韓国速報保守。 キムチ速報

【韓国】韓国保守団体「文在寅政権は日本政府に謝罪せよ。日本頑張れ!」 [Toy Soldiers★]│エンがちょブログ

韓国速報保守

net 【東京聯合ニュース】韓国と日本の対立が深まる中、日本政府が14日に公開した2020年版防衛白書は16年連続で独島の領有権を主張し、韓国への冷遇が目立った。 防衛白書は米国と日本の協力関係について42ページにわたって説明した後、安全保障・防衛分野で協力しているほかの国について記述しているが、韓国はオーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)に続いて4番目に登場する。 18年版まではオーストラリア、韓国、インドなどの順番で記述したが、19年版から順番を変えている。 また、19年版では「防衛省・自衛隊としては、韓国との間で幅広い分野での防衛協力を進めるとともに、連携の基盤の確立に努める方針」と関係改善の意思を強調したが、20年版ではこの記述を削除し、両国が北朝鮮の核・ミサイル問題などに直面していると記述するにとどめた。 一方、両国の防衛協力・交流に影響を及ぼしている例として、自衛隊旗の掲揚問題で18年10月に韓国で開催された国際観艦式への参加を見送ったことや、同年12月の韓国海軍駆逐艦の海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を巡る問題などを取り上げた。 両国の防衛交流に影響を与える原因を19年版では「韓国の否定的な対応など」と記述したが、20年版では削除された。 ソース 聯合ニュース 2020. net PlayStation4版ゲーム『Ghost of Tsushima』が7月17日に発売される。 このゲームは文永(十三世紀後半)を舞台としたゲームで、主人公の境井仁はモンゴル帝国から故郷を守るため、侍道に反する戦い方に手を染めることに決心するというもの。 同作は韓国でも7月17日に発売予定だったが、限定のコレクターズエディションの発売が中止となってしまった。 コレクターズエディションにはゲームの他に境井仁のマスク、ふろしき、スチールブックケース、デジタルミニアート、地図が含まれており21万3800ウォン(約2万1380円)となっていた。 問題はコレクション版に入っている地図で、対馬が日本地図と表記されていることから、一部の韓国人が今でも対馬は韓国の領土と主張しているため配慮のためにコレクターズエディションは発売中止となったようだ。 ただスタンダード版とダウンロード版は通常通り発売され7月17日より韓国でも遊ぶことが可能。 なお日本ではコレクターズエディションは無くデラックスエディションというものに置き換わっている。 net 画像 2020年7月14日、韓国の人気キャラクター「ペンス」が熊本県のキャラクター「くまモン」をまねて作られたとの主張が出ていることに対し、韓国で反論の声が上がっている。 デイリー新潮の韓国人記者は9日、韓国の公営放送局EBSのキャラクター「ペンス」が「くまモンに似ている」と主張し、その理由として「動物をコンセプトにしていること(くまモンはクマ、ペンスはペンギン)」「大きい目と口の形が酷似していること」「着ぐるみの中に人が入って動くこと」「ただのキャラクターにとどまらず、各自治体のPR活動をするなど多様な活動をしていること」などを挙げた。 また、違う点として「ペンスは言葉を話し、ダンスを踊り、自己主張をして流行語を作り出す」としつつも「ここまで似ていれば物議を醸すのは当然のことで、韓国のネット上でも指摘の声が多い」と主張した。 