高校野球 群馬。 群馬高校野球掲示板|爆サイ.com関東版

高校野球の県内ライバル校伝説【大阪・青森・群馬・鹿児島】|【SPAIA】スパイア

高校野球 群馬

年 試合 2020. 19 1回戦 - 県立伊勢崎 2019. 31 1回戦 14 - 0県立伊勢崎 2019. 13 第101回 全国高校野球選手権 群馬大会 2回戦 6 - 4県立伊勢崎 2019. 06 第101回 全国高校野球選手権 群馬大会 1回戦 県立伊勢崎 10 - 0 2019. 20 2回戦 2 - 1県立伊勢崎 2019. 16 1回戦 県立伊勢崎 5 - 3 2018. 02 1回戦 7 - 0県立伊勢崎 2018. 09 1回戦 11 - 4県立伊勢崎 2018. 14 1回戦 10 - 2県立伊勢崎 2017. 03 1回戦 9 - 4県立伊勢崎.

次の

桐生第一(群馬)

高校野球 群馬

群馬編 新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を行なうことを決めた。 群馬は「2020年 群馬県高等学校野球大会」が7月18日に開幕する。 白熱した戦いが繰り広げられるなか、活躍が期待される好選手たちを紹介したい。 8月開催の「センバツ交流戦」にも出場する健大高崎のエース・下慎之介 2013年から、夏の甲子園の群馬代表は前橋育英と健大高崎の2校が占めている。 そして今年も、その構図は変わらない。 なかでも健大高崎は、歴代チームのなかでも最高ではないかと思うほど戦力が揃っている。 まずセンターラインだ。 捕手の戸丸秦吾、二塁手の小澤周平(2年)、遊撃手の橋本脩生(しゅい)、中堅手の戸沢昂平のセンターラインは、打球の処理だけじゃなく、連係プレーや走者の動きを見ての状況判断など、ディフェンスの総合力は超高校級といえる。 そんな手堅いバックに守られてマウンドにたつのは、183センチの大型左腕・下慎之介(しも・しんのすけ)。 鋭い腕の振りからスライダー、カーブ、スプリットといくつもの勝負球を身につけ、昨年秋からメキメキと頭角を現した。 ストレートも最速145キロに達し、全国クラスの左腕へと成長を遂げた。 下以外にも、191センチの橋本拳汰、184センチの桜井秀太という大型右腕もいて、万全の状態で夏を迎えられそうだ。 前橋育英だって、選手個々の能力、将来性なら負けていない。 武藤翔也、菊池楽のふたりの左腕を擁し、昨年夏の甲子園で見せた高精度のスローイングとリーダーシップですでにプロから熱視線を浴びた捕手の須永武志など、健大高崎に負けるとも劣らない戦力を持っている。 そんな前橋育英でもっとも注目しているのが、2年生の外野手・皆川岳飛(がくと)だ。 181センチ、78キロという均整のとれた体から、圧倒的なスピードとパワーを持ち合わせる三拍子揃った選手だ。

次の

群馬県高校野球連盟

高校野球 群馬

群馬県の高校野球(近年の勢力図) 群馬県の勢力図としては、ここ数年私立勢の時代となっています。 その中でもここ数年は、 前橋育英と健大高崎の私立2強時代になりつつあります。 健大高崎は甲子園で「機動破壊」というトレンドを生み出したり、最近では初出場でいきなり初出場した前橋育英の活躍が記憶に新しいところです。 その2強以外はほとんど横並びに近い状態ではありますが、中でも実績のある私立、公立勢の存在感はまだまだ残っている印象です。 ここ十年前後の実績などからいうと私立では桐生第一や東農二高、公立勢では前橋商業、前橋工業、高崎商業といった商業、工業高校勢の存在感は健在といったかんじでしょうか。 また、前橋高校、高崎高校、桐生高校といった実績や伝統ある普通高校勢の存在も見逃せません。 人事異動の動向にも注目 公立勢に多い傾向としては、人事異動に伴う監督の赴任先にも注目が集まります 現役時代に完全試合を達成したことのある松本稔監督や前橋商業などで甲子園出場験のある富岡潤一監督など赴任先によってその勢力図に影響を与えるようなことも十分にありえます。 が、しかし公立学校では、管理職になると部活動の担当を持たないことが多く残念でもありますが、逆に若手の新監督が台頭できる環境でもあるといえることから注目しておきたいところです。 また最近の話としては、まだ甲子園経験のない北毛地区にある利根商業に名将福田治男監督(元桐生第一高)が就任しました。 桐生第一の野球を創立から全国制覇まで導いたその手腕に利根商だけでなく北毛地区の多くの期待が寄せられています。 まとめ 過去には西高東低といわれることもありましたが、今や群馬県下が白熱した状況でいつどの高校が甲子園にいっても不思議ではありません。 群馬県勢が約10年のうちに2度も全国制覇を成し遂げると予想できた人はいたでしょうか。 そういった意味でも予想や予測が難しい群馬県の高校野球。 わかりやすくいえばその予想や予測が難しいところにドラマがあり面白さがあります。 そのほかにも多くの注目校や注目選手がひしめく中で毎年多くのドラマが生まれ熱戦が繰り広げられていますので、まさに群馬の高校野球は今が一番熱い時といっても過言ではありません。 そんな群馬県の高校野球事情なども逐一記事にしていきたいと思います。 なのでよろしければ是非立ち寄ってみてください。

次の