも温度が下がってしまうんですね。 ということは、汗の出る手前くらいの温かさがイイってこと。 お風呂よりも、服を着たまま温めるほうが調節がしやすいです。 貼りつけるカイロなどでもいいのですが、 おすすめは【小豆カイロ】。 綿100%の袋に、スーパーで売っている小豆を入れて、レンジでチンするだけ。 くわしい作り方はを参考になさってください。 わたしが実際にやってみました! 実際に、小豆カイロを腰に乗っけてみました。 いやぁ、温かいのもいいんですけど、 重さと、小豆のつぶつぶした感触が、なんとも気持ちイイ… 小豆カイロは、湿熱といって潤った熱が深部まで届くので、寝過ぎ腰痛にはもってこい。 うつ伏せになって、腰にのっけてみてください。 小豆の重さがじんわりと気持ちいいですよ。 あと、腰の深いところを温めるには、 足首を温めましょう。 ベストは、くるぶしの少し上あたりまでの足湯。 足首を温めることで、温まった血液が太もも、下腹、腰へと流れて、奥の方から温かさが広がっていきます。 ちょっと深い洗面器かバケツにお湯を溜めて、ぬるくなってきたらお湯を足してあげましょう。 step. 2 ツボで腰の筋肉を緩める 温めるだけでも、だいぶ流れは良くなりますが、ツボを使うとさらに効果的。 血液だけではなく、神経やリンパの流れも整えてくれるので、これだけで痛みが軽減することも。 使うツボは2つ。 【太谿(たいけい)】 内くるぶしとアキレス腱の間の、柔らかいところにあります。 太谿は、腎(腎臓)をパワーアップしてくれるツボ。 腎臓は腰に左右2つある臓器で、ここが元気になると腰にチカラが入るようになります。 できれば、お灸がおすすめ。 ドラッグストアなどで、「せんねん灸」を探してみてください。 できるだけ温度の低いものを選んで、左右の太谿にそれぞれ3~5個、お灸をしてみましょう。 「お灸を買いに行くのもツラい…」なら、スプーンで代用。 くるぶしの後ろを、下から上に向かって軽く撫で上げましょう。 天然石のツボ押し棒だと、さらにイイですね。 【至陰(しいん)】 至陰(しいん)は、膀胱経という腰まで繋がっている経絡(気の通り道)に属しているので、臨床でも腰痛のときによく使います。 足の小指の先っちょ、爪の生え際にあるツボで、痛みの逃げ道を作ってあげることができます。 至陰を使って痛みをとるときは、「つまようじ」がベスト。 爪の生え際、外側の角あたりを、つまようじの先でチョンチョンと痛いくらいに突っつきましょう。 痛いくらいに。 効きます。 わたしが実際にやってみました やってみると分かりますが…痛い! 自分でやると、やっぱり加減しちゃうんですよ、痛いから。 そこを越えて、 「10回だけ我慢してやってみる!」と思って、ためしてみてください。 もし痛みが増したら? 一通りやってみて、痛みが増したときは、再度、温めとツボを使ってみてください。 もしかして、ちょっと頑張って体操やストレッチしすぎたのかもしれませんね。 「そんなに無理して動いてないんだけど…」という場合は、自律神経の働きによって、これまで溜まっていた筋疲労が回復している途中なのかもしれません。 自律神経には、活動するための交感神経と、休息・回復するための副交感神経があります。 この2つは、昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働いて、バランスをとっています。 でも、頑張りすぎている人や緊張が続いている人は、ふだん交感神経ばっかりが働いている。 そうなると、たとえばお酒を飲んだり、寝たり、休みの日になると、ここぞとばかりに副交感神経が働いて溜まった疲れを回復しようとするんですね。 そのとき、副交感神経は血管を広げます。 この広がった血管の刺激が、痛みとなって感じる場合があります。 寝過ぎて頭が痛くなるのも、この理由から。 こうならないように、普段の生活をちょっと工夫して、予防しましょう。 寝過ぎ腰痛の予防方法 布団・枕をカラダに合わせる 数年前、嫁がウレタンのマットレスを買ってきてくれたことがありました。 安価だったこともあり、娘のぶんと合わせて3セット。 一晩寝て、腰の痛さと、カラダ全体の重さが半端なくて、それっきり倉庫に眠っています…。 寝る時に敷くものは、「高価(良いもの)」「薄い」「硬い」をおすすめします。 カラダへの圧迫も少なく、寝返りが打ちやすいから。 でも、枕は別。 仕事がら、たくさん枕の相談に乗ってきました。 「ちゃんと首の高さを測ってもらって、オーダーメイドの枕を作ったんだけど、そんなにラクにはならなかった…」 という声が、なんと多かったことか。 今のところ結論として、肩と首の状態によって、その時々で合っている枕は違うということ。 そして、首と肩が柔らかく、コリなどもない人は、どんな枕で寝ても問題がない。 ということで、枕については、安くてもいいのでいくつか持っておいて、その日にしっくりくる枕で寝ること。 あ、あと長年使って、腰のところがへこんだ敷布団は、思い切って交換しましょう。 腰が沈んでしまい、痛みが長引いてしまいますので。 腹巻きをして寝る 寝過ぎで腰が痛くなるひとのなかには、腸が弱いタイプのひとがいらっしゃいます。 もし普段から下痢気味で、お腹を冷やしやすい人は、腹巻きをして寝ましょう。 そうすると、寝過ぎても腰が痛みにくくなります。 今はシルクの腹巻きなどもありますので、肌になじむ薄手のものを選ぶとイイですよ。 普段の腰痛を改善しておくのが大事 寝過ぎたときの悩みで多いのは、頭痛と腰痛。 先ほどお話ししたように、自律神経のバランスが崩れていると、寝過ぎたときに血管が広がって、頭痛を起こすことがあります。 腰痛のばあいは、それよりも、もともと腰の状態が悪い人が寝過ぎ腰痛になりやすい。 ですから、ふだんもう少し腰をメンテナンスしておくと、ぐっすり眠れると思います。 まずは、こちらの記事でご自分の腰のタイプをチェックしてみましょう。 まとめ 寝過ぎ腰痛のばあい、まずは温める。 そして、とっても軽い運動。 ここを外さなければ、ご自分なりの体操やストレッチなどでオッケーです。 そして大事なのは、次に同じような痛みで悩まないための予防策。 心当たりのあるところから、やってみてくださいね。 そして、腰痛以外にも、肩こりや便秘、頭痛などでお悩みなら、下の【体質チェックBook】であなたの体質を調べてみませんか? 体質によって、合っている食事や運動、生活習慣が違います。

次の