しかし韓国メディア・韓国日報によると、EBS側は14日に「ペンスはくまモンのパクリではない」と否定した。 記事は「最近のペンスはYouTubeの域を超え、広告に出演するなど露出が増えたため、日本でもペンスへの関心が高まり、こうした主張が出たのだろう」と分析している。 その他の韓国メディアも「日本がまた無理な主張をしている」「日本のメディアのあきれた主張」などと反論している。 さらに、この記事を見た韓国のネットユーザーからも「くまモンは前々から知っていたけど、ペンスを見てくまモンが思い浮かんだことはない。 動物を使用したらみんなパクリになるの?」「ペンスはペンギン!その時点で全く違う」「そんなことを言ったら、くまモンはミッキーマウスのパクリだ。 動物がコンセプトだし、大きい目と耳が似ているし、着ぐるみの中に人が入って動く」など反発の声が続出している。 一方で「盗作まではいかないけれど、ベンチマーキングをしたのは確かだろう」「くまモンがいなければたぶんペンスは生まれなかった」「くまモンのまねだよ。 これを『違う』と主張する韓国人は愛国心が強過ぎる」との声も。 また「主張したのは韓国人記者?信じられない」「これって結局は韓国人同士のけんか?(笑)」と指摘する声も上がっている。 net 韓国慶尚北道(キョンサンブクト)は15日、日本政府が「独島(ドクト、日本名・竹島)領有権」を主張した2020年防衛白書を発表したことを受け、強く抗議して即刻廃棄を求めた。 慶尚北道はこの日、李チョル雨(イ・チョルウ)道知事名義の声明で「日本政府は14日発表した2020年防衛白書でわが固有の領土である独島を日本の領土だと明らかにするなど、とんでもない主張を16年間繰り返してきた」として「過去帝国主義的な領土への野心に閉じ込められた時代遅れの行為で、国際的な非難を免れないだろう」と糾弾した。 また「独島は歴史的・地理的・国際法的に明白な大韓民国の領土」として「日本の持続的かつ露骨な領土侵奪行為は韓日間未来志向的な協力パートナー関係を阻害する行為であり絶対容認できない」と警告した。 さらに「歪曲された歴史観に基づいた防衛白書を即時廃棄し、北東アジアの繁栄と平和定着に向けた国際社会の努力に積極的に参加してほしい」と求めた。 日本防衛省の防衛白書には独島に関連して「わが国固有の領土である北方領土と竹島の領土問題が依然として未解決のまま存在している」と記した。 これに先立ち、韓国国防部は日本が防衛白書を発刊した14日、駐韓日本大使館の国防武官を呼んで抗議した。 韓国外交部も同日、報道官名義の論評で「政府は日本政府が14日発表した防衛白書を通じて歴史的・地理的・国際法的に明白なわが固有の領土である独島に対して不当な領有権主張を繰り返したことに強く抗議し、即時撤回を促す」と明らかにした。 ソース 中央日報日本語版 2020. net 記事入力2020. 10:03? 共に民主党の支持率は30%半ば台まで落ち、未来統合党結成以来、初めて両党の支持率の格差が誤差範囲内まで狭まった。 リアルメーターがtbsの依頼で実施した7月3週の平日集計(7月13日〜15日)の調査結果、ドア大統領の国政支持(肯定評価)は、前週より4. 6%ポイント(p)下落した44. 1%となった。 これは昨年10月2週(41. 4%)以来、9カ月ぶりに最も低い水準だ。 当時はチョ元長官の任命をめぐる社会的論議が盛んであった。 ドア大統領への否定的評価は前週より5. 2%ポイント上昇した51. 7%で、否定評価が肯定的評価を上回った。 否定の評価の数値は、「チョグク事態」が頂点に達した昨年11月1週(52. 2%)以来最も高い。 