カロナール 成分。 アセトアミノフェン:カロナール

カロナール錠300

カロナール 成分

ロキソプロフェンナトリウムはOTC医薬品(市販薬)としても販売されていて「解熱・鎮痛にはロキソニン」と考える方も少なくないかと思います。 しかし何にでもNSAIDsを飲めば良いというわけでもなく、他の解熱鎮痛薬が適している状況もあります。 そもそも、解熱鎮痛薬はどのような種類があるのでしょうか? 大きく分けると、以下の2つになります。 NSAIDsに分類される解熱鎮痛薬• 一般的なNSAIDsには含まれないため、鎮痛薬の使用方法について定めた ガイドライン等においては「NSAIDsやアセトアミノフェンは・・・」と個別に表記されています(薬剤の分類方法などによっては便宜上、アセトアミノフェンがNSAIDsに含まれることもあります)。 それでは次に、これらの違いについて詳しく見ていきましょう。 一般的なNSAIDsと比べると、以下のような特徴があります。 抗炎症作用がほとんどない(一般的なNSAIDsと比べるとかなり少ない)• の時に使っても「」が起こる危険が少ない(日本小児神経学会「」を参照)• 幼い小児でも使用できる(NSAIDsには年齢制限などによって小児へ使用ができない薬剤がある)• 妊娠中でも使用できる(但し、一般的には医師の診断の下で治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合) 一方、共通点としては以下のような特徴があります。 解熱や鎮痛を目的に使用する• シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し「プロスタグランジン」の産生を抑制する作用がある(但し、COXのタイプによって阻害作用の強弱に差があると言われている)• 胃腸障害がある(但し、アセトアミノフェンは一般的なNSAIDsに比べ、胃腸障害が少ない薬剤とされる)• さらに「」の観点から、大人であろうと子どもであろうとの解熱にNSAIDsは使うべきではないという意見もあります。 ついつい身近に感じる薬を選択しがちかもしれませんが、どのような薬を選べば良いかその適応なども考えながら医師や薬剤師などの専門家とよく相談し、自身の体質・症状などに適した薬剤を使うことが大切です。 【編集部注】 この記事は、「お薬Q&A ~Fizz Drug Information~」のサイト内で公開中の記事をもとに作成しています。

次の

カロナール錠300

カロナール 成分

カロナールは病院に行かなくても、買える! 効果や副作用を薬剤師が解説! こんにちは 大阪で「処方箋なしで病院の薬が買える」アリス薬局の店長 石井結衣です。 カロナール(アセトアミノフェン)は病院のお薬です。 安心して服用頂けます。 1、どんな薬? 【成分】 1錠中 カロナール200 アセトアミノフェン 200mg カロナール300 アセトアミノフェン 300mg 【効果】 解熱鎮痛剤です! ・頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症の鎮痛 ・急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む の解熱・鎮痛 ・小児科領域における解熱・鎮痛 【メカニズム】 非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。 つまり、ロキソニン等の他の鎮痛剤とは、メカニズムが全然違うんです。 公式文書には、こういう風に書いてます。 他の薬と比べても頻度は低いです。 ショック 頻度不明 ,アナフィラキシー 頻度不明 2. 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 頻度不明 ,皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 頻度不明 ,急性汎発性発疹性膿疱症 頻度不明 3. 喘息発作の誘発 頻度不明 4. 劇症肝炎 頻度不明 ,肝機能障害 頻度不明 ,黄疸 頻度不明 5. 顆粒球減少症 頻度不明 6. 間質性肺炎 頻度不明 7. 間質性腎炎 頻度不明 ,急性腎不全 頻度不明 その他の副作用 チアノーゼ,血小板減少,血小板機能低下 出血時間の延長 等 消化器 悪心・嘔吐,食欲不振等 【飲み方】 大人の一般的な飲み方は、カロナール200を1回2錠、1日3回です。 なお,年齢,症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。 また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1500mgを限度とする。 また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。 ただし、成人の用量を超えない。 また,空腹時の投与は避けさせることが望ましい。 2、購入方法は? 【市販薬】 タイレノールA アセトアミノフェンが成分です。 【処方箋無しで購入】 病院のお薬が処方箋無しで買える薬局というのが全国に数店存在しています。 3、問い合わせ 住所:大阪市中央区北久宝寺町2-4-14 1階 電話番号:06-7710-6509 前後のページ.

次の

アセトアミノフェン

カロナール 成分

有効成分 配合量 カロナール錠200 アセトアミノフェン 200mg カロナール錠300 300mg カロナール錠500 500mg タイレノールA 300mg 「カロナール」には、細粒 粉薬 ・シロップ・坐薬の商品もありますが、ここでは錠剤の商品で比較します。 処方薬「カロナール」には、有効成分の配合量が200mg・300mg・500mgと、異なる3つの商品が使用されています。 冒頭の写真が成分量300mgの「カロナール錠300」です。 そして、こちらが成分量200mgの「カロナール錠200」です。 こちらが成分量500mgの「カロナール錠500」となります。 つまり、「タイレノールA」は 「カロナール300」と同等の効果が期待できる市販薬と言えます。 処方薬「カロナール」の効能・効果には、次のように記載されています。 下記の疾患並びに症状の鎮痛 頭痛,耳痛,症候性神経痛,腰痛症,筋肉痛,打撲痛,捻挫痛,月経痛,分娩後痛,がんによる疼痛,歯痛,歯科治療後の疼痛,変形性関節症 2. 下記疾患の解熱・鎮痛 急性上気道炎 急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む 3. 市販薬「タイレノールA」の効能・効果も確認します。 そのため、「タイレノールA」の効能・効果には、「カロナール」の3番目の適応症「小児科領域における解熱・鎮痛」という文言がありません。 しかし、文言は処方薬と市販薬で異なりますが、有効成分は同じなので、15歳以上の方にとっては、効能・効果も同じと考えていいでしょう。 「カロナール」の用法・用量を細かく見れば、適応症によって、承認されている内容が異なります。 処方薬「カロナール」と市販薬「タイレノールA」の用法・用量の面での大きな違いは、 高用量での服用が認められているかどうか です。 処方薬「カロナール」は、高用量での服用が認められています。 また、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はなるべく避けることが望ましいという文言が付いています。 したがって、「カロナール」・「タイレノールA」ともに、空腹時の服用はさほど問題にならないとも考えられています。 さらに、腎臓への負担も少なく、これらの点で、安全性が高い薬と考えられています。 一方で、市販薬「タイレノールA」は1回1錠の服用しか認められていません。 そのため、安全面で解熱鎮痛薬を選ぶなら「タイレノールA」ですが、効き目で市販の解熱鎮痛薬を選ぶなら「ロキソニンS」です。 「ロキソニンS」と「タイレノールA」の選び方、使い分けなどについては、こちらの記事にまとめています。 痛みの程度にもよるでしょうが、「タイレノールA」でも鎮痛効果が認められることもあるでしょう。 鎮痛効果は「ロキソニンS」が強く、解熱効果は変わらないことを踏まえると、「ロキソニンS」と「タイレノールA」の大まかな選び方としては、次のようになるでしょうか。

次の