中略 国政遂行支持率が大きく下落したのは、政府の不動産対策への反発と仁川国際空港公社事態などで下落傾向が続く中、 故パク・ウォンスン前ソウル市長のセクハラ疑惑事件の影響が大きく作用したという分析が出ている。 中略 政党支持率は、共に民主党が35. 4%、未来統合党が31. 1%、正義党5. 8%、国民の党5. 0%、開かれた民主党が4. 7%となった。 民主党の支持率は、前週比で4. 3%ポイント下落し、昨年10月2週(35. 3%)以来の低水準を記録した。 未来統合党の支持率は1. 4%ポイント上昇した。 民主党と統合党の支持率格差は4. 3%ポイントで誤差の範囲内に入った。 二党の支持率の格差が誤差範囲内に絞り込まれたのは、統合党の創党以来初めてとリアルメーターは説明した。 naver. net 最近、日本では専守防衛の争点「敵基地攻撃能力保有」が浮き彫りになっている。 弾道ミサイルの脅威を根源的に解消するためには、防御よりも原点に対する攻撃が効果的という論理だ。 日本は伝統的に海上交通路を重視してきた。 米国がインド太平洋戦略を本格化しながら、日本の安保的な役割もグローバルレベルに拡大しているが、その中で注目すべき分野が航空戦力の画期的な増大だ。 2018年12月に自衛隊の戦力増強を提示する防衛計画大綱を決定し、安倍首相はステルス機の導入を明示した。 地上の空軍基地から出撃するF35Aを105機、軽空母いずも型に搭載する垂直離着陸機F-35Bを42機導入する。 自衛隊はもう地球どこにでも戦力を投射できる能力、すなわち日本の安全保障に脅威となればこれを事前に無力化できる「敵基地攻撃能力」を保有することになる。 韓半島(朝鮮半島)をめぐる軍備競争が加速化している時期だ。 韓国国防部は近く導入を完了するF35Aの40機に続き、20機を追加で購入する予定だ。 韓半島で戦争を抑止し、有事の際、適時に対処するためであり、基本的に韓米同盟と連合作戦態勢に基づいている。 こうした観点で韓日両国は米国という同じ同盟基盤を持つ。 問題は、天文学的な費用が投入される先端装備が戦闘態勢を常時維持するためには、平時の高度な訓練と整備など後方支援が適時になければいけないという点だ。 2014年12月に米国政府はアジア太平洋のF35機体整備拠点を日本とオーストラリアに設置すると決め、日本はF35の機体およびエンジン、電子装備などの整備の準備してきた。 2013年から横田米軍基地付近にある瑞穂工場にF35エンジン専用建物を完工した。 年間航空機6機分の生産を担当し、今後はF35の装備をする。 広島県の呉工場と福島県の相馬工場ではF35戦闘機の19の部品を生産して供給している。 F35電子装備関連の装備は2025年以降、三菱電機が担当する予定だ。 F35A/B戦闘機の導入が本格化し、整備問題は韓国でも出てくるはずで、このために韓日の協力が議論される時期が近づいている。 操縦士教育訓練と技量維持のために現在、飛行教育部隊がある2カ所と戦闘機運用基地にも配備されている。 T-4訓練機は自衛隊のアクロバット飛行チーム、ブルーインパルスでも使用される。 しかし最近T-4高等訓練機に故障が多いため訓練任務に優先して投入することにし、6機のうち2機を減らして4機だけを運営している。 来年の東京オリンピック(五輪)行事を控えてまた6機に戻す予定だ。 最近のT-4訓練機の問題はエンジンで発見されたが、部品交換作業に問題が続き、正常化が遅れている。 このためT-4の配備が不足している。 T-4訓練機は昨年4月、青森県三沢基地で訓練中、片方のエンジンが停止して緊急着陸した。 静岡県浜松基地でもエンジン地上点検中に異常が発生した。 振動を抑制する部品の交換が行われているが、訓練機200機全体を確認する作業には時間がかかる。 しかもT-4訓練機は双発エンジンを搭載し、倍の時間が必要となる。 T-4の運用に広範囲で深刻な支障が予想される。 T-4訓練機は最初の配備から30年以上も経過し、整備してもエンジン出力が出ないなど問題が続き、根本的な対策が求められている状況だ。 防衛省と自衛隊内では次世代高等訓練機の開発要求が出ているが、147機のF35A/B導入による予算問題で困難に直面している。 一部では韓国のT-50高等訓練機導入の可能性も慎重に検討すべきだという見解が提起されている。 韓日関係が制限要素になっているが、今後、韓米日安保協力および相互運用性向上レベルで推進する必要があるからだ。 韓国のT-50訓練機はF35戦闘機に最適化された高等訓練機であり、すでにインドネシアやフィリピンなどに輸出されている。 net 2020年7月15日、韓国・聯合ニュースは「ノージャパン鎮静?」と題し、今年上半期の韓国の対日輸入減少率が改善傾向にあることが分かったと報じた。 記事によると、今年1~6月の韓国の対日輸入額は220億ドル(約2兆3500億円)で、昨年同時期より24億ドル(約2600億円)、9.9%減少した。 この減少率は、全体の輸入減少率(マイナス9.0%)とほぼ同水準だった。 韓国では、昨年7月の日本政府による対韓輸出規制強化を受けて日本製品の不買運動が拡大。 日本ブランドの売り上げが消費財を中心に急減した。 昨年1年間の対日輸入額の減少率は12.9%で、輸入額全体の減少率(6.0%)の2倍を超えていた。 新型コロナウイルスの感染拡大による影響が表れる前の今年1月の対日輸入は、不買運動の影響などにより、前年同月比21.8%減だったが、2月には減少率1%に改善。 3月には一転1.9%増となったものの、新型コロナの影響が出た4月は13.9%、5月は16.5%再び減少した。 このニュースに、韓国のネットユーザーからは、 「日本車に乗る売国奴がいるからだよ」 「ノージャパンは沈静化していない。 不買運動は続ける」 「もっと熱心に不買をしなければ」 「私はまだ不買を続けているよ」 「まだ日本製を買おうとする人間がいるなんて」 「日本製を買う者も問題だが、輸入して売る者はもっと問題だ」 といった声が上がっている。 一方、 「正直一部の日本製品を除けば、売り上げは変わらないか増えているよ。 『選択的不買』かな?」 「結局は互いに共存することが正論。 政治的目的で国民を反日扇動したとしても、それは一時的だ」 といった指摘も出ている。 net 毎週、水曜集会が開かれているソウル・チョンノ 鍾路 区の旧日本大使館の付近。 少女像を守る大学生らが、保守系のユーチューバーに車で襲撃され、性的嫌がらせも受けたとして、警察に告訴すると明らかにした。 「反安倍反日青年学生共同行動」は15日、保守系ユーチューバー「右派おじさんtv」を殺人未遂として、キム・サンジン「自由連帯」代表と保守系ユーチューバー「想像は自由」チャンネル運営スタッフを性的嫌がらせとして、16日午前にソウル鍾路警察署に告訴する計画だと説明した。 また、当時採集した映像を通じて、A氏が車の中で「本当に面白い」と話したことが確認され、刑法上の「車両を使った特殊暴行」として告訴することも明らかにした。 続けて、前日の夜10時頃、「自由連帯」のキム代表が、少女像を守っている大学生らに対して「自慰するな」や「(中に)ベッドがあるのか」などの発言をしたと主張し、性的嫌がらせとして告訴する計画だと述べた。 一方、キム代表は取材に対して、「テントのように布で中を隠していたから、中で変な事はやらないように、冗談で男子学生らに言った言葉」と答えた。 また、「女性を対象にした訳でもなく、誰かを特定した訳でもない」と主張した。

次の

保守政治家こそ韓国の言い分聞き、打開策を 中島岳志氏:朝日新聞デジタル

韓国速報保守

4月に総選挙を控えた韓国で、政界再編の火ぶたが切って落とされた。 過去、朴槿恵前大統領を見限った保守派議員たちが新党を結成し、保守の再生を訴えた。 核心的な価値は「若者」と「改革」。 詳細をまとめた。 500人定員の会場は後列までぎっしりと埋まり、20人近いカメラマンがシャッターを切る。 政党の集会には似つかわしくない青年層の姿が会場に目立つ。 子連れの母も数人おり、時折り赤児が泣く声も聞こえる。 この日の「ドレスコード」はジーンズと白い服。 ベテラン国会議員も例外ではない。 司会も30代前半とおぼしき男女が萎縮する様子もなく、冗談も交えながらはつらつと行っていた。 いずれも「新しい保守党」が掲げる「若者の政党」を意識し、強調したものだ。 多くの支持者が会場を埋めた。 5日、筆者撮影。 同党は昨年12月27日の慶尚南道を皮切りに、大邱市、ソウル、京畿道、仁川、大田、忠清南道などで結党大会を実施し政党要件を満たした。 そしてこの日、中央党組織の結成を迎えた。 「新しい保守党」。 何らひねりの無い政党名であるが、「革新」を掲げ、従来の保守政党とは違う道を目指すという。 創党大会からはその片鱗をうかがい知ることができた。 いくつか特徴をまとめてみる。 なお、党の来歴を簡単に記しておく。 2017年の朴槿恵大統領の弾劾を受け、当時の与党・セヌリ党(現自由韓国党)を脱退した人物たちが中心となっている。 3年余り離合集散を繰り返す中で、古巣の自由韓国党に戻った議員も少なくないが、最後までそれを良しとしなかった議員たちだ。 4月の総選挙を控えその間の「決算」を行う政党を結成したと見ればよいだろう。 このうち最多当選(5回)の鄭柄国(チョン・ビョングク)議員はこの日の挨拶の中で、「あくまでも若者が党の主体である」とし、「私達は若者のための柵となる。 その中で若者が新しい政治を行えれば」と訴えた。 既存の政党からは、なかなか聞かれない言葉だ。 また、党大会では「コンデ」という言葉も連発された。 「コンデ」とは、韓国でここ数年よく使われる言葉で、特に50代以上の「説教おじさん」を指す。 より直截には、ほぼ「老害」と同意で使われる。 同党の「顔」と言える劉承ミン(ミンは日へんに文、ユ・スンミン、61歳)議員は挨拶の順番を迎えるや否や「コンデの時間が来た」と笑いを取った。 劉承ミン(ミンは日へんに文、ユ・スンミン)議員。 経済学博士であり、朴槿恵大統領とも対立した合理的な保守派として政界での評価は高い。 また、若者層からも一定の支持がある。 5日、筆者撮影。 こうした発言の背景には、昨年夏以降、若者の間に決定的に広まった既存世代への不満を受け止める狙いが透けて見える。 特に子どもの学歴のためにあらゆる方法を使った(と見なされている)、チョ・グク氏を象徴とする「富と地位を分配しないリッチな86世代」に対する若者層の怒りは強い。 民主化の果実を社会的にも経済的にも独占した世代と解釈される。 また、4月の総選挙の候補者公認過程において、100%青年で構成されたグループが、その公正性を監視するシステムが導入されることが発表されるなど、とにかく「若者づくし」の感すらあった。 「わが党は若者中心党だ」という議員の発言もあった。 こうした一連の発言からは、同党はどこを向いているのかが良く分かる。 この日はまた、現役高校生党員が壇上に立ったことも印象的だった。 昨年末の選挙法改正により選挙権は18歳にまで拡大された影響だ。 他に、30代の主婦やNGO活動家、さらに北朝鮮出身のいわゆる脱北者(北韓離脱住民)が壇上に上がり、支持を訴えた。 壇上で支持表明を行う「新しい保守党」の党員たち。 マイクを持つのは北朝鮮出身のイ・スンヒさんだ。 父と兄を脱北過程で亡くした。 筆者撮影。 韓国政府樹立(1948年)当初からしばらくの間は「財産権」や「反共」、「自由主義」がそのアイデンティティであったが、時代と共に今は曖昧となっている。 「新しい保守党」が掲げる保守は以下に要約される。 会場で提示された「政綱政策」のスライドを引用してみる。 1 共和と正義 2 法治と平等 3 公正で自由な競争 4 若い政党 5 市場経済改革 6 革新成長 7 公正労働 8 両極化解消 9 中負担・中福祉 10 子どもを育てたい国 11 未来と機会の教育 12 健康と安全 13 きれいな環境 14 国家安保 15 政治行政改革 内容のうち目立つのは「中負担・中福祉」という点だ。 これは過去2015年に、劉スンミン議員が朴槿恵大統領と袂を分かつ決定的なきっかけとなった「増税のない福祉は虚構だ」という発言に由来する。 税負担を拡大し、同時に福祉を増大させるこの構想は劉議員の古くからの信念でもある。 これを支えるものとして自由競争があるという認識だ。 この日、別の所属議員が語った「貧しい人は裕福な人に、裕福な人はより裕福に。 そして裕福な人が貧しい人を助ける」という発言も、党のアイデンティティを端的に表している。 また、南北関係については「強い安保」をまず掲げ、「南北すべての人々が自由で正義が実現する大韓民国に住む」というビジョンを掲げた。 これは旧来の保守派の立場を踏襲したものと言える。 この枠組の中で南北協力をどう行っていくのかを含め、他の分野においても細かい政策についての発表はこの日は無かった。 同党は7人の共同代表体制をとる。 5人は議員で2人は青年代表だ。 左から5人目までが、この日共同代表に選ばれた議員たち。 3人目が河泰慶(ハ・テギョン)責任代表だ。 代表は一か月持ち回り制だ。 筆者撮影。 まず、同じ保守派の自由韓国党については、その問題点を正面から取り上げた。 その頻度は、文在寅政権についての言及よりも遥かに多かった。 特に昨今、自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表が国会を離れ、路上でのデモを盛んに行っていることについて痛烈に批判した。 ベテラン女性議員の李恵薫(イ・ヘフン)議員は「闘争だけの政治はしない。 (与党と)交渉し、意見を折衷して得るものは得る、新たな保守政治を行う」と語った。 李議員はさらに「代表が独走する党体制ではなく、政党内の民主主義を回復させる。 初当選と二選議員が中心となって運営する」とも述べた。 これも黄教安代表が4月の総選挙における公認権を盾に、権威的な党運営を続ける自由韓国党を意識してのものだ。 李恵薫(イ・ヘフン)議員。 やはり経済学博士で、国会の情報委員長も務めるなど経験が多い。 朴槿恵大統領弾劾後には、度重なる機会にもかかわらずついに自由韓国党に戻らなかった。 筆者撮影。 その上で李議員は「左右の翼が健康で無ければならないのに、大韓民国は墜落している」とし、「故障した右の翼(右派を指す)は私達だけが修理できる」と述べた。 こうした発言は、同党が現在の保守の代名詞的存在である自由韓国党に取って代わろうとする意思の現れだろう。 李議員は「新しい保守党が大韓民国を生き返らせる」と啖呵を切った。 またこの日、「若者」と並びとみに強調されたのが「公正」や「正義」という言葉だった。 党の綱領を発表する際には「左派に奪われた正義と公正を取り返す」と言及され、「既得権を譲る」という言葉をも使った。 これは昨夏、韓国全土を巻き込んだ議論になったチョ・グク氏の法務部長官任命をめぐるスキャンダルを念頭に置いての発言だろう。 高い道徳性を掲げたものの、期待に応えることができない文在寅政権に失望した層へのアピールとなる。 会場には文在寅大統領と、与党・共に民主党のイ・ヘチャン代表によるお祝いの花輪があった。 自由韓国党からは無かった。 5日、筆者撮影。 だが、今なお韓国の多くの市民は「進歩」vs「保守」という枠組みで物事を捉える傾向が根強い。 「韓国政治の主流は進歩派に」…2019年に起きた大変化とは そんな保守派市民の需要の受け皿になれる場合、存在感が増す可能性が十分にある。 劉スンミン議員はこの日、総選挙の目標は現在の10倍となる「80議席」と宣言した。 この実現は難しいだろうが、4月の総選挙では今よりも多くの議席を獲得すると見られる。 長期的にはさらなる伸びしろがあるだろう。 だが、現在の自由韓国党は「親朴槿恵派」が実権を握っており、統合は厳しい。 同党の河泰慶(ハ・テギョン)責任代表はこの日、韓国メディアとのインタビューで「わが党と自由韓国党ならば、先に無くなるのは自由韓国党」と言明したほどだ。 また、今月初頭に政界復帰を宣言した劉議員の過去の盟友・安哲秀(アン・チョルス)氏も劉議員の呼びかけを黙殺するなど、煮え切らない態度を続ける。 とはいえ、見てきたように結党間も無い「新しい保守党」としては、扉を開けておいたまま、まずは打ち出した独自のカラー、バラ色の公約を現実に移すことが先決だ。 それをせずに票読みを始めると、またしても保守再編は遠のくことになるだろう。 約3年の月日を経て、新しい価値を打ち出すことに成功したからか、同党指導部の間には笑みが絶えなかった。 5日、筆者撮影。

次の

【速報】韓国「北朝鮮が韓国をひぼうするのは米国のせいだ!」|保守速.net

韓国速報保守

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 韓国に対する反感や批判が目につく、昨今の日本の「空気」。 その底流には何があるのか。 保守やナショナリズム、愛国心などを考察してきた中島岳志さんに聞いた。 「一つは、20代から30代で戦争を体験し、戦時体制を毛嫌いしていた戦中派保守の言論人が論壇の一線から退いたことです。 「三つめは87年以降の韓国の….

次の